Medium e47bfde3e86bbe3e

ファスティングで効果を出す基礎知識を総まとめ!おすすめ酵素ドリンクも

ファスティングはデトックスに効果的でとても人気のダイエット方法です。中でも最近主流となっている「酵素ドリンク」を使ったファスティングの方法と必要な知識を紹介します。数ある酵素ドリンクの中から、安心して飲めるおすすめ商品も紹介。

カテゴリー:短期集中ダイエットファスティング  作成者:デブ卒公式  投稿日:2017/07/14

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ファスティングとは

ファスティングの意味

Da37b45be18e0f2d

ファスティングとは、「fast=断食」という英語が語源。元々断食とは、一定期間食物を一切摂らない、または特定の食物しか摂らない宗教行為です。

約1ヶ月間決められた時間以外は食事を摂らない、イスラム教の「ラマダーン(断食期間)」には、「貧しい人々の苦しみを知り、食事のありがたさを確認する」などさまざまな意味が込められています。

断食は現在もさまざまな宗教で行われている生活習慣で、とても深い歴史があります。

現代のファスティング

現代では、健康や美容のために行う「ファスティング=断食」という言葉が広く浸透しています。一定期間食事を断ち、体内を浄化しリセットすることで、健康的でキレイな身体を手に入れることが目的です。

病気回復・予防のためにメディカルチェックを行いながらするファスティング、美容のために多くの芸能人やモデルなどが行うファスティング、アスリートが身体コントロールのために行うファスティングなど、さまざまな種類があります。

ダイエット目的のファスティング

最近一般に広がっているのが「美容・ダイエット」を目的としたファスティングです。さまざまなメディアで紹介されて人気となり、定番のダイエット法になってきました。

中でも主流になっているのが、食事(固形物)は摂らずに、必要な栄養素を「酵素ドリンク」などで補いながら行うファスティングです。「酵素ダイエット」とも呼ばれています。

今回ご紹介するのは、この「酵素ドリンク」などで栄養素を補うファスティングです。

酵素ドリンクがファスティングに向いている理由

E1ec15b710785d22

酵素が健康や美容に良いことは、すでに知っている人も多いでしょう。でも「なぜいいの?」に答えられる人は意外と少ないかもしれません。

酵素の働き

人の体内には、食べたものを分解し消化するための「消化酵素」と、エネルギー源に変えるのを助ける「代謝酵素」が存在しており、消化酵素がたくさん働いていると、代謝酵素の量は減ると言われています。

添加物がたくさん入った食べ物・脂っこいもの・食べ過ぎなどで身体が消化酵素をたくさん使うと、代謝酵素が減って脂肪などをため込んでしまうのです。また、歳を重ねるとどんどん体内酵素も減ると言われています。

酵素ドリンクで体内酵素を補給

ファスティング期間中は食事を摂らないので日頃溜まった毒を排出するのに集中できます。消化酵素をあまり使わなくなるので、その分代謝酵素が増えて、代謝がアップします。

ファスティング期間中に体内酵素を取り入れる手助けをするのが、酵素ドリンクです。

酵素ドリンクを飲むと便秘が解消されると言われるのは、酵素ドリンクに含まれる消化酵素が働いてくれるからです。ファスティング期間中は、腸内に溜まった毒(宿便)を排出するのに集中できるので、体内デトックスが進みます。酵素ドリンクはファスティングにぴったりの飲み物なんですね。

ファスティングの効果

デトックス効果

27b4a7f95b3ba89b

現代の生活はおいしいもので溢れ、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。また、既製品にはさまざまな添加物が含まれており、知らず知らずのうちに体に毒素を溜め込むことになってしまいます。

ファスティングをすると、身体に溜め込んだ毒素を排出できます。この体内デトックスこそが、ファスティングの最大の効果です。

内臓の疲労回復

多くの人の内臓は、食べ過ぎが原因で疲弊状態です。一度食べ物を断つことで、内臓が休息できて元気になります。ファスティングをした人は内臓が元気になっていることを実感できるでしょう。

美容効果

ファスティングを始めると、身体は日頃溜め込んだ老廃物を排出することに集中できるようになります。

腸内に溜まった宿便(腸壁にこびりついている老廃物で長期間滞留している便)が排出され、肌ツヤ回復につながります。ニキビやボロボロになったお肌がキレイになるなど、美肌効果が期待できます。

便秘がちだった人も便秘が解消し、ぽっこりお腹が少しへこんでスッキリしたと感じるはずです。

健康効果

現代の生活習慣病のほとんどが食べ過ぎから来ていると言われています。一時的に食事を断つことで飢餓状態になり、身体を守る作用が働き免疫力がアップします。病気の予防や改善にもつながるので、ファスティングは健康面に大きな効果を発揮します。

味覚・嗅覚が敏感に

ファスティングを行うと、食物そのものの香りや味を楽しめるようになると言われています。

濃い味や化学調味料などに慣れていると感覚が麻痺して、素材の味を感じにくくなるのかもしれません。ファスティング後に食事がおいしくなったという人も非常に多いようです。

ファスティングを行う前に

Cbb5458aec96011a

ファスティングは体調が万全でリラックスできる状態の時に行います。

成長期・体力がない・心身が疲れている・痩せすぎている、などに当てはまる方は実践しないようにしましょう。食事を抜いても耐えられる体力が必要ですので、必ず体調が万全の時に行いましょう。

以下に当てはまる方は実践しないで!

  • 体調不良
  • 過労
  • ストレス
  • 生理中
  • 妊婦または産後
  • 薬を服用中
  • 18歳以下
  • 60歳以上
  • 痩せすぎ

酵素ドリンクの選び方

TVや雑誌でも話題の酵素ドリンクは、びっくりするほど多くの種類が売られていて、どれを選んでいいのか迷うかもしれません。

ポイントは食品添加物が入っていない酵素ドリンクを選ぶことです。飲みやすいものは基本的に甘味料が添加されているので、ジュースのようにおいしく飲めるのが特徴です。飲みやすいからという理由だけで選ぶのはNGです。

必ず表示を見て成分を確認し、100%原液のものを選ぶようにしましょう。ファスティング中は栄養素の吸収率が高まります。せっかく体に溜まった毒を排出しているのに、添加物を入れてしまってはファスティングの意味がなくなってしまいます。

酵素ドリンクに含まれている代表的な添加物

  • 果糖ブドウ糖液糖(天然甘味料)
  • スクラロース(合成甘味料)
  • 亜硝酸ナトリウム(合成着色料)
  • 亜硫酸ナトリウム(合成保存料)
  • ソルビン酸(合成保存料)

おすすめ無添加酵素ドリンク3選

①優光泉(ゆうこうせん)

在宅で安心してファスティングできるように、ファスティング専門家が独自のノウハウを凝縮して開発した酵素ドリンクです。野菜・海藻・穀物など、こだわりの素材を60種類発酵させて抽出した、完全無添加の自然飲料です。

②酵素八十八選

88種類の酵素原料(野草・野菜・果実・海草・きのこ類)+31種の麹菌・乳酸菌・酵母菌を使用。添加物や甘味料・保存料・着色料・香料などを一切使用していない野草酵素です。

野草原液にこだわり、1年~1年半かけて発酵・熟成させて作っています。野草が主原料なので苦いと思われがちですが、濃厚で自然な甘みのある酵素ドリンクです。

③エッセンシア酵素

60種類の野菜や果物を「葉ごと、皮ごと、種ごと」余すことなく使用して、水を一滴も加えずじっくり発酵させた100%酵素飲料です。「60種類」という数もこだわりのひとつ。ビタミン・ミネラルのバランスを考えて作られています。

ファスティング3つのステップ&注意点

スポンサーリンク

STEP1:準備期間

本番のファスティング前には準備期間が必要です。いきなりファスティングすると体に負担がかかるので、だいたい3日~1週間程度は野菜など和食中心の胃腸にやさしい食事に切り替えます。

腹6分目から8分目くらいへと食事量を徐々に減らします。脂っこい食事は控え消化の良い食事を心がけ、お酒もやめましょう。特に普段の食生活が外食や脂っこいもの中心という人は、この準備期間でしっかり慣らしていくことが重要になります。

Fe63b7782e91b92f

準備期間中におすすめの食材

  • ま…豆類
  • ご…ごま
  • わ…海藻類(わかめ)
  • や…野菜
  • さ…魚
  • し…きのこ類
  • い…いも類

準備期間中に避けたい食材

  • カップめんなどのインスタント食品
  • 菓子
  • 白砂糖
  • ファーストフードなど脂肪分の多い食材
  • 肉などの高たんぱく質
  • カフェインやアルコールなどの刺激物

STEP2:ファスティング期間

準備期間でしっかり体の準備ができたら、ファスティングに入ります。食事の代わりに、3~4時間おきに酵素ドリンクで栄養を摂ります。脱水を防ぐために一日1.5~2リットルを目安にこまめに水分補給しましょう。基本的には酵素ドリンクと水以外は摂りません。

途中で体調が悪くなってしまった場合、あまりにも辛い場合は無理せず中止しましょう。中止したら、おかゆなど消化の良いものから食べ始め、徐々に元の食事に戻します。

STEP3:回復食期間

ファスティング後は、いきなり元の食事に戻さず、1週間程度かけて徐々に通常に戻していきます。重湯やおかゆ、具なし味噌汁など流動食から始め、徐々に固形にします。赤ちゃんが初めて食事をする離乳食のイメージを持つと良いでしょう。

回復食のルールを守らないとリバウンドしてしまう可能性が高くなります。毒素が抜けたあとの食事はとても大切。ファスティング成功のポイントはこの回復食期間にあります。

添加物や化学調味料は避け、オーガニックや無添加の自然食品を選び、体に優しく消化の良いものを食べましょう。また、いくら良いものでもお腹いっぱいに食べず、腹8分目までに抑えることも大切です。

ファスティング後は五感が鋭くなり、いつもよりも香りや味を楽しめるでしょう。おかゆでさえも、びっくりするほどおいしく感じるはずです。この回復食期間は食事のおいしさを思う存分楽しんでください♪

ファスティング期間中の注意

激しい運動はしない

D928c2676f1bb2db

早く痩せたいからと激しい運動をしてしまう人もいます。ファスティング期間中は体が飢餓状態になり、無理に運動をすると倒れてしまう可能性もあります。自宅での軽いストレッチやヨガ程度に抑え、なるべくリラックスできる状態にしましょう。

長風呂やサウナ、岩盤浴もNGです。

カフェイン・アルコール等の刺激物を避ける

胃腸を休ませる目的のはずが、刺激物で刺激してしまっては意味がありませんよね。ファスティング期間中は、水と酵素ドリンクのみを摂取するようにしましょう。

飴やガムなどの糖分を避ける

空腹に耐えられず、飴やガムなら・・・と口にしてしまう人がいますが、ファスティング期間中は吸収率が非常に高い状態になるため、糖分を摂取するとダイエット効果が薄れます。酵素ドリンクを炭酸水で割って飲むなどして空腹をしのぎましょう。

どうしても空腹が耐えられずイライラしてしまう場合は、少量のフルーツや重湯など少しだけ口にすると多少落ち着きます。

3日を超えるファスティングをしない

もっともっと痩せたいからと言って、ファスティング期間を延長しようと考える人もいます。しかし、最初にもお伝えした通り、素人が独自で3日を超えるファスティングをするのは危険が伴います。必ず専門家の下で行なってください。

ファスティング期間中に起こりうる体調の変化

F5134d00bc70204c

ファスティングを開始すると、頭痛やめまい、吐き気、眠気、倦怠感などあらゆる症状が現れる可能性があります。人によっては強く不調を訴える人もいたりと強弱もさまざまです。これを「好転反応」であると説明している情報が数多く存在します。

好転反応とは、もともとは東洋医学(按摩や鍼)で使われる用語で、治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと(反応の程度はさまざまである)。ーwikiペディアー

出典:ja.wikipedia.org

「体調が不調になるのは好転反応で、ファスティングが成功している証拠」「好転反応がなかったらうまくデトックスできていない」などの情報もあり、無理して続けてしまう人もいます。

繰り返しになりますが、自己判断が一番危険です。好転反応ではない症状の可能性もあるので注意してください。食事を断つわけですから、エネルギー不足で力が入らなくなったり、ぼーっとしたり、元気が出なくなるのはは当然です。

あまりに症状がツラい場合は、迷うことなくストップすることをおすすめします。ファスティングを途中でストップした場合は回復食期間を経て、通常の食事に戻していきましょう。

頭痛などの不快な症状が出るのはどうして?

摂取したエネルギー(糖質)は半日程度しか持たないと言われています。ファスティング期間に入り食物を摂取しないと、エネルギー源が不足し「低血糖」状態になり、身体が飢餓状態に入ります。

体内の糖が不足すると、糖に代わるエネルギー源として体内の脂肪を分解します。この時生成されるのが「ケトン体」です。ケトン体が体内に増えると身体が酸性に傾きます。弱アルカリ性の人の身体は酸性を嫌い外に排出しようとします。

この拒絶反応が頭痛などさまざまな症状を引き起こすとされています。脂肪を分解してエネルギー源を得ると、飢餓状態を脱し落ち着いてきます。

ファスティングはリラックスできる日に

最近では低糖質ダイエットやケトン体ダイエットに代表される、糖質制限するダイエットが人気ですが、ファスティングと同じ理屈で頭痛や集中力の低下、ぼーっとするなどの症状を訴える人が増えています。

ファスティングダイエットを行う時は、仕事が休みの時などリラックスできる状態で行うのをおすすめします。

失敗しない!ファスティング成功の秘訣

週末や長期休みに行う

5e41828441eeede1

ファスティングはストレスなくゆったり過ごせる時に、リラックスして行うのがポイントです。集中して身体と向き合うことができ、デトックスに大いに効果を発揮するはずです。

ストレス状態が続いている時に無理に実行すると体調を崩す原因にもなりますので、気持ちにゆとりのあるタイミングで行いましょう。

計画的に行う

会社や友人との付き合いでどうしても断れない食事や飲み会がある時期は実践を控えた方が賢明です。

しっかり計画せず、準備期間や回復食期間を充分にとれず失敗してしまうのはよくあることです。比較的ゆとりあるスケジュールを組んで、ゆったりした気持ちで行いましょう。

心身ともに元気な時に行う

現代の生活はストレスも多くゆとりがありません。疲れが溜まって、精神的にも疲れ切っている時に、食事を抜いてしまっては体調不良を加速させるだけです。必ず体調が良い時に行いましょう。

いきなり本格的にやらない

プチ断食、週末断食など、比較的手軽にできるファスティング方法もあります。いきなり本格的にやるよりも、自分の身体と向き合いながら徐々に行い、身体を慣らす方法をおすすめします。1回で結果を出すために無理してしまい、体調を崩してしまっては意味がありません。

例えば、まったく運動をしていない人が練習もせずに、いきなり本番のマラソンレースに出るのを想像してみてください。練習なしで走るなんて普通は無理ですよね。これと同じように、ファスティングも慣らす期間が必要です。

ファスティングホテルで経験を積む

最近は、1泊2日や2泊3日などのファスティングプランを設けているホテルがたくさんあります。ファスティング道場と言って、ファスティングを専門に行っている施設もあります。お金はかかりますが、栄養士や専門家によるプログラムがあるのでとても安心です。

ファスティングホテルには、プチ断食コース・デトックスコース・体験コースなどさまざまなコースがあり、選択肢がたくさんあります。仲間と一緒にデトックス旅行をしてみるのも良いかもしれません。一度経験を積めば、一人で行うとき安心してできるので初心者や忙しい人におすすめです。

ファスティング=体重減と考えない

9d160a92e8481ad1

ファスティング期間中は、身体の水分が抜けるので、体重が一時的に一気に減ります。楽しくなってストイックに期間を延ばしてしまう人や、体重が減ったからといって回復食期間を設けずに通常食に戻してリバウンドしてしまう人もいます。

イスラム教のラマダン(断食期間)で太ってしまう人がたくさんいるのは、吸収が良くなっている状態で一気にたくさん食べてしまうからです。ファスティング後にリバウンドした方は、こういったパターンに当てはまっている人が多いです。

ファスティングの一番の目的は、身体の毒を出してリセットすることであるのを忘れてはいけません。体重を減らすのが目的ではないということを頭に叩き込んでおきましょう。

長期間ファスティングをしない

海外のダイエット情報サイトには、「ファスティングは筋肉を落とし、基礎代謝が下がって太りやすい体質になってしまう」と説明しているものもたくさんあります。ファスティングは医療行為であるとしている国もあるほどです。

繰り返しになりますが、体重を減らすことに集中して長期ファスティングをしてしまうのはとても危険です。3日を超える場合は必ず専門家の下で行いましょう。

ファスティングのポイントまとめ

  • 正しい知識で行う。
  • ゆとりがあってリラックスできる時に行う。
  • 元気な時に行う。
  • 絶対に無理はしない。
  • 酵素ドリンクは必ず完全無添加なものを選ぶ。
  • ファスティング=体重減ではない。
  • ファスティング=身体のデトックス。
  • 準備期間と回復食期間の食事はとっても大切。
  • 食事のおいしさを知り、その瞬間を楽しもう。

以上、ファスティングの方法をご紹介しました。ファスティングは自分の生活習慣や食習慣を見つめる機会になります。正しいファスティングで、内側からキレイな身体を目指してください!

人気記事