Medium ec540b31c256091a

氷でダイエットできると話題に!やり方は?えのき氷や玉ねぎ氷など応用も

最近、氷を使ったダイエット方法がひっそりと話題になっています。氷をそのまま食べるだけではなく、ほかの食材とあわせてダイエットする方法もありますよ。今回は、そんな氷を使ったダイエット方法をまとめました。

カテゴリー:食べ物  作成者:TAKAI Yuka  投稿日:2017/08/06

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

氷ダイエットの基本的なやり方と効果

氷ダイエットの基本的なやり方は、いたってシンプル。水道水やミネラルウォーターを凍らせて作った氷を食べるだけです。でも、どうして氷を食べるだけでダイエット効果が得られるのでしょうか?

氷ダイエットの効果のメカニズム

0e0b9828e7fb9a26

人間は、常に体温を一定に保つ機能を持つ恒温動物です。そこで氷ダイエットでは、この体温調節機能を利用します。つまり、氷を食べることで故意に体温を下げ、そこから体温を上げるために使われる消費カロリーでダイエット効果を得ようというわけです。

氷を約1L分食べた場合、体温維持のために使われるカロリーは約160kcalとされています。これは数キロランニングした時に消費されるカロリーとほぼ同程度ですから、なかなか侮れないダイエット効果です。

また、氷をこまめに食べることで口寂しさや空腹感を紛らわすこともできるので、一石二鳥のダイエット方法ともいえます。

氷の代わりにアイスクリームでもOK!

ダイエット効果をできるだけ多く得るためには、ゼロカロリーの氷を食べるのがベストです。しかし、ひたすら氷ばかり食べていては飽きてしまいますよね。そんな時は、シャーベットやアイスクリームで代用することもできます。

とはいえ、氷と違ってアイスクリームやシャーベットにはカロリーがあります。代用する場合は、1日辺りの量を小さめのお茶碗2杯程度までに抑えるようにしてください。

また、一度にたくさんの量を食べると、一気に体を冷やしてしまい内臓の機能低下や免疫力低下を招くことがあるので、少しずつ体の調子をみながら食べるようにしてくださいね。

えのき氷ダイエットで体脂肪を減らそう

230953c5dc946248

えのき茸は、ダイエット役立つ成分を豊富に含む優秀なダイエット食材です。しかしそのまま食べると、えのき茸の成分を効率的に摂取することができません。そこでおすすめなのが、氷に加工する「えのき氷」です。

えのき氷ダイエットとは

えのき氷ダイエットとは、えのき茸に豊富に含まれる「キノコキトサン」を凝縮して摂取するダイエット方法です。キノコキトサンには、脂肪燃焼効果を高めたり、摂取した油分の吸収を50%程度カットするといったダイエット効果が期待できます。

キノコキトサンはえのき茸の細胞壁にあるため、効率よく摂取するにはペースト状にするのが理想的です。料理の具材として普通に食べた場合、細胞壁が硬い状態のためにうまく吸収されず、40%〜50%もの成分が排出されてしまうとされています。そこで、えのき茸をえのき氷に加工して、腸からの栄養吸収率を高めてあげましょう。

えのき氷のダイエット効果

体脂肪の減少

キノコキトサンが持つ脂肪燃焼効果によって、体脂肪を減らす効果が期待できます。さらにもう1つの成分である「エノキダケリノール酸」には、内臓脂肪の減少をサポートする効果が。内臓脂肪は生活習慣病の原因にもなりますから、ぽっこりお腹が気になったら、えのき氷を積極的に摂取するようにしたいですね。

便秘解消

4ae8470bee20f035

キノコキトサンは不溶性食物繊維のため、摂取すると腸内にある便の水分量を維持したままかさ増しして、排便を促してくれる効果が期待できます。また、腸内の脂肪を包み込んで一緒に排出してくれるため、腸内環境を整えることにも役立ちます。

血液がサラサラに

キノコキトサンには、血中の脂肪分を低下させて、血液をサラサラにする効果があります。血中の脂肪分が増えると、血液がドロドロになって、動脈硬化などのリスクを高めてしまいます。ダイエットだけではなく、健康にも良い効果が得られるのが、えのき氷ダイエットの大きな特徴です。

高血圧の改善

えのき茸には、体内の余分や水分や塩分排出効果を持つカリウムが含まれています。肥満と高血圧は関連性が強いので、血圧が高めな方にもえのき氷ダイエットはオススメです。

美肌効果も!

えのき茸は、数あるキノコの中でも美肌効果が高いとされています。キノコキトサンにより腸内の脂質を体外に排出し、旨み成分である「グアニル酸」によって、肌荒れの原因にもなる体内の毒素排出を促すためです。

えのき茸をそのまま摂取した場合、この2つの成分は硬い細胞壁に守られているため効率的に摂取できません。えのき氷を作る過程で細胞壁を破壊することで、2つの成分をしっかり摂取できるようになります。

えのき氷の簡単レシピ

0aafa8ef48fffca6

出典:cookpad.com

材料
えのき 300g
400mL
作り方
①えのきの石づきを切って、ざく切りにする
②ミキサーに水とえのきを加え、ペースト状になるまで攪拌する
③鍋で1時間煮込んで水分を飛ばす。焦げ付かないように注意!
④粗熱をとって、製氷皿に入れ冷凍庫で凍らす

えのきと水の比率が同じであれば、分量を変えてもOKです。時間はかかりますが、作り方自体はとても簡単なので、一気にたくさん作って冷凍庫にストックしておくようにしたいですね。

えのき氷ダイエットの摂取量の目安と注意点

1日の摂取量は氷3粒程度

製氷皿の大きさにもよりますが、一般的な大きさのものであれば3粒が1日あたりの摂取量の目安です。お味噌汁に入れれば、旨み成分のグルタミン酸によりコクが出ますし、卵焼きやご飯を炊く時にも使えます。くせのある匂いがないので、グリーンスムージーに入れるのもオススメ。ぜひ、お気に入りのえのき氷活用法を見つけて、上手に摂取してみてくださいね。

過剰摂取で下痢になることも!

えのき氷は色んな料理に使えるので、過剰摂取になりがちです。しかし、不溶性食物繊維が豊富に含まれているため。大量に摂取してしまうと、下痢を起こす場合があります。目安摂取量をきちんと守って、えのき氷ダイエットを成功させてくださいね。

玉ねぎ氷ダイエットでむくみを解消

957b7d115cc38494

スポンサーリンク

玉ねぎは、そのまま食べても健康効果やダイエット効果が期待できる食材です。さらに氷に加工すれば、手軽さがプラスされて、食事に取り入れやすくなります。ダイエットを楽しみつつ、レシピの幅も広がる玉ねぎ氷ダイエット。ぜひ
ぜひチャレンジしてみてください。

玉ねぎに期待できるダイエット効果

玉ねぎは「万病の薬」ともいわれる栄養豊富な食材。血液をサラサラにする、メタボ予防、がんやアレルギーの抑制、便秘やむくみ解消効果など、そのメリットはさまざまです。健康食品として非常に優秀な玉ねぎですが、実はダイエット効果の高い成分も豊富に含まれているんです。

玉ねぎに含まれるダイエット成分
ケルセチン 脂肪の吸収を抑制し、体脂肪を減らす
硫化アリル 糖代謝を促進し、エネルギー消費を高める
シクロアリイン 血中の脂質の排出を促して、血液をサラサラにする
グルタチオン酸 血糖値の上昇を抑えて、痩せやすい体質にする

玉ねぎはそのまま食べてもダイエット効果を得られますが、調理や下ごしらえを毎日するのは億劫だという人もいることでしょう、そこで玉ねぎ氷にしてストックすれば、料理やスープ、炊き込みご飯などに加えて、手軽にダイエットできるようになります。

玉ねぎ氷のダイエット効果

体脂肪の減少

Bd74787a21d83f77

玉ねぎに含まれるケルセチンは脂肪吸収抑制効果が非常に高く、さらに余分な脂肪を体外に排出してくれる効果を持ちます。さらに肝臓での脂肪代謝も高めて肝機能をアップしてくれるため、全身の代謝機能アップ効果も期待できます。

エネルギー消費を促す

硫化アリルという成分は、体内でビタミンB1と結合して「アリチアミン」という物質を作ります。このアリチアミンには、糖質の代謝を促進してエネルギー消費を高める効果が期待できます。

血液をサラサラにしてくれる

シクロアリインは、肝臓から全身に脂質を送り出す働きを持つ酵素を阻害します。そのため、血中コレステロールや中性脂肪が減って、血液がサラサラになり、代謝アップが期待できるんです。

シクロアリインは、熱を加えると増加するため、生で玉ねぎを食べるよりも、玉ねぎ氷の方が効果が高まるというメリットがあります。

むくみ解消

玉ねぎには、イソアリインやカリウムといった成分が豊富に含まれています。これらの成分は体の塩分調節を行い、余分な水分や老廃物を体外に排出してくれるため、むくみ解消や代謝アップにも効果的です。

血糖値の上昇を抑える

玉ねぎに含まれるグルタチオン酸には、血糖値を正常に保ち、脂質によるダメージから血管を守る働きがあります。実際に糖尿病患者が毎日玉ねぎを摂取したところ、90%以上の方に血糖値の改善がみられたとの報告もされています。血糖値の上昇を抑えると、余分な脂肪が溜まりにくくなるため、痩せやすい体質になります。

美肌効果

玉ねぎにはデトックス作用があるため、体の中からキレイになって肌の調子が良くなります。また、シワやくすみに効果的なグルタチオン酸、肌の新陳代謝を促すビタミンB1やビタミンC、ミネラルもバランスよく含まれているので、ダイエットしながら美肌を目指せるイチオシの食材です。

玉ねぎ氷の作り方

30065d8a11ec912b

出典:m.week.co.jp

材料
玉ねぎ 1kg(約4個〜5個)
200mL
作り方
①玉ねぎの皮をむき、芯をくり抜く
②耐熱のポリ袋に入れて耐熱皿に乗せ、電子レンジで20分加熱する(600W)
③加熱した玉ねぎと水をミキサーに入れ、ペースト状になるまで攪拌する
④冷ましてから製氷皿に入れ、凍らせる

玉ねぎ氷はタッパーに入れておけば2週間保存可能です。さらに冷凍用ポリ袋に入れて保存すれば、約2か月間も保存できますよ。スープやお味噌汁、サラダなどさまざまなメニューに使えますので、ぜひお気に入りの使い方を見つけてくださいね。

玉ねぎ氷ダイエットで効果を出す4つのコツ

1:水分をしっかり摂取する

代謝を上げるために、1日あたり2Lの水を摂取しましょう。玉ねぎ氷を味噌汁や紅茶などに加えて摂取すれば、一緒に水分をでき出来ます。

2:糖質の摂取量を減らす

炭水化物を摂りすぎると、玉ねぎ氷の効果が得られにくくなります。ご飯を半分程度に減らしたり、砂糖を多く含むお菓子の摂取を控えることを目安に、糖質の摂取量を減らしましょう。ただし、炭水化物を全く摂取しないとリバウンドしやすくなるので、適度に摂取するようにしてください。

3:発酵食品を活用する

3f6e0c0493a4fbaf

発酵食品には酵素が豊富に含まれているため、玉ねぎ氷と一緒に摂取すると腸内環境が整い、美肌効果や免疫力向上効果も期待できます。味噌汁や納豆、キムチ、甘酒などに加えると手軽に酵素も摂取できますので、試してみてくださいね。

4:有酸素運動や筋トレを行う

玉ねぎ氷だけでなかなかダイエット効果が得られない場合は、軽い運動を取り入れるのがオススメ。筋トレで基礎代謝を上げてから、ウォーキングなどの有酸素運動で脂肪燃焼を促せば、効率よくダイエットできるようになります。

氷を活用してダイエットを成功させよう!

たかが氷とはいえ、上手に活用すればダイエット効果を得られます。単純に氷だけ食べてもOKですが、ダイエット効果に加えて美肌効果や健康効果も期待するなら、ぜひ、えのき氷や玉ねぎ氷の作成にチャレンジしてみてください。どちらもとても簡単に作れますので、ぜひ上手に活用してダイエットの成功につなげてくださいね。

人気記事