Medium e8f45a51acec9af1

勉強しながらこっそりダイエット!お腹、脚...部位別・おすすめ方法まとめ

受験や資格の勉強に専念し始めると、運動時間を確保できず太ってしまいがち。徐々に溜まっていく足やお腹の脂肪が気になって、勉強に集中できなくなることも。そこで今回は、勉強しながらできるオススメのダイエット方法についてご紹介していきます。

カテゴリー:お手軽ダイエットながらダイエット  作成者:TAKAI Yuka  投稿日:2017/08/10

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

勉強しながらのダイエット!効果を高めるには?

勉強しながらのダイエットでも効率的に効果を出すために、まずは準備から始めましょう。

朝起きたら思いっきり「伸び」をしよう

Eae1c9d0dc0257ef

1日中勉強しなければならない時期は、どうしても運動不足になって太りやすくなりがち。勉強中にできる運動をするのも大切ですが、まずは朝起きたら思いっきり伸びをして、体をしっかり目覚めさせましょう。

筋肉を伸ばせば、寝起きで固くなっている全身の筋肉がほぐれて血行が良くなります。また、腸も刺激されるので、便秘対策にも効果的。寝起きだけではなく、勉強中のちょっとした合間に伸びをするだけでも、全身の血行促進につながりますよ。

勉強中の糖分補給は高カカオ濃度のチョコレートで!

集中して勉強していると、脳がどんどんエネルギーを消費して小腹が空いてきますよね。脳のエネルギー源は糖なので、常にお菓子を手元に置いてしまいがちですが、これはダイエットを妨げる大きな原因になります。

人間の集中力持続時間は、90分が限界といわれてますので、これを目安に、エネルギー補給するように心がけてみてください。また、糖分補給には高カカオ濃度のチョコレートがオススメ。カカオポリフェノールには、集中力や記憶力をアップさせる効果が期待できるんですよ。

さらに食物繊維や利尿作用のあるテオブロミンも含まれているので、ダイエットサポートにも効果的。とはいえ、食べ過ぎるとカロリーの過剰摂取になってしまいますので、少しずつ食べるようにしてくださいね。

勉強効率を上げるためにも睡眠時間は削らない

82c8faacc8dfcac2

睡眠不足の状態が続くと、満腹感を与えるレプチンというホルモンの分泌量が減り、逆に食欲中枢を刺激するグレリンというホルモンの分泌量が増えます。そのため、食欲が増して通常より太りやすくなることに。

睡眠時間が5時間を下回ると肥満になりやすいという研究報告もされていますので、最低でも5時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。また、日中に学んだ勉強内容を脳に定着させるためにも睡眠は不可欠。

睡眠中に、脳が記憶の整理整頓を行ってくれるので、翌日からの勉強効率アップにもつながります。徹夜で勉強なんて受験生らしい響きですが、デメリットばかりなので、睡眠時間はしっかり確保するようにしてくださいね。

勉強しながら!目指せ下半身の筋力アップ!

勉強ばかりしていて運動量が減ると、まず衰えるのは下半身の筋肉。もともと筋肉量の多い下半身の筋肉が衰えてしまうと、基礎代謝も低下して太りやすくなってしまいます。勉強しながらできるダイエット方法を取り入れて、少しでも筋力を維持できるようにしましょう。

太もも痩せの定番!膝の間に物を挟む

7c26c1f901a24661

出典:syayoyu.com

やり方
①椅子に浅めに腰掛け、5cm程度の厚みのあるものを両膝の間に挟む

とても簡単なのに太もも痩せに効果抜群なのが、この方法。両膝の間にカバンや電話帳、クッションなど厚みのあるものを挟んで座るだけです。太ももの筋肉全体を意識するように行えば、さらに効果アップ。

最初は短時間で辛くなってきますが、慣れてくると少しずつ長時間行えるようになりますよ。

かかとの上下運動でふくらはぎ痩せ!

81ecf956ca6bd47e

出典:syayoyu.com

スポンサーリンク

やり方
①椅子に座り、つま先に重心を置いてかかとを10回上げ下げする
②かかとに重心を移し、つま先を10回上げ下げする
③足を揃えてかかとを上げ、5秒間キープ
④かかとを下ろしてつま先を上げ、5秒間キープ

椅子に座っている間ならいつでも行えるので、気づいた時にマメに行うようにすれば、いつの間にかふくらはぎが綺麗に細くなっていきますよ。ふくらはぎの筋肉を刺激できるので、足のむくみ対策にもなります。

お腹のたるみに!インナーマッスルを鍛えてスッキリ

長時間椅子に座っていると、次第に姿勢が崩れてきて、お腹がたるみやすくなってしまうもの。いつでも行える腹式呼吸などのダイエット方法を覚えておき、気が付いた時にこまめに行うようにしたいですね。

姿勢矯正で消費カロリーアップ!

E61551e83b4bc056

出典:josei-bigaku.jp

正しい椅子の座り方
①背もたれは使わず、できるだけ深めに椅子に腰掛ける
②顎を引き、腹筋を意識しながら「L字」になるように背筋を伸ばす
③膝頭と足の親指が一直線になるようにする

足を組まず、両足ともしっかり床につけるのがポイント。正しい姿勢はとても疲れますが、しっかり継続できれば、腹筋や背筋のインナーマッスルを鍛えることが可能です。

疲れてくると、つい猫背で楽をしてしまいがちですが、猫背は骨盤や背骨を歪ませる原因にもなるので、極力控えるようにしてくださいね。

腹式呼吸でインナーマッスルを鍛える

やり方
①お腹を膨らませながら、8秒程度かけてゆっくりと息を吸う
②お腹を引っ込めながら、8秒程度かけてゆっくりと息を吐き切る
③①〜②を繰り返す

ながらダイエットの定番といえば腹式呼吸。小負荷を継続的に腹筋にかけられるので、腹部のインナーマッスルを効果的に鍛えることができます。さらに姿勢矯正による腰痛予防、内臓の位置を整えて骨盤の歪みを矯正してくれるといった効果も期待できるんですよ。

姿勢矯正に効果抜群!「ボディメイクシート スタイル」

66fd60e5e15ddfeb

出典:www.mtgec.jp

正しい姿勢がダイエットに良いことは分かっていても、油断するとすぐに姿勢が崩れてしまう方にオススメなのが、こちらの姿勢矯正クッション「ボディメイクシート スタイル」。カイロプラティックのメソッドを応用して設計されており、姿勢ケアに抜群の効果を発揮します。

人間の体の構造を徹底的に研究して作られているため、座るだけで正しい姿勢を保つことが可能。今使っている椅子の上にセットするだけでOKです。デザインがシンプルで使いやすく、価格も7,800円(税抜)と手頃なのもオススメのポイントです。

勉強中のダイエットはやり方次第で誰でもできる!

45dfcb036ae81637

受験や資格勉強中は、なかなか運動する時間が確保できず、どんどんボディラインが緩んでしまいがち。次第に増えていく体重にストレスを感じ始めたら、ぜひ勉強しながらダイエットに取り組んでみてください。勉強しながらダイエットを継続するには、何はともあれ無理しすぎないことが大切です。

最優先事項は勉強することですので、無理なく取り入れられるものを選んでチャレンジしてみてくださいね。

人気記事