Medium 0b01bcde919df397

ダイエット中は食事の時間と回数に注意!話題の8時間ダイエットに迫る!

ダイエットにおいて、食事管理はとても重要なことです。その中でも、特に意識すべきは食事を摂る「時間と回数」です。そこで、話題の8時間ダイエットについて、どのように8時間ダイエットを行なっていくか、効果的に痩せるにはどうすればいいのかについてお話していきます。

カテゴリー:短期集中ダイエットプチ断食  作成者:権栄一  投稿日:2017/08/24

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

はじめに

Da359f7fd871d697

ダイエットにおいて、食事管理はとても重要なことです。その中でも、特に意識すべきは食事を摂る時間と回数です。そこで話題の8時間ダイエットにフォーカスを当てて、お話しさせていただきます。

ダイエット全般について

13611e75d2984ade

皆さんお馴染みの「ダイエット」。女性の方なら特に気になるトピックなのではないでしょうか。ただ、「何度やってもうまくいかない」「いろんな方法を試してみたけれど全然ダメ」といった声をよく耳にします。そこで、まずはじめに大前提であるダイエットとは何かについてのお話からさせていただきます。

B98543560b705b17

ダイエットとは主に「規定食」という意味の言葉であり、英語のdiet(食事)からきているものです。それが現代語としては「規定食」という美容や健康の維持のための食事の量や種類の制限といった意味として広く使われるようになりました。

C44af7cd6080015f

その「ダイエット」も、その実践方法によって大きく3つの種類に分類することができます。それが以下の通りです。

3bee3bb4fd21ce63
  • 減らす方式:カロリー、糖質、脂質...等々(例:絶食、間食を減らす)
  • 置き換える方式:脂質をタンパク質に、食べ物を◯◯に...等々(例:単一食品ダイエット)
  • エネルギー消費量を増やす方式:消費量をあげて、基礎代謝量を上げる(有酸素運動、筋トレ)

このようにダイエットにも幾つかのやり方があり、一見するとそれぞれ違うアプローチをする方式を取っているように思われますが、手法が違うだけでやることは一緒なのです。それは「摂取量<消費量」を心がけることです。極端な話、この状態が成立した生活をし続ければどんな人でも痩せることができます。ダイエットの本質はこの関係と言ってもいいでしょう。

Fb0a9fc4a4d55aea

ただ言葉にするのは簡単なのですが、いざ実践してみると容易くはありません。食べたいものを無意識に好きなタイミングで食べて、摂取量が消費量すなわち基礎代謝量を下回るなんていうことは余程のことがない限りありえません。そこでダイエットという存在が重要になってくるのです。ダイエットとはこの構造を意識することから始まるのです。

食事の時間と回数

食事の時間

59491ccadf4df4f6

上記においてダイエットについてお話しさせていただきました。そこで摂取量や消費量のお話にも触れましたが、同じものを同じ量食べるにしても、それをどの時間帯に何回に分けて食べるかによって体に吸収するスピードや脂肪になってしまう可能性、空腹度合いなどが大きく変わってくるのです。

Fe16ec04eda42938

もちろん1日を通して深夜にカップ麺をひとつ食べるといった食事は偏食な上に極端です。しかし、最も摂取エネルギーが脂肪として蓄積しやすい時間帯に食べても、1日の摂取カロリーが極端に低いためこの生活を続ければ間違いなく減量できるでしょう。

7204f90adef29e3c

しかし、こんな生活ではすぐに体を壊してしまいますし、相当な忍耐力が必要であり継続できそうになく現実的なダイエット方法とは言えません。ではどうするべきか。それは食事の時間と回数について意識し、それをうまく利用することで無理なく継続できるダイエットを心がけるべきなのです。

食事の回数

81ac2a53adedf17c

例えば、腹8分目まで食べていたランチを、腹4分目の二回の食事に分けることで夕方ごろの空腹感はだいぶ解消されるでしょう。また、夕食を18時までに終えれば、脂肪の吸収も緩やかで、太りにくい生活となるといった具合です。このようなあらゆる意識を傾けることこそ利口なダイエットであると言えるでしょう。

7f4b08e62581a541

その意識の一つに今大注目の「8時間ダイエット」というダイエット方法があります。この方法についてこれからお話しさせていただきます。

8時間ダイエットとは

D0e41a0595095517

大注目とは言いましたが、一体8時間ダイエットとはなんなのでしょうか。8時間ダイエットとは一言で言えば、1日の食事を8時間以内に済ませてしまうダイエットのことを言います。これだけでは何を言っているのかわかりませんので、これから詳しく説明していきます。

0da529e30fd33320
時間 一般的な食事例 8時間ダイエットの食事例
朝食 7:00 7:00
12:00 11:00
夕食 20:00 15:00

こういった具合になります。おわかりいただけたでしょうか。8時間ダイエットにおいては1日24時間のうち食べ物を摂取する時間を8時間に制限するというものになっています。よって上記の食事例で言えば、15時以降は何も食べ物を摂取しないということになります。

D690be96f7f629b2

ここまででお気づきかもしれませんが、8時間の間に3食しっかり食事をとるというのはたいていの場合は難しいでしょう。1食の量を減らすか、あるいは1食抜くかという風になってくるはずです。そうなってくると自然と摂取カロリーが大幅に減ることになります。これが8時間ダイエットの最たる狙いであると言えます。

Ad5c65f305fd9462

またそのほかにも期待できる効果として、16時間何も食べ物を摂取しないことによって、胃を休ませることができることであります。これには2つの効果が期待できます。それは以下の2点になります。

5280449f253c4092
  • 胃腸機能を回復させることができる。
  • 消化吸収機能を高めることができる。

上記の効果については後ほど詳しくご説明させていただきますが、我々の体が食べ物を摂取した際にそれを処理するプロセスを全て休ませてあげることができるという、プチ断食のような効果があるということだけご理解いただければ幸いです。

8時間ダイエットの効果

5add12572861b7ae

前述の通り、8時間ダイエットを実施することによって得られる効果は大きく2つに分けられます。1つは減量面で、食事ができる時間を8時間に制限することで大幅に摂取カロリーを自然に少なくすることができるという点です。もう1つとして健康面において、胃腸機能の回復や消化吸収機能を高めることができるという点です。このそれぞれ2つの効果について下記にて詳しく言及していきます。

減量面においての効果

31bcf6786ac95479

冒頭で8時間ダイエットの説明の際にも触れましたが、8時間のうちに3食をきっちり摂取するのはとても難しいことです。1食で摂取する量を極端に減らすか、3食のうちの1食を抜かない限り、お腹が空かなくなってしまいます。

C3d34e6989e5cf1a

要するに全体として考えた時、1食あたりの量を減らせば総合カロリーがその分減ることになり、1食抜けばその1食分のカロリーを減らすことができることになります。食事の回数やその都度摂取する量を自然とコントロールすることで、体重はみるみるうちに落ちていくことになります。

179c480ca761fd8b

これ、度々お話ししていた減量面での効果です。この仕組みにより自然と「消費量(基礎代謝量)>摂取量」が成り立つようになります。

健康面においての効果

879eaf6b7b256104

続いて8時間ダイエットの健康面での効果です。これまでにも触れてきましたが大きくは2つ、胃腸機能の回復と消化吸収機能の向上です。まず最初に胃腸機能の回復について話していきます。

胃腸機能の回復について

スポンサーリンク

247a29132fe976c4

普段の食生活であれば長くても食べ物を何も摂取しない時間は長くて7~8時間ほどではないでしょうか。かつその間にも小腹がすいてお菓子などの食べ物を食べてしまうのが一般的です。しかし、これでは消化器官はほとんど休む時間がなく常にフル稼働となってしまいます。こうしていくと胃腸機能が衰え、消化不良や便秘を引き起こしやすい体になってしまいます。

F46d7c8d96b44c06

また、こうして胃腸がフル稼働している間は自律神経の副交感神経が優位になり、血液が胃腸に集まってしまいます。その為、頭に十分な血液が巡らなくなり、集中力が低下したりあるいは日中であっても眠気が来たりなどの弊害が表れます。

Fc49eaecdc4d687e

その点、8時間ダイエットでは胃腸(消化器官)を休める時間が16時間と十分に確保できるためこのような弊害も現れなくなります。また胃腸を長時間休ませ機能を回復させることにより、便秘改善も期待できます。

消化吸収機能の向上

A361b999c3dad76e

次に消化吸収機能の向上についてです。ひとことでこの消化吸収機能の向上による効果を説明すると、消化酵素の働きが向上することで、痩せにくい体を作ることができるとうことです。これがどういうことかについて詳しく触れていきます。

43b29fdc17110326

人の体内には2つの酵素があり、それは消化酵素と代謝酵素というものです。前者は摂取した食べ物を細かく分解し吸収しやすくする働きをする酵素であり、後者はエネルギーを消費する働きをする酵素となっております。

5ee97cd23ffab4a3

また消化酵素は分解する栄養素によって大きく3つに分類され、糖質、脂質、タンパク質に対してそれぞれ三つの酵素が存在します。代謝酵素は、生命活動に必要不可欠な肌の新陳代謝や老廃物の排出、ウイルスやバイキンなどに対する免疫力となります。このように両者どちらの酵素も我々の体にとって、なくてはならない働きをしてくれているのです。

72db05ceabc65274

そして重要なのはこの2つの酵素の関係についてです。この2つの酵素は相互に密接な関係性にあり、足して10の関係なっています。代謝酵素の働きが強くなれば消化酵素の働きは弱まり、消化酵素の働きが強まれば代謝酵素の働きが弱まるといった具合になります。

A9a60b4aa7e27a97

これが何を意味しているのか。それは普段の食生活で食べ過ぎや消化しづらい食べ物を多く摂取し、消化酵素の働きが強まればその分代謝酵素の働きは弱まってしまいます。これは上記で述べたように新陳代謝が悪くなってしまうことを意味します。つまりは痩せにくく、太りやすい体になってしまうことを意味します。

8eeaf10b03a63bb7

そこで8時間ダイエットではこの現象を回避するため、16時間食べ物を摂取しないことで消化酵素の分泌を抑え、且つその分代謝酵素を多く分泌させることで代謝が良くなり、より脂肪が燃えやすい体にするというのが狙いとなっています。

2ba1f6fffc4f1516

このように痩せやすい体を作ると、体重が減りやすくなるという数値的なメリットだけではなく内臓脂肪も減らすことができ、体の内部から健康体にしていくことが可能になります。

8時間ダイエット中に食べるべきもの

44ba0b76dadbcbc2

では実際に8時間ダイエット中に摂取すると良い食べ物とは一体なんなのでしょうか。食べる量が減ってくるとどうしても栄養不足となってしまいます。そこでバランスのとれた栄養価が高く、かつダイエットに効果的な食べ物を紹介していきます。

4c2a8d4ebce53f26
  • 動物性タンパク質(肉、魚、卵白)
  • ナッツ類
  • 緑色野菜
  • フルーツ
  • 乳製品(ヨーグルト)
  • 玄米
  • さつまいも

上記で挙げたもの以外でも、手軽に摂取できる栄養素がたくさん含まれたスムージーなどがこの8時間ダイエットをスムーズに行う上で便利なアイテムとなっており、その中でも様々な酵素入りのスムージーであればなお良いとされています。時間のない中でどう上手く栄養価の高い食事を取っていくかがこのダイエットにおいては鍵となってくるでしょう。

水分はOK?

2d8e21c556c9d768

8時間ダイエットは8時間以内に1日の食事を済ませ、その後何も食べ物を摂取しないということはこれまでにお話ししてきました。しかし、水分は対象外です。水分補給はこまめに行うようにしましょう。人間の体の70%は水分でできているとされています。少なくとも1日の間に2リットルの水分を摂取するように心がけましょう。

A19919e87648de18

しかし、その水分補給の際にカロリーのあるジュースなどを取ってしまっては意味がありません。ノンカロリー・ノンカフェインのものが望ましいでしょう。ただしお茶などは摂取しても問題なく、コーヒーや紅茶などであっても砂糖やミルクなどを加えなければ摂取しても同じく問題はありません。

8時間ダイエットの失敗例

Ef5abf685e4f67a6

これまでに8時間ダイエットの効果や方法について説明してまいりましたが、正しい方法で行わなかった場合はもちろん失敗に終わってしまう場合もあります。そうならないための注意点について幾つか取り上げておきます。

暴飲暴食はダメ!

044290c1c7d7c0dd

まず1つとして、いくら食事を8時間以内に済ませてその後何も摂取しないとしてもこれまでの食事よりも食べ過ぎてしまったりすると意味がありません。悪い例として、16時間何も食べ物を摂取しない空腹状態からの解放によって総摂取カロリーが多くなり過ぎてしまい、リバウンドのような結果になってしまうというケースが見られます。

B65adc81bc6d3b9c

こうなってはダイエットが水の泡になってしまうので、これまでの食事で摂っていたカロリーを超えない程度の制限を設けて食事を摂るようにしましょう。

就寝前に食べてしまうのはダメ!

60e69a6cd0a9a5de

これまでの説明でおわかりいただけるように、8時間ダイエットは1日のどのタイミングの8時間を選んでも問題はありません。しかし、仮に13~21時という時間を選択して23時に就寝した場合、食事を摂ってからの寝るまでの時間が極端に短くなってしまし、カロリーを消費する時間が十分に確保できず、かえって太りやすくなってしまいます。

6b10aa8d8d496206

この点については、最後の食事から就寝までの時間を最低でも「3~4時間」は空けるようにするのがいいでしょう。また参考までに理想的な時間選択モデルとして、朝食を抜く方法が最もやりやすいと考えられます。よって「12~20時」といった時間選択が理想モデルであるとされています。

自分に合ったスタイルで無理をせず

46ed7d2b37d5a7f1

ダイエットは継続することが肝心であり、また最も難しい点とされています。お仕事の関係で8時間以内に食事を摂りきるのは難しいという方や、最初から8時間にしてしまうと続けていく自信がないという方は、まずは10~12時間ダイエットのようにゆるく制限をかけてダイエットを行なっていき、慣れてきたタイミングで徐々に8時間へと制限を強化していくのが望ましいでしょう。

Ed55bbc26883d229

もちろんその分効果が現れるスピードも緩やかになりますが、無理をして8時間に設定して3日坊主に終わるよりよっぽど現実的な方法でしょう。実際に10時間ダイエットでも効果を得られたという声は多く耳にします。焦らずじっくり行っていきましょう。

8時間ダイエットに+α

5d08baf3409bf8fb

ここでは8時間ダイエットの補足として運動を+αで行うことを推奨しています。筋力が衰えてしまっては痩せにくい体になってしまいます。1日10分間だけでも運動を行うことでさらなるダイエット効果が見込まれるでしょう。

まとめ:8時間ダイエット

7a8139d558ffadb8

これまでお話ししてきたように、8時間ダイエットはこれらを行うことによって無理なく減量できる上、見た目はもちろん体内からも健康になれるダイエット方法です。正しい方法をとり強い意志を持って継続することで、理想の体になるための一歩を踏み出してみましょう。

人気記事