Medium 6351e6aed42f0e74

ダイエット中の運動は毎日やるべき?有酸素運動の落とし穴に注意?

ダイエットにおいては食事を制限することが多く取り上げられますが、運動によって痩せることも事実です。そこでダイエット中に運動はどれぐらいやればいいのか。有酸素運動にも大きな落とし穴があることについてお話し、正しいやり方でダイエットを成功させれるよう解説してまいります。

カテゴリー:運動  作成者:権栄一  投稿日:2017/08/24

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

はじめに

40a0e939c0093a44

ダイエットにおいては食事を制限することが多く取り上げられますが、運動によって痩せることも事実です。そこでダイエット中に運動はどれぐらいやればいいのか。有酸素運動にも大きな落とし穴があることについてお話し、正しいやり方でダイエットを成功させれるよう解説してまいります。

D72722fca51be5fa

一般的に運動は毎日取り入れるべきだとされていますが、ではダイエット中は特に毎日運動を欠かさず行わなくてはならないのか、またはその取り入れ方、正しいやり方についてお話ししていきます。今ダイエット中で今から運動を取り入れようとしている方には必見です。

運動をする理由

96cee8b2f7ee8b2e

そもそも運動は何のためにするのでしょうか。多くの人がダイエットのため、健康のためといった理由でやっているものでしょう。しかし医学的見地からいうと、運動をお推進するには大きく3つの理由があるとされています。

  • メタボ予防・改善
  • ロコモ予防・改善
  • 精神面の健康
2d6fd96d5e90bd83

メタボ予防・改善

D9400f294776f72f

まず一つ目のメタボ予防・改善についてですが、これは近年この飽食の時代に起きている問題であると言えます。文明の発展の恩恵により運動する機会が急激に減った昨今では運動不足によって成人病となり、生活習慣病となり、最後にはメタボになってしまうということが言えます。これを未然に防ぐためにも運動は重要であるということなのです。

ロコモ予防・改善

E3fea1c849e13fa0

続いてロコモの予防・改善という理由についてですが、ロコモと聞いてもなじみのない言葉なのではないでしょうか。これはロコモティブシンドロームの略で、高齢化に伴い足腰といった運動器官が弱まってしまうことを言います。長生きはできるようになったけど、生きていく上で不便になってしまう体の老化を予防するためにも運動が重要であるとされています。

精神面の健康

8e90a9eb5df5117b

最後の理由として、精神面での健康を保つことができるという理由が挙げられます。近年ではストレスによる心の病が社会問題となっております。それに対して運動は免疫力を高め、ストレスの健全な解消法としてうつ病などの精神疾患の予防・改善に最適だとされているのです。運動は肉体の健康のみならず、精神面にまでもいい影響を与えるのです。

E041c2443c56462d

という風に運動が推奨される理由は幾つかありますが、これを読んでいる皆さんの運動の主たる目的は痩せることではないでしょうか。そこで痩せるためにはカロリーを消費させる、脂肪を燃焼するということが重要になってきます。この2つを満たし、促進させてくれるのが運動であるということなのです。

毎日運動しなきゃダメなの?

F418bd248258e1bb

これについては毎日やるべきであるとされています。その理由についていくつかお話ししていきます。食事制限などの食事面だけでのダイエットでは、脂肪を燃やしたり、元々の体の代謝を上げるあるいはその維持ということは難しくなってきます。

Fdfc7229ecd3b5b8

食事制限などのダイエットを行うと、身体がそれに順応しようとして、少ないエネルギーで体の働きを補おうとするいわゆる省エネモードになっていきます。そうすると人間の体の中の代謝は下がっていく傾向にあるのです。

6090afbe8e259b21

そうなってしまうと、消費できていたはずのエネルギーが消費しきれないようになってしまい、せっかくの食事制限も水の泡となり、結果的には脂肪を燃やしにくい身体、脂肪を溜め込みやすい身体になってしまいます。

920b835d26506fe5

そのためにも身体の中の代謝を向上させる、少なくとも維持することが重要になってきます。短い時間でもいいので、軽い運動を毎日行うように心がけましょう。

絶対に運動しなきゃダメ?

D3ba8cea90a04a38

スポンサーリンク

しつこいようですが、これだけ運動を毎日するべきだと言われていても実際には運動を日頃から行わない方が多いのが現状です。過去に取られたアンケートの結果を見ても運動をしたいか、したくないかでいうと、したくないが圧倒的多数でした。ではなぜ、ダイエットにおいて絶対に運動をするべきなのかという点についてお話ししていきます。

10428ae4a08061e5

もちろん食事制限などによるダイエットを行うことだけで運動なしで痩せることは可能です。しかし、その痩せた後はどうすればいいのでしょうか。食事の量を戻してしまえば元の体重や体型に戻るのは時間の問題です。そうなんです、食事制限などのダイエットは痩せた後までのサポートをしてくれないのです。ただ短期的な目的にコミットした将来性のないダイエットになってしまうのです。

3fcb6caf2c2e80e9

そのため食事制限などで減った体重や体型を維持するためには、減量後は食事以外のどこかでカロリーを消費しなければなりません。ではどうやってカロリーを消費するのか。それが運動なのです。せっかく痩せたのに維持できなければダイエットの意味がありません。そのためにも軽い運動からでいいので、ぜひ運動習慣をつけるようにしましょう。

ダイエットにおすすめの運動

4be059ecef9511c8

これまでダイエットにおいての運動の重要性についてお話ししてきましたが、ここではその運動の中でもダイエットにはどんな運動がオススメなのかについてお話しさせていただきます。まず運動を大きく2つに分けることができ、それは無酸素運動と有酸素運動です。この両方の中からいくつかご紹介していきます。

無酸素運動

80a66a806f084b5c

まずはじめに無酸素運動についてです。無酸素運動とは短時間に瞬発的な力を出すことでパワーを爆発させる運動のことを言い、わかりやすい例で言うと筋力トレーニングがその最たる例なのではないでしょうか。その無酸素運動のうち、いくつかオススメしたい運動について挙げていきます。

Faafeffb2d1c7b22
  • スクワット
  • 腹筋

この2つを上げた共通の理由として筋肉をつけることで基礎代謝量を上げ、減量後も太りにくい体を作るということです。またよく耳にするのが脚を細くしたいなどの部分痩せですが、これは結論から言って不可能です。体についた脂肪は最も体の筋肉が使われていない部位から蓄積され、取り除かれるタイミングも最も最後です。

4bfb3ddb2ee81aaa

ではどうすればいいのでしょうか。その部位の筋肉を鍛えてあげるということも大事なのですが、体の中でも最も筋肉が多い、足の筋肉を鍛えてあげることが効率的とされています。そこで効果的なのがスクワットです。スクワットは足全体の筋肉はもちろん、腹筋やお尻の筋肉も使う総合的に優れた運動といえます。そこにお腹周りの運動を加えれば綺麗なボディメイクが可能になるでしょう。

これらの動画を参考しながら腹筋運動やスクワットを行う事で、効率的にトレーニングを続けていく事ができるでしょう。

有酸素運動

C47a8d8f507d7ced

続いては、有酸素運動についてです。有酸素運動は軽中強度の負荷を体に与えながら、ある一定の心拍数でおこなう運動をさしており、一般的に脂肪燃焼効果があると言われています。ダイエットにおいてはこの脂肪燃焼効果に着目し多く取り入れられるようになりました。ではその有酸素運動の中でも幾つかダイエットにオススメな運動をご紹介していきましょう。

D1fdf2db1cb4774e
  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳

上記に挙げた3つに関しては特に説明は必要ないでしょう。3つの中では水泳が最も効率的で脂肪燃焼効果が期待できるものとはなっていますが、これはジムに通ったりしない限り難しいはずです。そうなると残りの2つが手軽で継続できるものとなるでしょう。長い時間する必要ありません。1日のうち、少しだけ時間を割いて行うようにしましょう。

有酸素運動の落とし穴

088c7e9ca77319d6

有酸素運動はもちろん正しいやり方でやれば効果は絶大です。心肺機能の向上だけでなく脂肪燃焼効果もあり、ダイエット中には最適な運動であるとされています。ですが、間違えたやり方で行ってしまうと効果を得られない場合があります。そうなんです、初心者ほど有酸素運動には陥ってしまいやすい落とし穴が存在するのです。

53da09db85f67a90

それは大きく2つです。ジョギングやランニングの際にハイペースで走ってしまうといことと1回で20分以上続けないでやめてしまうことです。前者の理由としては心拍数を上げすぎてしまうと無酸素運動に近くなってしまい脂肪燃焼効果が期待できないためです。また後者についても有酸素運動は脂肪燃焼効果が出るのが20分以上が目安とされます。20分以下だとその効果が得られなくなってしまいます。

まとめ:ダイエット中の運動

F76644049d3208b9

これまでお話ししてきたようにダイエットをする上で運動は切っても切り離せないものとなっています。正しいやり方を理解し、継続して行うことで運動から得られる恩恵は極めて大きなものです。理想のボディメイクのためにぜひ運動を生活に取り入れてみてください。

人気記事