Medium b26c5d8b36cb71c3

一番痩せる運動って結局どれ?室内・自宅でできるメニューを調査!

ダイエットをされている方は特に、運動をすることで減量している方も多いのではないでしょうか。では、その中で一番痩せる運動はなんなのか。特にその運動の中でも、自宅や室内で行える一番痩せる運動メニューを紹介します。短時間でできる運動で一緒に痩せていきましょう。

カテゴリー:運動  作成者:権栄一  投稿日:2017/08/24

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

はじめに

Cff5e6a431a99b88

ダイエットをするにおいて、特に運動をすることで減量している方も多いのではないでしょうか。では、その運動の中でどの運動が一番痩せる運動なのでしょうか。特にその運動の中でも、自宅や室内で行える手軽な運動を紹介していきます。短時間で出来、最も効果の見込まれる一番痩せる運動で一緒に痩せていきましょう。

一番痩せる運動とは?

Eaac2350d846df23

まずはじめに、”一番痩せる運動”とは何を指すのかについてお話しします。それはカロリーを多く消費する運動のことを言います。ダイエットは基本的に摂取カロリーと消費カロリーの計算のもと、それを調整しながら行うものです。よってカロリーを多く消費する運動が、一番痩せる運動であるということは言うまでもないでしょう。

09b4536d2c87452e

かと言って、ただ消費カロリーが高いだけではダメなのです。その運動を長時間継続して行えるかということが、一番痩せる運動において消費カロリーが高いことと同じくらい重要になってきます。この点について重要視することは一般的には少ないのでしょうか。しかしこれは一番痩せる運動を見つける上で、数ある運動を対比する極めてわかりやすい項目になります。

D0ed0576cf611f3d

もしこのような長時間継続できるかという要素を加味せず、消費カロリーにだけ着目するならば、筋トレや短距離全力疾走といった、瞬発的なものの方が良いとなってしまいます。よって今回は消費カロリーが多く長時間継続できるものという定義で、最も効率的な一番痩せる運動についてお話ししていきます。

3ヶ月でモテボディに変身!

一番痩せる運動ランキング

Ad3eef5eced8964e

ここでは一番痩せる運動とされている運動をランキング形式でご紹介します。下記にそのランキングを記載しておりますので参考にしてみてください。

1位 ランニング
2位 水泳
3位 階段昇降運動
4位 自転車
5位 ウォーキング
6位 縄跳び
7位 ヨガ
8位 バランスボール
9位 スクワット
10位 フラフープ

これが一番痩せる運動のランキング10位までです。これは冒頭でお話しさせていただいたように、消費カロリーの多さと長時間継続できるかという点から、判断してつけられた順位です。次に、それぞれの運動について、説明などをこれからしていきます。

一番痩せる運動 第1位:ランニング(ジョギング)

Ba5389b6b99afd9d

第1位はランニングです。ダイエットをする際に1番イメージの湧く運動ではないでしょうか。なんとなく全身を使って行う運動であるがゆえに、効率が良いのではないかと考えられている運動でもあるでしょう。消費カロリー自体も高いですし、継続して行うことで慣れてきて1時間ほどは継続して行うことができ、一番痩せる運動と言えるでしょう。

70af27587d7934fd

ちなみにここでランニングの消費カロリーの計算の方法についてお話しさせていただきます。消費カロリーの計算方法は体重(kg)×距離(km)=消費カロリー(Kcal)になっております。この計算式にご自身の体重と走った距離を掛けてを代入すれば、おおよその消費カロリーが算出できます。ぜひランニングをした際には利用してみてください。

一番痩せる運動 第2位:水泳

8f8f5da0703cce23

第2位は水泳です。水泳もランニングと同じく高い消費カロリーを誇る運動としてすでに認知されている運動なのではないでしょうか。水泳もランニングと同じく全身運動であり、かつ水の抵抗があるため、消費カロリーが高くなる運動となっています。また水泳は水中で行うため浮力が発生し、体への負担が少なく、怪我の心配をせずにある程度長時間行えます。

B6d4c8facb33c3fd

ただし水泳を長時間継続して行うことが難しいと感じてしまう人もおり、それには水泳を長時間継続して行うのにコツが必要となるからです。このコツを体得しているかいないかによって、消費カロリーにも個人差が出てきてしまいます。ランニングよりも効率よくカロリーを消費できる人もいれば、筋トレのような効果しか得られないといった二極化が見られるでしょう。

メタルマッスルHMB

バナー原稿imp

日頃の運動、食事制限の確実な効果をしっかりサポート

引き締まった美ボディメイクに!

一番痩せる運動 第3位:階段昇降運動

5cd7cfd603421279

第3位は階段昇降運動です。この運動は室内で特別な器具も必要なく行える上に、消費カロリーの高い運動となています。近年この運動を取り入れているといった声をよく耳にします。簡単であり、体への負担も少なく、日常の階段を上るといった作業も含まれるので、その点がメリットだとされています。しかし、その単調さがゆえにどうしても長く継続することが難しいとされているのが難点です。

一番痩せる運動 第4位:自転車

F2748c6f99a34417

第4位は、「自転車(エアロバイクも含む)」です。この運動はこれまでの運動と異なり、下半身だけを使った運動となっているためどうしても消費カロリーも下がってしまいます。しかしこの運動にもメリットがあり、そのメリットとは座って行う運動であるがゆえに、膝に全体重をかける必要がなく膝への負担が少ない運動であるということです。

7f8452873f75cab3

さらにそのほかにもメリットとして、自転車であれば他の運動とは違い爽快感を得ることができるということと、エアロバイクであればテレビや本を読みながらながら運動として取り入れることができるということが挙げられます。

一番痩せる運動 第5位:ウォーキング

Ed915faecc37cc68

第5位はウォーキングです。ウォーキングは他の運動に比べて消費カロリーだけ見てしまうと効率の悪い運動ではないかと言われがちです。しかしウォーキングは最も大きなメリットとして、最も体への負担が少ない有酸素運動という点が挙げられます。

B4bef19f10284f55

そのため、ウォーキングは誰でも始めやすい有酸素運動です。運動に慣れていない方であっても、膝や腰などに痛みを持っている方であっても取り組みやすく長時間継続して行える運動となっています。

一番痩せる運動 第6位:縄跳び

4aa48718c2a9b157

第6位は縄跳びです。縄跳びは極めて消費カロリーの高い運動と紹介されることが多く見られますが、決してそんなことはなく、今回の基準でお話しさせていただくと、減量効果が高い運動であるとは言えません。というのも縄跳びは時間あたりでいうと、高い消費カロリーを誇る運動ではありますが、長時間継続して行うことが案外難しいとされています。

4f301e0fc6f2577c

またこの縄跳び運動は下半身、特にふくらはぎに大きな負担がかかってしまう運動となっており、休憩なしに継続して行える時間は長くても10分位が限界ではないでしょうか。

一番痩せる運動 第7位:ヨガ

921f76fedd0f09a4

第7位はヨガです。ヨガは近年注目されており、またヨガはカロリーを消費できる上に基礎代謝を挙げてくれる優れた運動であると紹介されることが多いのではないでしょうか。しかしヨガをやることで多くの消費カロリーが見込めることはなく、また基礎代謝が向上することもありません。

2ecd809ede653323

スポンサーリンク

ただしヨガには姿勢をよくすることで体の血行が促進され、外見的にスタイルがよく見えたりするなどの効果が見込まれます。また、ヨガ自体がスローペースで行うことができるため、ライフスタイルに取り入れることでその他の生活との間で相乗効果が期待でき、また長時間継続して行うことができ、精神的な面でのメリットが多く、ヨガ特有のメリットは多く存在します。

一番痩せる運動 第8位:バランスボール

5613bac54ae96236

第8位はバランスボールを使った運動です。バランスボールを使った運動は他の運動と比べ、ダイエット効果が期待できるほどのカロリー消費は見込めない運動となっています。ただし最近流行している方法としてもあるように、バランスボールを椅子代わりに利用することで、1日を通しての消費カロリーを上げることができるというメリットがあります。

Ca9c23217d5fdfc8

また消費カロリーは少ないものの様々なエクササイズがこのバランスボールを使って可能になるだけではなく、先ほど紹介した椅子に蹴てバランスボールを利用にする方法を取り入れることで、ダイエットや減量の意識を植え付けることができます。ぜひ試していただきたい方法といえるでしょう。

今だけ! 30日分が実質無料で★

一番痩せる運動 第9位:スクワット

136a460f08c067c5

第9位はスクワットです。スクワットは消費カロリーが比較的少ない運動です。そのため、100回行っても50キロカロリー程度しか消費できない運動となっています。また長時間継続して行うことも難しいでしょう。しかし、近年ではこのスクワットがダイエットに多く取り入られているという声を耳にする方も多いのではないでしょうか。

A59519e108a01e5c

ではなぜスクワットが近年ダイエット方法として取り上げられてきているのでしょうか。それはスクワットには筋トレ効果が見込まれ、綺麗なスタイルを作り上げる上で、特に下半身のシェイプアップにはうってつけとされているからです。」しかし、このスクワットには脂肪燃焼などの効果は期待できず、スクワットは有酸素運動ではなく、無酸素運動であるということを間違えないようにしてください。

一番痩せる運動 第10位:フラフープ

F078a1cf05f05603

第10位はフラフープです。このフラフープを使った運動は様々なサイト上でかなりの思慕王燃焼効果が期待できるといった誤情報が流れているのをよく目にします。しかし、フラフープは腰回りの部分的な動きだけに留まるため、それほどの効果が見込まれないことは言わずもがなご理解いただけるのではないでしょうか。

52118f2750d28066

よってフラフープは消費カロリーも少なく、また長時間継続して行うことも困難であると考えられるため、ダイエットや減量には不向きであると考えられます。しかし、腰回りのシェイプアップやスタイルの改善などに対しては、一定の効果があると考えられます。直接減量のために行わないのであれば、極めて効果的でしょう。

一番痩せる運動:室内

7673f109ec01f879

上記のランキングの中にももちろん室内で行える運動はいくつか存在します。しかし室内でできる一番痩せる運動を紹介する前に、室内で運動をする場合、おすすめする運動の条件というものを、先にご説明させていただきます。この条件に沿った運動が基本的には室内で行うのに適しており、おすすめすることができる運動であると考えられます。

Eb4972fe103b78dc
  • 無理のない程度で呼吸ができる運動
  • 長時間継続できる運動
  • 怪我をしにくい運動

無理のない程度で呼吸ができる運動

上記で挙げた3つが主な室内で行うのにおすすめな運動の条件とされています。まず1つ目の条件である無理のない程度で呼吸ができる運動という点にご説明させていただくと、呼吸をするのが難しいような運動というのは基本的には無酸素運動と呼ばれるようなものであり、この無酸素運動には一般的にダイエット効果は見込まれないとされています。

3a722448a2d0ea4d

長時間継続できる運動

28697111a5650322

呼吸をするのが難しくなるような運動は、比較的激しい動きを伴う運動になってくることが多いため、室内には向かないとされます。続いての長時間継続できるという条件ですが、これは上記で申し上げたように、呼吸が無理なくできる運動であれば、その運動強度はある程度制限されてしまいます。そのため一定の時間継続して行えるものでないと、効果が得られづらく、一番痩せる運動とは言えません。

怪我をしにくい運動

59e31f86101840a1

最後の怪我のしにくい運動であるという条件に関しては、その言葉の通りの意味合いになります。屋外に比べ、室内には障害物が多く家具やものに体が当たることで、怪我をしてしまうリスクが大きいです。また運動自体の強度も体に負荷が大きいものを選ぶと、その分効果は得られますが、継続する上で支障が出てしまう危険性があるため、お勧めできないという理由から選ばれた条件になります。

8b3b9aafd6b2b058

では実際にはどんな運動が室内で行う運動として適していると言えるのでしょうか。ここでお勧めするのは踏み台昇降とエア縄跳びとスクワットです。この3つに関しましては、長時間行えてある程度の消費カロリーが見込めるだけではなく、上記でお話しした3つの条件も満たしているため今回お勧めさせていただきます。詳しいご説明は以下でお話しします。

ビルドマッスルHMB



筋トレと一緒にスタート!食べても太りにくい体に!

1日分、たったのおよそ4キロカロリー!

踏み台昇降(室内)

B1a19cb1611bf7e7

この運動については文字どおり、踏み台、あるいはそれに取って代わるようなものを準備していただき、その台を登っては降りるという作業を反復するといういたってシンプルなものとなっています。上述したように体への負荷が大きいわけではないので長時間継続できてある程度の消費カロリーが期待でき、怪我をする危険性もなく呼吸もしっかり取れるオールマイティな一番痩せる運動となっています。

エア縄跳び(室内)

5dfd7dc4f5a95b19

もう一つのご紹介したい運動としてエア縄跳びというものがあります。聞きなれない方が大半なのではないでしょうか。しかし、こちらもいたってシンプルで要領は通常の縄跳びと違いはありません。やり方に関しても縄跳びと同様なのですが、一点このアイテムには縄が付いておらずその点でエア縄跳びと呼ばれているのです。

Cc0f073e62a4659e

これであれば雨が降ってしまった際に普段屋外で縄跳びをしている方も、室内で縄跳びをすることができ、通常の縄跳びと消費カロリーや運動強度といった点は変わらないので、効果も十分に得ることができます。上記で触れた条件も満遍なく網羅しており、おすすめな一番痩せる運動と言えるでしょう。

スクワット(室内)

7f1839874bd5f903

最後にスクワットについてですが、この運動は消費カロリーだけで見ると、一番痩せる運動とは言えない運動であると言えます。それだけランキング内での説明で触れた様に、消費カロリーが低い運動となっています。しかし手軽に室内でもできる上に、体の中で最も大きな筋肉がある脚を刺激することで、綺麗な体を作る事ができるはずです。

03378ae309167235

下半身がシェイプアップされると、自ずととおのずスタイルは良く見えます。無酸素運動に分類され、かつ長時間できない種目ではありますが、決まった回数を毎日行うだけでボディラインなどに結果が反映される運動であると言えます。また、体の大きな部分を占める脚やお尻の筋肉を鍛えることで、基礎代謝が上がり、痩せやすい体作りをする事ができ、長期的には一番痩せる運動となるでしょう。

まとめ:一番痩せる運動

C8e96c2f474426ec

最後になりますが、体重を減らしていく上で運動は必要不可欠なものです。その運動をする際に、間違った方法や知識を用いて行うとせっかく時間を割いて努力しても満足のいく結果を得られない場合があります。そうならないためにも効率的に賢く運動を行うことによって一番痩せる運動で理想の体を手に入れてみましょう。

日々のトレーニングにレバレッジを利かせる

人気記事