Medium 95977f1d86ec9625

高校生におすすめのダイエット方法は?短期間で効果的に痩せる食事と運動

体重や自分の見た目が気になっている高校生必見!時間も限られている学生生活の中で、短期間で痩せる事ができるダイエット方法を、高校生向けに食事や運動面からお話していきます。部活や勉強で忙しい高校生でも効果が得られるお勧めのダイエット方法を是非チェックしましょう!

カテゴリー:短期集中ダイエット  作成者:権栄一  投稿日:2017/08/30

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

高校生向けのダイエット方法

8ec312ed308868ff

高校生といえば、スタイルや自分の体型が気になって、モデルさんや女優さんのようになりたいと考えるものでしょう。そこで、減量やボディメイクのためにダイエットを行う方も少なくはないでしょう。高校生は若く、成人がダイエットを行う場合とは勝手が違うことが多々あります。限られた高校生活を華々しいものとするために、どういったダイエット方法が効果的なのかについてお話ししていきます。

高校生が知っておくべきダイエット方法

摂取カロリーから無駄なものを省く

4a65d888314f8856

高校生の時期は思春期真っ只中。そして、人生の中でも代謝が高いとされている時期です。つまり、このダイエットに有利な期間を有効に使わない手はありません。20代以降になると、新陳代謝はどんどん下がっていってしまいます。そこで、高校生というダイエットには有利で貴重な期間を有効に使う上で、知っておくべきダイエット方法についてお話していきます。

A9953104461c1cfe

まず1つ目として、摂取カロリーから無駄なものを省くという方法です。これは3食の食事以外に体に必要でない栄養素、すなわちジャンクフードやお菓子といった無駄なものを省く事で大幅に摂取カロリーを抑える事ができるという方法です。

646b26211236196b

こういったジャンキーで余分な食べ物の多くは脂肪として蓄積されやすいものが多いとされています。代謝がいくら良い時期だからといって、間食や買食いなどをしすぎて好きなものを食べてしまえば痩せる事がないのは言うまでもありません。つまり、高校生が短期間で痩せるためにも多少の努力は必要となります。

消費カロリーを増やす

7c0fe7d79ad57e65

今回お話しする方法については、代謝の良い体を最大限に生かしたダイエット方法です。運動などによって消費カロリーを増やすことで、1日の総摂取カロリーを上回った分だけ、その分が蓄積されて体重から引かれていきます。

5beb264aca7e03ef

しかしながら「私は運動が苦手だから...」といった方もいるでしょう。ここでは何もハードな体育会系のような運動をしなければいけないと言ってるわけではありません。一定のリズムで、呼吸が乱れない範囲で、長時間続けることのできる運動で良いのです。一般的にランニングやウォーキングといった有酸素運動がその例として挙げられます。これによって健康的な痩せ方が期待できるでしょう。

基礎代謝を上げる

32c69c9d4bc68bae

基礎代謝とは1日の総消費カロリーの7割も占めるもので、寝ている時にもエネルギーは代謝されており、脂肪を燃焼する上で最も大きな機能となるものです。この基礎代謝を高めるために、最も効果的なのが筋トレです。筋肉量を増やすことで、それに比例する形で基礎代謝量も増加します。部活などで筋トレを普段から行っている方はそれで構いません。普段やらない方は特に取り入れてみてください。

高校生ダイエット方法:食事

総カロリーから食事を考える

521dc9c579e0f55b

上記で無駄な摂取カロリーを省くというお話をしましたが、流行に敏感で話題のものに目がない高校生にこれを完全に実行してくださいというのは無理な話です。某人気カフェの新作が出たり、SNS映えするスイーツがあれば食べたり飲んだりしたくなってしまうのは仕方ありません。そこで、総カロリーから食事を調整することで行うダイエット方法についてご紹介します。

D5736142be42d77e

では具体的にどうしていけばいいのかというと、やり方は至ってシンプルです。余分な食事や間食をしてしまった場合、それを加味してその後の食事を摂るということです。仮に放課後に某人気カフェの新作を飲んでしまったのであれば、夕食をその新作のカロリー分、低カロリーにすることで調整するといった具合です。こうすることで1日を通した摂取カロリーをキープすることができます。

朝食や夕食を抜く:高校生ダイエット方法

E0624e54b8e9732d

これは最もシンプルな食事抜きダイエット方法です。高校生なので、昼食を抜くことは難しいはずなので、朝食あるいは夕食を抜くことで1日の総摂取カロリーを抑えようという方法です。この方法は短期的に結果が出やすく、高校生が短期的に行うダイエット方法としては極めて効果的な方法であると言えます。

スポンサーリンク

高校生ダイエット方法:運動

ウォーキング

B934dfb4b9295619

最近ウォーキングをする方を多く見かけます。なぜこんなにもウォーキングが人気になっているのでしょうか。それはウォーキングが脂肪燃焼効果が高い運動としてダイエットに最適であると紹介されることが多いからではないでしょうか。ウォーキングは適度な負荷で脂肪を燃焼でき、気軽に取り入れることができる運動となっています。

50b6f630cc1018ec

高校生であれば、ほとんどの方がジムに通うお金もないのではないはずです。その点、通学路を往復ウォーキングに変えることでも効果は得られます。また、電車通学の方などは最寄り駅までの往復をウォーキングにすることでそれだけでも効果的です。毎日の登校がダイエットになるのは高校生ならではの時間とお金を節約したダイエット方法と言えるでしょう。

5915f3d41d2c0658

また、ウォーキングは見た目もその内容もまた、単調で地味であるがゆえに一人では続けられないという方も、友達を誘って一緒にウォーキングを行うのがいいでしょう。高校生であれば、友達との間には話しても話しきれないほどの話があるはずです。いろんなおしゃべりをしながら、同時にダイエットまでできてしまい、継続することもできれば、成功する事間違いありません。

ながら筋トレ:高校生ダイエット方法

94020a3570fc844e

ここでご紹介する、高校生向けダイエット方法は「ながら筋トレ」です。その中でも授業中にでも行う事ができる「膝で本を挟む」という方法についてお話します。この方法は太もものシェイプアップに効果的です。やり方としては椅子に浅く座り、背筋を伸ばして本を膝で挟みます。これを1回30秒程度で3回ほど毎日行うだけです。

Fd14c7b85dcf7600

また挟む本についてですが、できるだけ分厚い辞書がおすすめでしょう。何故なら、適度な厚さがない場合は十分な効果を得られない事があるので、辞書ぐらいの厚さのある本がおすすめなのです。またこの「ながら筋トレ」は太ももの筋トレはもちろんですが、授業中の眠気もなくなるという付加価値的なメリットがあります。眠くなる昼食後などに授業をきちんと聞きながらやってみるのがいいでしょう。

ダンスダイエット

8c9734ae50c455a9

ダイエットは楽しくなければ続けられません。ここでご紹介する高校生向けのダイエット方法は、楽しく踊って痩せるダイエットです。今人気なアイドルのダンスを完コピするといった具合に、自分の好みに合わせてダンスができ、自宅でも気軽にできるので簡単に取り入れる事も可能でしょう。

548d2c2810277f7a

「踊る」という行為はその楽曲のジャンルにもよりますが、全身を使う運動であるため、消費カロリーは高いものとなっています。またどんな楽曲でも完コピしてしまえば、達成感もありますし、学園祭などで披露する小ネタとしても重宝するでしょう。また、ゲームセンターにあるダンスゲームで高得点を狙うなど目標設定などをするのも効果的です。

高校生向けダイエット方法における注意点

高校生が気をつける事 その1:高校時代は成長期

A2acffceee5566e6

高校時代は成長期の真っ只中。代謝が良く痩せやすくなっています。しかしそこでも、気をつけなくてはならない事がいくつかあります。それはまず、体重を落としすぎることによって引き起こる弊害です。女子であれば生理不順になる恐れがあります。あくまで成長とともに体重が増加することは自然ということを理解し、平均的な体型を目指してダイエットを行うのが望ましいでしょう。

高校生が気をつけること その2:我慢しすぎない

9e4388a5acb2203d

ここでお話しする高校生のみなさんがダイエットを行う上で気をつけて欲しい点は、食事や人付き合いを我慢してダイエットを敢行することでストレスを強く感じてしまうことです。我慢は時には重要ですが、我慢をしすぎてストレスを感じすぎると、自律神経に乱れが生じて、代謝が逆に低下してしまい、努力が水の泡になってしまいます。あまり気負いすぎず、無理のない範囲で行いましょう。

まとめ:高校生のダイエット方法

C9f57eff74d85c7a

周りの目が気になり、綺麗なスタイルに憧れる高校生時代。最も若く美しい時代をだらしない体で過ごしてはもったいありません。これまでに話した方法や知識を正しく活用して無理のない範囲でダイエットを行うことで華々しい高校生活を送れるよう頑張りましょう。

人気記事