Medium c5a610a75d744c12

熊田曜子のダイエット方法は簡単?出産後に痩せてくびれを作るには?

熊田曜子さんといえば、ウエストのくびれが有名なグラビア女優。しかし第二子まで出産し終えた彼女のプロポーションは完璧なものです。そんな彼女のダイエット方法はどんなダイエット方法なのか。今回は熊田曜子さんのダイエット方法を学んでいきたいと思います。

カテゴリー:女性のカラダ産後ダイエット  作成者:みかんぼ  投稿日:2017/08/29

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

熊田曜子さんとは

熊田曜子さんはどんな人?

12ddd3e56d862465

熊田曜子さんは2001年の雑誌のオーディションに応募した際、現在の所属事務所スタッフの目に留まり合格、デビューしました。その後2002年~2003年にかけてアイドルグループで活動し、2006年にはご自身初シングルを出し歌手としてもデビューしました。2007年には地元美濃の親善大使にも選ばれており、2010年には天皇・皇后両陛下出席のイベントの司会も務めています。

C2fa4d4fe1023f79

熊田曜子さんは現在、グラビアアイドルとして活動中ですが、2012年に結婚して第一子、2015年には第二子を出産しています。ですが出産してもその抜群なプロポーションは健在。いったいどのようにしてあの美しいくびれや胸、肉体を保っているのか疑問に思う人も多いはず。そこには彼女独自のダイエット方法がありました。

身体の中からキレイになりたいあなたにおすすめ

1661fedc077b27b6

かなりの負けず嫌い

85ce30497ef755df

熊田曜子さんの性格はかなりの負けず嫌いで、努力家として有名です。彼女は元々美しいプロポーションを持っていたわけではなく、努力でその肉体を手に入れていました。高校時代太っていた彼女は、同じ高校の憧れの先輩に近づく為にダイエットを始めています。他にも2006年にの歌手デビューの際は、何年もボイストレーニングをしたり、当日は何度も録音を録り直したりして完璧を求める程です。

F14f67fd109b231c

そもそも彼女がダイエットを試みたのも、妊娠したことで体重が増え、仕事であるグラビアへの復帰が危ないとわかったからです。熊田曜子さんは様々なダイエットを探し、自分に合ったダイエット方法を見つけて実践し、見事グラビアに復帰したのです。その方法は、カロリー制限を中心した食生活と生まれたこと行う運動にありました。

熊田曜子さん式ダイエット方法:カロリー制限

ドレッシングは基本的に「つける」

25baa170d3e43c2c

まずダイエットする際、食事をサラダ中心にする人も多いと思います。勿論、熊田曜子さんはダイエットの最中、サラダを食べていました。その時、ドレッシングの存在に彼女は気が付きます。ドレッシングをついかけてしまう事に気が付いた彼女はかけるのをやめました。そして別枠にドレッシングを用意し、サラダにドレッシングにつけることに切り替えました。

708e7c69832447c9

ドレッシングをかけてしまうとカロリーをとってしまうのですが、つけるとなればちょっとだけつけたり自身でこれぐらいだと判ってセーブできますよね。満腹感と味を得るためについついつけてしまいがちなドレッシングを「かける」のではなく「つける」事でドレッシングのカロリーをセーブし痩せることが出来ます。

なるべく揚げない。焼く。

Fff25cb189ae07a1

家族に作る揚げ物の際、唐揚げやコロッケ、てんぷらなど油モノを使う揚げ物に関しては自分のものは揚げてさらに焼いていました。特に熊田曜子さんが気に入り、今でも好んで使っている焼き方が「ホイル焼き」です。

作り置きもできる「楽々ホイル焼き」

7fed63af41d670c0

実はホイル焼きという調理方法は「鮭ダイエット」や「まいたけダイエット」などでも使われる、食事方法の一つです。ホイル焼きをすることで、鮭の中に含まれる脂肪酸が流れず摂取することもできます。しかもホイル焼きは焼かずに蒸すので、油も使うことなく食物の栄養素を無理なく摂取することが出来ます。

白米から玄米、そして和食中心に

3effc1084c534042

熊田曜子さんは食事もカロリーが少なく健康的な和食に切り替え、ご飯も白米から玄米に変えています。玄米に変えたところ、10kg以上の体重の減量に成功したことを話しています。玄米は白米と違い、しっかり噛まないと味が出ないため、何度も噛むことによって顎周りの骨格も鍛えられるうえ、食欲も制限されるのです。

するるのおめぐ実



パンパンにむくんでしまう方へ!とっておきのサプリメント

むくみ解消!厳選された3つの植物由来成分&乳酸菌配合

熊田曜子さん式ダイエット方法:赤ちゃんと一緒に運動

足腰の筋肉をつけるため、スクワットダイエット

E12040a1de907ef6

「産後は育児でなかなか運動できない!」そう考えているお母様達も多いのではないでしょうか。熊田曜子さんは赤ちゃんの面倒を見ながら、そこに様々なダイエットを取り入れていました。カロリー制限した食事だけではまだ痩せないと感じた彼女は、空いた時間や家事の最中でもできるダイエットを実践し続けていました。

赤ちゃんを抱えながらスクワット

スポンサーリンク

D5620d6f3bbd626e

熊田曜子さんが実践していたのは赤ちゃんを両手で抱きかかえながらスクワットするだけといういたって簡単な事。赤ちゃんは体重6㎏もある為、抱えるだけでかなりの負荷がかかります。他にも座って高い高いをして二の腕の筋肉を鍛えていました。他にも壁に背中をあててスクワットをする事で、背中を真っ直ぐ保つため姿勢も矯正されるとか。

体幹を鍛えるために隙間時間でバランスボールダイエット

Dbdfa973b7dccf81

さらに、熊田曜子さんは赤ちゃんが寝た隙間時間を利用して「バランスボールダイエット」をしていました。バランスボールダイエットとは、乗っているだけで体のバランスが鍛えられるエクササイズの一つです。座っているテレビや本を見ているだけで効果があるので、女性に人気のダイエットアイテムです。何より太ももやお腹周り、腰のインナーマッスルが刺激されるという優れものなのです。

子供と一緒にベリーダンスダイエット

7854e82c8aff33e8

熊田曜子さんといえば美しいくびれ。熊田曜子さんは産後にくびれを取り戻すため、ベリーダンスを実践しています。ベリーダンスといえば、腰回りの筋肉を使う事で有名です。しかしそれ以外にも二の腕のたるみや、溜まった老廃物の排出に繋がったりと女性のダイエットや美容にもいい事づくめのエクササイズです。現在も熊田曜子さんは、お子さんと一緒にベリーダンスをしています。

さらしをまいて毎日6㎞のスロージョギング

49b8756d41febc94

熊田曜子さんといえば、くびれ以外にも豊満な胸も有名ですね。彼女はダイエットのためにスロージョギングをしていましたが、ただスロージョギングするだけでは胸が揺れてしまい、小さくなってしまいます。胸は脂肪でできていますから、燃焼してしまうと小さくなってしまうのです。其の為、彼女は毎日さらしをまいて胸を固定しジョギングをしていました。

熊田曜子さん式ダイエット方法:意識改革

姿勢を美しく保つ

熊田曜子さんは上記の運動や食事以外にも徹底して意識改革をしていました。特に姿勢を真っ直ぐ保つだけで体幹がよくなり、全身のインナーマッスルが鍛えられると述べています。椅子に座る際も、深く座るのではなく、踵が付くぐらい浅く座って両ひざをくっつけ、頭から腰に掛けて一本筋が通されるようなイメージでいると背筋も伸びて美しい座りになるとの事です。

Dfefbc91fb53a0ff

何故なら姿勢が悪いと骨盤や背骨ののゆがみに繋がってしまい、脂肪が溜りやすくなると言われているからです。綺麗な姿勢をしているだけで腹筋と背筋が鍛えられるとの事です。座り方も綺麗に座る事で体幹が鍛えられて腰回りの脂肪が燃焼しやすくなると話しています。

産後ダイエットはストレスフリーで

D3dcefb4834ea0be

産後、太った体を元に戻すために食事制限をしてしまうとストレスになり、母乳や自身の身体によくありません。熊田曜子さんは様々なダイエットを実践し、試行錯誤の末「ダイエットの成功は、自分自身がいかにストレスフリーの精神おこなうかだ」という結論に達したようです。

Fb811bbc436f4bf7

その中でも特に、産後のダイエットによる食事制限は、ストレスの原因にもなりやすいので絶対にやめた方がいいと語っていました。産後であれば母乳の出にも関わりますから、と述べていました。ちなみに健康的な母乳を与えることで1日800~1000kcalを消費するそうです。

熊田曜子さんのダイエット方法についてまとめ

無理なく誰でもできる熊田曜子さん式ダイエット

Fc655f05b70d3d43

熊田曜子さんが実践したダイエットを見てきましたが、そのどれもがちょっとした事のプラスアルファや意識の改善でできる事だらけです。産後で太ってしまった体、赤ちゃんを抱えながら痩せて元のプロポーションを取り戻すためにはどうすればいいのか、彼女なりに考えた結果でもあります。

5059b54302b64a00

しかし、熊田曜子さんは元々血のにじむような努力でダイエットをしてその体を手に入れた人。産後のダイエットも自分を戒めて行っています。もし彼女のような美しいプロポーションやくびれを手に入れたいと思ったら、食事カロリーや運動を組み合わせて毎日取り組むべきです。道のりは長いですがその分、結果はついてきますよ。

健康的にダイエットしたいあなたへ

痩せてキレイになりたいけど、無理な食事制限や置き換えダイエットは体調を崩してしまう原因になることも…と心配になりますよね。そんなことにならないために、デブ卒編集部から健康的にダイエットしたいあなたへおすすめNo. 1は「すっきり野菜の青汁酵素」です。酵素+青汁のパワーでダイエット中に不足しがちな栄養素を補いながら、酵素の力で効率よくダイエットしましょう。

「すっきり野菜の青汁酵素」には、7種類の麹から豊富な酵素が摂取できる上に、93種類の植物由来成分からビタミンを摂ることができるので、身体に優しくダイエットできるポイントが人気です。さらに、食欲抑制成分の酵母ペプチドが配合されているので、ダイエット中の口寂しさもカバーできるので、その効能にかなり期待されているサプリメントです。

人気記事