Medium 9b167a353463398c

バターコーヒーとココナッツオイルは最強の朝食?ダイエット効果を検証

アメリカで流行りのバターコーヒーダイエット。セレブも愛用している事で有名ですが、それにココナッツオイルを入れると更に効果が増すのはご存知でしたか?バターコーヒー+ココナッツオイルの組み合わせが朝食でかなりイイと言われていますが実際はどうなのでしょうか。

カテゴリー:食べ物ココナッツオイル  作成者:みかんぼ  投稿日:2017/09/05

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

バターコーヒー×ココナッツオイル

バターコーヒーとは?

バターコーヒーとはアメリカのIT企業の創業者が体と精神のケアの向上を目的として考案した飲み物です。其の為、当初は健康にいいといわれていましたが、ダイエットに効果があると海外セレブたちの間で評判になり、瞬く間に広まりました。

バターコーヒーの作り方はとても簡単だけど……

Ae6b3ada6791c299

バターコーヒーの作り方ですが、通常のブラックコーヒーに無塩バターをいれるだけ。これだけなのですが、無塩バターが重要なダイエットでもあるため要注意です。通常のバターではいけません。グラスフェッドバターが理想なのですがとても高く市場になかなか出回らないので、手に入らない方は成分が近いAOCバターを使いのがおすすめです。

B5f399574432b9f1

グラスフェッドバターとは、「牧草飼育された牛で作られたバター」です。このバターは不飽和脂肪酸を多く含む無塩バターです。不和脂肪酸は中性脂肪や悪玉コレステロールといった肥満の原因になる栄養素を抑制してくれます。また、エネルギーとして消費されるスピードも速く、体脂肪になりにくいのです。

ココナッツオイルをいれると更に効果的!

0d33a3be5814b7db

これらの効果を持つバターコーヒーに、食物繊維や脂肪燃焼を増大させる中鎖脂肪酸を多量に含むココナッツオイルを加えれば更なるダイエット効果が期待できるでしょう。元々バターコーヒーは腹持ちもよく、一度飲めば昼過ぎまで持つといわれている為最高の朝食と言われています。しかしどのようにして飲めばよいのでしょうか?

ココナッツオイルとは

ココナッツオイルとは中鎖脂肪酸を多く含む食品

B182168df28b9631

しかしココナッツオイルがダイエットにいい、バターコーヒーにいいよ、と言われてもココナッツオイルについて知らない人も多いのではないでしょうか。「よく聞くけど、どうしてダイエットにいいの?」と思う人もいるはず。

ココナッツオイルがダイエットにいい理由の一つは「中鎖脂肪酸」「食物繊維」を多く含むからなのです。食物繊維は野菜に多く含まれるから知っていても、中鎖脂肪酸って?と首をかしげる人もいるはず。脂肪という言葉から懸念されがちですが、中鎖脂肪酸はダイエットにとてもいい脂肪酸なのです。

中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸とは?

9e0ee5ea5de6fea7

中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の一種でエネルギーの一つです。飽和脂肪酸は短鎖脂肪酸・中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸の3種類に分かれていて、鎖の長さによってそれぞれの持つ性質が変わってくるのです。ちなみに中鎖脂肪酸は鎖の数が6~12個、長鎖脂肪酸は鎖の数が12個以上ある脂肪酸を指します。

中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸
項目 中鎖脂肪酸 長鎖脂肪酸
含まれる食品 ココナッツオイル・植物性バター・牛乳 牛脂・ラード・オリーブオイル
期待できる効果 アンチエイジング・中性脂肪、コレステロール値抑制・脂肪燃焼 肥満化・心筋梗塞・動脈硬化・中性脂肪蓄積
ダイエットにいい とてもよい とても悪い

中鎖脂肪酸は摂取することで体内にたまっている脂肪を燃焼、分解して老廃物として排出しやすくなる作用があります。中鎖脂肪酸は吸収ルートが独特で肝臓から直接吸収されるため、エネルギーとして消化されるスピードがとても速いです。

その上中鎖脂肪酸は吸収された後も肝臓に蓄積されることがありません。そのままエネルギーとして消化されるルートになっています。消化する際、肝臓や消化器官にこびりついたり溜っていた老廃物や脂肪分も一緒に分解したり排出してくれてエネルギーに転換してくれます。つまり、摂取すれば摂取するだけエネルギーに代わるのです。

Ed523f73a26fece3

更に嬉しい事に、中鎖脂肪酸は消化する際に必要な消化酵素を使って消費することがありません。中鎖脂肪酸自体が勝手に消化してくれるので、体内の貴重な酵素を使うことがありません。消化器官に負担がかからないため、ダイエットにも向いているのです。

MCTオイルとは?

スポンサーリンク

100%中鎖脂肪酸でできたもの

67800da4beb9aa69

MCTオイルとは100%中鎖脂肪酸で構成されたオイルなので、ココナッツオイルの上位互換オイルと思ってくださって構いません。ちなみにMCTオイルとのMCTとは「Medium Chain Triglyceride」の略で、日本語に訳すと「中鎖脂肪酸」です。つまり、MCTオイル=中鎖脂肪酸オイルです。

MCTオイルは基本的に無味無臭のものなので食事などに取り入れても全く問題ありません。ただ、元は油なので舌触りや、食事に溶けるのかなど、摂取する食事などを考慮して量はお好みでいれましょう。MCTオイルを取り入れるならば一番無難なのがコーヒーです。コーヒー自体カフェインの風味が強いので摂取しやすいのがあるからです。

バターコーヒーとココナッツオイルのレシピ

バターコーヒーにアレンジで豆乳ラテ

6e8f1795efde946e
バターコーヒーとココナッツオイルで豆乳ラテ
コーヒー 150cc
AOC バターかグラスフェッドバター 10g
ココナッツオイル 小さじ1
豆乳 50ml

耐熱仕様の大きめのカップに、温めたコーヒー、バター、ココナッツオイルを混ぜます。かき混ぜてバターが溶けてきた頃合いで、豆乳を投下します。豆乳を投下した後はハンドミキサーで15秒前後攪拌すれば完成です。もしそのまま気になるのであれば別カップに移して飲んでもいいと思います。

完全無欠コーヒーの作り方

7b6fdf0429022bb4
バターコーヒーのレシピ
コーヒー豆 適量(350㏄)
グラスフェッドバター 20g
ココナッツオイル 10g
MCTオイル 10g

無塩バター、ココナッツオイル、MCTオイルをあらかじめ温めておいたタンブラーに入れます。ドリップして作ったコーヒーを淹れて蓋を締めてよく振ります。バターが溶けて泡立ちができていれば完成です。大事なのはタンブラーを温めておくこと、そしてかき混ぜる事です。(ハンドミキサーがあれば一番です)

完全無欠コーヒーとは

F944eef6380c3a44

完全無欠コーヒーは今いったようにバターコーヒーをしっかりかき混ぜて飲むことにあります。これが最強の朝食と呼ばれるのは、満腹感を作り出すレプチン(脂肪細胞から生成されます)というホルモンに働きかけて腹持ちをよくするからです。

F0d06e9818160cd5

このレシピを考案した人は様々な朝食の組み合わせを試して上記の組み合わせになったようです。レプチンに働きかけて満腹感を作り出す完全無欠コーヒーは食欲を抑制する為、お腹がすきにくくなる上、脳も活性化させるのでダイエットをしながら仕事に取り組みやすいのです。

バターコーヒーとココナッツオイルのまとめ

バターコーヒーとココナッツオイルは最強の朝食

バターコーヒーダイエットの基本は、朝食にこれらを飲む置き換えダイエットです。様々な口コミでも、バターコーヒーを朝食の代わりに飲み始めると痩せる事に成功した、体重が減り始めた、という声を聴きます。そこにココナッツオイルやMCTオイルといった中鎖脂肪酸を含むオイルを投入することで更なるダイエットが望めます。

Db1a494f0134e28f

何より一番望ましい事は朝食を抜いてもこれまでと同じようなパフォーマンスが期待できるという点にあります。今まで食事制限をしている人はエネルギーを消費させるばかりでダイエット前と同じような行動をとる事が難しく、また脳の働きも落ちていました。朝食を別のものに置き換えた結果、お腹を空かしてしまい、健康に難が出る事もあるのではないでしょうか。

Ee41a2c5c5698970

しかし、ココナッツオイル入りバターコーヒーは違います。これは満腹感を刺激させ、食欲から遠ざける事でストレスフリーになり、無理なく続けられるという事。かつ、ココナッツオイルやMCTオイルの効果で摂取した脂肪をそのままエネルギーに回すことが出来る為、脳も活性化しやすく、肉体や精神のパフォーマンスの向上につながります。朝から頭も働いて仕事に挑めるのです。

今日から貴方もバターコーヒーライフ!

8a2a6ad1cde3f55f

バターコーヒーダイエットは朝食をバターコーヒーに置き換えるだけの簡単なダイエットです。無塩バターがなかなか手に入りにくいという点がネックですが、無塩バターは㎏単位で売られている事を考えればかなりお値打ちだと思います。そもそも長い目で見れば元手もかなり少なく実践することが出来るダイエット方法です。朝食、コーヒーだけを飲んでいる貴方、始めてみませんか。

人気記事