Medium 65ed14ddacec4d6d

大人のカロリミットは食後でも効果ある?飲むタイミングはいつがいい?

今、ダイエット女子たちに大注目されている大人のカロリミット。食後ではなく食前に飲むのが望ましいと言われていますが、うっかり飲み忘れることもありますよね?そこで、大人のカロリミットを食後に飲んでも効果があるのか、実際飲むベストタイミングはいつなのか解説します。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットサプリ  作成者:hi7cohyou  投稿日:2017/09/13

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

大人のカロリミットとは?

大人のカロリミットとは、無添加化粧品や健康食品で知名度の高いFANCL(ファンケル)が発売しているダイエットサプリメントです。医薬品ではなく、あくまでサプリメント(健康食品)なので、「飲むと痩せる」というものではありません。大人のカロリミットは、正しい知識を持って、普段の生活の中に上手に取り入れることが大切なのです。

大人のカロリミットでどんな効果がある?

大人のカロリミットのダイエット効果

D394b67af71f3af5

大人のカロミットがダイエットサプリメントとして効果を発揮しているのは、基礎代謝を上げるということに着目しているからです。基礎代謝とは、じっとしていたり寝ていたりするだけで消費されるエネルギーのことで、加齢とともに低下するものです。

7b8a5d546da39061

「今までと食べる量は変わっていないのに太った」「運動量を増やしてもなかなか痩せない」というのは、歳をとって基礎代謝が低下したからです。大人のカロリミットで基礎代謝を上げることで、脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエット効果が期待できるのです。

大人のカロリミットのその他の効果

Cc298bd1913751a0

大人のカロリミットは、基礎代謝をアップさせる以外にも、糖の吸収を抑えて食後の血糖値の上昇を緩和したり、脂肪の吸収を抑えて食後の血中中性脂肪値の上昇を緩和したりして、生活習慣病を予防します。外食などで脂っこいメニューを食べる予定のときや、運動量が少ない日などに活用するといいでしょう。

大人のカロリミットの主成分は?

代謝をサポートする成分

Bc936f13bad039eb

大人のカロリミットには主に代謝をサポートする成分が配合されていて、特に次のような成分がダイエット効果を発揮しています。また、大人のカロリミットのほとんどの成分は天然由来で、合成着色料や保存料、香料は一切入っていません。毎日飲むものなので、完全無添加だと安心ですね。

  • ペンタメトキシフラボン(ブラックジンジャー由来)
  • イミノシュガー(桑の葉由来)
  • ギムネマ酸(インド原産のハーブ)
  • ファセオラミン(インゲン豆由来)
  • キトサン(甲殻類から得られる食物繊維)
  • エピガロカテキンガレード(中国国家認定の2品種を抽出したもの)

大人のカロリミットの粒の外側のコーティングにもブラックジンジャーエキスを配合しているという徹底ぶりで、体内に入ると素早く効果を発揮します。また、ギムネマ酸を含むギムネマシルベスタと桑の葉の組み合わせは、特許を取得しています。

大人のカロリミットを飲むベストタイミング

食前に飲むのがおすすめ

29d46453bd52c360

ファンケルの公式サイトでは、大人のカロリミットを食後よりも食前、特に一日で最も高カロリーの食事をする前に飲むことを推奨しています。それは、食べ物の脂肪や糖分の吸収を抑える成分を、あらかじめ体に取り入れておくという考えからです。さらに、食前に飲むことでダイエットの意識が高まり、食べ過ぎを防ぐことにもつながります。

朝がいい?夜がいい?

1a0dc0f79f42b358

通常のサプリメントは、外出前の朝に飲む方が続けやすいと言う人が多いでしょう。しかし、大人のカロリミットは、新陳代謝を上げるという性質から、活動的な朝から夕方にかけてよりも、あとは寝るだけ、の動きの少ない夜に飲む方が効率的だと言えるでしょう。

どんなときに飲むといい?

8a8d53571cc9b5f4

大人のカロミットは、食事の前に飲むことがおすすめだとわかりましたが、特におすすめのシーンがあります。次のようなときに飲むと、大人のカロミットの効果がより引き立つので、安心して食事を楽しむことができますよ。友人とのランチや飲み会など、その日のスケジュールに合わせて、上手く取り入れていくようにしましょう。

  • パスタやカレーなど炭水化物が多いメニューのとき
  • 外食などで高カロリー・高脂肪メニューを食べるとき
  • 飲み会などで食事といっしょにお酒を飲むとき

分けて飲んでもいい?

042d18faba508e58

大人のカロリミットは、1回4粒飲むのが目安ということで、朝・昼・晩の食事前に1~2粒ずつ分けて飲めば効果がアップするのでは?と考える人も多いでしょう。しかしそれは間違いで、一日のうちで最も高カロリーな食事の前に、4粒を一度に飲んでこそ効果が発揮されるのです。それに、分けて飲むと飲み忘れる危険性も出てくるので、1回4粒をきちんと飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

大人のカロリミットを食後に飲んでも効果はある?

大人のカロリミットは、その特質から食前に飲む方が効果的ですが、つい飲むのを忘れてしまうこともありますよね。その場合は、食事の最中でも食後でも飲んでOKです。ただし、大人のカロリミットは食べ物の消化に関係しているものなので、食後しばらく経ってからでは効果は得られません。

352fdd137becc7db

一般的に、食後に食べ物を消化・吸収するのに、炭水化物は2時間、タンパク質は4時間くらいかかります。つまり食後2~4時間以内であれば、効果がまったくないことはありません。飲み忘れたことがストレスになってしまってはダイエットにも悪影響です。大人のカロリミットは継続することが大切なので、飲み忘れたら、気づいたときに飲む、と気楽に構えておきましょう。

大人のカロミットを効果的に飲むコツ

継続して飲む

F5b741defade1015

基礎代謝は加齢とともに低下するので、大人のカロミットを数日飲んだだけで基礎代謝がアップするわけではありません。毎日、継続して飲むことが大切です。それに、毎日飲むことで習慣化するので、飲み忘れを防ぐことができます。もし飲み忘れたら、食事の途中や食後すぐに飲むか、次の食事のときに飲むようにしましょう。

カロリミットと併用する

大人のカロリミットを1日1回、一番高カロリーな食事の前に飲み、カロリミットをその他の食事の前に飲むようにすると効果的です。カロリミットは大人のカロリミットのようにブラックジンジャーが配合されていないぶん、糖や脂肪の吸収を抑えるキトサンなどダイエットをサポートする成分が多く配合されています。

大人のカロリミットを飲む際の注意点

表記されている規定量を守る

Bf8a2dc9d704cf81

大人のカロリミットの摂取量は、1日1回で4粒と表記されています。飲めば飲むほど効き目があるものではないので、健康のためにも規定量を守りましょう。また、通常のカロリミットとの併用については、1日3回、12粒までを目安に、体調をみながら飲むようにしてください。

暴飲暴食をしない

20a418f0a724a1ed

大人のカロリミットを飲んでいる安心感から、つい暴飲暴食してしまう人もいます。しかし、大人のカロリミットは、暴飲暴食をしても痩せる、という都合のいいものではありません。規則正しい食生活をおこなったうえで、効果が顕著になるものだということを理解しておきましょう。

副作用が現れたら医療機関に相談する

06f6027bbf7dc9e4

大人のカロリミットを飲むと、便秘や下痢症状などお腹の不調を起こす人もいます。これは大人のカロリミットが、食べた物の吸収に働きかけるからなので、心配のない場合がほとんどです。薬ではないので重篤な副作用はありませんが、まれに頭痛、吐き気、湿疹を起こす人もいるので、様子を見ながら飲むようにしましょう。

血圧降下薬を服用中の人は要注意

F349997a98e9f4eb

大人のカロリミットの主成分であるキトサンと桑の葉由来のイミノシュガーには、血圧を下げる働きがあります。そのため、血圧降下薬を服用している場合は、血圧が下がり過ぎてしまうことが心配されるのです。飲み合わせが大丈夫なのか、かかりつけ医に相談しておくと安心ですね。

アレルギー体質の人も要注意

De5bb7d3febe682d

大人のカロリミットのパッケージ裏側を見てみると、食品アレルギーについての注意書きが載っています。対象となるアレルギー食品は、原材料に使われているカニと大豆です。これらのアレルギーを持っている人は、飲まない方がいいと言えます。どうしても飲みたい場合は、様子を見て服用するか、かかりつけ医に相談してみましょう。

大人のカロリミットを飲むタイミングまとめ

3e12cffb56b66e5e

大人のカロリミットは食後よりも食前に飲む方が効果的だとわかりましたが、人前で飲むのが嫌だったり、水がなくて飲めなかったりすることもあります。薬ではないので、絶対食前に飲まなければならないということはありません。

D9e2e8ca1afbadfe

食後でも、食べた物が消化の過程であれば、まったく効果がないわけではないので、臨機応変に活用しましょう。上手に活用することで、ダイエット中でも食事が楽しめるようにして、継続していけるといいですね。

人気記事