Medium 6f03963cefef726c

縄跳びの正しいやり方!ダイエットに効果的な痩せる跳び方・コツは?

今回の記事は縄跳びダイエットの正しいやり方について記載しています。縄跳びがダイエットになるメカニズムや効率的に痩せるための正しいやり方、コツをまとめました。また、縄跳びダイエットに適した商品等も紹介していますので、ぜひご覧ください。

カテゴリー:運動縄跳び  作成者:affiprecious  投稿日:2017/10/02

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

縄跳びダイエットとは?

4062ee519912200d

縄跳びを継続して行い、全身の脂肪を減らすのに効果的なダイエット方法です。ダイエット方法と言っても全く難しいものではなく、やり方はただ縄跳びをするだけで、誰でも簡単に取り組むことができます。

縄跳びダイエットはメリットが多い!

Dd521360c510172c

縄跳びは手軽にできる有酸素運動です。全身を使うことにより、全身の筋肉を鍛えることができます。特に、ふくらはぎや下半身の引き締めには効果絶大です。さらに、ランニングやウォーキングのように距離や場所を考える必要はあまりありません。家の前や、少ないスペースで実施できるのがメリットです。運動系ダイエットの中でも始めるには非常に敷居の低い、お手軽なダイエットを言えるでしょう。

De1a95d6fe127911

また、その効果も正しいやり方で縄跳びをするだけで軽いジョギングの1.3倍もの効果があります。さらに、正しい跳び方を習得することにより、脂肪の燃焼率をアップさせることができるので、縄跳びダイエットは少しの時間で大きな効果が期待できるダイエット方法です。

縄跳びダイエットはなぜ痩せる?

縄跳びは基本的には跳ぶ動作が入るため、下半身だけ使うイメージが強いです。しかし、実は縄を回す腕や肩回りの筋肉も使われます。さらに、全身の脂肪が揺れる振動によって、全身に負荷がかかるため、全身の筋肉を鍛えることができるのです。また、ランニング・ウォーキング・水泳と同じ有酸素運動の部類に入る運動でもあります。

1771861484fa54b9

そもそも痩せるということは脂肪が減ることと同義ですが、筋肉は脂肪を一番消費する臓器の1つです。その筋肉を全身に渡って鍛えるわけですから、必然的に脂肪の消費量は増えます。さらに、縄跳び自体が有酸素運動であるため、筋肉を鍛えながら脂肪を減らすことができるのです。正しいやり方を習得すればさらなる効果も期待できます。

縄跳びダイエットには副次的な効果も!

287e93984d157a76

縄跳びダイエットは全身を鍛え、脂肪を減らす以外の効果もあります。一番の効果は心肺機能の向上でしょう。縄跳びダイエットを1か月以上続ける必要がありますが、心肺機能が向上することによって、体脂肪をエネルギーに変換するシステムが活性化され、太りにくい身体に変わります。

縄跳びダイエットは全身の筋肉を鍛え、基礎代謝を上げるので、それだけでも太りにくい身体になるのですが、心肺機能の向上によってさらに太りにくい身体を作り上げることができます。

縄跳びダイエットの正しいやり方とコツは?

初心者におすすめのやり方

3223cd1de200bfe3

縄跳びという運動は、意外に身体に負担がかかります。特に膝や腰の身体を支えている部分です。跳んで着地するということは、自身の体重がそのまま支えている部分に掛かるわけですから、重い身体であればかかる負担も大きいものです。まずは正しいやり方を身に着けましょう。そして、最初は無理せず少ない量から始めることをおすすめします。

まずは1分間に60回を目安として、3分間続けましょう。そして1分間休憩します。休憩後、3分間跳びます。この3分間跳んで休憩を1セットとして、まずは3セットやってみましょう。時間にして約10分です。たった10分ですが、かなりのダイエット効果になります。

中級者以上におすすめのやり方

201e9b71edb54f95

10分間の縄跳びに余裕が出てきたら、次は20分間の縄跳びに取り組みます。やることは同じです。3分間の縄跳びと休憩をセットに5セット繰り返します。ただし、20分ともなると、呼吸が上がってしまう可能性があり、こうなるとそもそも有酸素運動ではなくなってしまいます。その場合は少しペースを落とすなど、やり方を工夫しながら縄跳びに取り組みましょう。

7432e32f1456d1d4

また、20分継続して跳ぶとなると、単調な縄跳びにも飽きてくるころです。この辺りから跳び方を変えてみましょう。「片足跳び」や「駆け足跳び」、「交差跳び」や「二重跳び」などです。この中では一番負担が軽そうな交差跳びでも、腕や肩に負荷がかかり、二の腕の引き締めにも大きな効果があります。

縄跳びダイエットのコツとは?

234943ceb7590ba7

スポンサーリンク

正しいやり方を習得し、「長く継続していく」ことです。そのためには、自分の好きなことと並行して縄跳びを行ってみましょう。音楽を聴きながらというのもいいですし、お気に入りの動画を見ながらでも構いません。一見縄跳びをしながらでは出来ないと思われることも工夫次第です。自分の好きなことと併用して縄跳びをすることで、縄跳びが習慣に結び付きやすくなります。

縄跳びダイエットの注意点について

5aa6141da4e31f65

縄跳びは全身を鍛えるという大きなメリットがありますが、それは全身に大きな負担を強いていることを意味します。正しいやり方をしないと、逆に自分の身体を壊してしまう危険性もあります。この項では、縄跳びをする際の注意点についてまとめました。

身体への負担を最小限に!

1c7548731ffae801

まずは、背中を丸めたりせず、背筋を伸ばした正しい姿勢で縄跳びをしてください。普段姿勢が悪い方は、意識して背筋を伸ばさないと腰に大きな負担がかかります。また、ジョギングシューズなど軽くてクッション性のあるシューズを履き、コンクリートの上で縄跳びをしないようにしましょう。これは膝や腰への負担を軽くしてくれます。

休憩はこまめに取る!

D1cfdfc585007b0d

次はこまめに休憩を取ることです。縄跳びの正しいやり方の項でも、効率的な縄跳びと休憩の繰り返しを記載しましたが、このとおりでなくてはいけないわけではありません。厳しいと感じた場合には、休憩を多めに取りましょう。少し休憩を多く取ったからと言って、ダイエット効果が急激に落ちることはありません。

無理に高く跳ばないこと!

9dd11109723d6b88

最後はあまり高く跳ばないことです。縄跳びダイエットは縄跳びを長い時間続けることが大事です。無理に大きく跳んでもダイエット効果はそれ程大きくはなりません。それどころか、腰や膝などに大きな負担がかかり、身体を痛める原因となってしまいます。

縄跳び後のケアは入念に!

43882644d6229fd9

縄跳びは全身運動であるため、全身に負担を掛けます。縄跳び後に全身のストレッチや脚のマッサージを念入りに行うことで、筋肉の強張りが解消し、ダイエット効果も高くなります。

バナー原稿imp

内臓脂肪・皮下脂肪が気になる方向けサプリ!

有酸素運動と併用もオススメです

縄跳びダイエットに有効な商品について

縄跳びの縄について

839df48f7e7f585f

縄跳びの縄には様々な商品があります。安いものであれば100円ショップで買えますし、本格的なものとなると、ボクサー仕様の縄もあります。これらの違いは重量です。100円ショップのものだと約100グラムですが、ボクサー仕様のものは300グラム程度と3倍近い重さがあります。

縄が重くなれば、当然腕や肩にかかる負担が増しますので、上半身をさらに鍛える効果があります。ダイエット効果にも大きく影響してくるでしょう。しかし、かかる負荷が大きくて身体を壊してしまっては元も子もありません。どれが正しいとは一概には言えず、最終的には自己判断ですが、ご自分の身体に合った縄を選びましょう。

室内での縄跳びには静音マットがおすすめ!

Cb7f81ccc9684d7c

集合住宅に住んでいる場合、室内で縄跳びをするとなると下への振動が気になります。そんな方におすすめなのが、振動を抑えるマットです。ランニングマシン等を置くのに使用されるマットで、床に与える振動を抑える効果があります。また、滑りにくいため、室内で縄跳びをするにはおすすめです。

縄跳びは綺麗な身体作りに有効なダイエット!

6bd328a0472e97ca

縄跳びダイエットの体重の低下はおだやかですが、太もも・ふくらはぎなどの下半身を鍛えることができ、美脚に近づくことができます。運動によるダイエットなので、食事制限系ダイエットに比べ体重の減少は穏やかです。短期間に激ヤセできるものではありません。しかし、太ももやふくらはぎの下半身を始め、全身を鍛えることができるダイエットです。

E5dfa2b2d0eb6901

適度についた筋肉はその人の体を美しく見せます。ただ脂肪を減らしたからといって、綺麗な体にはなることができません。美しく見える体は筋肉が支えています。ただ脂肪を無くしたいだけなら食事制限系ダイエットは適任ですが、美しく痩せたいのなら運動系ダイエットが一番の選択肢です。縄跳びダイエットは、運動系ダイエットの中でもメリットが多く始めやすいダイエットです。

バナー原稿imp

リバウンドしない為にも!エステで痩身併用もオススメです

増えてしまった体脂肪エステでサポートしませんか?

人気記事