Medium b1587b7276ddbda3

セルライトの正しい潰し方!太ももやお腹など自宅で簡単に除去する方法

ダイエットがうまくいかないのはセルライトが一要因。太ももやお腹がでこぼこしてませんか。それがセルライト。セルライトの潰し方があるので、正しいセルライトの簡単な潰し方と注意すべき事を知り、セルライトを出来るだけ作らない生活習慣をダイエットを兼ねて始めませんか。

カテゴリー:部分痩せセルライト  作成者:sawakikyo  投稿日:2017/09/25

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

セルライトって

ふと鏡に映った太もも。何このデコボコは、とショックを受けたことはありませんか。あるいは、お腹にでこぼこができていませんか。それがセルライトです。太ももも、お腹も、お尻も、二の腕にもセルライトはできやすく、8割の成人女性にあるといわれ、ダイエットしても取れない特徴があります。でも、どうしてセルライトはでこぼこになってしまうのでしょう。

セルライトはどうしてできるの

セルライトは、皮下脂肪が溜まり、肥大して脂肪細胞から分化している線維芽細胞が、皮ふの方に引っぱられた状態になり、ぼこぼことなってしまいます。線維芽細胞は、肌のハリや弾力を作るコラーゲンやヒアルロン酸などを作りだす細胞です。

この皮ふの方へ引っ張られている線維芽細胞は、病的という見解もありますが、健康な組織という見解が一般的です。セルライトは、皮下脂肪が多い女性に主にみられます。太り過ぎると脂肪がつくだけではなく、同時に、細胞も脂肪細胞へと変成して、セルライト形成の原因になります。

細胞が太れば、その周りの血管やリンパは圧迫され,、循環が滞り、冷え性になりやすくなります。また、使われなかった栄養は、脂肪に変わり蓄積します。さらに老廃物の排出されずに溜まり、脂肪細胞が次第に大きくなり、セルライトが形成されます。

セルライトの形成と循環の滞りが繰り返される悪循環が、セルライトを大きくします。セルライトは、脂肪と老廃物の固まりで、なかなか分解しにくい脂肪です。また、セルライトは、女性にだけできるといわれています。

セルライトの潰し方の前に生活習慣にあるセルライトの原因チェック

セルライトの潰し方もセルライトの改善に大切ですが、セルライトをこれ以上増やさないようにすることも大切です。セルライト形成の原因をチェックし、セルライトをこれ以上増やさないようにしましょう。セルライトの形成の原因として、このようなことが考えられます。

  1. 食事は外食が多く、高脂肪や高カロリーのメニューに傾倒
  2. 冷え性で手足が冷たい
  3. かくれ冷え症といわれる内臓型冷え症と循環が悪い
  4. ストレスが溜まっている
  5. 喫煙
  6. 生活サイクルの乱れと睡眠不足
  7. 年齢による老化
  8. 女性ホルモンの乱れ

セルライトを形成する原因に、ホルモンの乱れや老化、毎日の生活習慣が大きくかかわっています。脂質の多い食習慣は、余剰の脂肪を増やしセルライトの原料になり、バランスのよくない食事は太りやすい食事です。また、不規則な生活習慣は、からだのリズムを壊し、からだの緊張やストレスをより加え、循環に影響を及ぼし、セルライトを作りやすいからだになってしまします。

さらに、冷えは万病のもとといわれますが、からだが冷えると循環が滞りやすく、これが原因で色々な症状を引き起こしやすく、セルライトもできやすく、セルライトができるとその周りの血管やリンパが圧迫され、循環が悪くなります。循環が悪くなれば、栄養が必要なところへ届かず、体温が下がるという悪循環を引き起こすので、からだを冷やさないことも大事です。

ポイント

食習慣の見直しと、脂分の多いメニューや外食を避ける
規則正しい生活習慣と喫煙ストップ
からだを冷やさない
ストレスを溜めない

セルライトの形成予防に食習慣

余剰エネルギーが脂肪に変化して体内に蓄積されると、セルライトができやすくなります。この余剰エネルギーは、ダイエットの食事制限と運動で解消されます。食事制限はかえって太りやすくなるので、バランスの取れた野菜や海藻類を多く摂るように心がけましょう。

まずは、からだを動かして摂取した栄養を消費できるからだに変え、循環を改善して、必要なところへ栄養や酸素を届け、細胞で消費して余剰物を減らします。余剰物が少なくなれば、それだけ脂肪の蓄積が少なくなりセルライトの形成を妨げることができます。

からだを動かすと、循環がよくなり、老廃物の排出も進みやすくなります。また、からだが温められると、セルライトも少しずつ柔らかくなり、老廃物の排出もしやすくなります。エネルギーの消費と不要な老廃物排出はダイエットにもつながります。

セルライト形成を防ぐ食事をイメージする

日本食の一汁三菜をイメージし、バランスよく必要なタンパク質、野菜などの栄養が偏らない食事を毎食心がけ、不規則な生活習慣、暴飲暴食、喫煙などのからだに負荷のかかる行為を見直します。偏った食事は太りやすくセルライト形成要因になります。食事のサイクルの乱れは、血糖値の上下の差が激しく、太りやすくなるので避け、きちんと三食を取るようにしましょう。

からだを温める素材のトウガラシや生姜、血液サラサラにするためねぎなども毎日心がけて摂取するようにして、血流の滞りを予防します。これもセルライトの形成を防ぎぐ要因です。

ポイント

食事は三食をきちんと取る
食事は、バランスよく偏りのない脂質の少ない日本食の一汁三菜をイメージする
血液サラサラにたまねぎや唐辛子

セルライトの形成を予防する運動

からだを運動に慣らす

からだを動かすことをあまりしていない場合、運動を始めるとからだが悲鳴を上げ、長続きしません。せっかく始めたセルライトの潰しも続けられなくなり、また、ダイエットもセルライトの潰しもダメと諦めムードになります。できるだけ、運動を続けるために、徐々に体を運動に慣れさせることをおすすめします。

まずは、家庭で簡単にできる運動から始めます。例えば、座ってできる屈伸やヨガのポーズなどのように、格別なことしなくてもできる運動を取り入れ、からだを動かすことに慣れましょう。からだの曲げ伸ばして、筋肉や筋が運動に慣れさせます。からだも心も運動に違和感を感じなくなったら、徐々に運動に負荷を加え、セルライト潰しを試みましょう。

からだが、動かすことに慣れたら運動に負荷をかけ家庭でできる運動やスロージョギングを始めましょう。例えば、家庭でできる運動は、仰向けになり両足を真っ直ぐに伸ばして、30℃くらいに上げて、30秒キープするなどの運動は、特別に外へ出る必要もなく楽に取り組め、お腹、太ももなどに効果的で、家庭で無理なくできる運動です。

スロージョギングで気分転換も兼ねる

スロージョギングは、気分転換も兼ねることができるので取り組むようにしましょう。気分転換もストレス解消になり、循環の改善が期待でき、エネルギーの消費にも効果的です。

生活の中には運動に利用できることがある

スロージョギングなどに取り組む代わりに、毎日の生活の中で運動に使えることを利用するのも一案です。例えば、エスカレーターを使わないで階段を利用するとか、近くの買い物は徒歩で出掛け、荷物を持って歩けば二の腕を使い、全身運動に代替できます。このように、わざわざ運動の場や時間を設定しなくても十分に運動する機会が作れます。無理をしないで続けられる運動が鉄則です。

一日の中には、運動ができることが沢山あることに気付かれると思います。毎日の生活にできるだけ歩くことを運動を意識して組み込むと、余剰エネルギーの消費もスムーズに進み、からだも次第にエネルギーを作り出しやすいからだになり体温も次第にあげられ、基礎体温も上がり冷えの解消とエネルギー消費が改善されます。

ポイント

セルライトをできるだけ作らないようにするために、運動にからだを慣らす運動から始める
運動時間が取れるならばスロージョギングなどをする無理ならば家庭でで炒る運動をする
運動は生活の中に取り込み、可能な限りからだを動かすように心がける

家庭でセルライトをなくしたいならこの手順

過程できるセルライト潰しの手順が大切の解説

セルライトを家庭ではがすときの手順を間違えないようにしましょう。セルライトを剥がしやすくするためにからだを温めます。

  1. セルライトはがしを始める前に、からだを温める
  2. さするのは外からうち方向に
  3. 太ももはねじるようにもみあげる
  4. ふくらはぎは皮膚の下にすぐにあるリンパはゆっくりと流れているのでやさしくさする
  5. 水の補給
  6. 排泄

セルライトを家庭で剥がす時のこの手順に従い足の裏から始め、ふくらはぎ、太ももと順にします。心臓から遠いところからセルライトを押し上げるようにするため、順番を間違えないようにしましょう。

セルライトを潰仕方は最初に足の裏を力を入れてこする

土踏まずの部分にセルライトができやすいので土踏まずをしっかりと押します。また、循環回復の一番手っ取り早い場所が足の裏です。足の裏は各箇所につながっているからです。循環がよくない方は足の裏が硬くなっているはずです。さらに、各所のツボを押し、痛みがあればその場所の疲れや病気があるといわれています。足の裏は、指よりは握りこぶしで10往復力を入れてこすり、刺激します。

スポンサーリンク

外側(足裏は靭帯の地図の左足の心臓のあたりから)から土踏まずに向かって3ライン親指で強く押しながら、土踏まずをさすります。これを10回繰り返します。土踏まずの真ん中の窪み(上の写真を参考)を10秒強く押さえるを5回繰り返します。真ん中の窪みからきびすの方向へ力を入れてこすります。内側と外側のくるぶしの周りを10回さすります。最後に下から上へ足首をこすります。

足の裏のマッサージで土踏まずの部分をよくこするのは、土踏まずの部分にセルライトができやすいともいわれているからです。もし、あまり足の裏が硬くて手で押せない時がすりこ木のような棒を使うと楽にできます。押す先が丸いあるものがよいです。

ポイント

土踏まずにできやすいセルライトを逃さない
足の裏の刺激は全身に刺激を与える

家庭でセルライトの潰し方でふくらはぎは強くこすらない

ふくらはぎは、下から上にかきあげるように足首から膝裏までゆっくり優しく手の平全体を使います。ふくらはぎの表側はら線を描きながら膝下のリンパ節に集めるようにします。ふくらはぎは、皮ふのすぐ下のリンパの流れを止めないように軽くさすります。片足さすり、両足を見比べれると細くなっていることが実感できると思います。

ポイント

ふくらはぎは皮ふのすぐ下にあるリンパの流れを止めないために軽くさする

家庭でできる太もものセルライトの潰し方

太ももは、指の腹を使い、片脚10分位を目安に力を入れすぎないように揉みながら下から上へとします。あまり力を入れすぎると、家庭でセルライト潰しでも、稀に毛細血管が切れることがあるので、ダメージを受けている細胞を損傷しないように注意したください。からだを刺激に慣れなせることもだいじですから、マッサージに慣れていない始めは少し力を抜き、徐々に力を加減しながら加えます。

ポイント

足のセルライトの潰し方は、足裏から順に太ももまでマッサージ
ふくらはぎはさするようにマッサージ

セルライトを潰し方と注意点

セルライト潰しは温めて細胞にダメージを与えないマッサージを

セルライトの潰し方の注意点は、心臓から遠い部分からマッサージを始め、力を入れすぎて細胞にダメージを与えないくらいの力でマッサージすることです。この点から、セルライトは固まって固くなっているセルライトを温め、セルライトが動かしやすいようすることもセルライト潰しのポイントです。

セルライト潰しは潰すことではない

セルライト潰しは、脂肪の固まりのセルライトを潰すことはできないのです。皮下脂肪にできたセルライトをできるだけ排出できるように細胞の間に隙間作るようにして毛細血管の血流を促し、血流を回復が肝要ではないでしょうか。そもそもセルライトは、医学的に健康的な細胞と一般的に考えられています。セルライトを潰しは、排出できるように刺激を与えるという考え方といえるようです。

セルライト潰しは音がするの正体は

セルライト潰しは音がするといわれますが、その音の正体は、セルライトの脂肪が潰れる音ではなく、組織が弾かれてする音です。このような音がするほど力を入れると、細胞に一層のダメージを与えますので、ここまで力を加えたセルライト潰しはおすすめできません。

セルライトの潰しに温水を入れたペットボトルを使う

セルライトの潰し方を両手で揉む方法を紹介しました。ここでは、ペットボトルを使ったセルライトの潰し方は紹介します。セルライトは、冷えると固くなる性質があるので温めるために、500mlの丸い角のないペットボトルにお風呂くらいのぬるま湯を入れ、しっかりと栓を閉めます。このペットボトルで太もものセルライトのある部分をころころさせて温めます。

温まったら、心臓方向に少し力を入れてペットボトルでこすります。一つの箇所を3分位で繰り返しますが、あまり押しすぎないように気をつけてください。また、ペットボトルはお風呂で使えばより効果的です。

ペットボトルにあまり高い温度の湯を入れると変形することもあります。また、太ももの肌は比較的弱いので、熱すぎると火傷のように赤くなりダメージを与えてしまうこともありますので、セルライトが柔らかくするためとはいえ、あまり熱い湯は使用しないようにしましょう。ペットボトルをころころと何度も転がしながらゆっくりと肌を温めることをおすすめします。

ポイント

ペットボトルのセルライト潰しは温めの湯を詰め、ころころさせてセルライトを温め、ペットボトルでこする
あまり力を入れすぎ、心臓方向へこする

お風呂でセルライトを潰す

セルライトは温かくなれば柔らかくなるので潰しやすくなるというより動かしやすくなります。湯船に浸かれば体全体が芯から温まり、セルライト潰しがしやすくなります。手順は、先に触れたように、足裏から足首と順にセルライトを上へ押します。指、手のひら、ペットボトル、セルライトはがし用のブラシなどセルライトの潰しやすい方法でマッサージします。

お風呂はリラックス効果もあり、汗をかいて老廃物も排出でき、血管が拡張して血流がよく、老廃物の排出もセルライトの排出もしやすく、一層セルライトの剥がしが効果的です。足の裏から足首へと順に満遍なくセルライト潰しのマッサージをし、太ももは5分マッサージします。

注意として、からだを動かしながら湯船に浸かると汗が出やすいので、脱水症を起こさないように水分補給の水を準備し、少しずつ飲みながらセルライト潰しをすることをおすすめします。

お腹のセルライトを家庭でつぶす潰し方

お腹のセルライトはなかなか取れにくいです。お腹のセルライト潰しはお風呂が最適です。体が温まりホカホカしてきたら、おへそを中心に円を描くようにマッサージします。お腹のマッサージも5分。お腹の奥のセルライトは取れにくいですが毎日続けると、少しずつ減りますので、途中で中断しないようにしましょう。

家庭でセルライトの潰し方に便利なアイテムやクリーム

セルライト潰しが、からだが硬くて屈伸が無理でできないなどの場合に便利なセルライト潰しに使えるアイテムはないでしょうか。または、腕の力がなくてできない場合のセルライト潰しのアイテムもあるでしょうか。

力を入れなくてもセルライト潰しができるアイテム

セルライトのマッサージ用のローラーは、100均の値段からあります。出来るだけお金をかけないで、セルライトのマッサージをおすすめしますが、手では負えない固ささ、からだまだ曲げにくいなど困る人におすすめです。

口コミでは、痛みがある口コミがみられますが、セルライトが壊れ、むくみも取れ、筋肉が引き締まったなどのセルライト潰しによかった口コミもあります。これは、全身に使えますが、ジェルを使用し、滑らかに動かせるようにすることをすすめします。コスト面ではおすすめできないアイテムです。

力がない人に最適です。いぼいぼがセルライトを刺激します。ローラーは、両手でも片手でも使えます。手が届かない人にも手の届く範囲が少しですが広がります。肌の弱いふくらはぎなどの部分では少し力を加減して使います。使う際に、細胞にダメージを与えないくらい押す力を加減してください。

足の裏のセルライトはがし、刺激がしにくい人におすすめは竹踏みです。プラスチックのいぼ付きの竹踏みも販売されています。ゴリゴリと足の裏を刺激し、足の裏のセルライトを刺激と循環がよくなれば、セルライト潰しに効果的です。使用する際に、立って使わなければいけませんので、壁や窓などの利用をおすすめします。竹に片足のせても安定感があれば使用場所を気にしなくても使えます。

ミネラルレッグスムーサーは、お風呂専用のクリームです。このスムーサーには、ギネスに認定の雪塩が使われていて、塩のミネラルと天然成分の力がセルライトに働きかけます。塗りながらマッサージでき、後はシャワーで流すだけです。簡単にセルライトのケアができるスムーサーとして人気があります。コスト面ではおすすめを控えます。

美容オリーブオイルは、いろいろと使え、セルライト潰しで肌を痛めないために使うことをおすすめします。オリーブオイルの成分が肌のダメージを補い、肌のケアも一緒にでき、後の肌の手入れが必要ないので楽で簡単で、色々使えるのでコストもあまりかからないです。

セルライトが簡単に効果的に潰すマッサージにも生活習慣が大事

セルライトは、女性だけできるのは不公平ですが、毎日の生活習慣によって形成されます。日々の生活の改善と睡眠を十分に留意して、できるだけセルライトを作らないあるいは簡単にセルライト潰しができるような生活習慣で毎日を過ごすことを心掛けてみてはいかがでしょう。

人気記事