Medium 24f8956a19d05c4d

シボヘールの口コミ・評価まとめ!脂肪への効果や効能について調査

脂肪を落としたいという切実な思いを持つ人に人気があるのが、シボヘールです。シボヘールは脂肪を落とす効果が高い葛の花イソフラボンを使っています。ここでは、シボヘールの口コミ・評価と脂肪への効果・効能について紹介していきます。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットサプリ  作成者:トト  投稿日:2017/09/21

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

シボヘールとは?

シボヘールはハーブ健康本舗という会社のダイエットサプリです。シボヘールは体重やお腹の脂肪(内臓脂肪&皮下脂肪)やウエスト周囲が気になる人に向けて提供されています。シボヘールのターゲットとして想定されているのは、BMI25〜30の肥満気味の人です。

014e16e6f0720be9

シボヘールは機能性表示食品と認められているので、体重やお腹の脂肪を減らすなどの機能を表示されています。シボヘールにはこれだけ機能がはっきり書かれているので、興味を持つ人が多いようです。

シボヘールの機能性表示食品とは?

シボヘールのような機能性表示食品とは、事業者(この場合はシボヘール販売元のハーブ健康本舗)の責任で科学的根拠をもとに商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届けられた食品のことです。消費者庁は消費者の安全確保や商品表示などに関わっている機関ですね。

機能性を表示することができる食品は、これまではトクホ(特定保健用食品)と国の規格基準を満たした栄養機能食品だけでした。

しかし、これだけだと選択肢が少ないのでもっと選択肢を増やそうということで登場したのが機能性表示食品です。平成27年4月に新しく制度がスタートしました。機能性表示食品の特徴には次の3つがあります。

  1. 安全性・機能性について科学的根拠がある
  2. 具体的な部位・機能性を表示できる(例えばひざ関節にグルコサミン、中性脂肪にEPAなど)
  3. 届出の内容はすべて消費者庁のホームページで確認できる

ただし、シボヘールのような機能性表示食品は病気の人や妊産婦、授乳婦、妊娠を計画している人、未成年者などの人は対象外です。シボヘールも健康か、やや健康が気になるという人向けの商品です。

Df77881cb8de65d1

前からあったトクホ(特定保健用食品)の方が人を使った実験結果からデータを出しているので、信頼性は高いです。それに対して機能性表示食品は研究論文などから有効だと認められればOKなので、トクホに比べればやや基準はゆるいです。

620c9523f3b5d0fe

機能性表示食品もトクホ(特定保健用食品)も機能性の表示はできますが、トクホは実験データがあるので「〜の機能がある」と書けるのに対して、機能性表示食品は論文だけが根拠の場合は「〜の機能があると報告されている」と書かれています。

78deed4c587cae81

シボヘールはメイン成分の葛の花由来イソフラボンの臨床実験をやってデータを得ているので、その結果に基づいて「体重・お腹の脂肪・ウエスト周囲径を減らす」と書かれています。シボヘールはトクホ並みの科学的根拠がある製品と言えそうです。

ポイント

・シボヘールは機能性が表示できる機能性表示食品
・科学的根拠、部位や機能性の表示があるのでわかりやすく安心して選べる
・トクホも機能性表示食品もどちらも機能性を表示できる
→トクホは実験データがある(厳しい)、機能性表示食品は研究論文だけでもOK(ややゆるい)
・シボヘールは臨床実験のデータありのサプリ

シボヘールが対象にしているBMI25〜30って?

BMIとは

958353b3a19e255b

BMI(ボディー・マス・インデックス)は体重と身長を使って人の肥満度を示す体格指数のことです。BMIが高くなるほど生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症)のリスクが高くなります。しかし低過ぎてもフラフラで不健康なので「BMIは22の時に最も病気になりにくくなる」と決められています。

子供用の肥満の指数は、乳幼児の発育状態には「カウプ指数」児童・生徒の肥満の程度は「ローレル指数」というのを使って表します。高校生以上は大人と同じBMIを使って計算します。カウブ指数とローレル指数はここでは省略して、大人用の肥満度を表すBMIの計算方法だけ見ていきます。

「BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗」で計算できます。2乗というのは身長(m)×身長(m)のことです。BMIが22の時に最も病気になりにくくなるので「22=適正体重(kg)÷身長mの2乗」=「適正体重=身長(m)の2乗×22」で表します。後ろの式が適正体重の公式として使われています。

ポイント

・BMI(肥満度)=体重(kg)÷身長(m)の2乗
・適正体重=身長(m)の2乗×22

例えば170cmで80kgの人だと「BMI=80kg÷1.7m×1.7m=27.6816…となるのでだいたい27.68」ですね。「170cmの適正体重=1.7×1.7×22=63.58kg」なので「80kg−63.58kg=16.42kg」となって適正体重より16.42kgオーバーです。

7892a9767275ad8c

BMIの範囲から判定できる肥満度は、すでにルールで決まっています。下の表のようになっているので、求めたBMIを当てはめれば肥満度がわかります。

BMI範囲 肥満度
18.5未満 低体重(痩せ型)
18.5〜25未満 普通体重
25〜30未満 肥満(1度)
30〜35未満 肥満(2度)
35〜40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

170cm80kgでBMI27.68の人の場合を当てはめると、BMI範囲は25〜30未満に当てはまるので肥満(1度)ということになります。シボヘールの対象者に当てはまりますね。シボヘールが対象にしているBMI25〜30というのは、肥満(1度)のややぽっちゃりさんということになります。

それ以上の肥満の場合は?

F5c9e8591b8d14ea

それ以上の肥満の場合、特に肥満(4度)のような状態だとすぐに病院に行くべきというケースもあります。のんびりシボヘールで対策している場合ではなく、今すぐに病院に行かないと命の危険に晒される恐れもあります。

52cb93a737026db0

シボヘールは薬ではありませんし、高度肥満者まで対象にしてしまうと責任を取れない事態に追い込まれる可能性があります。なので、自力でもなんとかできそうだけどシボヘールを使うともっと効率よく痩せられそうなBMI25〜30の人をシボヘールは対象にしているのでしょう。

シボヘールの良い口コミ

Fdc07077e158f5c7
  • 乳酸菌サプリと併用して毎日寝る前に4錠。食事制限と軽い運動を組み合わせ6ヶ月で11kg減(44歳女性)
  • 毎朝飲んでいます。錠剤は飲みやすいです。2ヶ月継続し、お腹が少しスッキリし3kg減(37歳男性)
  • スムージー置き換えダイエットからシボヘールへ。2ヶ月飲んで腹周りがスッキリし3kg減(36歳女性)
  • 30分のウォーキングと組み合わせ3ヶ月服用。3kg減でお腹周りスッキリでお通じもいい(30歳女性)
  • 産後何もしていなかったけど1日1回の置き換えダイエットと併用で、3週間で2kg痩せた(36歳女性)
  • 毎食食後に飲みました。体重は減りませんでしたが3ヶ月でウェスト−8cm、体脂肪率−5%(51歳女性)
  • ウォーキング30分と組み合わせて3ヶ月飲んで7kg減。運動をやめると痩せませんが(35歳女性)
  • 便通が良いので下痢になるかと思ったけれど大丈夫。運動していないけれど2週間で1kg減(29歳女性)

シボヘールの良い口コミでは「運動と組み合わせたら痩せた」「体重は変わらないけれどお腹周りがスッキリした」などの口コミが多かったです。「シボヘールは錠剤のサイズが大きくなく飲みやすい」という意見もありました。良い口コミを多く寄せているのは、30代の人が多かったです。

969a0efdad6b29be

他のダイエットサプリなどを使って効果がなかった人が、シボヘールを使ってから効果が出始めたという口コミもありました。産後ダイエットに使って痩せたという口コミも少数ですが見られました。

シボヘールの悪い口コミ

Daf099ec0b7327f8
  • 5ヶ月飲んでも変化なし。盛りすぎ広告に少し怒りが出ました(43歳女性)
  • 似た成分のサプリで一番安くて定期購入したけど変化なし。解約は電話だけなのも面倒(42歳女性)
  • 食事制限などせず飲んでも変化がなかった。中止や解約が電話連絡しかできないのが困る(44歳男性)
  • 毎朝4錠5ヶ月飲み続けたけれど体重が逆に2kg増えた。匂いに効果がありそうだったが残念(50歳男性)
  • ネットで評価が高かったので購入。2ヶ月続けたけど変化なし。サプリだけでは痩せない(56歳女性)
  • 効果がなく退会手続きしたいけれどネットからできない?電話で相談するつもりです(55歳女性)
  • 全く効果なし。お腹周りも変わらずむしろ太った。安さに惹かれたけれど残念です(52歳女性)
  • 週3のランニング5kgと併用。体重も体脂肪もほとんど変化なくサプリの効果はなしと思った(44歳男性)

悪い口コミでは「効果がなかった」「むしろ太った」「電話しないと解約できないのが面倒」などの声が多かったです。ネットから注文できるのに対して、シボヘールの解約は電話をしないといけないのが嫌だった人が多いみたいですね。効果がなかったという声は50代以上の人に多く見られました。

0c3dd69cafa42c7c

シボヘールの悪い口コミで多かったのが、シボヘールを解約する方法がわかりにくいということです。注文はネットでできるのに、解約はネットではなく電話する必要があるというのが評価を落としてしまったようです。

シボヘールで効果が出た人・出なかった人の違い

シボヘールで効果が出た人は若い人が多い?

4ef64c1ddb3b32bb

「シボヘールを飲んで効果があった」という口コミを寄せていた人は、30代の人が多かったです。「効果がなかった」という人の口コミは40代〜50代が多く「変化なし」「むしろ太った」などの意見がありました。シボヘールの口コミの違いは、もともとの代謝量の違いが関係している可能性があります。

A1b7dd4ce34db075

30代も徐々に基礎代謝は落ちていきますが、50代はさらに筋肉が減ってくるので基礎代謝が落ちていきます。基礎代謝は何もしていないときでも必要なエネルギーのことです。寝ているとき、座っているときでも基礎代謝は必要です。歳をとるとこの基礎代謝が徐々に下がって痩せにくくなっていきます。

39dfc46f0654600c

シボヘールはその基礎代謝を補うためのサプリですが、年齢によって効果の出かたには違いがあります。若い人の方がそもそも代謝量が多いので効果が出やすいです。そのため、口コミで年代による違いが出たのでしょう。

シボヘールを飲んで安心してしまった

58296501e424ac8d

悪い口コミの方では「シボヘールを飲んで安心して食べ過ぎてしまった」という声も聞かれました。これは自業自得といえばそれまでですが、どのダイエットサプリを使う時にも気をつけたいことです。「飲んだから勝手に脂肪が燃える」→「だからたくさん食べてもいい」というわけではありません。

D05ff4c89b990a3d

サプリはあくまでも「普通の食品よりも健康にいい成分が多い食品」だということを忘れないでください。今ままで以上に食べていれば太りますし、痩せません。その辺りはシボヘールを使いつつ、毎日体重と体脂肪率を測って管理していくのが理想的ですよ。

シボヘールの成分・葛(くず)の花イソフラボンとは?

シボヘールの大きな特徴が、お腹の脂肪を落とすのに特化した成分の葛の花を使っていることです。葛の花は日本や中国、アジアなどに広く生息しているマメ科の植物です。秋の七草の覚え方五七調で「ハギ・キキョウ/クズ・フジバカマ/オミナエシ/ オバナ・ナデシコ/秋の七草」というのに出てきます。

シボヘールの葛の根は昔から乾燥させて漢方薬のようにして使われてきました。シボヘールで脂肪を落とすのに使うのは葛の根ではなく花の方です。シボヘールの葛の花イソフラボンには次のような効果が期待されています。

  1. 脂肪がつきやすい状態をストップさせる
  2. 脂肪の分解を促進させる
  3. 脂肪燃焼を促進させてお腹の脂肪・肉を落とす

1.脂肪がつきやすい状態をストップさせる

3e9c0cc2eee35afd

脂肪がつきやすくなるのは、食べ過ぎて摂取カロリーが消費カロリーが上回ってしまい、エネルギーが完全燃焼されずに蓄積されてしまうからです。これが続いていくと肥満が進んでしまいます。ここで葛の花イソフラボンを摂取すると、脂肪がつきやすい状態を改善することができます。

1b55874508fae379

燃焼しきれずに余ってしまったエネルギーは「肝臓で中性脂肪に合成」されて身体中に体脂肪として蓄積されます。葛の花イソフラボンは、この「肝臓で中性脂肪に合成」されるのを抑える働きがあります。これで脂肪がつきにくい状態に導きます。

2.脂肪の分解を促進させる

Ca4a5ef67ee2e239

1ステップ目で葛の花イソフラボンによって脂肪がつきにくくなると、2ステップ目で体内に溜め込まれた体脂肪を分解し始めます。「身体に蓄積された体脂肪は、そのままではエネルギーとして燃焼できない」ので「いったん分解して脂肪酸にする」必要があります。

葛の花イソフラボンはこの分解する働きをサポートして体脂肪を燃やしやすい状態にします。脂肪が分解されてもそのままではまた元に戻ってしまうので、次のステップで燃焼させるのが痩せるポイントです。

脂肪・脂質・脂肪酸の違い
脂肪 皮下脂肪・内臓脂肪・セルライト
脂質 血液中のコレステロール(エネルギー源)・細胞をつくるリン脂質
脂肪酸 脂質を構成しているもの(脂肪燃焼ではここまで小さくする)

3.脂肪燃焼を促進させてお腹の脂肪・肉を落とす

F0636a6a6b9e01f6

脂肪燃焼の最後のステップです。葛の花イソフラボンは、褐色脂肪細胞という燃焼で重要な役割を果たす脂肪細胞の働きをサポートします。

褐色脂肪細胞とは?

「脂肪を落としたい」と言うことはよくありますが、脂肪は正確には2種類の脂肪細胞に分かれています。1つ目が白色脂肪細胞で2つ目が褐色脂肪細胞です。

  • 白色脂肪細胞(エネルギー貯蔵庫)
  • 褐色脂肪細胞(熱の調整役)

褐色脂肪細胞は身体の中でヒーターのような役割を果たしています。つまり身体を温める作用があります。例えば冷たい水に浸かった時には脳が「体温を上げないと死んでしまう!」と判断して褐色脂肪細胞に熱を生産するように指示を出します。

04d76a17b4eced6c

すると褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞が溜め込んでいたエネルギーを使い、熱を作り出します。こうして無事体温を保てるわけです。褐色脂肪細胞は、心臓・首の周り脇の下・腎臓周り・肩甲骨の間などの限られた場所にしか付いていません。しかも、大人になると40gまで減ってしまいます。

25e412441ea41f8f

なので、脂肪をスムーズに燃やすためには褐色脂肪細胞の働きをサポートする必要があります。葛の花イソフラボンはこの褐色脂肪細胞の働きを活発にさせて、脂肪酸を燃焼させます。

ポイント

葛の花イソフラボンの働き
脂肪の付着をガード→脂肪を脂肪酸に分解促進→脂肪酸の燃焼促進

シボヘールで落ちていく脂肪の順番

437b578981df81e8

シボヘールは、お腹(内臓脂肪や皮下脂肪)やウエスト周りが気になる人に効果が期待できると書かれています。ただし、シボヘールで落ちる脂肪には順番があります。

スポンサーリンク

どうでもいい脂肪から落ちる

身体の中で一番重要度が低いのは中性脂肪です。皮下脂肪もダイエッターにとっては「重要じゃない脂肪」と思うかもしれませんが、身体にとっては皮下脂肪は保温するために必要な脂肪と判断しています。女性の体に皮下脂肪がつきやすいのは、男性に比べて筋肉が少なくて体温が低めだからです。

Dab09868b67b4d0b

そこで、身体は皮下脂肪ではなく中性脂肪や内臓脂肪を優先して落とし始めます。内臓脂肪型肥満の人だと、シボヘールを飲んで「割とすぐにお腹周りが痩せた」と感じる可能性もあります。逆に、皮下脂肪型の肥満の人だと「しばらく飲んでいるのに効かない」と感じるかもしれません。

B1c5ddfadc2f9724

内臓脂肪は内臓の周りについている脂肪で、これが増えていくとあらゆる生活習慣病のリスクを上昇させる怖い脂肪です。これに比べると皮下脂肪は皮膚のすぐ下についている比較的無害な脂肪です。

Eb22c44c7cdf6db1

シボヘールでは内臓脂肪、皮下脂肪となっていますが、正確には中性脂肪(血管の中にまで入り込んでいる脂肪)→グリコーゲン(肝臓にあるエネルギー源)→内臓脂肪→皮下脂肪という順番で使われていきます。皮下脂肪は最終段階なので、落としにくい脂肪というわけですね。

皮下脂肪も徐々に落ちていく

53df47cc731545d5

時間はかかりますが、いずれエネルギーとして使える中性脂肪、グリコーゲン、内臓脂肪、などがなくなれば皮下脂肪も使われるようになります。グリコーゲンは糖質を摂取すると速やかに貯蓄されるエネルギーなので、できるだけ糖質を摂らないようにしながらシボヘールを飲むと効果が高いです。

24e469ccaf6c79a7

ただし、糖質を摂らないと最初のうちは身体がフラフラする可能性があります。今までブドウ糖をたっぷり摂ってきた人ほど「ブドウ糖が足りない」と感じてしまいます。なので糖質制限をする時はいきなり0にするのはやめましょう。夕飯だけご飯を豆腐に変えてみるなど、少し減らしてみるといいです。

C0a2b1b501e5f1ba

「脳の唯一のエネルギー減は糖質だからブドウ糖を摂らないと頭が働かなくなるのでは?」と不安になるかもしれませんね。しかし、それは身についている脂肪が分解される時にできるケトン体という物質がカバーしてくれます。

糖質制限をすると、代謝の途中にケトン体という物質が出てきます。ケトン体はブドウ糖の代わりに脳のエネルギーになることができます。なので、ブドウ糖をあえて摂取してなくても脂肪がついている人は脂肪がブドウ糖の代わりになってくれるので大丈夫です。

Bc1839d681cae40f

むしろ「脳のために」と思ってせっせとブドウ糖を摂っていると、グリコーゲンが貯蓄されていつまで経っても脂肪が使われないままです。グリコーゲンを不足させるためには「ケトン体があるから大丈夫」と割り切ることが大切です。

シボヘールで本当に痩せる?

2b4456354c6f9070

シボヘールの成分の葛の花イソフラボンには、脂肪の合成を防ぎ、脂肪分解サポート、褐色脂肪細胞を活発にして燃焼に導くというステップで脂肪燃焼効率をアップさせます。これだけ聞くとすごく燃えそうなイメージがありますが、あくまで「合成を防ぐ」「分解をサポート」の部分に注意が必要です。

Fbcc2bcf6435dea1

もともと脂肪が合成されやすい生活(食べ過ぎ飲み過ぎ)をしている人や、脂肪が分解されにくい体質の人はシボヘールを飲んでも効果が出ない可能性があります。葛の花イソフラボンでダイエット効果があったというデータはいくつかありますが、一つのデータが自分に当てはまるとは限りません。

シボヘールで効果を出すための飲み方

シボヘールは医薬品ではないので、飲むタイミングは特に決められていません。飲む量は、シボヘールのパッケージの裏に「1日4粒を目安に水かぬるま湯で噛まずに飲むように」と説明されています。

Be762b04d5cf7ced

飲むタイミングにルールはありませんが、口コミでは飲み忘れを防ぐために起床直後と就寝前に4錠、朝晩2錠ずつ飲んでいるという意見が多いです。毎食前と寝る前に1錠ずつ飲んでいるという人もいました。

F23ac2269dd4c79d

血糖値を抑える成分が入っているサプリの場合は、食前に飲まないと効果がない場合があります。しかし、シボヘールは葛の花イソフラボン以外は食事から摂取した脂肪や糖の吸収を抑えるような成分は入っていません。なので食前に飲まなければいけないということはありませんね。

8009c3df41d8b0b3

飲み忘れないようにすれば、好きなように分けて飲んでいいでしょう。面倒ならば1日1回決まった時間にまとめて飲んでもいいでしょう。サプリは続けて飲むことが大切なので、忘れないタイミングでシボヘールを飲めるようにすれば問題ありません。

どれくらいの期間シボヘールを飲めば効果が出る?

7226e7fd2a951847

シボヘールの成分の葛の花由来イソフラボンの臨床実験では、8週間〜12週間の継続で効果が出ることが確認されています。

葛の花イソフラボンの臨床結果
1〜4週間 体準備中。まだ変化を感じにくい
5〜8週間 お腹の脂肪や体重などの数値に変化が出始める
9〜12週間 臨床実験ではお腹の脂肪平均−20平方cm。続けるとより効果的

12週間ということは「約3ヶ月はシボヘールを飲み続けないと効果が出ないかもしれない」ということですね。普通のダイエットサプリも「3ヶ月を目安に飲んでみて」という説明が多いので、シボヘールの3ヶ月も特に長いわけではないでしょう。

D26450c4eb747e06

シボヘールに薬のような即効性を期待していた人には残念かもしれませんが、それほど早く効く場合はすでにサプリの域を超えています。そうなると副作用の心配も出てきます。シボヘールは植物由来成分で副作用のリスクなく脂肪を減らすサポートサプリなので、すぐには効果は出ません。

60d4f1f9b476cc75

まずはシボヘールを3ヶ月続けてみて、どれくらい変化したか記録をつけてみましょう。その際は体重だけではなく体脂肪も測っておくといいです。

シボヘールダイエットは体重よりも体脂肪を気にしよう

シボヘールを飲むなら、体重ではなく体脂肪を気にした方がいいです。確かに体脂肪が減れば体重も落ちますが、むしろ筋肉がプラスされれば重さとしては太る可能性があります。脂肪よりも筋肉は体積が小さくて重いからです。筋肉があると同じ体重でもと引き締まったボディになるのはそのせいです。

191805dbe9a592d5

シボヘールは「体重が気になる方」も対象になっていますが、葛の花イソフラボンの効果は脂肪を落とす効果がメインです。なので、同時に筋トレをして筋肉がついた場合は体重が一時的に増える可能性があります。

筋トレしたら太った?

07f0ca31c5f833a4

「シボヘールだけでは痩せられないと思って筋トレをしたら、逆に体重が増えた」という場合はがっかりするかもしれませんね。しかし、その体重はもしかしたら今まで脂肪だった部分が筋肉に置き換わっているのかもしれません。これは体脂肪計を使って調べれば簡単に判断できます。

48149d3d1ea79d4f

もし以前よりも体脂肪が減って体重が増えていたというのであれば、太ったわけではなく筋肉がついて新陳代謝が良い体になっています。逆に体重が減ったけれども体脂肪が増えた、変わらないという場合に減っているのは筋肉です。落としたいのは脂肪です。

3a7b8d63130bd521

筋肉は身体の中の熱産生工場で、たくさんエネルギーを使ってくれます。筋肉がたくさんついている人は黙っていてもたくさんエネルギーを使う(基礎代謝が高い)ので、痩せやすく太りにくくなります。たとえ筋トレして一時的に体重が増えたとしても、筋肉が増えているならむしろ喜んだ方がいいです。

体脂肪が増えてしまった場合

448eddc8b4d42fd4

食事制限&シボヘールを飲むだけだと、逆に体脂肪が増える可能性があります。食事制限をすると最初は摂取カロリー<消費カロリーになって痩せます。しかし、筋肉も一緒に痩せると基礎代謝が下がります。これをどんどん繰り返していくと、徐々に少ないカロリーでも太る体になっていきます。

316e5849dd170551

食事制限は確かに有効ですが、長い目で見ると効率よく脂肪を燃やせる体にしたいなら筋トレや有酸素運動も取り入れていった方がいいです。

脂肪燃焼効率が高いのは筋トレ→有酸素運動

「脂肪を効率よく燃やせるのは有酸素運動」というのはダイエットの常識でした。しかし、有酸素運動ばかりやっていると筋肉が衰えて新陳代謝が下がり、徐々に痩せにくい体になってしまうということがわかってきました。そこで必要になるのが筋トレを組み合わせることです。

これには効果的な順番があります。筋トレ→有酸素運動です。有酸素運動は20分くらい続けないと脂肪が燃えないと言われていますが、先に筋トレを數十分やってウォーミングアップしておけばこの20分を有効活用することができます。

E4c69a22f44a753b

筋トレで体を動かしてから有酸素運動をすると、ちょうど有酸素運動に切り替えたあたりに脂肪が燃え始めます。しかも最初の段階で筋トレをしているので、筋肉が落ちるのを防ぐこともできます。シボヘールで効果を出すなら、シボヘール+筋トレ→有酸素運動+適度な食事が有効でしょう。

ポイント

効率の良い運動の順番
・筋トレ→有酸素運動

適度な運動&バランスの良い食事+シボヘール

B1a04a9118daccf3

シボヘールのような脂肪燃焼系のダイエットサプリは、飲んだだけで痩せるわけではありません。脂肪が分解されて燃焼されてなくなるまでには、エネルギーの不足が起こる必要があります。たっぷり食べてシボヘールを飲んで寝転がっていたら、痩せるわけがないということです。

D03328cf9c33c02b

公式サイトの説明でも「シボヘールを飲んだだけで痩せる」とはどこにも書かれていません(こんなに自信満々に書くとそもそも誇大広告で訴えられる可能性があります)。シボヘールを飲むだけではなく、バランスの良い食事と適度な運動が必要と書かれています。

それでは普通のダイエットと変わらないという人へ

3c37636cd93b25a9

「シボヘールを飲んでも食事制限や運動が必要なら、シボヘールを飲んだ意味がない」とがっかりする人もいるかもしれませんね。しかし、世の中に飲んだだけで脂肪が燃えるようなサプリはありません。まずは消費カロリー>摂取カロリーのダイエットの公式の条件を満たす必要があります。

0bc9f81920932d1d

あまり運動が得意ではないならせめてシボヘールを飲みながら食事を少し加減して食べる、食事制限は嫌でも運動ができるなら積極的に動くなど、自分なりに調節していきましょう。

E5c5951d5bf0dba9

本当なら運動も食事制限もどちらもシボヘールを飲みながら続けたほうが効果的ですが、一度にやると負担になるのでまずは片方だけでいいのでやってみましょう。

シボヘールで副作用は出ない?

シボヘールは薬ではないので、医薬品のような副作用はないとされています。シボヘールを使った人たちの口コミでも、特に体に不具合が出たという声もありません。ただし、シボヘールには葛の花の成分が入っているので、マメ科のアレルギーがある人は何らかの体調変化が起こるかもしれません。

Efeb831bbfcfbafd

今のところシボヘールを使って副作用が出たなどの不具合はないようですが、食物アレルギーのある人は気をつけておいた方がいいでしょう。シボヘールは基本的に植物由来の成分の安全な素材でできているので、安全性が高いです。そもそも、機能性表示食品は食品の安全性も確認されています。

5d1a0076bce268d3

安全性という点では、シボヘールは何も表示がないダイエットサプリよりも安心して使えるでしょう。ただし、シボヘールは疾患のある人や妊婦、授乳婦、未成年者などは対象にしていませんから、その点は注意しましょう。

シボヘールと他のサプリとの併用

4b7a1c0e51f36735

シボヘールを使っている人の中には、他のダイエットサプリを併用しているという人もいました。色々な成分が混じると薬だと体の中でお互いの効果を打ち消してしまったり、逆に強めすぎてしまうなどの弊害が起こることがあります。サプリと薬でもたまにそういうことが起こります。

0bbfd80fee632bf1

しかし、例えばシボヘールと乳酸菌系のサプリなど基本的に健康食品と表示されているものであれば飲み合わせというほどの健康被害が出るリスクは低いです。シボヘールは単独で安全性が高く、体に大きな変化をもたらすサプリではないからです。

88614cff8cb6c6c8

なのでシボヘールと他のサプリを併用して使ってみるのもいいでしょう。ただし、サプリだけで栄養を補おうとするのはダメです。食事からの栄養摂取をメインにして、シボヘールなどのサプリはあくまでサポートとして使いましょう。

まとめ:シボヘールの口コミ・評価と脂肪への効果効能について

機能性表示食品のシボヘールは葛の花イソフラボンの成分で脂肪を落とすのをサポートしてくれるサプリです。シボヘールの口コミでは痩せたという良い口コミと全く効果が出なかったという悪い口コミの2つに分かれました。効果があった人はウォーキングなど自分で運動も組み合わせています。

65916eac85c102b5

「シボヘールだけで痩せられる」とは思わずに、運動(筋トレ+有酸素運動)も組み合わせて痩せやすい体を作っていった方がいいでしょう。シボヘールのダイエット効果は即効性はありませんが、じっくり取り組めばちゃんとした効果が期待できる可能性があります。

人気記事