Medium 98415e02e8ae62db

断食の回復食・メニューは何がいい?ファスティング後のおすすめ食品を調査

ダイエットでよく使われる断食ですが、断食で一番重要なのは回復食の食品です。断食はダイエットにおすすめですが健康にもいいです。断食で休めた胃腸のダメージを少なくする回復食のメニューは何がいいのでしょうか?断食の後のおすすめの食品や食べ方などを紹介します。

カテゴリー:短期集中ダイエットファスティング  作成者:megane3  投稿日:2017/09/25

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

断食をした後の回復食のメニューやおすすめの食材とは?

C2d3476e6f6658bb

ダイエットは食品を食べない事で、腸を休める事ができる健康法です。断食とも言って、ダイエット法としても使われています。断食の大切な事は回復食を食べる時期に、好き勝手に食品を選んではいけないという事です。

Ec8c09fe7d2a5675

断食は胃腸を休めて体の悪い物を出すための方法です。胃腸は断食中に動いていないので、変なものを食べてしまうとリバウンドなどの原因になってしまいます。回復食は、何を食べればいいのでしょうか?

断食・ファスティングとは?

073f9856b4e245e8

断食というのは体の中にたまった老廃物を、すべて外に出すためにする食事法です。方法として徐々に食事の量を減らしていき、なるべく水だけの状態を維持します。その後に回復食という特別なメニューを取り入れて、体の負担を少なくしつつ正常な食事に戻すことをします。ダイエットとしてする場合も同様に、回復食のメニューに気をつけておかないとリバウンドする場合もあります。

断食の具体的な方法

1215e3d9677fe238

断食の方法はどのようにしているのでしょうか?適当に断食をすると、お腹が痛くなったり体調不良を起こしてしまう事があります。しっかりと方法を覚えておくことで、不安も少なくておすすめです。色々な情報がネット上にはありますが、特に回復食を食べることが重要になります。断食でダイエットする時も正しい回復食の食べ方をしましょう。

食品を準備する

8c6f1149962dcb4a

断食を始める前に準備をしておくと、失敗する事はありません。断食中は、なにも食べないので、その日の判断力が鈍ってしまいます。食品だけ準備するのではなく、メニューとしてすべて作って保存しておきましょう。無駄がなくなるのでおすすめです。回復食のメニューを考える時に失敗しない食品は、発酵食品と食物繊維になります。

置き換えつつ断食期間に入る

089a936d2755a544

断食期間にも種類があります。よくある断食の種類は、「3日断食」と「7日断食」です。しかし、3日以上の断食は続けることが難しく、回復食も難易度が高くておすすめできません。ダイエットでする断食は、3日が気軽に行えておすすめなので、初めての人は特に3日から始めましょう。断食中に運動をしても可能ですが、激しい運動は控えましょう。この時期は回復食は食べません。

断食後に回復食で戻していく(重要)

F4ed6ac73ae2540f

断食期間が過ぎると回復食を取り入れつつ、ゆっくり普段の食事に戻していき、この戻すことがすごく大切です。胃腸の消化機能を休めていたので、いきなり消化の悪い物や、脂肪となってしまう食品を摂ってしまうと、ダイエットとしても健康としてもあまりよくありません。とくにリバウンドしやすい時期なので、気をつけて回復食の食品選びをしましょう。

断食・ファスティングのポイント

F8efc072bee07797

断食やファスティングをする際に、気をつける事や覚えておくことは何でしょうか?重要なポイントは回復食になります。回復食のポイントを覚えておくと失敗する事はなく、覚えやすくておすすめです。疲れもとれて、ダイエットもできる断食やファスティングの、気をつけるべきポイントをまとめてみました。特に回復食の時期とメニューが、重要なので覚えておきましょう。

断食期間と回復食の期間は同じ

153e51f3ca99b359

断食をするには、回復食の摂り方がしっかりしていないと、失敗すると書いてきましたが、回復食には法則があります。断食した日と同じ日数と同じ日数だけ、回復食を食べるようにしましょう。例えば3日断食するなら、回復食を食べる日は3日です。7日間断食をするなら7日かけて回復食を食べるようにします。これを守ることで、体を壊すことはなくなります。

リバウンドしないようにする

1e4a5f8555695059

断食をしてダイエットをしている人は、リバウンドしやすい体質になっています。特に回復食を食べている時期は、体に栄養がない状態ですので、体の吸収率が高いでしょう。気をつけて選ぶことで、リバウンドする事はありませんが、せっかく断食して太ってしまったら意味がありません。先ほど書いたように、予め準備してから断食に挑みましょう。

ポイント

・断食期間と回復食の期間は同じ
・リバウンドには注意!

断食・ファスティングのおすすめの食品

02756038f196fb2c

断食に必要な食品は、特徴があることをご存知ですか?その特徴を知っていると、回復食を選ぶ時に迷う事はありません。断食をするときの重要な事が、回復食の選び方です。なにを選ぶのかというと以下の食品を選ぶことでリバウンドしたり、体調不良になる事はありません。断食の回復食は、内臓の負担が少ない食品が選ぶことが大切です。

  • 消化に良い食品である事
  • 日本人の体に合った食品である事
  • 腸の働きをよくしてくれる食品

上の特徴を要約するとマクロビオティックの食品に近いです。具体的に書くと【ま・ご・わ・や・さ・し・い】に当てはまる食品になります。しかし【さ】は「魚」になるので、消化に悪いので避けてください。断食の回復食は、内臓の負担にならない食品を選ぶことが重要になります。マクロビオティックの食品は、ちょうどこれに当てはまるので参考にしましょう。

豆類

8b8922f93cc9b156

豆類が何故おすすめなのかというと、体に必要なたんぱく質を肉以外から摂れる唯一の食品だからです。豆を加工すると豆腐としても食べることができる為、回復食としてかなり適しています。またイソフラボンが含まれている為、女性ホルモンの関係で美肌効果も期待でき、ホルモンバランスを整えることでダイエットにもおすすめです。回復食に最適な食品の特徴をしている筆頭の食品になります。

穀物

主食として食べられる食品の穀物ですが、白く精製された穀物は控えましょう。それはダイエットの天敵とされる糖質が含まれているからです。糖質は、摂りすぎると、糖化という現象が起こり、ダイエットに失敗する確率を上げてしまいます。

B0ee0c96eeeb4821

つまり回復食として食べると吸収率が上がってダイエットが失敗しています。回復食で使うときは、おかゆとして使うことが多いでしょうが、玄米を混ぜるなど工夫しましょう。

野菜

野菜は断食で重要な栄養である、食物繊維を摂ることができます。回復食で使う場合は、生野菜を食べることは控えましょう。胃腸に負担がかかる場合があります。野菜を食べる場合は、鍋でゆでる事で柔らかくする「温野菜」がおすすめです。3日目以降の回復食としてる使う場合は、スープに入れると自然と柔らかくなります。

発酵食品

発酵食品も断食やファスティングで重要になる食品です。発酵されていることから、酵素がたっぷりと含まれています。その上、消化に良い食品が多いので失敗する事はないでしょう。豆で作られた発酵食品である納豆はおすすめで、納豆菌が生きたまま腸に届くと言われています。回復食として使っても腸内環境を整えてくれるので取り入れてみましょう。

きのこ類

スポンサーリンク

見た目はあまり栄湯が含まれていないイメージのきのこ類ですが、そんなことはありません。そんなキノコの中で「きくらげ」がおすすめで、ビタミンDが多く含まれています。きのこのイメージはないかもしれませんが、きのこの仲間です。きのこっぽくない食感なので、苦手な人でも食べられるので、活用してみましょう。もちろん他のきのこも食物繊維が含まれているので、回復食としておすすめです。

海藻類

海藻類は先ほど紹介した食品の中で、唯一の海の食品です。この海藻類も栄養価が高く、消化に負担がかからないので、断食の回復食にちょうどいい食品です。発酵食品である味噌汁に海藻類を入れるだけでおいしくいただけます。特にわかめやひじき、昆布にのりなどは、断食の回復食に合うのでおすすめです。食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えてくれるでしょう。

ポイント

【ま・ご・わ・や・さ・し・い】を参考に!

断食の回復食に合わない食品

A725757d19406c7c

断食の回復食を食べる時に注意しないといけない食品を紹介します。普段より食品を吸収してしまう断食は、食べてはいけない物を摂ってしまうと、せっかくデトックスできても悪い物を体に吸収してしまいます。特に回復食に取り入れてしまうと厄介です。今から紹介する食品は、特に断食の回復食と相性が悪い食品なので、なるべく摂らないようにしましょう。

添加物を避ける

断食を始めて3日目以降ほどで胃腸の中がからっぽになり、体に貯蔵しているエネルギーを使いだします。そういう状態を作るのが断食ですが、極限状態になった後に回復食を食べると、吸収率が高くなりがちです。そんな状態で回復食に添加物の入った食品を選ぶと、添加物が体に吸収されて休んでいた臓器の負担がかかってしまいます。なるべく断食の回復食には、添加物の少ない食品を選びましょう。

外食は控える

わざわざ断食中に外食する人は少ないかもしれませんが、断食中に外食のお誘いがある時は、なるべくお断りしましょう。それは、外食の食品は何が入っているかわからないからです。自宅で食事する時は自分で調理できますが、外食はコントロールできません。とくに味が濃く作られていることから、断食の回復食を食べる時期に、外食に出かけるとリバウンドの原因にもなるのでやめておきましょう。

小麦は念のためやめておく

小麦は、日本人の体には合わないとよく耳にします。それは、小麦を消化する酵素が少ないなど理由は様々です。とくに断食の回復食を食べる時期に小麦を摂ると、人によっては危険なこともあります。

F1760908395f3b8a

何故ならそれは、グルテン過敏症の可能性があるからです。グルテン過敏症とは、アレルギーの症状がすぐに出ないで胃腸で起こる事です。回復食の時は体が吸収しやすい状態なので、念のため控えておいた方が無難でしょう。

断食・ファスティングの回復食のメニュー

751d0a60a5fbfcf5

断食の特徴や注意事項を紹介しましたが、具体的にどのような回復食のメニューがいいかわからない人も多いでしょう。先ほどの注意事項を考えたうえで作りました。

5ae81ce38d3d4538

あくまで参考程度に作ったメニューなので、この通りする必要はありませんが、回復食の開始2日目までは胃腸の負担が大きい時期です。なるべくこのメニューにすることをおすすめします。回復食の開始3日目以降はアレンジを加える事も可能です。

1日目の朝:重湯(おかゆより緩く)

断食が終わって回復食の開始初日です。この時が1番お腹が空いて早くおかゆを食べたいという気持ちが強いかもしれません。ですが回復食の開始初日の朝は、まだ胃腸をいたわる事を優先した方がいいです。なので、おかゆよりも緩い状態の「重湯」にしておきましょう。赤ちゃんの離乳食の考えと同じで、少しずつ慣らすことが重要です。回復食の開始初日は1番内臓の事をいたわりましょう。

1日目の昼・夜:おかゆと味噌汁(具無し)

先ほどよりも胃腸の動きがマシになっています。そのため重湯からおかゆに変えても大丈夫でしょう。その上、味噌汁をつけても体の負担は少ないのですが、調子に乗っていつもと同じように作ってはいけません。まだ回復食の開始初日なので、味付けを薄味にしてください。固形物を体に入れることもできないので、味噌汁に具を入れるのもやめておきましょう。

2日目の朝:おかゆと味噌汁(具入り)

回復食の開始2日目になると、固形物を取り入れるようにします。固形物を入れていいのは、味噌汁のみです。今まで通り好みの具を入れるわけでなく、大根や玉ねぎ豆腐など良く煮込んで柔らかくした状態で食べましょう。最初から小さく刻んでいると、間違いなく失敗は少なくなるのでおすすめです。まだまだ回復食の開始2日目なので、食べるときもよく噛んで飲む込みましょう。

2日目の昼:おかゆと味噌汁(具入り)と温野菜

まだ回復食の開始2日目なので、柔らかくした固形物に慣れましょう。先ほどと同じメニューに、柔らかくした温野菜を食べる事が可能です。少しずつ固形物を増やして行くことで、胃腸が慣れていきます。味付けも物足りないでしょうから、塩味が少ない塩麹なども取り入れるといいかもしれません。まだ回復食の開始2日目なので、マヨネーズのような濃い調味料は使わないでください。

2日目の夜:おかゆと味噌汁(具入り)と野菜シチュー

回復食の開始2日目の夜なので、ここまで我慢すると何を食べてもおいしく感じます。あまりのおいしさにたくさん食べないようにしてください。この時期になったら、ごはんを食べてもいいのですが、野菜のシチューを追加したので、おかゆのままです。シチューの野菜もなるべく噛むようにしましょう。もしごはんを食べる時は、念のため回復食の開始2日目なので、量を半分にしてください。

3日目の朝:ごはんと野菜の煮物と野菜スープ

この日から普通にご飯を食べることができますが、まだごはんの量も半分です。主食をごはんにしたことで、野菜は煮物にして柔らかい状態で食べましょう。野菜スープも一緒に食べることで、体を温めます。お腹が空くときは、野菜スープの具を増やして食べましょう。久しぶりにお腹が満たされて、今までの我慢が報われます。断食をしている実感が少なくなる時期なので気を抜かないようにしましょう。

3日目の昼:しっかり煮込んだうどんとサラダ

断食開始から時間が経っているので、内臓の調子は良くなっています。ご飯からうどんに変えてみるといいでしょう。グルテン過敏症の事を書きましたが、この時点では気にすることもありません。あまり気になる人は、ご飯を食べてもいいですが、おかずは野菜にしておくことをおすすめします。まだ肉や魚などは負担が大きいので、控えておくことをおすすめします。

3日目の夜:ご飯と和風ポトフと水炊き

最後の断食の回復食になります。この時には、肉や魚を食べなければ大丈夫ですが、この時点であまり量を食べられない人が多くいるでしょう。次の日から通常のメニューにしてもいいのですが、体質が変わっていることに、感動してください。ダイエットしたければ、量を減らすことが大切です。定期的に断食を続けていけば、少しずつ食べられる量が減っていくでしょう。

断食をした後の回復食のメニューや食材まとめ

3fde0de843c728b5

断食後の回復食のメニューは、胃腸などの内臓をいたわる食品を選ぶ事が大切になります。メニューを考えるときも、1日目は重湯からおかゆだけにして、2日目から具が無い味噌汁とおかゆにして、3日目からは麺類を取り入れても可能です。3日断食の紹介をメインにしましたが、7日断食をする場合は回復食の期間は7日間にしましょう。断食の回復食のコツは少しずつ食品を増やしていく事が重要です。

人気記事