Medium baad96cb47205e7d

スクワットはふくらはぎにも効く?足痩せ・引き締め効果のある正しいやり方

ダイエットのためにスクワットを取り入れていますか?スクワットというのは体全体のダイエット効果はもちろん、やり方次第でふくらはぎをはじめとする足痩せにも効果があるのです。ここではふくらはぎの引き締めや足痩せに効果的なスクワットの正しいやり方をご紹介していきます。

カテゴリー:運動スクワット  作成者:ha1103823  投稿日:2017/10/02

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

モデルのような美脚を手に入れたい!

テレビや雑誌で活躍するモデルは、その美しい脚とファッションでとても輝いて見えます。ですがモデルだからお金をかけて、エステやマッサージで細くてきれいな脚が手に入っていると思われてしまいがちです。

しかし実はモデルの綺麗な足は、小さな努力の積み重ねで維持されており、私たちも努力をすれば細くて美しい脚が手に入れられます。もちろんモデルは綺麗な脚が商売道具なのでお金をかけて手入れをしていますが、多くは自身の努力で手に入れた綺麗な脚です。モデルのような脚を手に入れたいという方は、是非様々な方法で脚痩せを目指してみましょう。

足痩せにおすすめしたいのは間違いなくスクワット!

足やせしたいという女性はたくさんいると思います。特に太ももやふくらはぎなどピンポイントでダイエット効果を期待したいという方が多いです。そんな方におすすめしたいのは間違いなくスクワット!スクワットというと筋トレのイメージがあると思いますが、実は足痩せに対して特に効果的な方法として注目を集めているのです。

スクワットは効果的に筋肉を付けることが出来、皮下脂肪のつきやすい太ももやふくらはぎの引き締め効果があります。足が綺麗なモデルのほとんどは、しっかりとスクワットで太ももやふくらはぎを鍛えながら美脚を手に入れている方が多いです。手っ取り早く足痩せ効果を得るのにもやはりスクワットが一番効果的といえるでしょう。

気になる部分ごとにスクワット方法を変えると◎

ほとんどの女性はダイエットをしていたり、ダイエットをしていなくても細くなりたいと思う部分があります。特に脚のふくらはぎや太ももは、女性の悩みに一番多い場所です。ではその女性の悩みの原因に一番多いふくらはぎや太ももは、どのようにダイエットすればよいのでしょうか?

ダイエット効果をより得たいのであれば、ふくらはぎや太ももなど部分別でトレーニングするのがおすすめです。トレーニングというと難しそうに聞こえますが、ただふくらはぎや太ももごとに効果的なスクワットをするだけでいいのです。ではここからは気になる部分ごとのスクワット方法をご紹介していきます。

太ももに効果的なスクワット方法

まずは太もも痩せに効果的なスクワットの方法をご紹介いたします。太ももというのは体内で特に大きなハムストリングスという筋肉や、体を動かすのに必要な筋肉がたくさんあります。ですので、もちろん太ももの引き締めには効果抜群なのですが、その筋肉を鍛えるだけで代謝が上がり、太ももの引き締め以外にも体全体にダイエット効果をもたらしてくれるのです。

その効果的なスクワット方法とは、まずは大きく深呼吸をし背筋を伸ばします。続いて足を肩幅よりも足半分程度大きく広げ胸の前で肘を組みます。目線を前に向け鼻で息を吸いながら腰を落としていきます。この時膝はつま先よりも前に出ないように、かかとが浮かないように、猫背にならないように気を付けながら、太ももと床が平行になる程度まで腰を下ろします。

そして最後にゆっくり息をはきながら膝を伸ばして完了です。スクワット1回に対し10秒以上の時間をかけるととても効果的であり、初めは5回1セットを2回程度行うのが良いでしょう。

ふくらはぎに効果的なスクワット方法

スクワットといえば太ももを鍛える筋トレ方法に感じますが、実はやり方次第でふくらはぎを鍛えることもできるのです。ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれており、体内に血液を送り出すポンプのような役割もしています。ふくらはぎを鍛えることにより冷え性の予防や体の不調も軽減することが出来るのです。

ふくらはぎを鍛えるスクワットのやり方は、まず大きく深呼吸をし背筋を伸ばします。次に足を肩幅よりも足半分程度大きく広げ胸の前で肘を組みます。目線を前に向け鼻で息を吸いながら腰を落としていきます。この時膝はつま先よりも前に出ないように、かかとが浮かないように、猫背にならないように気を付けながら、太ももと床が平行になる程度まで腰を下ろします。

ここまでは普通のスクワットと変わりないのですが、この後ふくらはぎに意識し真上にジャンプしゆっくり腰を上げていきます。これを5回1セットを2回することで十分ふくらはぎが鍛えられていくでしょう。このスクワットはひざにも負担がかかります。無理をしないようにしましょう。

スポンサーリンク

スクワットの効果を更に高めるには?

スクワットは特に足痩せに効果的と言われていますが、部分的に効果の高いものを行うとより足痩せに効くと言われています。しかし実はスクワットに合わせるとさらに足痩せ効果を高める方法がいくつかあり、それを実践することにより、より足痩せ効果が期待できるといわれているのです。

今まで様々な足痩せダイエット法を試してダメだったという方も、スクワットをしてもなかなか足痩せしてくれない!という方にもおすすめの方法です。是非スクワットと一緒に取り入れてみましょう。ではここからは、スクワットにプラスして行うとより足痩せ効果を高めることが出来る方法をご紹介していきます。

足痩せに良いスクワットのタイミング

スクワットの効果を上げるのには、スクワットを行うタイミングが重要です。そのタイミングとはズバリ食前です。ですので、朝起きてでもよいですしお昼休憩中でも、帰宅してご飯が炊ける前にでも構いません。食前のスクワットはエネルギーを体内の余分な脂肪から使ってくれ、食事後のエネルギーも筋肉の疲労回復として使われるようになるのでより痩せやすい体になります。

スクワットに合わせてやりたい脚痩せマッサージ

太ももやふくらはぎが太くなる理由として、余計な老廃物が溜まり太くなってしまっているということがあります。太ももやふくらはぎの老廃物を取り除くにはやはりリンパマッサージが効果的です。スクワットを始める前に、足首やひざの裏、脚の付け根などをほぐして老廃物が流れやすい体にしておくと良いでしょう。

足痩せのためのスクワットで気を付けたい注意点

足痩せを目指すためのスクワットには効果的に脚痩せできるというメリットはありますが、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。そのポイントを守るからこそ足痩せに効きますし、より速く効果が期待できるのです。

とにかく効果的に早く足痩せをしたいという方は注意点に気を付けスクワットをすると良いでしょう。また、注意点を守ることによって、トレーニング中の怪我や、変なところに筋肉がついてしまって逆に太く見えるということがなくなります。美脚になりたいならスクワット中の注意点を学んでおきましょう。

正しい姿勢を守る

スクワットというのは正しい姿勢で行うというのが基本です。正しい姿勢でスクワットが出来ないと、変な筋肉が鍛えられ逆に太って見えてしまったり、ひざや足首の怪我の原因になってしまうこともあります。そうならない為には正しい姿勢がとても重要です。初めのうちは鏡の前で行うなど、フォームを確認しながらスクワットをするとよいでしょう。

やりすぎ注意

スクワットは数多くこなせば足が引き締まるというわけではありません。ある程度の数を毎日続けることが重要なのです。毎日続けられる回数を設定し、スクワットを続けていきましょう。

正しいスクワットでふくらはぎや太ももを引き締めよう!

女性の悩みの種である、なかなか痩せない太ももやふくらはぎは、筋トレのようなスクワットで引き締めることが出来ます。そしてスクワットの効果をより出していきたいのであれば、痩せたい部分ごとのスクワットを行いつつタイミングよくトレーニングしたり、トレーニング後にケアを怠らないなどの努力も必要です。

なかなか足痩せしないという方も正しくスクワットを行えば、ピンポイントで太ももやふくらはぎを引き締めることが出来ます。足痩せに本気で悩んでいる方は是非一度挑戦してみると良いでしょう。

ふくらはぎの引き締めや足痩せに良いスクワットのやり方まとめ

スクワットは筋肉のトレーニングとして知られていますが、実は足痩せにとても効果的な運動だったのです。また、スクワットをするだけで足痩せはもちろん、代謝が上がるので全身のシェイプアップにつながります。今まで足痩せになかなか効果があらわれなかった方は、是非スクワットをして足痩せ効果を実感してみてはいかがでしょうか?

スリムビューティーハウス

バナー原稿imp

骨盤Beautyでサイズダウン!お得なコースを体験したい方へ

人気記事