Medium a50c5f7996af999c

スクワットの平均値はどれくらい?男女・筋トレレベル別に重量を紹介

スクワットをすると全身をダイエットする事ができます。筋トレのようにスクワットをすることで、代謝が上がり、効率よく痩せられるので一石二鳥の運動です。スクワットの重量の平均値を知ると、自分がどれくらいのレベルなのかわかるので、男女とも平均を紹介しましょう。

カテゴリー:運動スクワット  作成者:megane3  投稿日:2017/09/28

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

スクワットの重量平均値を知って筋トレに励もう

A8f410f50c24108a

スクワットをすることで、ダイエット効果が上がると言われています。それは、筋トレをしているからで、筋肉が付いてくると基礎代謝が上がって脂肪燃焼効果が期待できるからです。筋トレとは、筋肉に負荷をかける事で付いてくるものですが、スクワットをしている人の平均値は気になりませんか?男女別でそのレベルを紹介していきます。

スクワットはどのような効果を期待できるか?

そもそもスクワットをすると、どのようなダイエット効果は期待できるでしょうか?筋トレの一種なので、筋肉は付くことで代謝が上がり、脂肪燃焼効果が規定できます。筋肉が付きだすと代謝が上がっているので、自然に全身がダイエットしやすい体質に変わるでしょう。ダイエットしている人なら、頑張ってスクワットをするでしょうが、その平均を知ることでやる気を上げることができます。

重量で負荷をかけるスクワットの種類

F2fbfc168524a5b2

スクワットの平均値を知りたい皆さんは、重量の重い機器を使ってスクワットをしようと思っているでしょう。その機器を使うスクワットには、いくつか種類があります。それぞれ特徴がありますので、自分に合ったスクワットの方法でダイエットしましょう。普通のスクワットに機器を加えた筋トレですので、簡単にできておすすめです。

バーベルスクワット

基本的な普通のスクワットにバーベルを加えたスクワットです。腰や体幹の周辺を鍛えるので、下半身以外の効果も期待できます。バーベルスクワットをするコツは、背中を丸めずにスクワットをすることで、姿勢を意識しましょう。機器を使ってする筋トレなので、腰に負荷がかかってしまいます。また、平均よりも回数を多くスクワットをしてしまうと、ケガのリスクが上がるので注意が必要です。

ダンベルスクワット

ダンベルは腕を鍛える器具と思われがちですが、スクワットをするときにも使われます。正しいフォームでスクワットをすると、全身の筋肉を平均的に使えるので、ダイエットとして最適のスクワットの1つです。こちらのスクワットも背中が曲がらないように、まっすぐな姿勢でスクワットをしましょう。バーベルより平均的に見てケガが少ないのが、ダンベルの特徴です。

体重別男性のスクワットの重量の平均値は?

047c953c7a081278

では、機器を使った重量の平均値はどのようになっているのでしょうか?最初は男性の平均値を見てみる事にします。自分がどのレベルで重量を上げているか知る事で、モチベーションが上がってくるので、筋トレの意識が変わってきます。無理のない範囲で重量を徐々に上げていくと、ダイエットの質も上がっていきます。そのためには、平均値を知る事が重要です。

体重60キロの平均

  • 未経験 47kg
  • 初心者 68kg
  • 中級者 95kg
  • 上級者 126kg

体重が60キロの人の重量の平均は、まったく重量上げをしていない未経験者の場合だと、47キロが平均値です。少し経験するだけで、先ほどの平均値よりも20キロも増えます。スクワットをやっている人とやっていない人の差が、ここまで差が出るので、迷っている人はとりあえずスクワットをやってみる事がおすすめです。

体重70キロの平均

  • 未経験 59kg
  • 初心者 83kg
  • 中級者 112kg
  • 上級者 145kg

体重が増えてくると、重量を上げられる平均値も上がってきます。それほど筋肉が付きやすい体質なので、スクワットをすることで、体重も減りやすいと思いましょう。筋肉量が多ければ多いほど、代謝量も増えるからです。先ほどの60キロの人に比べて、少しやるだけで平均値が20キロくらいの差が、25キロほどの差になっています。体重が重い人の方が重い物を持ちあげられる証拠です。

体重80キロの平均

  • 未経験 71kg
  • 初心者 97kg
  • 中級者 128kg
  • 上級者 164kg

先ほどの70キロの人に比べて、平均値がかなり増えています。未経験から初心者の差も少し上がっています。重量が上がるという事は、筋肉量も多いという事なので、体重が重い人の方が代謝量も増えて、ダイエットしやすい体質になります。男性はホルモンの関係で、平均的に筋肉がつきやすいので、スクワットのような筋トレは向いています。諦めずに頑張りましょう。

体重別女性のスクワットの重量の平均値は?

46665b2dcd83c6f1

女性は、ダイエットに関して頑張る人が多いのですが、スクワットの平均に違いはあるのでしょうか?男性はホルモンの関係で筋肉が付きやすいのですが、女性はスクワットで重量を上げていくことができるのか見てみましょう。未経験者と初心者の平均値の差を見てみると、筋肉量の差が分かります。それぞれ紹介していきます。

スポンサーリンク

体重50キロの平均

  • 未経験 22kg
  • 初心者 38kg
  • 中級者 59kg
  • 上級者 85kg

やはり男性の方が差が大きいですが、それほどの大きい差はありません。ですが、重量を持ち上げる全体の平均は男性に劣るようです。初心者が慣れてくると、大幅に重量を上げられるようになるので、50キロの女性は始めて結果が出るのに時間がかかるかもしれません。ですが元の体重が軽いので、早く目標に達成できます。

体重60キロの平均

  • 未経験 27kg
  • 初心者 44kg
  • 中級者 67kg
  • 上級者 95kg

しかし、女性でも重くてもスクワットできるのだなと思った人が多いでしょう。男性と比べると少ないように見えますが、数値的に見たら意外です。実際にやってみると、意外にこれくらいは持てます。平均値でこれくらいなので、もしかすると、この数値以上にスクワットできるかもしれません。重量が重いと、ダイエットしやすいので女性でも諦めずにスクワットをして筋肉をつけましょう。

体重70キロの平均

  • 未経験 32kg
  • 初心者 50kg
  • 中級者 74kg
  • 上級者 103kg

70キロの女性になると、未経験から少しスクワットをすると平均値を見ても、ちょっとした男性と同じくらいの成長率になります。60キロの男性なら、未経験から初心者になるくらいで、21キロほどの成長ですから、代謝量は同じと思っていいかもしれません。代謝量を増やすと自然に、ダイエットしやすい体質に変わるので、スクワットをして筋トレしましょう。

バーベルスクワットの種類

2820befe738f8084

スクワットの平均値を確認したら、自分に合ったバーベルスクワットを確認してみましょう。バーベルスクワットの中でも種類があります。全身にダイエット効果が期待できるスクワットですが、スクワットの仕方で、平均的に痩せるのが、スクワットの良い所です。バーベルスクワットは、特に持ち方を変えるだけでその箇所を変えることができます。

バーベルバックスクワット

バーベルバックスクワットとは、バーベルを首の後ろあたりに持ってきて、スクワットをする事です。正確に言うと、首の付け根にバーベルを乗せて両足を肩幅にひらいて、バーベルを持ち上げてスクワットをします。バーベルバックスクワットは、10回を3セットするのが平均的な回数で、1度に10回以上するのは、負担が大きいので、はじめのうちはやめておきましょう。

バーベルフロントスクワット

先ほどの、バーベルバックスクワットは大腿四頭筋を平均的に鍛えますが、フロントスクワットは、背中の筋肉を鍛える事ができます。難易度が高いスクワットなので、あまり無理をせずにスクワットをしましょう。手首と鎖骨のあたりにバーベルを持ってきてスクワットをします。こちらもバックスクワットと同じように、平均10回くらいでやめておきましょう。

ダンベルスクワットの種類

Ec2ddccccde53c0a

先ほどは、バーベルを取り入れたスクワットですが、ダンベルを使ったスクワットで、種類があります。バーベルと何が違うのかというと、バーバルほどの重い重量がないので、平均よりも負荷がかかりにくいですが、安全にスクワットをするなら、ダンベルのほうが向いています。初心者の方やこれからスクワットをするならダンベルを使いましょう。

ポイント

初心者はダンベルスクワットからスタートしよう

ダンベルフロントスクワット

ダンベルフロントスクワットとは、ダンベルを担ぐように持ち上げてスクワットをする方法です。持ち上げるのである程度注意が必要ですが、初心者の人はダンベルフロントスクワットをしましょう。姿勢をまっすぐにしてスクワットをする事で、腰に負担がかかりません。下半身の筋肉よりも大体四頭筋が平均的に鍛えられます。

ダンベルワイドスクワット

先ほどのスクワットは上に持ち上げましたが、ダンベルワイドスクワットは、下にぶら下げた状態でスクワットをします。ダンベルを二つ使うわけでなく、1つを両手で持ってのスクワットです。こちらは、下半身がメインに鍛えられるスクワットなので、使い分けましょう。腰に負担をかけたくない人には、ワイドスクワットをしてみるといいでしょう。

スクワットの種類と男女別平均値まとめ

D98076c0cfae7255

スクワットの平均値は、男女によって違いましたが、どちらも言える事は、未経験の時点からスクワットをすると、しばらくしたら、意外に思い重量でスクワットできるようになっています。平均値で差が出て、人によれば、すぐに重量を増やせられて、ダイエット効果はかなり期待できるのではないでしょうか?

人気記事