Medium ce35094334ab0380

スクワットとランジの違いはなに?それぞれの効果とやり方を徹底比較

ダイエットにいいと言われている運動である、スクワットは聞いたことがありますが、ランジというエクササイズは、聞いた事はありますか?それぞれ特徴が少し違いがあるので、効果も差があるようです。スクワットとランジのやり方や効果の違いを比較してみました。

カテゴリー:運動スクワット  作成者:megane3  投稿日:2017/09/29

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

スクワットとランジのやり方や効果の違いとは?

9436cc88bce85d29

ダイエットに有効なスクワットとランジですが、具体的なやり方や効果が、分からない人は多いでしょう。スクワットやランジは、それぞれ特徴が違います。ダイエットをするなら、どこを引き締めたいか、どれくらい継続してできるかなど、人によって使い分ける事が必要です。スクワットとランジには、どのようなやり方や効果があるのでしょうか?比較してみました。

スクワットとは?

B3476e7ed5b30e82

スクワットは、誰もが聞いたことがあり、誰もが経験がある有名な筋トレ法です。場所をとらずにできる筋トレ法なので、ジムに行かなくても、ダイエットができて気軽にできます。そのスクワットは、内ももなどの下半身を鍛えることが、得意な筋トレ法ですが、正しいやり方ができていれば、全身のダイエットに有効です。なるべく背筋を伸ばしてその姿勢を維持できることで、脂肪を燃焼してくれるでしょう。

ランジとは?

ランジというのは、あまり耳にしない方法ですが、スクワットに並んで気軽に誰でもできる筋トレ法です。何が違うのかというと、やり方の違いがあるため、筋肉の付き方が変わります。基本的にスクワットと同様にランジも下半身を鍛えるやり方ですが、こちらも姿勢を正しくさせる事で、下半身以外の脂肪の燃焼効果が期待できるので、スクワットやランジをする時は、背筋を伸ばして実践しましょう。

スクワットの効果的なやり方

293f8068f5406650

ランジとの比較のために、スクワットのやり方を紹介します。スクワットは誰でも知っている有名な筋トレ法なので、知っているよと思っていても、正しいやり方ができていません。正しいやり方ができていないと、無駄な所に筋肉が付いたりして、逆に太ってしまう原因になってしまうので、しっかりスクワットの正しいやり方を覚えましょう。

両足を肩幅に開く

スクワットとランジのやり方で、1番の違いがあるとすればこの段階です。スクワットは、横に足を広げる事で、普段使わない内ももを鍛えられるでしょう。内ももは意外にも、体の中で一番大きい筋肉になので、スクワットする事で、体全身に影響を与えます。スクワットはそれほど重要な筋トレです。肩幅に開くことで、その効果が発揮されるので、手を抜かないようにしましょう。

膝を曲げながら腰をおとす

スクワットとランジの差は、足を開くことにありますが、スクワットの難しい事は足を曲げる屈伸時になります。屈伸するだけなら難しくありませんが、姿勢を正した状態でスクワットしましょう。腰を痛めないようにするためと、正しい位置に筋肉をつけるためです。スクワットでダイエットができると書いたのは、全身の筋肉を使うからです。足を内側に入れずに、背筋を伸ばしてスクワットしましょう。

上半身を曲げないように元に戻す

先ほど書きましたが、上半身を曲げないようにスクワットする事で、全身の筋肉が使えるようになります。これは、普段使っていない筋肉を使うためです。背筋を伸ばすことで、背筋や腹筋を使って、その上スクワットですから、太ももの筋肉も同時に使っています。その好循環が代謝を上げていく原因になり、ダイエットできるようになるわけです。

ポイント

スクワットは足を横に広げて屈伸運動

ランジの効果的なやり方

A557798a3efb7605

スクワットと似ているランジですが、スクワットと何が違うのでしょうか?スクワットは、肩幅に足を広げることで、普段使わない太ももの筋肉をメインに鍛えますが、ランジは同じ下半身を鍛える筋トレですが、やり方が少し違うようです。ランジのやり方も、注意すべき点は同じなので、姿勢をしっかり正してランジをしましょう。具体的な方法を紹介するので、しっかり覚えておいて下さい。

両足を前後に広げる

スクワットの時は、横に足を開いていましたが、ランジをする時は足を前後にしましょう。前後に足を配置する事で、スクワットと違い股関節を中心の筋肉を鍛える事ができます。膝を軽く曲げた状態で、上半身を曲げずにまっすぐにしておきます。これが最初の状態になり、上半身をキープできるかが大切です。上半身をキープできていれば、ランジは腹筋や背筋も鍛える事ができます。

上体を起こしたまま腰をおとす

スポンサーリンク

先ほど紹介したように、上半身を起こした状態で腰を落としましょう。これをキープできるかどうかで、全身の代謝を上げられるかが変わってきます。意外に上半身を伸ばしたまま、ランジの動きをすることは難しいでしょう。それは、スクワットに比べて、ランジの方がバランスを取るのが難しいからです。バランスをとりながら上下運動するランジは、回数を重ねるにつれ難しくなります。

その状態をキープして元に戻す

ですが、ランジのいい点はそれほど効果が期待できるという事です。背筋を伸ばした状態で、ランジをするという事は、全身の体勢を鍛えています。見た目は簡単そうに見えて、筋トレができているのは、このスクワットとランジくらいでしょう。ランジも屈伸運動ですので、膝への負担が大きく、そこは注意した方がいいでしょう。

ポイント

ランジは足を前後に広げて屈伸運動

スクワットとランジの違いを比較

37e487d73bf1b9d7

スクワットとランジの具体的なやり方を紹介しましたが、違いを少しは把握できたでしょう。さほど大きい違いは無かったでしょうが、効果は回数を重ねると、比較的大きい差が出てきそうです。それは筋肉を鍛えている場所が違うからです。下半身という大きい括りだと、あまり変化が無さそうですが、どれくらいの差が出てくるのか紹介します。

スクワットとランジのやり方の比較

F1c9d14703941433

スクワットとランジは、やり方が違います。先ほど具体的に紹介しましたが、スクワットは肩幅に横に足を広げて、屈伸運動します。ですが、ランジの場合は、足を前後に広げての屈伸運動です。これだけの違いで、比較的変化はないだろうと思いがちですが、回数を重ねると使われている筋肉に違いがあるのがわかります。

スクワットとランジの効果の比較

6740225dd0881844

使われている筋肉がスクワットとランジは違うと書きましたが、具体的にどこに効果の違いがあるでしょうか?それは、ランジは前後に足を開いているので、バランス感覚が付きます。骨盤を固定してバランスを保つ筋肉が鍛えられます。スクワットの場合は、横に足を開いているので、より下半身を強化するのに向いています。体幹が強化できたりします。

スクワットとランジの筋肉の付き方を比較

3383af5b361afb92

スクワットとランジの両方とも、さほどの違いはありません。ですが、使っている筋肉に関して言えば、違いが出てきます。ランジの場合は、バランス感覚が身につく効果から「股関節外旋筋群」という筋肉が使われます。スクワットの場合は、特に背筋を伸ばして行うので「脊柱起立筋」という筋肉が付きやすくなります。一部を紹介しただけで他の筋肉も使われています。

ポイント

・スクワットは体幹が鍛えられる
・ランジはバランス感覚が鍛えられる

スクワットとランジをするならどっち?

50523ab6653716e2

ではスクワットとランジをする場合、向き不向きがあるでしょうか?どちらもさほど違いが無さそうですが、やり方が違うので、比較的違いがでます。よく見かけるのは、スクワットのほうですが、慣れてくるとランジをやっている人を見かけます。このような現象を見れば、わかってきますが、あなたは、スクワットとランジのどちらが合っているでしょうか?

初心者はスクワットがおすすめ

Bf323318928c8062

スクワットをおすすめする人は、初心者や未経験者です。これは、とくに難しい事をしないスクワットだからです。ランジが難しいわけでなく、スクワットをしてから、ランジをした方が効率よく、ダイエットや筋トレができるようになります。それは、スクワットは体幹が鍛えられるので、体幹が鍛えられると、ランジをする時にバランス感覚に影響が出るからです。

本格的にダイエットするならランジがおすすめ

9f050e51f49dc654

スクワットもある程度できるようになって、筋肉もついてきたくらいになると、ランジをするようにしましょう。ランジはスクワットに比べて、比較的違う角度から、下半身の筋肉を付ける事ができます。スクワットはほとんど同じ角度からの、反復する筋トレですが、ランジはバランスをとることに意識しないといけないので、他の筋肉も使います。

ポイント

スクワットに慣れてきたらランジに変えよう

スクワットとランジのやり方や効果の違いまとめ

Df0e3c8a3d2f33ce

スクワットは、肩幅に足を広げてする屈伸運動ですが、ランジは前後に足を広げることで、スクワットよりもバランスをとることに意識がいく筋トレです。そのため、初心者には向いていないので、スクワットから始めて慣れてきたら、ランジをすることがおすすめです。スクワットは、体幹を鍛える事ができて、ランジは、バランス感覚とスクワットはできない場所の筋肉をつける事ができるので使い分けましょう。

人気記事