Medium 89cb694b0d994bc2

プロテインは減量におすすめ?効果を出す正しい飲み方と選び方まとめ

筋トレのイメージが強いプロテインですが、減量する効果も期待できます。ですが正しい飲み方をしていないと、逆にダイエットを失敗してしまうでしょう。減量をする正しいプロテインの飲み方とは、どのような方法でしょうか?正しい具体的な飲み方を紹介します。

カテゴリー:ダイエット商品プロテイン  作成者:megane3  投稿日:2017/09/30

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

プロテインを使った減量する正しい飲み方とは?

Afaf8277c90000e6

プロテインは、減量のために飲むというのは、あまり聞き慣れないかもしれませんが、正しい飲み方をすれば、ダイエットに有効なものです。本来は筋肉を付けるための、補助の役割として使われていたプロテインですが、本当に減量する事が可能でしょうか?正しい飲み方や選び方など、具体的にどのように飲むのかを紹介します。

プロテインとは?

プロテインは、日本語で言うとたんぱく質の事です。プロテインと聞くと、筋肉ムキムキになるための物と、勘違いしがちですが、筋肉の材料はたんぱく質になります。だから筋肉ムキムキの人は、筋トレをしながらプロテインを飲んでいるわけです。ですが、たんぱく質なのに、ダイエットに本当に使えるの?と思うでしょう。人間の体にはプロテインが必要で、使い方次第では減量も可能なんです。

プロテインには種類がある

59429a8a778d1f15

たんぱく質であるプロテインには、いくつか種類があるのをご存知ですか?プロテインと聞くとわからないでしょうが、たんぱく質だと納得できるでしょう。たんぱく質には、動物性から植物性まで様々な形がありますが、プロテインも例外ではありません。減量をするときも、自分に合ったプロテインを見つけるために、種類を把握しておく必要があります。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインとは、大まかな種類で言うと、動物性のプロテインになります。牛乳に含まれるプロテインですが、母乳に関して言えば、45%も入っていないと言われています。特徴は、消化スピードが遅いと言われており、摂取した後に胃の中で固まって吸収されるためです。この特徴を知っていると、どのようなタイミングに飲めば効果的か、わかるようになるので、特徴を覚えておきましょう。

ソイプロテイン

ソイプロテインとは、大まかな種類で言うと、植物性のプロテインになります。植物性と聞くと健康的でいいかもと思うでしょう。これだけで判断するのは早すぎます。ソイという事もあって、ソイプロテインの欠点は、動物性に比べて吸収率があまりよくない点です。技術が進歩しているので、気にすることもないという意見も数多くあります。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインも大きな種類に分けると、動物性のプロテインになります。カゼインと何が違うのかというと、乳たんぱく質の20%しかないたんぱく質です。ソイプロテインは吸収率が悪いかも、と書きましたが、逆に吸収率がいい点がホエイプロテインのメリットになります。しかし効果が出すぎて扱いが難しいので、プロテインの扱いに詳しい人に向いているプロテインと思っていいでしょう。

ポイント

初心者はソイプロテインがおすすめ

プロテインで減量するには置き換えダイエット

D6e0d69b2b753db0

プロテインで減量するには、どのように使うかで大きく変わってきます。筋肉をつけるために、プロテインを使うのなら運動しながら飲むのが、おすすめの飲み方ですが、気軽に減量しようと思うなら、置き換えダイエットがいいでしょう。減量しようと思うなら、続けることがすごく重要です。続けやすいダイエットとは、簡単で気軽な方がいいので、その減量方法が置き換えダイエットになるわけです。

置き換えダイエットとは?

9a05837599db007c

置き換えダイエットとは、1日3食食べているなら、1食だけ食事を抜いて、プロテインを1食の代わりにするダイエット法です。特別何かを作る訳でなく、置き換えるだけなので、気軽でいいのですが、お腹が空きやすくなるのが欠点になります。置き換える物は、何でもいいのですが、プロテインは体に必要なたんぱく質でできているので、置き換えても体に支障はありません。

置き換えるので飲みすぎには注意

51ff30c29a017007

お腹が空きやすくなるのが欠点の置き換えダイエットですが、置き換えていれば、何をしてもいいわけではありません。置き換えるというのは、総カロリーを減らすためでもあるので、それを超えるプロテインを飲まないようにしましょう。もちろん、お腹が空きすぎてつまみ食いをしてもいけません。あまりおいしいプロテインを、選ばない事も大切な対策になります。

プロテインは筋肉をつけるための物

9f221b32eed186c8

プロテインの本来の目的は、筋肉をつけるための飲み物です。筋肉をつけると、減量しやすい体質になるのでプロテインを使って筋肉をつけましょう。要するに、プロテインを飲みながら筋トレすることで、もっと減量することも可能です。プロテインの本質を知って減量に役立てましょう。筋トレと組み合わせてプロテインを飲むと、減量できる確率があがるのでおすすめです。

筋肉は基礎代謝量を上げてくれる

2c92b2748785cdbc

筋肉と聞くとダイエットとかけ離れているようですが、筋肉というのは減量には重要なポイントです。筋肉というのは、人間の基礎代謝量の20%も占めているからです。基礎代謝量が大きいと、勝手に体が脂肪を燃焼してくれるので、基礎代謝量を上げたら、運動量を減らしても、効果が出続けて減量する事ができます。プロテインを飲んでいると、筋肉をつけなくても、運動するだけでも効果が期待できるでしょう。

正しい飲み方をすれば減量しやすくなる

2265112135a932df

基礎代謝量を増やしても、脂肪が筋肉になってしまうと、体重はあまり変わらない事もあります。これはプロテインの正しい飲み方をできていません。脂肪を燃焼させる、飲み方や運動をするように心がけましょう。プロテインが初心者の人は、置き換えダイエットが1番失敗しない飲み方なので、実践してみてください。

プロテインの効果的な飲み方

4b6b8a5349847084

プロテインは、ほとんどの商品が粉状で、水で溶かすことができます。何で溶かして飲むかで、効果の出方が少し変わってきます。毎日のことなので、一番自分が続けやすい飲み方を見つけてください。続けることが1番重要なポイントです。味重視なのか効果重視なのかでも、飲み方も大きく違います。効果を出す飲み方を紹介しますが、好みによっても変わるので参考程度にしましょう。

水に溶かしてプロテインを飲む

020e63eb066f112e

スポンサーリンク

1番手軽で、プロテインの吸収率を高くしたい人には、水で溶かすことがおすすめです。水は余計な成分が入っていないので、プロテインの吸収率が高くて、効果を実感しやすいでしょう。欠点は、味がプロテインそのものなので、気になる人は向いていないかもしれません。ちょっとでも減量したい、面倒臭い人には、気軽で続けやすくておすすめです。

牛乳に溶かしてプロテインを飲む

D56ddbc6ab603bf3

おそらく牛乳で溶かして、プロテインを飲んでいる人が一番多いでしょう。これは、プロテインと牛乳の味の相性が合っているので、おすすめです。どうしても牛乳は、膜を作ってしまうので、水に比べて比較的にみて吸収率が悪くてなってしまいます。それを気にしないのなら、牛乳も同じプロテインの仲間なので、おすすめです。腹持ちをよくしたい人にもおすすめの組み合わせです。

豆乳に溶かしてプロテインを飲む

57ae0f1c8cf10fde

豆乳もプロテインと味が相性がいい組み合わせです。どうしても水では、物足りないと感じた人は、豆乳もおすすめの飲み方の1つです。牛乳と同じで膜を作ってしまうので、吸収率が落ちてしまいますが、腹持ちが良くて、ダイエットに向いていると言えるでしょう。その上、健康効果が高い豆乳ですので、牛乳か豆乳で迷っているなら、豆乳をおすすめします。

ポイント

効果的に減量する人は水で溶かす

正しいタイミングでプロテインを飲んで効果を出す

8e225f86cd722548

プロテインは、飲むタイミングを変えることで、減量の効果を上げる事ができます。それは、プロテインがたんぱく質だからです。体の必要な栄養だからこそ、すぐに吸収されて、効果を出す事ができます。減量したいのなら、しっかり効果を出すタイミングで、飲む事を心がけましょう。いくつか方法がありますが、気軽にできる続けやすい、タイミングを紹介します。

朝食をプロテインに置き換える

24db059da695ca3e

先ほどの置き換えダイエットを具体的に紹介します。なぜ朝食をプロテインに置き換えるのかというと、朝が1番エネルギー消費を見込めるからです。夜に置き換えてしまうと、消費するのには物足りません。寝ているだけですから、エネルギーを使うことが無いですからね。その分、朝にプロテインを飲むと、これから活動できるので燃焼されやすい環境なんです。

運動の合間にプロテインを飲む

0c3763e23e2271f5

運動していると、エネルギーを使うのは当たり前です。その使っている最中にプロテインを飲んで、吸収させると効率的に、代謝を上げて、減量をしやすい環境を作ることができます。運動後と運動前に、プロテインを飲むのもいいですが、それにプラスして運動中にプロテインを飲むともっと効果を上げられるでしょう。すぐ飲めるような水筒を用意すると、気軽に飲めます。

ポイント

・朝食を置き換えてプロテインを飲む
・もっと減量するには運動を合間にも飲む

プロテインで減量する時の注意事項

047b4cf74bd301c3

プロテインで減量する時に注意する事があります。これを守らなければ、逆効果で太ってしまう可能性があります。プロテインを飲めば減量できるのでなく、体に入れているわけですから、普段通り飲んでいては、太るには当たり前です。吸収しやすいプロテインだからこそ、注意して扱うようにしましょう。どんなことを守ればいいのでしょうか?

運動しないと絶対に減量できない

5f932cf8cce0e5c2

プロテインを飲んで終わりではありません。プロテインで減量するのなら、運動ありきで考えたほうがいいでしょう。それはプロテインが、たんぱく質でできているからで、運動しないと筋肉になりづらいからです。逆に運動せずにプロテインだけを飲むと、エネルギーを消費できずに体に残る事になります。逆に太る原因を、自分で作ることになるので注意しましょう。

プロテインを飲み過ぎない

A0ca2ca1a7880212

先ほど書いた内容とかぶる事もありますが、運動量以上にプロテインを飲んでいると、体に残ってしまうので、これも太る原因になってしまいます。プロテインとは、筋肉を作るために作られているので、吸収率が高いわけです。置き換えダイエットをしていて、空腹に我慢できなければ、プロテインで置き換えるのはやめましょう。

ポイント

・プロテインのみで減量する事は難しい
・飲みすぎて太ってしまう事もある

プロテインで減量するためのおすすめの運動

7df46ca90de86e94

プロテインで減量するためには、運動は必要不可欠です。プロテインで減量するための運動は、どのような方法がいいのでしょうか?それは、なんといっても続けられる気軽な運動がおすすめです。運動が続かないと、プロテインを飲む意味がなくなってしまいます。続けやすくて、プロテインの減量効果が期待できる、おすすめの運動を紹介します。

有酸素運動

2dbebaf546ea22b3

プロテインを飲む事で減量するには、有酸素運動を取り入れるとさらに効果が期待できるでしょう。プロテインと有酸素運動は、結びつきにくい組み合わせですが、有酸素運動は、脂質を使ってエネルギーに変えてくれる運動です。要するに脂肪を燃焼しやすい運動なので、減量には相性がいいわけです。そこにプロテインを持ってくると、さらに代謝量が増えるので、燃焼率が高くなっておすすめです。

筋トレをして減量する

30e23eed5d1b6979

やはり、プロテインと言えば筋トレでしょう。筋トレとプロテインを組み合わせると、筋肉量が増えることで代謝量が増えていきます。そうなると自然に減量に繋がっていきます。しかし、すべて筋肉になってしまうと、いけないので先ほどの紹介した有酸素運動を組み合わせると、さらに減量が期待できます。筋トレの後に有酸素運動をするのがおすすめです。

減量しやすいプロテインの選び方

D11ec83b140a6f4e

プロテインの使い方や、タイミングを紹介しましたが、減量に合うプロテインを飲む事で、効率よく減量ができます。種類を紹介しましたが、その主原料を見る事が、スタート地点です。ソイとホエイとカゼインの中では、ソイプロテインがおすすめになります。植物性で他の効果が期待でき、吸収率も悪くなくちょうどいいので、初心者の人にもおすすめです。

プロテインを使った減量する飲み方・選び方まとめ

Ea25839e2bc26085

プロテインを使って減量するには、飲み方や選び方が重要になります。様々な種類のプロテインがありますが、おすすめはソイプロテインです。植物性なので、吸収率がちょうどよく扱いやすいからです。飲み方は、運動の前後と朝に飲むようにして、効率よく減量するなら、水に溶かして飲むといいでしょう。運動ありきで、プロテインを飲んだほうが効率のいい減量になります。

人気記事