Medium e3fd088fdbaf741b

プロテインの効果についてまとめ!筋トレ以外のメリット・選び方紹介

筋トレをする人に注目されているプロテインですが、実は筋トレだけではない、プロテインを飲むことで得られる効果がすごいと注目が集まっています。そんなプロテインの筋トレ以外の効果やメリット・効果別のプロテインの選び方まで紹介します。

カテゴリー:ダイエット商品プロテイン  作成者:bellis  投稿日:2017/10/03

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

プロテインの効果は筋トレのためだけではない!

58fb7b9f40bd7d2d

プロテインは筋トレをする人が飲むものだと思っていませんか?最近ではプロテインのさまざまな効果やメリットを期待して飲んでいる人が増えてきました。そんな密かなブームを迎えているプロテイン。女性や筋トレをしない人にもうれしいプロテインの効果を紹介していきます。これを読めばムキムキ男性が飲むイメージだったプロテインの常識が変わります。

プロテインの意外な効果とは?

7d1a4c058f789c4d

それでは早速、プロテインのいろいろな効果を紹介していきます。意外にも効果の幅も広く、身近な悩みにも効果があります。気になった効果があれば、プロテインを生活に摂り入れてみてください。

  • 美容効果
  • ダイエット効果
  • 疲労回復効果
  • 体を大きくする効果
  • 免疫力アップさせる効果
  • コレステロール値を下げる効果

気になった効果はありましたか?効果を詳しく語る前に、まずはプロテインの簡単な基礎知識を頭に入れておきましょう。知っていることでプロテインの効果を良く知ることができます。

プロテインの基礎知識

38b07820e58ede92

プロテインとは「タンパク質」です。タンパク質は3大栄養素といわれるほど、体にとってとても必要な栄養です。では、タンパク質はどれぐらい摂るのがいいのでしょう。それは体重1㎏に対して1gといわれています。50㎏の人なら50gという計算ですね。では、なぜタンパク質をプロテインで飲む必要があるのでしょうか。

Cba2fadc825fb8cf

体に必要なタンパク質が不足すると体調を崩しやすくなったり、むくみや疲労感、貧血、ケガの回復が遅くなったりとさまざまな不調が現れます。女性だとダイエットをしていて栄養が足りていないと身に覚えのある症状があるのではないでしょうか。その不調の原因はタンパク質不足だったのかもしれません。食事でもいいはずなのに、なぜプロテインなのでしょう。

A0501aeea1fb7ab4

まず、タンパク質を食事で摂ろうとすると、脂質が多く含まれているということです。そして、食事の量をあまり多くとらない人が増えたため、必要なタンパク質量を摂取できないためです。その上、食べものに含まれているタンパク質から必要なタンパク質量を摂ろうとすると、結構な量になってしまいます。これらの理由から、タンパク質をプロテインを飲むことで摂取する人が増えてきているのです。

プロテインの注意点とは?

B923624019bfeac4

タンパク質の大切さはよくわかりましたね。それでは、簡単にタンパク質を摂ることができるプロテインの注意点をしっかり覚えておきましょう。プロテインの注意点、それは「摂取量」!さっきあれほどタンパク質を摂ろう!と言っていたのにビックリするかもしれません。

Ecec5de8714cf377

ですが、プロテインは手軽にタンパク質を摂れてしまうだけに、摂りすぎると脂肪として蓄積されたり、肝臓や腎臓に負担をかけたり、骨粗鬆症の原因になってしまったり、体臭や口臭の原因にもなります。なので、自分自身に必要な量をしっかり守り、これから紹介するプロテインのすばらしい効果を体感してみてください。

美容効果

38b1c897371c0b99

プロテインには女性にうれしい美容効果があります。タンパク質は体をつくる栄養素の1つですから、お肌や髪など女性がお手入れを入念にしている部分にとても影響があるのです。また、コラーゲンはタンパク質でもあるので、プロテインで良質なタンパク質を摂ることが美しい肌や髪をつくることに繋がっているのです。

5ffed64f29f40936

また、最近では女優やモデルさんがプロテインを飲んでいることで女性にも身近になっています。北川景子さんや西内まりやさん、石原さとみさんなど、人気の女優さんも積極的にプロテインを飲んでいるのです。では、美容のためにプロテインを飲む場合はどんなプロテインをいつ飲めばいいのか。美容のためのプロテインの摂り方を詳しく紹介します。

プロテインの選び方

02cf2be9661c0415

プロテインにも種類があり、美容に効果的なプロテインはソイプロテインです。ソイプロテインは大豆からとれるタンパク質を粉末にしたものです。ソイプロテインに含まれるイソフラボンが高い抗酸化作用があり、細胞の酸化を防ぎ、お肌の老化を防ぐ効果があります。

7e4ac1b179098681

また、大豆に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンに似た働きをするので、肌の新陳代謝を助けてハリやツヤのある肌・髪に導く効果があります。男性はイソフラボンを摂ることで、薄毛の対策にもなるため、動物性プロテインと併用して飲む方もいます。

プロテインの飲み方

Be5ccc8ee1d2fdf3

プロテインは水に溶かして飲むことがおすすめです。ですが、飲みにくさを感じる場合は牛乳や豆乳に溶かして飲むことで飲みやすくなります。味にもさまざまなバリエーションがあり、バニラ味ココア味ミルクティー味などもあります。ビタミンCと一緒に摂ることで、コラーゲンを生成する効果が高める効果もあります。

飲むタイミング

De3db92375388bf7

美容効果を目的にプロテインを飲む場合のタイミングは、寝る前に飲むことがおすすめです。お肌は寝ている間につくられるため、寝る前にソイプロテインを飲むことで良質なタンパク質でお肌をつくることができます。このときにビタミンCも摂ることで、さらに高い美肌・美髪効果が期待できます。

ダイエット効果

32d2af27cf7ac3a6

プロテインはダイエット目的で摂取されることもあります。ダイエットでは高たんぱく低カロリーの食事が大切になります。その点、プロテインが高たんぱく低カロリーの最適な食事となるのです。ダイエットではタンパク質が不足してしまうことが多く、筋肉量が減り、基礎代謝が落ちてしまうことで痩せにくくなってしまいます。

E1e31ba8c86f02c2

ですが、プロテインを摂ることでタンパク質をしっかり確保し、筋肉量を減らさずにダイエットできるため、痩せやすい体質にすることができます。そのため、プロテインを飲むダイエットが注目されてきているのです。では、ダイエットにはどのようなプロテインがむいているのか。飲み方などを詳しく紹介します。

プロテインの選び方

C3fd8610e2dbb9d9

ダイエットを目的にしてプロテインを選ぶ場合は、タンパク質が多く脂質が少ないものを選ぶようにしましょう。プロテインの種類の中でも、植物性タンパク質のヘルシーなソイプロテインがおすすめです。ソイプロテインには美容効果もあるため、女性におすすめのプロテインといえます。

9b903f741bf91afb

最近ではプロテインダイエット用のセットが売られていることもあるので、プロテイン初心者の方や、自己流で行うのが不安な方は、プロテインダイエットのセットを買ってみるのもおすすめです。

プロテインの飲み方

0160028494fdeecc

ダイエットを目的としてプロテインを飲む場合は、水に溶かして飲むことでカロリーが抑えられます。牛乳や豆乳で飲むことで腹持ちがよくなるので、おなかの空き具合によって割るものを選ぶことがいいでしょう。もともとソイプロテインは、消化がゆっくり行われるので満腹感が持続しやすいプロテインとなっています。

飲むタイミングと正しいやり方

5884e76fd5cd5601

ダイエットを目的としてプロテインを飲むタイミングは、1日の食事のうち1食を置き換えるダイエットがおすすめです。また、間食をプロテインに置き換えたり、毎食前にプロテインを飲んで食事の量を少なくする方法もあります。1番効果が出やすいのは、夕食をプロテインに置き換えるダイエットです。夕食が遅くなってしまう人や、夜たくさん食べてしまう人に向いています。

2fbe8ed9fd66eac2

夜にプロテインを飲むことで、美容効果も期待できます。また、通常食事で得られる栄養もとても大切なので、食事量を極端に減らしたり、食事をプロテインだけにしてしまうのは避けましょう。プロテインを間食に飲んだり、食事の前に飲む場合には、1日の摂取カロリーに注意して飲むようにしましょう。

やっぱり運動は必要?

46439de6e2597102

プロテインは筋肉をつくるタンパク質なので、運動をするとより効果的です。運動をプラスすることでダイエット中に筋肉をつけることができ、基礎代謝を上げてダイエット効果をより上げることができます。運動をする際は、運動後30分にプロテインを摂ると吸収が高まるといわれています。プロテインを飲んでいるからといって、筋肉ムキムキになってしまうことはないので安心して飲んでください。

スポンサーリンク

疲労回復効果

429ca7c87db2f0b2

プロテインは疲労回復にも効果があるといわれています。女優の石原さとみさんも、プロテインを飲む前は休をとにかく休むことに専念するぐらい疲れがあったようです。ですが、プロテインを飲むようになり、疲れがたまることがなくなり、休日を有意義に過ごすことができているようです。

2a92f9d3532cfe97

なぜ疲れにプロテインが効果的なのかというと、プロテインにはメラトニンなど脳内物質の働きに効果があります。そのため、睡眠の質を上げてしっかり体を休めることで、翌日に疲れが残らなくなる効果があります。また、運動をして損傷した筋肉を修復する働きもあります。プロテインは、内面的な疲労から体の疲れまで疲労回復にしっかり働いてくれます。

5073b0d969699756

疲労回復を早めに対処することで、疲労からくるケガや体調不良などを防ぐことができます。仕事の疲れを翌日に残さないことで、毎日の仕事の生産性も上げることができます。疲労回復はただ単に体の疲労ではなく、脳の疲労にも効果があるので頭がしっかり働く効果もあります。プロテインを飲むことで内側からしっかり疲労回復を促すことが大切です。

プロテインの選び方

E8e9e82c997c516a

運動後の疲労回復に効果を求める方は、ホエイプロテインを選びましょう。ホエイプロテインは吸収が早いため、運動後の疲労した筋肉に素早く働きかけてくれます。仕事などの疲れを回避する場合には、カゼインプロテインがおすすめです。カゼインプロテインはゆっくり吸収されていくので、疲れた体にしっかり時間をかけて働いてくれます。

飲むタイミング:運動後

F09258b3e017b131

運動をした際の筋肉の疲労回復のためのプロテインを飲むタイミングは、運動後30分以内がいいといわれています。そのときに炭水化物(糖質)と一緒にとることでより、筋肉の疲労回復効果を高めることができます。運動後すぐに食事ができない方は、バナナやおにぎり、牛乳などを飲んだり、プロテインのサプリメントやゼリータイプのプロテインが入ったドリンクなどで摂るようにしましょう。

飲むタイミング:寝る前

2b86431448290090

普段の仕事や学校などの疲れをとりたい場合には、寝る前にプロテインを飲むことがおすすめです。寝ている間にプロテインの良質なタンパク質がしっかり体や脳の修復を助けてくれる働きをします。翌日の疲労感が驚くほど違うので、毎日の疲労感に悩んでいる方はぜひ試してみてください。それでも疲れがなかなかとれない方は、1日のタンパク質量が足りていない場合があると考えられます。

Ebceb9b9a5f4d690

夜寝る前に飲むプロテインのタンパク質量だけでは足りない場合は、朝にプロテインを足して飲んだり、食事から摂るタンパク質量を増やしたりしましょう。なかなか食事の時間をとれないという方は、ゼリータイプのプロテインが入ったドリンクなどで栄養補給することもおすすめです。体を壊してしまっては元も子もないので、食事はしっかりとるようにしましょう。

体を大きくする効果

7c5e871206940777

プロテインには痩せるだけでなく、なかなか太れない方や体を大きくしたい方にも効果があります。太りたくても太れない、体を大きくして男らしい体格になりたい方やアメフトなどのスポーツをしていて体を大きくしたいという方にプロテインはよく飲まれています。ただ食べて太るという太り方よりも、プロテインを飲んで体を大きくすることで、良質な筋肉によって体をつくることができます。

増量用のプロテインはなにが違う?

7109ddfc7e3124e9

体を大きくするためのプロテインはふつうのプロテインとは違います。ふつうのプロテインは高たんぱく低カロリーになっていますが、増量用のプロテインにはタンパク質よりも糖質がたくさん含まれているのです。ふつうのプロテインがタンパク質量70%ととすると、増量用のプロテインにはタンパク質量20%で、そのほかの割合の多くに糖質が含まれているということになります。

A841797d9bdf18e8

痩せている方にとっては恐ろしい成分ですね。プロテインを購入する際には、しっかり自分の目的に合った成分のプロテインであるかをしっかり確認しましょう。また、増量用のプロテインは糖質がたっぷり含まれているだけではなく、ビタミン・カルシウム・マグネシウム・鉄などの不足しがちな栄養素もしっかり配合されているので、ただ食べるよりも健康的に体を大きくすることができます。

62ddc630ccf3c2b8

量を食べるよりも効率的に摂取することができるので、食が細い方も無理なく続けることができます。効率的に体重を増やしたり、体を大きくすることができるメリットが増量用のプロテインにはあります。より効果を高めるために飲むタイミングなどを紹介します。

飲むタイミング:運動後

185117b0a8a3e2b4

まずは運動の後です。筋トレをしている方はよく運動の前に飲むという方も多いと思いますが、体重を増やしたり、体を大きくしたい場合には、運動後に増量用のプロテインでしっかりタンパク質や糖質を補給してあげることが大切なのです。アメフトやラグビーなど、筋肉で体を大きくしたい方にはとくにおすすめのプロテインを飲むタイミングとなります。

飲むタイミング:食事と食事の間

952e516fe49f4477

間食にプロテインを飲むこともおすすめです。食べる量を増やせない方にとっては、プロテインを飲むことで摂取カロリーを増やすことができます。食事と食事の間にプロテインを飲むことで、食事の量を減らさずに済み、体重を増やすことができます。また、プロテインを飲む回数を増やすことで、少しずつ食べる量を増やすこともできるようになります。

飲むタイミング:寝る前

Ebfa96ac8ddfa512

寝る前にプロテインを飲むことで、動いたりするエネルギーに使われることを防ぎ、余分にとったものがしっかりと体をつくるために使うことができます。運動をしない方は、起きてすぐに朝ごはん前にプロテインを飲むこともおすすめです。飲む際も牛乳で割って飲むことで、摂取カロリーを増やすことができるので、牛乳で飲むことがおすすめです。

免疫力アップ効果

B3031ac6c80ef27c

プロテインは免疫力を高める効果もあることで注目されています。なぜ免疫力が高まるのかというと、免疫細胞はタンパク質からできているからです。プロテインで良質なタンパク質量をとることによって、新たに免疫細胞をつくることができ、細胞が増えることによって免疫力も高まるということです。定期的にプロテインを飲むことで、体の調子を整え、病気になりにくい体を作ることができます。

コレステロール値を下げる効果

C7a3ac383855c312

大豆などのタンパク質からできているソイプロテインを摂ることで、コレステロール値を下げる効果もあるといわれています。大豆などに含まれているレジスタントプロテインを摂ることによって、このレジスタントプロテインのタンパク質が、食物繊維とよく似た働きをします。そのため、コレステロールを溜め込ませずに、コレステロールを減少させる効果があるため注目されているのです。

プロテインと合わせて摂るべき栄養素

4e28a00e30ac484c

ここまで読んできて、プロテインの効果はすばらしいことがよくわかりましたね。ですが、プロテインはあくまで補助だと思ってください。プロテインだけ飲んでいると栄養が偏ってしまいます。ふだんの食事をしっかり摂ることでプロテインさまざまな効果も高まるということを理解して、プロテインを摂るようにしましょう。

プロテインバーでの摂取は?

ここまで見てきたけど、とてもシェイカーでプロテインを飲んでいる時間はないよという方のために、手軽にプロテインを摂取できるプロテインバーを紹介します。欧米ではプロテインバーは時間のない朝などによく食べられています。プロテインをはじめ、炭水化物・ビタミン・ミネラルなどがバランスよくとれる栄養補助食品です。

5a03b97e918f168f

プロテインバーはプロテインドリンクにはないメリットがあります。それはいつでも手軽に食べられるということです。仕事や勉強しながら片手で食べられることができるので、なかなか席を立てないときに便利です。また、ドリンクと違ってしっかり噛むことで満足感を得られます。なので、ダイエット中の間食にもプロテインバーはおすすめなのです。

持ち運ぶこともできるので、朝ごはんを食べられなかったときに職場でも気にせずに食べることができます。プロテインドリンクよりも、いろいろな栄養がバランスよく入っているプロテインバーが多いので、偏った食事をしている方にもおすすめです。ドリンクタイプはなかなか手が出せないという方は、まずプロテインバーからはじめてみてはいかがですか。

まとめ:プロテインの効果について

プロテインの効果について、いかがでしたか。プロテインの美容・ダイエット効果から体重増量の効果・疲労回復や健康にもいいプロテインの効果がよくわかりましたね。また、プロテインには種類があり、目的に合ったプロテインを選ぶことも大切でした。飲むタイミングも効果によって違うので、自分の目的に合わせたプロテインの摂り方をしっかり確認して飲んでいきましょう。

3c877ff68f0aeec7

筋トレだけだと思われてしまいがちな、意外なプロテインの効果がたくさんあり、プロテインや飲み方を使い分けることによって体調管理ができるということもわかりました。プロテインが注目されている理由も納得でしたね。プロテインで足りないタンパク質を補う賢い体調管理、早速はじめてみませんか。

人気記事