Medium c38c3c43b0c72fdf

プロテインのカロリーはどれくらい?飲むと太るという噂について調査

プロテインはカロリーが高いので飲むと太るという噂と、ダイエットに効果的で痩せるという噂、一体どちらが本当なのでしょうか?筋トレに興味がない人は、意外にプロテインのことを知りません。そこで、プロテインのカロリーや効果などから噂の実態を調査していきます。

カテゴリー:ダイエットの基本カロリー  作成者:hi7cohyou  投稿日:2017/10/04

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

そもそもプロテインとは

プロテインはタンパク質

一般的に「プロテイン」と言うと、タンパク質が含まれているサプリメントのことですが、プロテインは、元々日本語に直訳すると「タンパク質」という意味です。タンパク質は、炭水化物や脂質と同じく三大栄養素の一つであり、人間の体に必要不可欠な栄養素です。プロテインは筋トレした人だけに必要だと思われがちですが、タンパク質を効率的に摂取できるサプリメントです。

プロテインが筋トレに必要な理由

7033c3920dc4f5ac

プロテインは筋トレのお供のように思われていますが、それは筋肉をつくるために必要な栄養素がタンパク質だからです。特に、筋トレ後にダメージを受けている筋肉に、プロテインによってタンパク質を補給することで、ダメージを修復し筋肉量のアップにつなげます。もちろんタンパク質を食事から摂ることでも筋トレ効果はありますが、より筋トレ効果をアップさせるのがプロテインなのです。

プロテインを飲むと太ると噂される理由

飲むとムキムキになると思われている

プロテインは、飲むだけで筋肉がつく薬というイメージがあることから、プロテインを飲んだら太ると思っている人は少なくありません。しかし、プロテインによって摂取できるタンパク質は、筋肉をつくるだけでなく、髪の毛や皮膚、血管の形成にも必要な栄養素です。プロテインは、筋トレをする人のため以外にも、人間の体に必要な栄養素を効率的に摂取できるサプリメントなのです。

カロリーが高いと思われている

C47e8821712058c7

上述したように、プロテインは筋肉がつく・体を大きくするためのものと思っている人が多いので、たくさんのカロリーが含まれていると誤解されています。しかし、文部科学省の食品成分データベースによれば、白米茶碗1杯(150g)のカロリーは252キロカロリーに対して、プロテインの1食分のカロリーは100キロカロリー前後となっているので、栄養豊富な割にカロリーが低いことがわかります。

プロテインを飲むと痩せると噂される理由

低カロリーでタンパク質が摂取できる

F7127f8c7b77ac49

タンパク質を肉や魚など食べ物から摂取しようとすると、どうしても脂質やカロリーを摂り過ぎてしまいます。成人女性が1日に必要なタンパク質は50gで、豚バラ肉350g分です。豚バラ肉350g分のカロリーは1383キロカロリーと、とても高いのですが、一般的なプロテインなら1杯83キロカロリーで、15gのタンパク質が摂取できます。

筋肉量が維持できる

210efaebe1f97ce0

ダイエット中などの食事制限で、タンパク質の摂取量が少なくなると、元々ある筋肉が分解されて、筋肉量が減少します。筋肉とダイエットは関係のないように思われがちですが、筋肉が多い方が、基礎代謝が良くなって太りにくい体になるのです。プロテインを定期的に飲むことで、筋肉量が維持できるので、痩せる効果があると言われているのです。

空腹を感じにくい

2d9cd6eb82f9e6e0

プロテインで必要な栄養素を摂取できれば、空腹を感じにくくなります。空腹を感じなければ、食べ過ぎることはありません。また、小腹が空いたときにお菓子をつまむ人は多いでしょうが、これをプロテインに置き換えることで、お菓子よりも低い摂取カロリーでお腹を満たすことができます。

プロテインは正しく活用すると痩せる

プロテインの種類とカロリー

スポンサーリンク

プロテインは大きく分けて3種類あり、目的に応じて飲み分けることが大切です。一般的に筋トレをしている人にはホエイプロテインという動物性タンパク質が主成分のものがおすすめで、筋肉の合成に関わるアミノ酸BCAAを多く含み、タンパク質の吸収が速いので、筋トレ効果をアップさせます。

ソイプロテインは、植物性タンパク質が主成分で、体重を増やさずに必要な筋肉をつけたい人におすすめで、中性脂肪を下げる大豆タンパクが入っているので太りにくくなります。カゼインプロテインも植物性タンパク質が主成分で、必要最低限の量のタンパク質を摂取したい人におすすめ。吸収が遅く長時間にわたってタンパク質を補給します。それぞれ一般的なカロリーは次のようになります。

  • ホエイプロテイン…1食21gあたり82キロカロリー(うちタンパク質15g)
  • ソイプロテイン…1食21gあたり79キロカロリー(うちタンパク質15g)
  • カゼインプロテイン…カゼイン単独の商品はなく、ホエイプロテインに配合されたもので検証。1食20gあたり75キロカロリー(うちタンパク質14.2g)

ダイエット目的ならソイプロテイン

C5491003e8fac371

ソイプロテインはその名のとおり大豆が主成分で、イソフラボンが含まれています。イソフラボンは、中性脂肪を下げたり代謝が良くなったりする効果があり、腹持ちが良くなるのでダイエットに効果的と言えるでしょう。さらに、上述したカロリーをみても、ホエイプロテインより低いことがわかります。また、イソフラボンは、アンチエイジングや美肌効果など女性にうれしい作用もあります。

プロテインは継続が大事

3f2c0c782fa52f54

プロテインは、飲むとすぐに筋肉がつくられる効果を実感できるものではなく、継続して飲み続けることが大事です。できれば筋トレしていない日でも飲むようにするといいでしょう。カロリーが気になるようなら、プロテイン分のカロリーを食事から減らすようにするといいですね。継続するためには、無理のない値段であることや、嫌いな味でないことも重要ポイントになります。

プロテインダイエットの正しいやり方

4f4d1349d6c9c02b

プロテインを飲めば痩せると噂されるきっかけになったのが、プロテインダイエットのブームでしょう。プロテインダイエットとは、一般的に、1日の食事の一部をプロテインに置き換えるダイエットのことをいいます。食事を減らしても、プロテインによって必要な栄養の摂取量を保つことができます。プロテインダイエットは次のようなことに注意しておこなってください。

  • 減量し過ぎず、栄養バランスのとれた食事を取ったうえで、プロテインを飲む。
  • 過剰なプロテイン摂取は、腎臓に負担をかけるので控える。
  • プロテインは変質しやすいので、飲む前に溶かす。
  • プロテインは、水や豆乳で割って飲むのがおすすめ。
  • プロテインを飲んだうえで、ウォーキングなど有酸素運動もおこなう。

プロテインを飲んで太った口コミ痩せた口コミ

プロテインを飲んで太った口コミ

9b75055000880c2c

きれいなボディラインを目指して、ダイエット目的でプロテインを飲んでいたら、なぜか太ってしまった人もいます。何が太ってしまった原因になっているのか、口コミを参考にしてみてください。

  • 夕食をプロテインに置き換えて4ヶ月経ちましたが、痩せず…。それどころか、朝と昼の食事の量や間食が増えて逆効果になりました。
  • 2ヶ月経って痩せないどころか、ちょっと太ってしまったけれど、肌の調子はすごく良いです。もう少し続けてみようと思います。
  • 2週間、晩御飯にプロテインを置き換えてみましたが効果が実感できず、あきらめてしまいました。もう少し続けていれば良かったのかも。
  • 私には味が合わなくて、水で割ったら飲みにくくて牛乳で割ると当然カロリーオーバー。痩せるはずがありません。

プロテインを飲んで痩せた口コミ

B5be8f10794d30f6

プロテインを飲んで、期待どおり痩せた人もいます。成功ポイントになったのは何なのか、プロテインダイエットを始めようとしている人はぜひ参考にしてみてください。

  • 元々スポーツジムに通っていたけれどまったく痩せなかったので、朝晩の食事をプロテインに置き換えると、2ヶ月でマイナス7キロ減量できました。
  • プロテインによって水分の摂取量も増えたからか、便秘が解消されポッコリお腹が引き締まりました。
  • 普段から大食いの私は、1食プロテインに置き換えるだけでみるみる痩せました。効果がない人は元々小食なのかもしれませんね。
  • 食事をプロテインに置き換えるなんてお腹が空きすぎると思っていましたが、腹持ちが良く、余分に間食することもなかったので期待どおり痩せました。

プロテインのカロリーや太ると噂される理由まとめ

噂を検証しましたが、プロテイン自体には太る効果もなければ痩せる効果もないということがわかりました。大切なのは、プロテインについて正しい知識を持ち、自分に合った種類のプロテインを見極めて、生活の中に上手く取り入れていくことです。プロテインで、太るも痩せるもあなた次第。健康的できれいなボディラインのために、プロテインの利用方法を今一度見直しましょう。

今人気のプロテイン!

人気記事