Medium 49a8d03b1e7a9148

プロテインのWPIとWPCの違いとは?おすすめや選び方を紹介

プロテインを眺めていると、見慣れない単語を目にするでしょう。この種類や見た目が同じなのに価格に違いがあるのは、このWPIとWPCの2種類存在するからです。それぞれ特徴あるので、プロテインのWPIとWPCのダイエットにおすすめの選び方を紹介します。

カテゴリー:ダイエット商品プロテイン  作成者:megane3  投稿日:2017/10/04

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑



今なら定価の半額1,944円で購入できる!

プロテインのWPIとWPCには選び方の違いがある?

475f969fc97cf3c4

プロテインには、WPIとWPCの2種類存在する事を知っていますか?それぞれ特徴があり、使い分ける事もできます。その違いを知っておくと、選び方を間違える事もありませんし、効率的にダイエットする事も可能です。WPIとWPCのプロテインは、どこに違いがあって、どのような選び方をすればいいのでしょうか?おすすめの使い方も紹介します。

プロテインとは?

9acad102d2d51571

プロテインは、筋肉がムキムキの人が飲む筋トレ専用の飲み物というイメージですが、使い方や選び方次第でダイエットに使うことができます。そもそもプロテインとは、筋肉の材料であるたんぱく質が原料に作られています。プロテインを使うことで効率よく筋肉を作り、代謝を上がっていくことで、自然にダイエットができる体質に変わっていくでしょう。

プロテインには種類がある

Ef74c5ead95e9fa0

そのプロテインには、いくつかの種類が存在するのをご存じですか?たんぱく質と聞くと「肉」の事を思い描くでしょうが、植物性のたんぱく質もあり、それぞれ持っている特徴が違うので、使い分ける事で効率よくダイエットが可能になります。プロテインのWPIとWPCを知るには、まずこの原料を知る必要があります。どのような原料があるのでしょうか?

ソイプロテイン

ソイプロテインとは、植物性にたんぱく質の事です。ソイという名前でわかるように、大豆を原料に作られているプロテインになります。他のプロテインに比べて、日本人に合った植物性ということから、お腹に優しい作りをしています。大豆からできているので、他のプロテインにない大切な栄養も一緒にとる事が可能で、ダイエットと健康のどちらに対してもおすすめのプロテインです。

ホエイプロテイン

このホエイプロテインは、動物性のたんぱく質からできています。特に牛乳からできているたんぱく質の一種で、20%から構成されているようです。乳製品を凝固させてできる乳清をホエイと言い、このたんぱく質からできていうのが、ホエイプロテインになります。このホエイプロテインの中でも、「WPI」と「WPC」に分かれます。要するに、WPIとWPCはホエイプロテインの一種です。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインも、ホエイプロテインと同じ動物性のたんぱく質の一種ですが、生乳が80%から構成されています。先ほどのホエイプロテインよりも、比率が違う事から、ホエイプロテインよりも、吸収速度がゆっくりなのが特徴です。ホエイプロテインと比較してゆっくり消化されるので、就寝時や腹持ちをよくする時に使うと、満足のいくプロテインダイエットができるでしょう。

ポイント

ホエイプロテインはWPIとWPCにわかれる

WPIとWPCはホエイプロテインの一種

40fde482703caf21

WPIとWPCは、同じホエイプロテインからできているのは、お分かりいただけたでしょう。同じ動物性のたんぱく質であるカゼインプロテインと違い、吸収率がいいことでタイミングよく筋肉の成長をサポートできるのがホエイプロテインです。他のプロテインよりも、安く手に入るので知名度が高い事も特徴といえます。その中のWPIとWPCは、どのような違いがあるのでしょうか?

WPIとWPCのプロテインの違いは?

9c49331c6ee20637

ホエイプロテインの仲間のWPIとWPCですが、精製の違いから、種類がわかれているようです。ダイエットをどれくらい本気でしているかによって、使い分けされているようで価格にも違いがあります。どのようにプロテインを使ってダイエットをするかで、WPIとWPCを使い分けるようにしましょう。どのような特徴があるのか紹介します。

WPCプロテインの特徴

スポンサーリンク

WPCは、日本語にすると「濃縮乳清たんぱく質」と言います。この乳清をろ過した物をパウダーにしたホエイプロテインを、WPC型と呼んでいるようです。脂肪や炭水化物が含まれているのでカロリーが高めですが、体に必要な栄養もたくさん入っていて、健康的にダイエットができます。ダイエット目的で使うのなら、たくさんの量を摂取しないようにしましょう。

WPIプロテインの特徴

先ほどのWPCのプロテインを、さらに膜処理された物が、WPI型のホエイプロテインになります。「分離乳清たんぱく質」を言われており、WPC型よりもたんぱく質の量を増やしたプロテインです。もともとホエイプロテイン自体が吸収率が高いのですが、このWPI型を選ぶと、その純度を高度にしているので、さらに痩せたい人にはおすすめのプロテインになります。

WPIとWPCのプロテインの比較

  • たんぱく質以外の栄養も含まれる安価なプロテイン…WPC型
  • たんぱく質が多めでダイエット効果が高いプロテイン…WPI型

WPIとWPC型のプロテインの違いを紹介しましたが、値段を安価にして、たんぱく質以外のたくさん栄養が入っているWPC型と、比較的高めで、たんぱく質をより効率よく摂取したい人向けがWPI型と覚えましょう。お金に余裕があり痩せたい気持ちが強めの人には、WPIがおすすめです。初心者で試しにプロテインを使ってみようという人は、WPC型がおすすめになります。

WPIとWPCのプロテインのおすすめの選び方は?

63e52070ef6100d6

WPIとWPCのプロテインのそれぞれの特徴は、理解できたでしょうか?同じホエイプロテインですが、全然特徴が違うので使い分ける事が可能です。その特徴にあった選び方は、どのようにすればいいのでしょうか?その人に合った、WPIとWPCの具体的なおすすめの選び方を紹介しますので、当てはまるのなら一度使ってみる事をおすすめします。

効果を高めたいのならWPIプロテイン

245ab10df15bd883

効果を高めて、ストイックにダイエットに励むなら、WPI型のホエイプロテインを選びましょう。吸収率が高めなことと、たんぱく質が多く含まれているので、筋肉を作りやすく、代謝を上げる事ができるからです。ある程度WPC型を使って、効果に限界を感じた人も、WPI型に切り替えてもいいでしょう。ダイエットや筋トレに特化したホエイプロテインという位置づけになります。

予算をおさえたいのならWPCプロテイン

3c77876e21fba837

ホエイプロテインの原料である乳清に、あまり手を加えないで、粉末状にしているプロテインをWPC型と言います。このプロテインがおすすめな人は、安く抑えて気軽にダイエットをしようという人です。もしくは、あまり手を加えていない特徴から、自然な物でダイエットをしようという、健康志向な人もWPC型をおすすめします。また、プロテインはどのような物が分からない人にもおすすめです。

ポイント

・WPC型から始めてWPI型に切り替える方法もおすすめ
・迷うならWPCを選んでおこう

WPIとWPCのプロテインのおすすめの使い方

D61e0879721d682c

WPIとWPCは同じホエイプロテインなので、初めてプロテインを使ってダイエットする人は、予算が安いWPCプロテインから始めて、どのような物かを試しに使ってみましょう。それをつかんで、痩せる効果を実感したら、WPIプロテインに切り変える事をおすすめします。WPI型はたんぱく質が多く、あまり飲みすぎると負担がかかってしまうので、注意して使いましょう。

特に大差はないので深く意識する必要はない

Fcf1b5788f9275d2

あくまでWPIとWPCは、同じホエイプロテインになります。なので、ボディービルダーのように厳しいダイエットをしない限り、気にすることでもありません。どちらかというと、違いがある程度の差になります。どうしても脂肪を絞りたいのなら、WPIを選びましょう。価格に差があるので、迷っているならWPC型でも十分に効果があります。

プロテインのWPIとWPCには選び方の違いまとめ

3a46f189223ec45f

WPIとWPCは、ホエイプロテインと言われるプロテインの仲間で、たんぱく質含有率が高いのがWPI、低いプロテインがWPCです。同じホエイプロテインなので大差はありませんが、脂肪を絞りたいのならWPIを、気軽にダイエットをしたい人や、プロテイン初心者は、WPCを選ぶといいでしょう。扱いに慣れてからWPIに切り替えると、効果的でおすすめです。

プロテインを悩む女性におすすめのプロテインはこれ!



今ならおひとり様初回500円で体験できる!

人気記事