Medium 500dd968617ed2c6

プロテインの容器・シェイカーでおすすめは?人気商品と選び方のポイント

近年では多くの方がジムに通ったりしてトレーニングを日頃からするといったことが多く見られます。そんな中ジムに行く時や出先でプロテインを飲むときに重宝するのがプロテインの容器・シェイカーです。そこで今回はこのプロテインの容器・シェイカーについてお話しします。

カテゴリー:ダイエット商品プロテイン  作成者:権栄一  投稿日:2017/10/06

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ジムでもスタイリッシュにしたい!!!

92094b3e891cf507

みなさんの中でもジムに通われていたり、通おうとしている方、なんらかの形でトレーニングをしている方が多くいらっっしゃるのではないでしょうか。特にジムに行く時や出先においてプロテインやドリンクを入れる容器やシェイカーはその機能性だけではなくデザイン性も重視する方が多いはずです。そこで今回は人気のプロテインの容器・シェイカーやそのお選び方についてお話ししていきます。

プロテインの容器・シェイカーとは?

トレーニング後に出先やジムでプロテインを飲む際に必要不可欠なのがプロテインの容器・シェイカーです。最近ではプロテインをコップに入れてスプーンでかき混ぜるといったことをしている方は極めて少ないのではないでしょうか。もしそんな方がまだいらっしゃるのならぜひプロテインの容器・シェイカーを使うことをおすすめします。

プロテインの容器・シェイカーとは主に粉末であるプロテインやその他のサプリメントなどを水などのドリンクで混ぜて飲む際に利用されるドリンク容器のようなものです。もちろんただジュースを入れて持ち運び利用することもできます。プロテインなどの粉末の製品は意外に水に溶けにくくなっているため、このプロテインシェイカーがあれば断然溶けやすくなることは間違いありません。

プロテインの容器・シェイカーって必要?

上記でも少しお話ししたように、プロテインの容器・シェイカーは絶対に必要かと言われると、先ほどのコップに水とプロテインを入れてスプーンで混ぜるといったように、無ければ無いなりにプロテインを飲むことはできます。ただし、プロテインの容器・シェイカーを持っている方が圧倒的に便利であることはいうまでもありません。プロテインが溶けるスピードが段違いなのでおすすめと言えます。

プロテインの容器・シェイカーの選び方

ここでお話しするのはプロテインの容器・シェイカーの選び方についてです。プロテインを飲んでいる人であればほとんどの方が使っているプロテインの容器・シェイカー。価格的に安いものであれば数百円で購入することができます。しかしプロテインの容器・シェイカーの種類は膨大であり、何を選べばいいのか分からなくなってしまっている方が多いので、それについてお話ししていきます。

プロテインシェイカーの選び方・飲み口が広さ

まず1つ目のプロテインの容器・シェイカーを選ぶ上でのポイントはプロテインシェイカーの飲み口の広さです。プロテインシェイカーの中にも飲み口が広いものと狭いものがあります。牛乳や水とプロテインを入れて振った後に蓋を開けてそのまま飲むタイプがこの飲み口が広いタイプのプロテインシェイカーとされており、最も定番でみなさんのプロテインシェイカーのイメージに近いものでしょう。

数百円程度のプロテインシェイカーのほとんどがこの飲み口が広いタイプのプロテインシェイカーとなっており、飲み口が広いことによって一気にプロテインを飲むことができる点がメリットとしてあげることができます。また、パーツの作りが簡単なので洗いやすいという点もメリットとして挙げられます。ただし勢いよく飲みすぎてプロテインをこぼしてしまわないように注意しましょう。

ちなみに反対のタイプである飲み口が狭いタイプのプロテインシェイカーについても多少触れておきます。ここでいう飲み口が狭いシェイカーは蓋にキャップが付いており、それを開けて飲むタイプとなっています。飲み口が狭いため、広いタイプのようにこぼす心配はありません。またキャップでの開閉なので素早く飲めるという点もありますが、一気に飲めず洗いづらいというデメリットがあります。

プロテインシェイカーの選び方:容量(サイズ)

続いてご紹介するプロテインシェイカーの選び方のポイントはプロテインシェイカーのサイズについてです。一般的にプロテインシェイカーの平均的なサイズは400~500mlとされています。しかし、中には800~1000mlほどの容量の大きいものも存在します。プロテイン1回分に必要な水や牛乳は200~300ml程度なので、プロテインシェイカーを選ぶ際の容量の基準は400mlあれば十分と言えます。

このプロテインシェイカーの容量・サイズについてですが、あまり大きいとスポーツジムや出先などに持っていく際にかさばってしまって荷物になってしまいますので400mlが十分であると言えます。しかし、冒頭でもお話ししたように、プロテインシェイカーとしての使用だけではなく、水筒としての使用やその他のサプリメントの飲用に使う場合は容量は大き目がおすすめといえます。

プロテインシェイカーの選び方:メッシュの有無

最後にご紹介するプロテインシェイカーの選び方はメッシュという部品があるかどうかという点です。1つ目のポイントのご説明でもお話ししましたが、一般的に数百円で購入できるプロテインシェイカーはカップと蓋だけのものがほとんどです。しかし、プロテインの粉末が溶けやすいようにこだわった作りとなっているプロテインシェイカーは蓋の裏側にメッシュのカバーが付いているものがあるのです。

このメッシュカバーがプロテインシェイカーにあるのとないのとではプロテインの混ざりやすさが劇的に変わってきます。メッシュがあれば、プロテインが溶けやすくダマになりにくいのでおすすめとなっています。しかし、メッシュカバーは洗いにくいというデメリットがあるため、プロテインの溶けやすさと洗いやすさのどちらのメリットをとるのかは皆さん次第と言えます。

プロテインの容器・シェイカー人気商品

上記ではプロテインシェイカーの選び方についてお話ししてきました。ここではその選び方を参考にしながらプロテインシェイカーの中でも特に人気な商品たちをご紹介していきます。ご紹介するプロテインシェイカーそれぞれについてご説明しますので、ご自身が求めるプロテインシェイカーをご自身のニーズに合わせて探してみてください。

プロテインシェイカー人気商品:プロテインメーカーのシェイカー

スポンサーリンク

まずはじめにご紹介する人気プロテインシェイカーはプロテインを実際に取り扱っているメーカーが販売しているシェイカーです。プロテインメーカーのシェイカーを購入するメリットとしてはプロテインとシェイカーの統一感が出るという点と価格が極めて安価であるという点です。一方安価であるがゆえに簡素な作りとなっているため、機能性にこだわる方にはおすすめしないタイプであると言えます。

人気プロテインシェイカー:ザバスプロテインシェイカー

まず1つ目にご紹介するプロテインメーカーから販売されているプロテインシェイカーは日本で一番人気のあるプロテインブランドとされているザバスのプロテインシェイカーです。このザバスのプロテインシェイカーは極めてシンプルなデザインとなっており、「ザ・プロテインシェイカー」と言えるようなシェイカーになっています。値段が400円と格安なのも人気の要因と言えるでしょう。

人気プロテインシェイカー:ゴールドジムプロテインシェイカー

続いてご紹介するプロテインメーカーが販売するプロテインシェイカーはゴールドジムのプロテインシェイカーです。ゴールドジムのプロテインシェイカーは世界一有名なスポーツジムである「ゴールドジム」のプロテインシェイカーであり、ゴールドジムはプロテインブランドとしても定評があります。プロテインシェイカーの中では珍しい黄色のカラーリングによるデザインが人気の秘訣と言えます。

人気プロテインシェイカー:DNSハンディシェイカー

最後にご紹介するプロテインメーカーが販売しているプロテインシェイカーはDNSハンディシェイカーです。このDNSハンディシェイカーは本格派プロテインブランドとして有名な「DNS」が販売するプロテインシェイカーとなっており、こちらのシェイカーも400円程とリーズナブルな値段設定となっており、持ち手がついているため持ち運びが便利な点が人気の理由となっています。

プロテインシェイカー人気商品:本格派プロテインシェイカー

上記では主にプロテインメーカーの人気シェイカーについてご紹介しましたが、ここでは本格派のプロテインシェイカーについてご紹介します。本格派と言ってはいるものの、価格としては2000円程度で購入できます。また、本格派プロテインシェイカーのメリットは機能性が優れており、デザイン性が高いということです。デメリットとしてはやや値が張る点と洗いにくいという点が挙げられます。

人気プロテインシェイカー:スマートシェイクスリム

ここからは人気の本格派プロテインシェイカーについてご紹介します。まずはじめにご紹介する本格派プロテインシェイカーはスマートシェイクスリムと言うプロテインシェイカーです。このスマートシェイクスリムは多くの方が愛用しているプロテインシェイカーとなっており、アスリートや筋トレ上級者の方にも多く愛されている本格派プロテインシェイカーとなっています。

スマートシェイクスリムの特徴としてはプロテインやサプリを入れられる収納スペースが底の部分についているという点が挙げられます。ジムや出先などでプロテインを飲む際などに、収納部分にプロテインやサプロを入れて持っていけるため大変便利な機能となっています。またメッシュカバーもついているため溶けやすさも保障されています。その他にも様々な機能的な面があり人気となっています。

人気プロテインシェイカー:ブレンダーボトル

続いてご紹介する本格派の人気プロテインシェイカーはブレンダーボトルというプロテインシェイカーです。こちらのブレンダーボトルの最大の特徴はシェイカー内に入っているステンレスのボールです。ステンレスのボールが入った状態でプロテインをシェイクすると、従来のシェイカーよりも劇的に混ざりやすくなるという点がメリットです。

このブレンダーボトルは見た目においてもプロテインシェイカーとは思えないほどのスポーティーでおしゃれなデザインなので、ジムやフィットネスクラブに行っても周りの人と差別化でき、オリジナリティが出せるプロテインシェイカーとなっています。カラーバリエーションも豊富なため、お気に入りのカラーを選べるのもこのブレンダーボトルが人気である理由と言えるでしょう。

プロテインの容器・シェイカーのメリット

ここまでプロテインシェイカーの選び方や実際に人気のプロテインシェイカーについてお話ししてきました。そこでここではおさらいもかねてプロテインの容器・シェイカーのメリットとデメリットについてお話しします。メリットとデメリットをしっかりと把握することで、ご自身にシェイカーが必要なのか否か、また必要であればどのようなタイプが良いのかという事が分かってくるはずです。

それではまずプロテインシェイカーのメリットについてご紹介していきます。主なプロテインシェイカーのメリットとしてはジムや出先でプロテインが飲めるという事と、コップなどを使って水で割るよりも格段にプロテインが溶けやすいという事です。特にこのメリットはジムなどに通っている方にとっては必要不可欠であり、嬉しいメリットと言えます。

プロテインの容器・シェイカーのデメリット

続いてはプロテインシェイカーのデメリットについてご紹介します。こちらについてですが、正直な話特にないと言えます。というのもプロテインシェイカーはもともとプロテインがコップなどでは混ぜづらく、プロテインをジムや出先で飲む事ができないという不満を解消するために考案されたアイテムであるがゆえにその存在自体がメリットと言えるのです。

強いてあげるとすれば、プロテインシェイカーを初めて買う際の初期費用と持ち運ぶものが増えるという点ですが、値段に関しては冒頭でもお話ししたように安価で手に入れる事が容易にでき、持ち運びの不便もサイズによっては不便にすらないものとなっています。よってみなさんご自身のプロテインシェイカーの選び方次第でデメリットも変化してくると言えます。

まとめ:プロテインの容器・シェイカー

ここまでプロテインの容器・シェイカーについてお話ししてきましたが、プロテインの容器・シェイカーは持っていると大変重宝するものとなっています。トレーニングライフをより快適にかつジムにおいてもスタイリッシュに振る舞うにはうってつけのアイテムとなっています。みなさんも今回ご紹介した人気のプロテイン容器などを参考に、楽しくかっこよくトレーニングやダイエットに励みましょう。

人気記事