Medium f5c7b8f5b3073c84

プロテインは有酸素運動にも必要?筋トレとの効果的な順番・タイミング

プロテインとは、筋トレをするための飲み物というイメージですが、有酸素運動も一緒にすると効果的なのをご存じですか?筋トレのすることも大切ですが、プロテインを飲むタイミングと有酸素運動をするタイミングを、効果的な順番ですることで、簡単に痩せる事が可能になります。

カテゴリー:ダイエットの基本期間・ペース  作成者:megane3  投稿日:2017/10/06

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

プロテインと有酸素運動の効果的なタイミングを紹介

6719d5f4a6b39367

プロテインは筋トレのために使われる飲み物ですが、有酸素運動をすることで、効果的にダイエットができると言われています。効果的にダイエットをするなら、タイミングと順番がとても大切で、筋トレと有酸素運動の順番も気にしなければいけません。プロテインと筋トレと有酸素運動を使って、効果的にダイエットができる順番を、紹介するので活用しましょう。

プロテインとは?

プロテインとは、筋トレにも使われる飲み物です。たんぱく質から作られていて、原料は様々なもので作られています。効率的に吸収されるので、飲むタイミングは考えて使わなければいけません。筋トレ後の筋肉の細胞は、ボロボロになっています。それを修復させる時に使われるので、プロテインは筋トレとしてよく使われています。

プロテインには種類がある

8af2a7696cfcdbd2

プロテインはたんぱく質なので、様々な種類のプロテインがあります。大きくいうと動物性から植物性まであり、作り方がそれぞれ違うので吸収される早さも違います。ダイエットの方法によってプロテインの種類を変えると、より効果的にダイエットができておすすめです。特徴が違うので、ダイエットに合わせてプロテインを選びましょう。

ソイプロテイン

ソイプロテインとは、植物性のプロテインになります。原料は名前の通り、大豆を使ったプロテインなので、お腹に優しいプロテインと思っていいでしょう。そのかわりに、吸収が遅いので飲むタイミングを間違えないようにしましょう。筋トレの効果と同時に、女性ホルモンにいいイソフラボンが摂取できるので、美容効果も期待できる一石二鳥なプロテインです。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインとは、動物性のたんぱく質である牛乳から作られていて、全体の80%も含まれています。その分、消化されるスピードが遅く、その特徴をいかして睡眠中にも、アミノ酸を送り続ける事が可能です。長時間食事ができない環境にいる人には向いているプロテインでしょう。ダイエット効果が高い事も研究で発表されているようです。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは、先ほどのカゼインプロテインと同じ牛乳から作られていますが、全体の20%含まれている物が、ホエイプロテインになります。なんといってもホエイプロテインの特徴は、吸収されるスピードが、他のプロテインよりも早い事です。そのため、飲むタイミングを筋トレ直後にすることで、効果的に筋トレができるようになります。有酸素運動にもおすすめのプロテインです。

プロテインを使う意味

F72a6f4194235d0e

なぜプロテインが必要かというと、筋肉を付ける時に必要なたんぱく質の量が、現代人には足りていないからです。筋トレをすると、筋肉の細胞が壊れてしまい、それを修復させることで、筋肉が大きくなっていきます。筋肉が大きくなる事で代謝が上がり、ダイエットしやすい体に変わっていきます。そのタイミングでプロテインを使うことで、より効率的に筋肉をつけられるわけです。

筋トレ前後に使うと効果的

4b7e4b8904731d85

効果的に筋肉をつけるなら、筋トレの前後にプロテインを飲むと、修復のタイミングでたんぱく質が増えるのでおすすめです。プロテインは、吸収が早いホエイプロテインを選ぶと、より効果的に筋肉が付きます。筋トレをした後には、筋肉がたんぱく質を1番必要としているので、タイミングとして最高でしょう。タイミングによっては、有酸素運動を組み合わせると、さらに効果が期待できます。

筋肉が付きやすくなる

0928b41713967520

効果的に筋肉を付ける時は、プロテインが必要不可欠です。特に日本人は、お米を主食にしている事から、たんぱく質が足りていません。筋肉をつけるには、たんぱく質が必要になるのでプロテインを使うことで、効率的に筋肉を修復できて、筋トレの効果以上に筋肉を付けられるのがプロテインだからです。ダイエットとしても効果が期待できるので、プロテインを積極的に使うことをおすすめします。

有酸素運動とは?

5e99455f8dbc54ed

有酸素運動とは、比較的弱めの力で筋肉に負荷をかける運動の事で、体にたまっている脂肪からエネルギー源を使っていきます。その影響で脂肪燃焼効果が高く、ダイエットにおすすめの効果ですが、長く運動することが必要です。筋トレと組み合わせることで、さらに効果が上がりますが、正しいタイミングで行うことが必要になります。

有酸素運動のメリット

F46b7d2a09b9030a

有酸素運動は、弱めに負荷をかけることが重要ですが、他の運動と比べて気軽に始められることが、メリットになります。きつい運動をする必要がないので、これからダイエットをしようと思っている人には特におすすめで、ダイエット効果を高めるには有酸素運動が必要不可欠と思っていいでしょう。具体的にどのようなことが、有酸素運動のメリットになるでしょうか?

基礎代謝の増加

914800350f99873e

酸素を取り込んで脂肪を燃焼させることで、基礎代謝を上げられるのが、有酸素運動の特徴の一つになります。効率的にダイエットするには、基礎代謝を上げる事が重要ですが、脂肪を燃焼させるほどの代謝を上げるには、20分は続けないといけません。他の運動と有酸素運動を組み合わせると、さらに基礎代謝を上げられるのも、メリットの1つです。

体脂肪燃焼

794a7bbc7adeaedc

有酸素運動は、脂肪を燃焼させてエネルギーに変える方法です。なぜ有酸素運動で体脂肪を燃焼できるかというと、血液のエネルギーを不足させられるのが理由になります。筋トレなどの無酸素運動は、筋肉のエネルギーを優先的に使っていくので、脂肪を燃焼できません。筋肉になるべく負荷をかけずに行う有酸素運動は、脂肪を燃焼させる理想の形なわけです。

有酸素運動のデメリット

Ee240666c654ad2e

有酸素運動をすればダイエットは成功すると思っている人は、大きな間違いをしています。有酸素運動は万能ではありません。なるべく負荷をかけずに行うからこそのデメリットがあります。このデメリットを補う方法は色々あるのは、有酸素運動が無理のない運動だからなのかもしれません。デメリットを知った上でダイエットをすると、さらに効果を上げられるので覚えておきましょう。

消費カロリーは少なめ

スポンサーリンク

A0accf034a2780a3

有酸素運動は、なるべく負荷をかけずにする運動なので、他の運動に比べて消費カロリーが少なくなってしまいます。脂肪を燃焼させやすい分、カロリーは消費できていません。カロリーが消費できていないので、有酸素運動したからご褒美にデザートなどを食べない方がいいでしょう。筋トレを組み合わせることで解消できますが、順番を知る必要があります。

筋トレには向いていない

3be57149d7fa2c87

有酸素運動は、筋肉の負荷をなるべくかけないようにすることが重要な運動になります。血液のエネルギーを使うことで脂肪を燃焼させる事ができるからです。なので筋肉を付ける事が難しく、有酸素運動は筋トレとして向いていないでしょう。脂肪を燃焼させるためのダイエットと思って、頑張った方が効果が出します。有酸素運動の得意分野を知ってダイエットに励みましょう。

有酸素運動だけだと続けにくい

D76f0890e5ae2c95

気軽な運動で始めやすい有酸素運動ですが、必ず20分以上は続けないと効果が出ません。これを毎日続けるのは、なかなか難しいのが現状ではないでしょうか?続けることでダイエットができるのに、時間がかなりとられてしまうのは、面倒になってしまいます。それが嫌な人は、有酸素運動を他のダイエット法と組み合わせることで解消できます。

ポイント

有酸素運動は脂肪を燃焼させるための運動

有酸素運動のデメリットをプロテインで解消

24bb5cf3bd165757

有酸素運動は、効果が出始めるのに時間がかかるうえに、筋肉が付かないので辞めてしまうと、ダイエットが失敗してしまいます。それを解消させる方法は、正しいタイミングでプロテインを飲む事です。プロテインのメリットを生かすことで、有酸素運動のデメリットを少なくさせる事ができます。プロテインの役割は、筋肉を付ける事ですが、有酸素運動にどのような点で手助けになるのでしょうか?

筋肉が付きやすくなるプロテイン

C34b49bd4a37f04c

プロテインは、筋肉を付けるための飲み物になります。筋肉は筋トレなど負荷をかける運動をしないと、分解されて筋肉が落ちてしまいます。有酸素運動の後にプロテインを飲む事で、この分解を抑える事ができます。有酸素運動は、筋肉に負荷をかけずに運動をするので、筋肉が付くわけではありませんが、筋肉を維持させる事は可能です。

有酸素運動と筋トレを組み合わせると効果的

4cb3b9fc31f31ed2

有酸素運動は、筋肉が付きにくい運動なので、その場で脂肪を落とすことは可能ですが、持続的にダイエットするには難しいのが特徴です。逆に筋トレは、筋肉を付ける事が得意ですが、脂肪を落とすのは不得意になります。それぞれのいい点と悪い点を補うことができる、二つの運動を組み合わせると、ダイエット効果がかなり期待できるようになります。

効率よく脂肪を落としながら筋肉が付く

33837b4a5e589735

筋トレをすることで筋肉を付ける事ができますが、筋肉が付かないと代謝が上がらず、ダイエット効果は期待できないと思いがちです。ですが、筋トレ直後は代謝が上がっています。これを利用して、有酸素運動をすると、代謝が上がっている上に脂肪を燃焼させる有酸素運動をすると、さらにダイエットが効率的に行えます。さらに筋肉を付けられて、持続的に脂肪を燃焼できるのでおすすめです。

ダイエットを成功させる効果的なタイミング

B01ba61f094ce2d2

筋トレを有酸素運動の組み合わせは、ダイエットに効果的なのはわかりましたが、プロテインも組み合わせると、さらにダイエットを成功しやすくなります。しかしその日の気分でそれぞれ運動しても、ダイエットは成功しません。それは、それぞれの特徴を知り、正しい順番とタイミングでダイエットの効果に差を出します。どのようなタイミングなのでしょうか?

先に筋トレをして有酸素運動を後にする

B286cb4141d59efe

筋トレをすることで筋肉が付きますが、ダイエット目的でこの二つを組み合わせるなら、筋トレの後に有酸素運動をすることで、筋トレの代謝がアップする効果でさらに脂肪を燃焼してくれます。要するに筋トレを、準備運動の代わりにするという事です。そうすると、筋肉もある程度付ける事ができますし、有酸素運動で脂肪をさらに燃焼してくれます。

プロテインは最後に飲む

C77b4ba4b218bcc5

プロテインは、筋肉を付けるための飲み物なので、筋トレの後にとってしまうと、プロテインの糖質を使って筋肉に変えてしまいます。その上、糖はエネルギーなので、有酸素運動の時に、その糖が体脂肪を燃やす邪魔をしてしまいます。それでは、体脂肪を落とす有酸素運動の意味がなくなってしまうので、ダイエット目的でプロテインを使うなら、有酸素運動の後に使いましょう。

ポイント

筋トレ⇒有酸素運動⇒プロテインの順番がおすすめ

プロテインはあくまで補助的な立ち位置に

F107e81289ac6758

プロテインは、筋肉を付けるためのものなので、有酸素運動の筋肉の維持のために使いましょう。ダイエットのためのプロテインの使い方は、補助的な立ち位置が1番おすすめです。効率よく筋肉が付くように作られたプロテインなので、体重を落とす目的で使うと、逆効果になってしまいます。ただ筋肉を付けるだけでなく、筋肉がつく事で痩せるプロテインの使い方をしましょう。

たんぱく質で基礎代謝を上げるためのプロテイン

68ad04e1a272c4b3

筋肉が付いて、ダイエットに役立つメリットとは、基礎代謝が上がる事です。基礎代謝が上がれば、それ以上筋肉を付ける必要はありません。筋肉が付きすぎてしまうと、ダイエットしにくくなるからです。プロテインは、基礎代謝を上げるための補助的なものと思って使うなら、有酸素運動の後の方がいいでしょう。

おすすめのプロテインはホエイプロテイン

筋肉を付けるためでなく、基礎代謝を上げるためのプロテインの選び方とはどうすればいいのでしょうか?1番おすすめなのは、扱いやすいプロテインになります。扱いやすいプロテインとは、自分でコントロールしやすい物を選びましょう。この時間に飲めばダイエットしやすいと判断できるプロテインという事です。そのようなプロテインは、ホエイプロテインしかないでしょう。

吸収がいいからダイエットにはおすすめ

67172b6e76bf2f6c

なぜホエイプロテインが、自分でコントロールしやすくて、ダイエット効果が期待できるかというと、プロテインの中で吸収率が1番いいからです。吸収率がいいという事は、飲んだ後にすぐ効果が出ると判断できます。ホエイプロテインの効果は、遅くても1時間くらいなので、時間のかかる有酸素運動にちょうどいいわけです。

ポイント

吸収がいいホエイプロテインを有酸素運動の後に飲む

プロテインと有酸素運動の効果的なタイミングまとめ

8611c529a2fe72d6

ダイエットとして有酸素運動と筋トレをするときに、弱点を補う事ができるタイミングは、先に筋トレをして後に有酸素運動をしましょう。代謝の上がるピークを有酸素運動に持っていくことで、脂肪燃焼の手助けになります。プロテインはその有酸素運動の後に飲みましょう。すると、脂肪燃焼効果を引き伸ばしてくれたり、筋力の維持ができるのでおすすめです。

人気記事