Medium 39f11b3a6eb011c9

スクワットラック・パワーラックの使い方!自宅用のおすすめも紹介

スクワットラックは、筋肉がムキムキの人が使っているイメージですがダイエットにもおすすめの器具です。それは筋肉を効率的に鍛える事で、代謝が上がってダイエットしやすい体質になるからです。自宅でも使えるスクワットラックがあるので、おすすめを紹介します。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエット器具  作成者:megane3  投稿日:2017/10/10

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

スクワットラックの使い方とおすすめラックはどれか?

F6ef16a021447f46

スクワットラックは、別名パワーラックとも言いますが、使い方がさまざまで、筋トレをしてもダイエット用としても気軽に使えておすすめです。スクワットラックは、イメージとして大きいラックしかないと思うでしょうが、自宅でも使えるようにコンパクトで、使いやすい物もあります。おすすめのスクワットラックと使い方を紹介するので、参考にしてみてください。

スクワットラックとは?

スクワットラックとは、よくジムに行くと設置してある筋トレ器具のことで、バーベルを置く台です。パワーラックともいい、スクワットでよく使うのでスクワットラックとも言います。スクワットラックは、筋トレをする人向けに作られているのですが、ダイエットとしても効果が高いため、自宅でも気軽に使えるスクワットラックも増えているので、人気が高まっているようです。

自宅にスクワットラックを置くおすすめの理由とは?

Dc0c7e2e73542848

スクワットラックは、筋トレする人のための器具なのに、なぜおすすめしているのかというと、本格的にダイエットをしようと思っている人にとって、適している器具だからです。ダイエットは基礎代謝を上げる事で、自然と痩せる事ができます。人間の代謝量の20%が筋肉なので、筋肉を付ける事で効率的に代謝を上げられるからです。

ジムに行かなくても筋トレが可能

A631be9908a63e45

スクワットラックを使うと、効率的にダイエットができますが、それを自宅に置くことで気軽に筋トレが可能です。ジムに行くには、どうしても外に出ないといけない為、面倒で続けられない可能性がありますが、自宅にスクワットラックがあると、帰ったらすぐにトレーニングが可能で、気軽にダイエットができます。

ジムに行く手間とお金が省ける

23bef663d34bfd0b

どうしてもジムに行くには、お金が必要です。大体のジムが月額制で支払いが発生しますが、大体の相場が5000円から10000円くらいのようでして、高く見ると年間で12万円にもなってしまいます。それを思うと、スクワットラックを自宅に置いておけば、帰ったらすぐに自分の好きな時間にできる上に、物によりますが年間料金よりも安く抑える事も可能です。

スクワットラックを使った筋トレを集中してできる

De2ceabcd7d33158

ジムに行くと誰かがスクワットラックを使っていて、思い通りに使えなかったり、順番を気にしながら筋トレすることになるので、意外ですが筋トレに集中できていません。自宅にスクワットラックを置いておくと、誰の目も気にすることなく、筋トレをすることができ、自分で好きなようにメニューも組む事ができて、楽しみにもなります。

自宅で使えるおすすめのスクワットラックの選び方

73f24da01ecbfa49

スクワットラックを自宅に置く場合は、意外にも場所をとってしまいます。それを考えたうえで、どのようにスクワットラックを選べばいいのかを紹介します。ジムのような広い場所が1番の理想ですが、自宅でそれをできるのはごく一部の人だけです。ポイントをおさえてスクワットラックを選ぶのがおすすめです。

部屋に合ったスクワットラックを選ぼう

おそらく自宅にスクワットラックを置こうか迷っている人の多くが、どこに置いて使おうか迷っていることでしょう。まず広い場所を確保する事が重要です。そもそも使うスペースがない事には、筋トレすらできません。その上スクワットラックは、意外にも騒音のトラブルになる事があります。防音ができる環境を作ることで、気にせずスクワットラックで筋トレができておすすめです。

ハーフタイプのスクワットラックもおすすめ

自宅にスクワットラックを置く場合、場所を確保するのが難しいでしょう。そのような時は、ハーフタイプのスクワットラックがおすすめです。一般的なスクワットラックを使うには、4畳くらいにスペースが必要ですが、支柱が4本の一般的なスクワットラックに比べて、ハーフラックは2本なので、半分よりは広いスペースで済みそうです。その分安定性が悪くなるので、使うときに注意が必要です。

スクワットラックのおすすめの使い方

503238aa2ff58eae

スクワットラックがあると、使い方を選んで筋トレができます。さまざまな使い方があるので、自分がどこをダイエットしたいかによって使い方を選びましょう。本来はトレーナーの人見てくれるので心配がありませんが、自宅でトレーニングをする場合、無理をしてしまうとケガをしてしまう場合があるので、注意して筋トレをしましょう。

バーベルバックスクワット

スポンサーリンク

よくバーベルスクワットと耳にするのは、バーベルバックスクワットの事です。バーベルを頭の後ろに持ってスクワットをする筋トレです。大腿四頭筋を鍛えられますが、正しいスクワットができていると、全身の代謝を上げられる、おすすめの使い方です。背筋をまっすぐにしてスクワットをしないとケガをするので、注意してスクワットをしましょう。

バーベルフロントスクワット

バーベルを顔の前に持ってスクワットをする方法が、バーベルフロントスクワットです。基本的に先ほどと同じ下半身を鍛える事がメインですが、前にバーベルを持ってくることで、上腕三頭筋などの腕の筋肉を鍛える事が可能になります。バーベルバックスクワットとセットで行うと、さらに効果的にダイエットができるので、おすすめの筋トレです。

オーバーヘッドスクワット

先ほどのスクワットは、頭より下で行うスクワットなのですが、オーバーヘッドスクワットは名前の通り、頭の上にバーベルを持ち上げてスクワットをします。ウェイトリフティングでも、よく使われる筋トレ方法なので、上級者向けのスクワットです。先ほど紹介したスクワットにはない、筋肉を鍛える事ができるので、全身の代謝をもっと効率的に上げたい人には、おすすめの筋トレです。

ノーマルベンチプレス

ベンチプレスはよく耳にする筋トレ法ですが、名前の通りベンチが必要になるので、スペースがそれなりに必要です。ベンチは床と平行にして、大体45㎝くらいの高さで筋トレをします。とくに大胸筋全体を中心に鍛える事ができるので、スクワットとセットで行うとバランスよく筋肉を付けられておすすめです。100キロが目標と言われていますが、自分のできる範囲で筋トレをしましょう。

足あげベンチプレス

両足を上げながらベンチプレスをすることで、さらに上半身の筋肉を鍛える事ができます。足先を膝より下にすると効果が少ないので、膝より上に足先を上げてベンチプレスをしましょう。足を上げてベンチプレスをするので、床の上でもトレーニングが可能なので、場所を取らずにするには、足あげベンチプレスがおすすめです。

デッドリフト

デッドリフトと聞くとあまり聞き慣れないでしょうが、ダイエット目的で筋トレをするにはおすすめのトレーニングです。バーベルを下に置いて、腰くらいまで垂直にバーベルを持ち上げます。スクワットやベンチプレスは、腰よりも上に持ち上げるので難しそうですが、デッドリフトは意外に誰でもできておすすめです。背中やおしり、上半身まで全身の筋肉を鍛えられます。

おすすめの自宅用スクワットラックを紹介

F94f0d214bee4a42

自宅でスクワットラックを使うにはスペースが必要と紹介しましたが、選ぶ時間がない人のために、気軽にスクワットラックが置けるおすすめを紹介します。スクワットラックは、どうしても器具自体が大きいので、価格も高くなりがちです。スクワットラックの中でも価格を抑えられていて、省スペースでも使いやすい物を見つけたので紹介します。

自宅用スクワットラック【FIGHTINGROADプロスクワット台】

このスクワットラックをおすすめする理由は、なんといっても価格が安い事です。平均しても数万円かかるスクワットラックが、1万円前後で売られています。この浮いたお金で、防音対策を行えば気軽に筋トレができるでしょう。しかし、良い事ばかりでなく値段が安い分安定性が気になるので、重いバーベルを置くのはやめたほうがよさそうです。

自宅用スクワットラック【IROTECパワースクワットラック】

価格と安定性と省スペースのバランスがとてもいいこちらのスクワットラックは、ハーフタイプです。一般的なスクワットラックはどうしても形が大きいので、置く場所がなく、高くて手が届かないでしょう。ですがこちらのスクワットラックは、先ほど紹介した物よりも安定性が高く、ベンチも使えるのでおすすめです。

自宅用スクワットラック【IROTECパワーラック455】

初めてスクワットラックを選ぶならこちらがおすすめです。それは最も価格が安い上、安全性が高い一般的な支柱が4本あるタイプで、コスパが抜群だからです。価格が安い物だとどうしても安定感がなくなるため、集中できませんが、こちらだとその心配がありません。とりあえずスクワットラック選びに迷っているなら、こちらで間違いないでしょう。

スクワットラックの使い方とおすすめのラックまとめ

0eb45fc1b63ea0aa

スクワットラックを自宅で使うには、スペースを確保し、そのスペースに合ったラックを見つける事が大切です。使い方も幅が広くほぼ全身の筋肉を鍛えられます。しかし重いバーベルは危険なので、なるべく支柱が4本の物を選ぶのがおすすめですが、そこまで重い物を必要としない場合は、ハーフタイプを選びましょう。

人気記事