Medium ff2efe3c6544329b

スムージーと野菜ジュースの違いとはなに?それぞれの特徴まとめ

最近セレブや芸能人も愛飲していることで大人気のスムージーですが、野菜ジュースとの違いは何なのでしょうか?含まれている栄養や効果などの違いが気になります。今回は、気になるスムージーと野菜ジュースの違いについてご紹介していきます。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットシェイク  作成者:よっこ  投稿日:2017/10/13

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

バナー原稿imp

スムージーと野菜ジュースの違いとは?

Fdd8c7426a4aab22

スムージーや野菜ジュースを飲むことを習慣としている人は多いと思います。毎朝の栄養補給として飲んだり、ダイエットとして間食などをスムージーに置き換える方法も人気です。海外セレブやモデルさんも愛飲していることから、世界的にスムージーブームが広がりました。

017965fb6b923575

そこで純粋な疑問なのが、スムージーと野菜ジュースの違いは何なのか?ということです。確かにスムージーは健康に良いとされていますが、栄養なら野菜ジュースで摂れるのでは?という疑問を持つ人は多いと思います。そこで今回は、スムージーと野菜ジュースを徹底的に比較して効果や栄養について解説していきます。

Dbb38c2804451143

スムージーと野菜ジュースの違いとして大きく分けると、「材料の違い」「製法の違い」「栄養の違い」が挙げられます。細かく調べていくと、スムージーと野菜ジュースには違いがたくさんあることが分かりました。それぞれの違いについてそれぞれ分かりやすく知り、スムージーや野菜ジュースを健康的な生活の補助として役立てていきましょう。

F72f7dd1036ff086

スムージーには様々な種類がありますが、今回は栄養補助として代表的に飲まれている「グリーンスムージー」と野菜ジュースの比較を行なっていきます。

スムージーと野菜ジュースの材料の違いとは?

E1337fae6ff10213

スムージーと野菜ジュースは、含まれている材料が違います。野菜ジュースとは、様々な種類の野菜と果物をミックスさせて作られている飲み物です。スムージーとは、特に緑色の葉野菜と果物を使用して作られている飲み物です。野菜ジュースは人参やトマトなども含むことが多いためオレンジ色をしていますが、グリーンスムージーはほとんど緑色をしていることが多いです。

スムージーと野菜ジュースの製法の違いとは?

9176102d1d60143b

市販されている野菜ジュースの製法は、野菜をミックスさせて加熱しています。加熱するのは清涼飲料水として売るためで、加熱するとビタミンなどの栄養が破壊される場合があります。一方、スムージーは加熱をしないため清涼飲料水としての扱いではなくなります。

F1dfe63996d510ca

このような製法の違いにより、消化がスムージーの方が遅いという事実があります。そのために腹持ちが重視される置き換えダイエットにもスムージーの方が適しているのです。

スムージーと野菜ジュースの栄養の違いとは?

E8ebc692497bfedb

製造方法の違いにより、野菜ジュースの栄養は加熱により破壊されやすくなっているため、野菜ジュースは商品によって栄養価がスムージーに劣ってしまいます。特に破壊されやすいのはビタミンと言われています。また、食物繊維の有無にも違いがあります。加熱がされていないフレッシュジュースであっても、食物繊維を取り除いるためスムージーよりさらさらとして飲みやすい場合が多いです。

986d774f9f52b33c

そのため、野菜ジュースの方が消化されやすいことが特徴です。また、スムージーはでんぷん質が多く使われた野菜を中心に作られているのも特徴です。でんぷん質とは、分かりやすく言うと炭水化物と似た、人間が生きるためのエネルギーに必要な要素です。スムージーに少しとろみを感じるのも、でんぷん質が原因です。

バナー原稿imp

スムージーと野菜ジュースを効果別に飲み分ける方法とは?

ダイエット効果にはスムージー

9bf970ad04dab098

ダイエットをしていて大切なのは、栄養が摂れることに加え、「腹持ちが良く置き換えがしやすい」ということです。食事制限を行なっている期間は、満腹感があり食欲を満たしてくれる飲み物の方が活躍します。単なる栄養補給ではなく、スムージーはとろみが腹持ちを良くしてくれる効果があるため、ダイエットに適しているのはスムージーと言えます。

体調がすぐれない時は野菜ジュース

D4cf4770f1121a27

風邪を引いてしまったりして自宅で休んでいる時など、体調がすぐれない時におすすめなのは野菜ジュースです。理由は、食物繊維が少なく飲みやすい加工がされているため、栄養素を早く吸収することができるためです。体調がすぐれない時はいち早く栄養を補給して休む必要があるため、野菜ジュースが適しています。

31064ba0fa61cccc

また、胃腸が弱い人にも野菜ジュースやフレッシュジュースがおすすめです。スムージーと比較して優しく消化される特徴があるため、胃腸にかかる負担が少なめです。スムージーは吸収が遅いため、体調が悪い時の早急な栄養補給としては適していません。

スムージーの効果を高める飲み方とは?

Aef28ddee063d5a5

スムージーは間食に飲むのがおすすめです。空腹に負けて間食してしまうと、脂質や糖質など不必要な栄養を摂りすぎてしまい、太ってしまいます。そんな時はスムージーで空腹を満たすことで、無駄な間食を減らすことができます。スムージーは野菜の栄養も摂りながらダイエットができるので合理的です。

4bc630581884226f

スムージーを長く続けるコツとは、「味の工夫をする」ということです。スムージーを自分で作る人は、フルーツを変えたりして味に変化をつけることができます。バナナやキウイなどのフルーツを替えながらスムージーを楽しむと効果的です。

スポンサーリンク

Bc6912cfacb0fd04

スムージーを飲む際に注意した方が良いことは、スムージーを「冷やしすぎない」ことです。氷を入れてさらにおいしく仕上げる方法もありますが、冷えたスムージーは内臓に負担がかかり健康に悪い上、肌荒れを引き起こしてしまう可能性もあります。健康と美容のためにもスムージーは常温くらいの温度で飲むのがベストです。

スムージーの効果を高める目的別の材料

8d48044e326aa5e3

スムージーの作り方には様々な方法があります。どのようなスムージーが自分好みでしょうか。ここから、いくつかスムージーの簡単な作り方をご紹介します。

デトックス効果のためのスムージーに入れる材料

Ecf0f29467cd527c

デトックスを目的としたスムージーに入れるのでおすすめなのは、ほうれん草・小松菜などの緑色の野菜です。飲みやすい方が好みの人は、スムージーにアボガドを入れてみるのもおすすめです。カフェドリンクのようなおいしいスムージーが出来上がります。

美肌効果のためのスムージーに入れる材料

2896fce1b5e8b688

美肌になるために必要な栄養は、やはりビタミンです。美肌になるためにスムージーに入れた方が良い材料は、トマト・ブルーベリー・赤パプリカなどです。スムージーとして飲みやすくするためには、ブルーベリーやラズベリーなどのベリー系を入れるのがおすすめです。程よく甘みもありジュースのように飲みやすいスムージーになります。

エネルギー補給のためのスムージーに入れる材料

00fdeb4aebfe849c

疲れた時や元気を出したい時に、エネルギー補給のためのスムージーを飲むのがおすすめです。入れる材料としては、バナナ・グレープフルーツなど黄色い果物や、生姜がおすすめです。

19a3a9eadd2b2bf4

特にバナナは糖などの栄養を素早く吸収することから、朝食に適しています。スムージーに入れる際は、皮についている白いスジも使用した方がより栄養を多く摂ることができます。スジは普段取ってしまう人が多いかもしれませんが、他の材料と一緒にスムージーに混ぜてしまえば気になりません。

気をつけるべきスムージーの間違った飲み方とは?

27ebdd8df24d3f05

スムージーは体に良いと評判が高いですが、飲み方を間違えると体に良くありません。スムージーの間違った飲み方とは何かを知って、気をつけて飲みましょう。

スムージーの飲みすぎに注意

5ad1e8c45f57e17e

スムージーの1日に対する適量は、1リットルだと言われています。栄養が摂れると張り切ってスムージーをたくさん飲みすぎてしまうと、カロリーの摂りすぎになってしまいます。特に果物が多く入っているスムージーは、カロリーと糖分が高いため、栄養が偏ってしまい良くありません。

1c7c79a3b6ba7f3e

また、スムージーの飲みすぎは冷えの原因になります。スムージーは温かい飲み物ではないので、飲みすぎると体を冷やしてしまいます。また、スムージーを飲みすぎるのは胃腸への負担となります。スムージーは消化が遅いため、胃を驚かせてしまい消化不良になってしまう可能性があります。スムージーは1日1リットル以内におさめ、健康を意識した飲み方をしましょう。

スムージーは温めて飲んでも良い?

04bfe77f674fc2dd

スムージーの飲みすぎは冷えの原因になることをご説明しましたが、スムージーを温めて飲むという方法は考えられるのでしょうか。作ったあとに加熱することを想定すると、スムージーの材料に含まれる栄養が逃げてしまうことが考えられるため、スムージーを温めることはおすすめしません。温度はそのままで、飲みすぎないことに注意した方がスムージーの良さを活かせるのでベターです。

野菜ジュースの効果を高める飲み方とは?

220cbadefd9eb36a

野菜ジュースを飲むおすすめのタイミングは朝です。朝は栄養をしっかりと摂ることで、一日の活動に良い影響を与えるため効果的です。また、野菜ジュースにはデトックス効果もあることや、糖の代謝が上がり血糖値が上がりにくくなりというメリットもあります。

D71f87f64ad182c9

野菜ジュースは特に便秘の人におすすめです。便通が悪い時は、消化の良い飲み物で栄養価を素早く届ける必要があります。野菜ジュースは食物繊維が多くさらさらとしていて吸収が早いため、便秘に効果的です。

09cd14512de50291

栄養補給として飲む場合は食前がおすすめです。食事の栄養補助としてとても役立ちます。一方、ダイエット中の人が飲まない方が良いのは寝る直前です。「寝る前の栄養補給に...」と思いがちですが、寝る前に野菜ジュースを飲むと太ってしまう可能性が高いです。夜飲みたい場合は、寝る2〜3時間前に飲むように心がけると良いです。

まとめ:スムージーと野菜ジュースは効果の違いで選ぼう

A8880592fb2c47ad

スムージーと野菜ジュースの気になる違いとは何かについて解説してきました。飲むタイミングや体調によって、スムージーと野菜ジュースを飲み分けることがおすすめです。特にダイエットや美肌にはスムージー、便秘改善や体調不良時には野菜ジュースを飲むのがおすすめです。自分に合った効果を考えてスムージーや野菜ジュースを選んでみましょう。

バナー原稿imp

人気記事