Medium 6ed006ae02684540

スムージーのハンディブレンダーでの作り方!ミキサーよりもおすすめ?

スムージーのハンディブレンダーでの作り方を紹介します。スムージーのためにミキサーを検討していませんか?ハンディブレンダーとミキサーを徹底比較!どちらがおすすめか調査します。スムージーを作るのにミキサーの追加購入を検討している方はぜひご覧ください。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットシェイク  作成者:bellis  投稿日:2017/10/16

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ハンディブレンダーでスムージー!

ミキサーやジューサーでないとスムージーは作れないと思っていませんか?もちろんハンディブレンダーでもスムージーは作れます!そもそもハンディブレンダーもミキサーもほぼ同じものです。「ミキサー」は日本独特の呼び方で、全世界の常識では「ブレンダー」と呼びます。実はハンディブレンダーの方がミキサーよりもスムージー作りに優れているようです。ミキサーとも比較しながらお伝えします。

ハンディブレンダーでのスムージーの作り方!

ダイエットや美容のためのスムージーをブレンダーで作る作り方を紹介します。ハンディブレンダーでスムージーを作るにはいくつかポイントがあります。ひとつめは、スムージーにいれるフルーツや野菜を細かめに切ること。ふたつめは、カップに材料を入れる順番です。ハンディブレンダーは上から混ざっていくので、最初に野菜や葉野菜を入れてからフルーツを入れます。

最後に水分を入れて上から押しあてるようにミキサーします。ハンディブレンダーはパワーのあるミキサーとは違い、パワーが劣ってしまうので滑らかなスムージーがお好みの方は、フルーツの硬い皮は避けたほうがいいかもしれません。少量を作る場合にはとっても素早く作れるので、ハンディブレンダーでスムージーを作るのはおすすめです。

ハンディブレンダーとミキサーを比較!

スムージー作りや調理において、ハンディブレンダーとミキサーのどちらが優れているのか、どちらがおすすめできるのか。気になるスムージー作りや調理においてのハンディブレンダーとミキサーのメリットとデメリットを比較して検証していきます。スムージーを作るのにハンディブレンダーとミキサーのどちらを買うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミキサーのメリット

スムージー作りや調理において、ミキサーのメリットとおすすめの理由をたくさん紹介します。ハンディブレンダーよりも古いイメージがありますが、ミキサーが今でも最新ミキサーが発売されるのにはハンディブレンダーにはない魅力がたくさんあるからです。ミキサーの魅力をとことんお伝えします。

ワンタッチでOK!

ミキサーはボタンを押せば自動で混ぜ合わせてくれるます。両手があくので朝の忙しい時間などにスムージーをつくるときは、ほかのこともやりながらスムージーなどをつくることができます。

量が多くてもはやい!

ミキサーはスムージーなどの材料が多くても、均等に混ざってくれます。中でしっかり混ざるので、スムージーなどの材料が多くても素早く混ざってくれます。

フタ付きで安心!

ミキサーはフタがついているので、スムージーなどの水分が多いものでも飛び跳ねる心配がありません。飛び跳ねを気にせずに勢いよく混ざるので、フタがついていることで速さにもつながります。

氷もOK!

ミキサーは氷も入れて混ざることができるので、冷たいスムージーなどを作るときにとても便利です。調理の幅も広がるのがミキサーがいまだに人気であるひみつです。

ミキサーのデメリット

スムージー作りや調理において、ミキサーのデメリットを紹介します。ハンディブレンダーよりも前にある分、ミキサーのデメリットをハンディブレンダーが補っているという関係になっていることはやむを得ません。そんなミキサーのデメリットをしっかり把握して、ハンディブレンダーと比較してみてください。

洗いものが増える!

ミキサーのデメリットは洗いものがおおがかりであることです。本体と刃の部分とフタなど、洗いものが増えるので、使った後のことを考えるとミキサーを使うのをためらってしまうことがデメリットといえます。ですが、1人分だとそのまま飲める容器になっているミキサーもあるようです。

そそぐのが大変!

ミキサーのデメリットは、スムージーなどとろみのあるものをミキサーにかけて別容器に移すときに、ミキサーの中にたくさん残ってしまうことがデメリットといえます。本体も容量によっては重いものもあるので、すこし重労働と感じてしまうところがデメリットといえます。

スポンサーリンク

ハンディブレンダーのメリット

スムージー作りや調理において、ハンディブレンダーのメリットをたくさん紹介します。ミキサーにはないハンディブレンダーの魅力でここ最近ミキサーよりも売り上げているハンディブレンダー。現在の家庭の悩みのかゆいところに手を届かせているからこその人気があるハンディブレンダーの魅力を紹介します。

場所をとらない!

ハンディブレンダーのメリットは、ミキサーと違いスリムな本体なので場所をとらないというのがメリットです。キッチンの小スペースに置いておけるので、手の届くとことにあると使う機会も増えるので宝の持ち腐れにならずにすみます。

洗いものが減る!

ハンディブレンダーのメリットは、洗いものが少なくてすむというところです。スムージーなどを作ったあとに、ヘッドの部分と柄の部分を洗うだけですみます。それほど重いものもないので、簡単に洗うことができます。それだけではなく、スムージーなどを作る際はスムージーを飲む容器にハンディブレンダーを入れればいいので、ミキサーよりも洗いものが減るのがメリットでもあります。

手早く簡単!

ハンディブレンダーのメリットは、スムージーなどを作る際にスムージーを飲むときの容器に材料をつめてハンディブレンダーを使えばスムージーを作ることができます。1人分など、少ない量作るときにはとくに手早く簡単に使うことができます。

熱いものもOK!

ハンディブレンダーは据付の容器に移す必要もなく、鍋に入った熱い食材もそのままハンディブレンダーでミキサーすることができます。スムージー以外にも鍋でそのまま作りたいスープなどにハンディブレンダーが大活躍します。

ハンディブレンダーのデメリット

スムージー作りや調理において、ハンディブレンダーのデメリットを紹介します。ハンディブレンダーでは補えないポイントがあるからこそミキサーにもまだまだ需要があるのです。ハンディブレンダーの弱点を知って、ミキサーとしっかり比較して検討しましょう。

量が多いとコツが必要!

スープなど大きい鍋で使う際には、勝手に混ざってくれるミキサーとは違いコツが必要になります。ですが、使い慣れれば問題ありませんが、容量が多くなるとミキサーがほしくなるという声もあります。ハンディブレンダーは少量のものにはとても便利だということがわかります。

手が離せない!

ハンディブレンダーは持ちながらミキサーするので、手が離せないというところがデメリットでもあります。少量には便利ですが、やはり量が多くなると手でミキサーしなければならない時間が増えるので、そこがデメリットともいえるでしょう。

ハンディブレンダーとミキサーを比較して

スムージー作りや調理において、ハンディブレンダーとミキサーを比較すると、それぞれに優れたところがある、一方のデメリットをもう一方のメリットで補っているのがよくわかりますね。比較してわかったことは、スムージーを作るにはどちらも申し分ない性能であること。どちらも今の家電は性能が高いので、自分のライフスタイルを考えて検討することが大切ですね。

少量のスムージーやスープなどを手早く作るのにはハンディブレンダーが優れています。ですが、家族みんなの分にスムージーやスープなどを1度にたくさん作りながら料理もしたいという方にはミキサーの方が便利かもしれません。というように、自分自身にとってどちらがより便利になるかを考えて購入を検討してみましょう。

まとめ:ハンディブレンダーでスムージー・ミキサーと比較について

ハンディブレンダーでスムージー・ミキサーと比較について、いかがでしたか。スムージー作りや調理において、1人分や少量ではとても素早く大活躍してくれるということがわかりました。スムージーでも、作るときに材料を細かくし、入れる順番に気をつければ問題なく作れることもわかりましたね。ミキサーよりもハンディブレンダーがおすすめであるかは、やはり一概には言い切れません。

ハンディブレンダーは容量が多いと手間がかかってしまうので、少量を作ることが多い場合にはとてもおすすめだということです。ミキサーとハンディブレンダーにはそれぞれにメリット、デメリットがありましたので、どちらが自身のライフスタイルに合っているのかを検討して使ってみてください。ハンディブレンダーをお持ちの方は、ハンディブレンダーでスムージー作りを試してみてください。

人気記事