Medium 5a453dbc9dbd7887

皮下脂肪を落とす漢方でおすすめは?防風通聖散のダイエット効果は?

お腹周りのぶよぶよになった皮下脂肪が気になるという方は多いでしょう。なかなか取れない皮下脂肪に嫌気がさしている方に、皮下脂肪を落とすことができる漢方を今回はご紹介していきます。また、それに加えて防風通聖散のダイエット効果についてもご紹介します。

カテゴリー:ダイエット商品  作成者:権栄一  投稿日:2017/10/17

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

皮下脂肪でお腹周りがだらしない、、、

Bc93f17400d47ed5

お腹やお尻、太ももなどについてしまう皮下脂肪は、運動しても食事制限をしてもなかなか落ちないものではないでしょうか。そこで、ここではそのしつこい皮下脂肪についてお話しし、皮下脂肪を落とすのに効果的でおすすめな漢方をご紹介していきます。ここでご紹介する漢方や皮下脂肪を落とす方法を参考にぜひ理想の体型を手に入れましょう。

皮下脂肪とは?

66414dc2b8ea089f

皮下脂肪を落とす方法や、最近皮下脂肪を落とすのに効果的と話題の漢方をご紹介する前に、まずは皮下脂肪というものがそもそもどういったものなのかについてお話ししていきます。皮下脂肪を倒すためには、まず皮下脂肪を知ることから始めることが重要になってきます。まず皮下脂肪の正体についてしっかり理解するようにしましょう。それを踏まえて皮下脂肪を落とす方法などについて触れていきます。

皮下脂肪がつきやすい場所

皮下脂肪とはその名の通り、皮膚の下につく脂肪のことを指しています。皮下脂肪がつきやすい場所は以下のようになります。

  • お腹周り
  • 太もも
  • お尻

特に女性は筋肉が男性に比べて少ない上に、子宮などを生理的に守るために皮下脂肪がつきやすいと言われています。よって日本人女性は一般的に上半身に比べて下半身が太い体型になってしまっている方が多いとされています。

皮下脂肪ができる原因は?

皮下脂肪とは、摂取した糖質や脂質が消化しきれず、中性脂肪として白色脂肪細胞に溜め込まれることでできるものとなっています。皮下脂肪はみなさんご存知のように、大変つきやすい割に、落とすことがとても難しいものとなっています。ただがむしゃらに食事制限などのダイエットをしても皮下脂肪は落ちてくれません。このように皮下脂肪は一筋縄ではいかないものなのです。

皮下脂肪がついてしまうメカニズム

Bbaead8b980c9ca7

上記では皮下脂肪の実態についてお話ししました。では実際に皮下脂肪がついてしまうメカニズムについて紹介します。上記でも少し触れましたが、前提知識として、皮下脂肪がついてしまう原因は消費しきれずにたまった糖質や脂質であることを覚えておきましょう。

皮下脂肪がついてしまうメカニズム①

  1. 一般的に食べ物を食べると糖質や脂質、たんぱく質を摂取する
  2. その後胃や腸で消化、分解される
  3. その栄養素がグルコースや脂肪酸といったものに変換され、吸収される
  4. 吸収されたグルコースは、血液にのって全身へ運ばれる

※グルコースとは生命維持に必要不可欠な栄養素であり、脳や筋肉など全身でエネルギーとして使われるものです。

皮下脂肪がついてしまうメカニズム②

しかし、摂取したグルコースが全てエネルギーとして使われれば良いのですが、実際には余ってしまうことがあります。余ってしまったグルコースは筋肉や肝臓の貯蔵部分に入れられるのですが、それでも余ってしまうことがあります。

  1. その場合、グルコースが他の物質と結びつき、中性脂肪に変換されて血液中に放出される
  2. 最終的に白色脂肪細胞と言う脂肪細胞に溜め込まれて皮下脂肪となってしまう

無論、脂っこいなどの食事で中性脂肪を摂りすぎても同様に皮下脂肪の原因となります。

白色脂肪細胞とは?

0d20ec11bb936180

ちなみに白色脂肪細胞への蓄積というこの一連の流れは寝ているときに起きやすいとされています。就寝前に食事を摂ることは控えるべきでしょう。また、この白色脂肪細胞とは、体内に400億個ほどある脂肪を吸収することを目的としている細胞のことを指しており、その数には個人差があります。エネルギーの貯蔵や身体の保護、体温維持といった働きがあります。

女性の方が皮下脂肪を貯めやすい?

特に女性の場合は、妊娠した際に、お腹を守ることができるのはお腹周りの皮膚と皮下脂肪だけなので、皮下脂肪を蓄える必要があるのです。よって動物的な理由で妊娠時の女性には皮下脂肪が蓄積しやすいとされています。さらに白色脂肪細胞は、中性脂肪を蓄えると元々の大きさの3倍ほどにまで肥大化します。これが皮下脂肪がスタイルを悪くする理由とも言えるでしょう。

04f7a8d49611110a

つまり、皮下脂肪がついてしまう主な原因は3つにまとめることができます。

  • 中性脂肪や糖質などを摂取しすぎていること
  • 活動量が少ないことによる摂取したグルコースを消費しきれないこと
  • 就寝前に食事を摂ってしまっていること

これらは未然に予防することができるので、まずはこれ以上皮下脂肪を蓄えないように意識するようにしましょう。

皮下脂肪は放置すればセルライトに、、、

1cd63d91eb016f04

これまで皮下脂肪の正体と皮下脂肪がついてしまう原因についてお話ししてきました。ここではその皮下脂肪を放置するとできてしまうセルライトについてお話しします。セルライトは女性にとっては特に天敵とされているものと言えるでしょう。

セルライトとは?

994a64be01b2e8aa

お尻や太ももなどに多く現れ、皮膚が凸凹状態になってしまっているものが、俗に言うセルライトとなっています。日本ではセルライトとして知られていますが、アメリカにおいてはオレンジの表面のようだということで、オレンジピールスキンと言われています。セルライトの特徴は、女性にできやすいことが挙げられます。というのも女性はそもそも皮下脂肪が多く、さらに男性に比べて筋肉量が少なく冷えやすいたい異質のためセルライトができやすいそうです。

セルライトと聞くと皆さんの中でも特別な症状であると考えている方も少なくないのではないでしょうか。しかし、実はセルライトも皮下脂肪もそもそもは同じものなのです。セルライトは、脂肪細胞に老廃物や水分がたまりくっついてしまったものなのです。つまり簡単に言えば、セルライトは皮下脂肪が悪化して状態が悪くなったものだと言えます。

皮下脂肪を落とすのにおすすめな漢方

9f78a231fb3f88b3

続いては今回の本題である皮下脂肪を落とすのにおすすめな漢方についてご紹介していきます。近年では皮下脂肪を落とすという目的だけではなく、ダイエット全般に効果があるとされている漢方。その中でも今回は皮下脂肪を落とすという効果に特に着目して、その点において効果のあるとされているおすすめの漢方についてお話ししていきます。

皮下脂肪を落とすのにおすすめ漢方:防風通聖散

まずはじめにご紹介する皮下脂肪を落とすのに効果的なおすすめ漢方は防風通聖散です。こちらは今回のテーマともなっているものです。どの記事を見てもこの漢方が最も皮下脂肪に効くとされており、大変評価の高い漢方となっています。漢方薬は数百種類ある生薬の中から、体質や症状に応じていくつ感を調合して作られるものです。

防風通聖散の効果①脂肪燃焼

スポンサーリンク

その中でも防風通聖散は中国において古くからある肥満症に効果があるとされている漢方薬です。現在でも肥満症や便秘、むくみなどの症状がある場合に多く処方される漢方薬となっています。身体の代謝を良くし、身体ののぼせをとり、便通を良くし、利尿作用を高めるなどの複数の効果によって、肥満症に有効であるとされており、皮下脂肪の燃焼にも効果があると言われています。

防風通聖散の効果②食欲抑制

また、食欲を促進させるホルモンの分泌を抑えてくれる効果もあると言われています。直接的に脂肪を落とすというよりかは、痩せやすい体質に改善していくと言う効果を持つ漢方と言えます。漢方は対症療法などではなく、体質改善を主な目的としているため、1つの効果としてではなく副次的な様々な効果が期待できるものなのです。その副次的な効果が皮下脂肪の燃焼につながるのです。

防風通聖散の飲み方

漢方薬は指定がない場合は基本的には食物の影響を受けない食前、あるいは食間の空腹時に飲むようにしましょう。防風通聖散とは一般的に満量処方と言われています。満量処方とは医療用の漢方薬と同じ量の生薬が含まれているという意味となっています。このことから皮下脂肪の燃焼だけではなくその他においても効果が十分に期待できるということも頷けるはずです。

皮下脂肪を落とすのにおすすめ漢方:オオバコダイエット

続いてご紹介する皮下脂肪を落とすのに効果的とされているおすすめ漢方は、オオバコダイエットです。オオバコといえば日本でも多く見かけることができる多年草です。よく見かける多年草が漢方薬なのかと疑う方もいらっしゃるかもしれませんが、昔から生薬として長く使用されている食物となっています。

オオバコの効果①むくみ解消

効果としては咳止め、たんきり、下痢止め、消炎、熱を冷ますといったものがありますが、ダイエットの大きな効果としては、むくみ解消です。

オオバコの効果②腸内環境を整える

このオオバコダイエットに使用されているオオバコはオオバコの種子の皮を砕いたもので、食物繊維を豊富に含んでいます。オオバコに含まれる植物性食物繊維は水分を含むと数十倍に膨張し、ゼラチン状になる性質を持っています。その性質を利用することで、低カロリー食品として多く取り扱われています。この豊富に含まれる食物繊維は腸内環境を改善してくれるため、便秘気味の方におすすめです。

オオバコの飲み方

また、ダイエットにおいて食事制限を行う際になかなかストイックに食事制限ができないという方に特におすすめな漢方となっています。食前にオオバコダイエットを摂取することで、満腹感が持続しやすくなり、食事の量を自然と減らすことができるようになるのです。漢方薬自体をそのまま摂取することに抵抗がある方などにとっては、こちらは簡単に実践できるので試しやすいものとなっています。

皮下脂肪を落とすのにおすすめ漢方:スリムタイム

最後にご紹介する皮下脂肪を落とすのに効果的なおすすめ漢方は、EGTIGHTです。こちらも防風通聖散の成分ですが、手軽に試すことができるタブレットタイプの漢方で話題となっています。忙しい方でも持ち運び楽チン&お手軽なので、おすすめできます。

EGTIGHTの効果①皮下脂肪燃焼

EGTIGHTは、気になる周りを中心に、皮下脂肪を燃焼させる効果があります。つまり、肥満の状態を解消する効果があるということです。中でも、特にウエストが気になる方にはぜひチャレンジしてほしい漢方です。

EGTIGHTの飲み方

サプリタイプなので、漢方が苦手な方でも飲みやすくなっているため、安心して取り入れることができるでしょう。漢方の香りが苦手な方は、お水などと一緒に飲むことをおすすめします。顆粒タイプではないので、口に独特な香りが残ることもないと話題です。

皮下脂肪を落とすための食事のポイント

A7aa68c9f2e841ef

上記では皮下脂肪を落とすのには漢方が効果的であるとお話ししてきましたが、食事の取り方や食べるものを意識することで皮下脂肪を落とすことも可能です。皮下脂肪を燃焼させるためには運動だけではなく、食事の管理が重要であることはいうまでもないはずです。そこでここでは皮下脂肪を燃焼させるための食事方法、ポイントについてお話ししていきます。

皮下脂肪を落とすための食事:皮下脂肪を燃焼しやすい食べ物を食べる

5c15c60f392ffbde

肉などのタンパク質を積極的に摂取することが皮下脂肪おn燃焼には効果的とされています。特に牛肉の赤身肉は脂肪が少なく、さらにLカルニチンという皮下脂肪を燃焼してくれるような成分が含まれています。その他にもオリーブオイルやコーヒー、唐辛子などの脂肪燃焼作用のある食品を意識的に摂取するようにしましょう。

11b80a06fb57a4b7

今挙げた皮下脂肪などの燃焼効果のある食品以外に意外なところで言えば、チョコレートも皮下脂肪を燃焼してくれる効果のある食品です。とは言っても通常の市販されているような普通の板チョコなどではなく、カカオ含有量の高いチョコレートでなくては意味がありません。高カカオチョコをダイエット中のご褒美として活用するのがおすすめとなっています。

皮下脂肪を落とすための食事:フルーツや野菜を積極的に摂取

Abf38e40590eb5dc

続いてご紹介する皮下脂肪を落とすための食事は、フルーツや野菜を積極的に摂取するということです。ビタミンやカリウム、食物繊維が豊富になフルーツや野菜を積極的に摂取することで、むくみや便通も良くなり、老廃物がしっかりと排出されるようになり、セルライトの予防になります。ただし、糖質の多いものに関しては、夜ではなく朝や昼に食べるようにすることが推奨されています。

皮下脂肪を落とすための食事:漢方薬で体質改善

9c524165588f3f6a

漢方薬で体質を改善し、痩せやすい体を作るということも皮下脂肪を落とすための食事の1つとしてカウントすることができます。これについてはこれまでに深くご紹介してきたものなので、あまり多くは触れませんが、漢方薬を摂取することで、代謝が上がり、便秘・むくみの改善が図られます。また、漢方薬は副作用が少ないこともおすすめできるポイントとなっています。

皮下脂肪を落とすための食事:夜ご飯は炭水化物を控える

96e967a440700edb

続いてご紹介する皮下脂肪を落とすための食事は、夕食において炭水化物を控えるということです。皮下脂肪蓄積のメカニズムでもお話ししたように、就寝までに血中に糖質があるとそれが皮下脂肪になってしまいます。そのため炭水化物やお菓子などは夜には控えるようにしましょう。ただし、ご飯などの炭水化物は体に必要な栄養素なので、全く抜くのではなく適量を摂取するようにしましょう。

皮下脂肪を落とすための食事:食べる順番を意識する

7b207f3cd4c5d47f

次にご紹介する皮下脂肪を落とすための食事の方法は、食べる順番を意識するということです。食事をするときに、急激に血糖値をあげず満腹感を得るためにも、サラダやスープから食べ始めましょう。その後におかずを食べて、最後にお米を食べるようにしましょう。力士は皮下脂肪を増やすために、食事は白米から食べて、食後にすぐに寝るそうです。その反対の生活が望ましいとされています。

まとめ:皮下脂肪を落とすおすすめ漢方

380b29badf81e93f

これまで皮下脂肪の正体から始まり、皮下脂肪を落とすのに効果的とされる漢方のおすすめ商品を紹介してきました。皮下脂肪はつきやすく落ちづらいため、これまで手を拱いていた方も少なくないはずです。そんな方々も今回ご紹介した皮下脂肪に効く漢方や、その他皮下脂肪を落とすために効果的な方法を参考にすることで皮下脂肪に別れを告げて理想の身体を手に入れましょう。

人気記事