Medium 91c5a87b5aa409c2

糖質制限ダイエット中のおやつランキング!成功するためにおすすめは?

「糖質制限中のおやつはNG!」と思っていませんか?確かにそのほうが早く痩せそうですが、心の満足を考えるとおやつを食べたほうがスムーズに糖質制限ダイエットを成功できるかもしれませんよ。ここでは、糖質制限中のおやつランキングと成功するコツについて紹介します。

カテゴリー:食事制限糖質制限ダイエット  作成者:トト  投稿日:2017/10/18

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

糖質制限中はおやつを食べてもいい?

E30cbcdd4c0f3c2d

「糖質制限ダイエット中におやつは絶対食べてはいけない」と厳しくルールを決めてしまうと、かえって嫌になって続けられなくなってしまう可能性があります。なんでもそうですが「やってはいけない」と言われると逆にそのことしか頭に浮かばなくなるものです。

B7285a088440e03d

糖尿病で厳密に1日の糖質摂取量が決められているというのでなければ、少しゆるく考えて「おやつを食べてもいい」と考えてみてもいいでしょう。ただし、糖質制限中ですから、普通にクッキーやスナックをむしゃむしゃ食べるような方法はおすすめできません。

93457205509d89f0

おやつで糖質をたくさん摂取してしまうと、食事の時の糖質制限が厳しくなってしまいます。そこで、糖質制限中には糖質制限にあったお菓子を選ぶようにしましょう。

糖質制限おやつ選びの3つのポイント

1.おやつの糖質の目安量は10g以下

B08a885917d6eee1

糖質制限で気にすべきは糖質の含有量だけです。なので、基本的には低糖質なおやつを選ぶというルールさえ守ればあとはなんでもOKです。糖質制限中のおやつの糖質量の目安は、10g以下です。

2.高タンパク質

Df76756e74cfe4cc

タンパク質は体の材料になるので、糖質制限中もしっかり摂取しましょう。糖質制限中のおやつでもタンパク質を補えるものを選べるのが理想です。特に筋トレや運動をしている人は普通の人よりもタンパク質の消費量が多いので、おやつでタンパク質を補ってあげるといいでしょう。

3.カロリーは気にしすぎない

糖質制限ダイエットで間違いやすいのが、糖質とカロリーの両方を制限してしまうということです。「糖質もカロリーも制限すれば、糖質制限だけするよりも早く痩せられる」という理屈のようですが、これは逆効果になることが多いです。

8f6138dbe936a6ba

カロリーも制限してしまうと、満足感のない食事になってしまいます。さらに、筋肉の材料になるタンパク質の摂取量も減り、筋肉が落ちて基礎代謝が低下してしまいます。すると痩せにくく太りやすい体になってしまいます。これを避けるには、糖質制限では素直に糖質だけを制限することが大切です。

729f3d402a5a34e6

糖質制限中のおやつ選びでも、カロリーはあまり気にせずに選ぶようにしましょう。そうすることで満足感の高いおやつを選びやすくなります。

糖質制限ストックおやつ3選

E4d7f160507aa112

糖質制限中のおやつとしてよくおすすめされているのは、低糖質で高タンパク質な食品です。おやつというとクッキーやスナック菓子などを食べるイメージがありますが、あえてそういう食事系ではないものではなくても、糖質制限ダイエットなら普段の食事で食べるものをおやつとして食べてもOKです。

順位 糖質制限ストックおやつ 糖質量 カロリー
1位 アーモンド 9.3g(100gあたり) 598kcal
2位 ゆで卵 0.2g(1個あたり) 91kcal
3位 チーズ 0.9〜2.3(100gあたり) 105〜475kcal

1位:アーモンド

D86385fff0edcd16

アーモンドは健康や美容にもよく、糖質制限中でもおすすめのおやつです。糖質制限をしている医師の間でも、おやつとしてアーモンドを食べている人が多いです。むしろアーモンドを1食としてカウントして1日1食の糖質制限にチャレンジしている医師もいます。

アーモンドの糖質量は100gで9.3gです。なので、甘く味付けされていない限りは低糖質なおやつとして食べられます。ただし、低糖質だからといって際限なく食べていいわけではありません。糖質制限中であれば、おやつとして食べるアーモンドの量は1日20〜25粒くらいが目安です。

小分けにして食べるのがおすすめ

アーモンドは持ち運びに便利なおやつです。糖質制限中は食べられるものが限られますが、糖質ばかりの食べ物で何も食べるものがない時などはアーモンドを活用すると切り抜けられます。アーモンドを糖質制限中のおやつとして食べるならば、少しずつ食べるのがおすすめです。

1f45199949bf88b9

小腹がすいたら食べるというのを繰り返して、おやつを1日2〜3回に分けるとそのたびに満足感を得ることができます。大容量で買えるアーモンドもありますが、酸化防止と糖質制限中の食べ過ぎ防止のためには小分けパックになったものを買うのがおすすめです。

アーモンドには不飽和脂肪酸とビタミンEが含まれている

糖質制限中にアーモンドがおすすめなのは、不飽和脂肪酸がたっぷり含まれているからという理由もあります。脂肪というと太るイメージがありますが、不飽和脂肪酸は善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らしてくれるオレイン酸やα-リノレン酸といった良質な油が含まれています。

血液をサラサラにして新陳代謝をアップしてくれる効果もある油です。こういう良質な油が含まれているアーモンドは、腹持ちがよく糖質制限ダイエットをサポートしてくれます。また、アーモンドには若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEも含まれています。

0b5988fe462a9175

ビタミンEは強い抗酸化作用を持っていて、体内で代謝の際にミトコンドリアで発生する活性酸素を除去してくれます。活性酸素が減ることで、細胞が傷つけられる(酸化される)のを防いでくれます。老化防止にも、ダイエットにも抗酸化作用は嬉しい作用です。

水分をとりながらよく噛んで食べる

77ec279b7e959bc6

アーモンドは糖質制限中のダイエットにおすすめですが、小さいので気づくとパクパク食べてしまっていることがあります。アーモンドは10粒あたり60kcalくらいあるので、勢いづいて食べてしまうとカロリー過多になってしまう可能性があります。

これを防ぐためには、食べる時には1粒ずつ手にとって食べるようにしましょう。ポイントは水やお茶などの飲み物をとりながらアーモンドをよく噛んで食べることです。水分と一緒に食べることで、ゆっくり満足感を与えることができます。

2位:ゆで卵

ゆで卵も、糖質制限をしている人のおやつとしておすすめです。食物繊維とビタミンC以外の栄養素を全て含んでいる、ほぼ完全栄養食品と言える食べ物です。糖質量が1個あたり0.2gと低めなのも糖質制限中のおやつとして嬉しいポイントです。

Da3cc0c62fa3b32b

ただし、ゆで卵は1個あたり91kcalとカロリーは高めなので食べ過ぎには注意しましょう。食べるのが早い人なら3〜4個はあっという間にたいらげてしまうかもしれませんが、そういう食べ方ではおやつというよりも食事になってしまいます。

自作で作り置きしておくのもおすすめ

最近ではゆで卵はコンビニやスーパーでも2〜4個入りのパックが売っているので、それを買えばいつでもゆで卵をおやつとして食べることができます。ただし、毎日のおやつとして食べるには少々コストが高いですよね。節約したいならば、自分でゆで卵を作り置きしておくのがおすすめです。

  1. 卵を冷蔵庫から出して常温に戻す(冷たいままだと亀裂が入る、白身と薄皮がくっつき剥きにくくなる)
  2. 茹でる前に卵に小さな穴を空けておく(白身と薄皮の間に水分が入ると殻が剥きやすくなる)
  3. 鍋に水を沸騰させ、お玉に常温に戻した卵をのせそっとお湯に入れる
  4. 半熟7分、固ゆで10分くらいで取り出し、すぐに冷水につける(氷水使用)
  5. 卵が冷えたら殻を剥く

マヨネーズもOK

糖質制限中のおやつとしてゆで卵を食べるときは、できればそのままかもしくは塩を振って食べるといいです。もしくは糖質制限ダイエットならマヨネーズもOKです。マヨネーズはダイエッターにとってNGな調味料と言われることが多いですが、糖質制限ダイエットなら問題ありません。

ただし、OKと言っても大量にゆで卵を食べ、マヨネーズもたっぷりつけるというのでは食べ過ぎです。おいしくても、せいぜい1〜2個くらいでおやつ完了にしておきましょう。

3位:チーズ

チーズも糖質制限のおやつとして便利です。発酵食品なので腸内環境を整えるのにも適していますし、小さいので持ち運びもしやすいです。チーズの種類ごとに糖質量を分けて、糖質が少ないものから並べてみると以下のようになります。

チーズの種類 糖質量
カマンベール 0.9g
プロセス 1.3g
カッテージ 1.9g
パルメザン 1.9g
クリーム 2.3g

スイーツチーズもおすすめ

最近ではスイーツチーズというスイーツ好きの人でも満足できるチーズも注目されています。例えば、Q.B.B「スイーツ好きのためのチーズデザート」だと2.8g(バニラ1個あたり)のうちカロリー47kcalで324円です。6Pに分かれているので、箱チーズだと食べすぎてしまうという人でも安心です。

906b44743571878a

「チーズ=しょっぱいもの」というイメージが強いですが、スイーツ系のチーズも各メーカーから販売されているので、糖質制限中のおやつ候補として楽しんでみるといいでしょう。

市販で買える糖質制限中のおやつランキング一覧

最近では糖質制限のためのおやつが、市販で買えるようになっています。特にコンビニのローソンでは糖質制限向けのおやつが豊富です。アーモンドやゆで卵に飽きてしまった人や、別なものが食べたい糖質制限中の人は試してみるといいでしょう。

順位 商品名 糖質量 カロリー 値段(税込)
1位 ローソン「プレミアムブランのロールケーキ」 7.6g 214kcal 180円
2位 ローソン「ブランパン2個入り」 2.2g(1個あたり) 66kcal 125円
3位 大塚製薬「ソイジョイ」 7.1g(アーモンド&チョコの場合) 146kcal 124円
4位 グリコ「SUNAO(カロリーコントロールアイス)」 7.6g(バニラ) 80kcal 162円
5位 森永乳業「おいしい低糖質プリンカスタード」 3.6g 72kcal 135円
6位 シャトレーゼ「やさしい糖質生活どら焼き」 4.8g 100kcal 172円
7位 明治「ブラックチョコレートスティックタイプ」 2.08g(1個あたり) 23.7kcal 123円
8位 共立食品「ローストココナッツ」 8.4g 227kcal 216円
9位 Q.B.B「スイーツ好きのためのチーズデザート」 2.8g(バニラ1個あたり) 47kcal 324円
10位 マルハニチロ「ゼリーdeゼロ」 5.5g 0kcal 194円

1位:ローソン「プレミアムブランのロールケーキ」糖質7.6g・214kcal・180円

コンビニのローソンで大人気のスイーツです。生地がブラン(小麦ふすま)生地で仕上げられているので、糖質が7.6gで糖質制限中のおやつとしてぴったりです。ブラン生地は大抵パサパサ感がありますが、この糖質制限おやつはパサパサしていません。

生地もクリームもとても柔らかいので、崩さないように移動させる必要があります。クリームたっぷりでスプーンですくって食べる感じなので、クリーム好きの糖質制限ダイエット中の人にも嬉しいおやつです。ブラン生地は甘さ控えめで「甘ったるくなくて普通のロールケーキより好き」という人もいます。

ブラン(小麦ふすま)って何?

ローソンの「プレミアムブランのロールケーキ」の生地に使われているブランは、小麦ふすまのことです。小麦ふすまは糖質制限ダイエットをしている人の間では小麦粉などの代わりに使われている低糖質な粉です。

Fef89282557bd52c

小麦ふすまは小麦粉を作る段階で出る皮の部分で、お米でいう糠のようなものです。栄養豊富で低糖質なので、低糖質パンやおやつ作りにも活用されています。ブランは糖質が少なく、小麦粉の1/4程度です。しかも約半分が食物繊維でできているので、便秘解消にも効果が期待できます。

9b45c9b73000790a

穀物の中でも、ブランの便秘解消効果は非常に高いことで有名です。腸内で水分を吸って、便の量を増やしてぜん動運動を活発にして、お通じを促してくれます。お通じにも糖質制限中のおやつにも、ブラン生地の「プレミアムブランのロールケーキ」は適しています。

「プレミアムブランのロールケーキ」を食べた人の口コミ

  • 甘すぎなくて本家のローソンのプレミアムロールケーキより好き!
  • クリームたっぷりで嬉しい
  • クリームが割と低糖質なのが嬉しい
  • スポンジは本家のプレミアムロールケーキよりはしっとりではないけど、スプーンですくえる柔らかさ

「プレミアムブランのロールケーキ」は、本家商品として「プレミアムロールケーキ」というのがあります。こちらはブランは使わず、普通のロールケーキの材料で作られています。食べた人の口コミでは、ブランの方が甘さが控えめでおいしいという声も寄せられました。

スポンサーリンク

普通のロールケーキに比べてしまうとブランの生地の硬さが気になるようですが、ブランを使ったおやつとしては十分満足できるレベルのようです。かなり多くの人が「糖質制限中のおやつとして良い」と言っている人気商品です。

2位:ローソン「ブランパン2個入り」糖質2.2g(1個あたり)・66kcal・125円

第2位はまたまたローソンから出ている「ブランパン」です。「プレミアムブランのロールケーキ」と同様、ブラン(小麦ふすま)を使っているパンです。1個あたりの糖質量が2.2gに抑えられているので、一袋(2個)食べても糖質摂取量を5g以内に抑えることができます。

腸内環境を整える乳酸菌が配合されていたり、健康被害が心配されているトランス脂肪酸が0gと糖質以外にも健康にしっかり気を配ったパンです。糖質制限中に甘くもしょっぱくもない素朴なおやつが食べたくなった時に重宝します。

全体的に生地は茶色っぽく、パサパサしている感じがしますが持つとフワフワしています。口に入れるとモチモチした食感が楽しめます。香りは小麦ふすま特有の香りがします。

「ブランパン」を食べた人の口コミ

Feee66648cecadf7
  • 特別な甘さがないから飽きずに食べられる
  • ふすま特有の香りがやや気になるけど、チーズなどを挟めばごまかせる
  • いつも売り切れてて買えない
  • 糖質少なくて食物繊維豊富で最強すぎる

「ブランパン」は、特別な味付けがされていないので飽きずに食べられるのが魅力のようです。糖質が少ないことや、食物繊維豊富なのも魅力です。ただし、大量生産されているわけではないので売り切れて買えないということもあるようです。また、パンの匂いが気になるという人もいました。

ローソンのブランパンは色々な種類が楽しめる

店舗によって異なりますが、ローソンのブランパンは色々な種類が用意されています。ブレッドやあんぱん、ピザトースト、バタースティックなどがあり、どれも糖質制限中でも食べられるような低糖質なパンです。おやつとして手軽に食べられる小さめサイズのものが多いです。

3位:大塚製薬「ソイジョイ」糖質7.1g(アーモンド&チョコの場合)・146kcal・124円

大豆だけを使った生地に、フルーツやチョコを混ぜ込んだおやつです。種類がたくさんあるので、糖質制限中のおやつのマンネリ化を防げます。シリーズには、以下のようなものがあります。

フルーツ系
ブルーベリー どこを食べてもブルーベリーが出てくる
ストロベリー いちご&ホワイトチョコでやさしい甘さ
2種のアップル 2種類の異なるアップルがたっぷり
3種のレーズン 3種類の異なる種類のレーズンがたっぷり
黒糖&サンザシ 黒糖のやさしい甘さとサンザシの甘酸っぱさ
バナナCaプラス 完熟した甘い香りのバナナ&カルシウム210mg(栄養機能食品)
しっかり食感ナッツ系
アーモンド&チョコレート ザクッとしたローストアーモンドと香り高いチョコ
ピーナッツ 丸ごと大豆&ごろっとしたピーナッツでしっかりした食感と食べ応え
大豆パフのサクサク食感!クリスピー
ホワイトマカダミア ミルク感たっぷりの豆乳ホワイトチョコ&マカダミアナッツ
プレーン 香ばしい素朴な甘さで飽きのこないシンプルな味
ミックスベリー ベリーがゴロゴロ入ったフルーティな甘酸っぱさ
ゴールデンベリー ゴールデンベリーたっぷりで爽やかな酸味

これにさらに「カロリーコントロール80」というシリーズもあります。これは「ソイジョイ」のカロリー80kcalのシリーズで「アーモンド&チョコレート」「ブルーベリー」「ストロベリー」の3種が用意されています。

「ソイジョイ」はどのシリーズも低GI食品なので、糖質制限中の手軽なおやつにうってつけです。スティック状でおしゃれに持ち運べるところも人気があります。

低GI食品とは?

GIは「Glycemic-Index(グリセミック・インデックス)」の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標として使われます。食べた時にどれくらい糖が吸収されやすいかということです。ブドウ糖の血糖値上昇指数が100に設定されていて、その指数が55以下のものが低GI食品に分類されます。

「ソイジョイ」も低GI食品なので、食後血糖値が55以下に抑えられているということです。つまり、「ソイジョイ」を食べても食後すぐに血糖値が上がらない→インスリンの分泌が抑えられる→脂肪がつきにくいということです。糖質制限中にはGI値も気にしながらおやつを選ぶといいですよ。

「ソイジョイ」を食べた人の口コミ

  • 今までにない食感でびっくりする
  • 痩せるかどうかわからないけど、味は美味しいし食感も好き
  • 1本だと満足できない
  • お茶と一緒によく噛んで食べると腹持ちがいい。プルーンとレーズンが好き

1本だと満足できないという人もいましたが、ゆっくりよく噛んで食べると腹持ちが比較的良いようです。「ソイジョイ」は低GIで食物繊維が豊富という腹持ちが良い条件が揃っているので、ゆっくり味わうことが糖質制限中のおやつとして使う際のポイントですね。

4位:グリコ「SUNAO(カロリーコントロールアイス)」糖質7.6g(バニラ)・80kcal・162円

以前まで「カロリーコントロールアイス」と呼ばれていたグリコの商品で、現在は「SUNAO(スナオ)」という商品名に変更されています。「SUNAO」のこだわりは次の5つです。

  • 80kcal
  • 糖質OFF40%〜50%、10g以下
  • 豆乳使用
  • 砂糖不使用
  • 食物繊維たっぷり

「糖質制限中のおやつにアイスを食べたい!」ということがありますが、普通のアイスだと砂糖が多くて糖質制限向けではありません。それに比べて「SUNAO」は糖質制限中の人でもおやつとして食べられるアイスに仕上がっています。味のバリエーションも豊富で、5種類あります(2017年10月17日時点)。

グリコ「SUNAO」 糖質OFF量 特徴
バニラ(カップ) 50%OFF バビラビーンズシード入りのバニラ風味&生クリームの味わい
チョコクランチ(カップ) 50%OFF 生クリーム入りのチョコアイス&ほろ苦チョコクランチ
ラムレーズン(カップ) 50%OFF 芳醇な味わいのラム漬けレーズン&生クリーム
チョコモナカ(モナカ) 40%OFF パリッとしたチョココーティングとザクザクのチョコクランチ
バニラソフト(コーン) 50%OFF シリーズ最大容量。滑らかな口あたりのソフトクリーム

糖質OFF量は、カップとソフトは「日本食品標準成分表2015ラクトアイス(普通脂肪)」と比較、モナカはグリコの当社製品比較です。これを見ると、かなり糖質制限にこだわったアイスだということがわかりますね。

「SUNAO」を食べた人の口コミ

  • アイスはこれに限る。バニラ最高
  • 砂糖不使用のおかげか、食べた後も口がさっぱり
  • 夜食べても罪悪感がなくていい
  • コーンがしなしなで残念

糖質制限中のアイスとしては十分合格点のようです。ただし、普通のアイスに慣れている人にとっては甘さが足りない、コーンがサクッとしていない、など不満な点もあるようです。

砂糖の代わりに人工甘味料が使われている

「SUNAO」は砂糖不使用の代わりに人工甘味料のスクラロースやアセスルファムカリウムが使われています。

「SUNAOに使われている」人工甘味料の種類 甘さ 安全性
スクラロース 砂糖の600倍
アセスルファムK 砂糖の200倍

スクラロース

スクラロースは1991年にカナダで初認可された、比較的新しい人工甘味料です。基本的には安全と言われていますが、WHO/JFCAの基準では1日の摂取許容量(これ以上摂取すると危険という量の1/100に設定)が0〜15mgと低く設定されています。

6da83fea21d82afb

許容量はかなり高い安全性で設定されているので、1日の許容量を超えたからといってすぐに健康被害が出るわけではありませんが、気になる人には気になるかもしれませんね。報告されている危険性としては、成長遅滞、甲状腺機能の衰え、白内障、などがあります。

アセスルファムカリウム

アセスルファムカリウム(アセスルファムK)はWHO/JFCAの評価では発ガン性なし、動物実験でも問題なしということで、2000年から日本では食品添加物として使われるようになりました。ただし、動物実験では肝臓障害や免疫力の低下などが報告されている例があるので絶対に安全とは言い切れません。

たまに食べるくらいなら大丈夫?

人工甘味料については、色々と意見が分かれています。専門家でも「むしろ普通の砂糖を摂取して太るほうが健康にとって悪い」という人もいます。逆に「人工甘味料に少しでも危険性があるなら一切使わないべきだ」という人もいます。

「SUNAO」に使われている人工甘味料については、たまに1つおやつとして食べるくらいならそれほど心配しなくても大丈夫でしょう。むしろアイスが食べられなくてイライラして、普通のアイスをドカ食いしてしまうほうが糖質制限の成功を邪魔する原因になります。

5位:森永乳業「おいしい低糖質プリンカスタード」糖質3.6g・72kcal・135円

低糖質なのに普通のプリンと味も変わらないプリンです。もともとプリンは卵がメインで糖質制限中のおやつに向いていますが、甘味料(ソーチマン・アセスルファムK・スクラロース)を使うことで低糖質に仕上げられています。

6位:シャトレーゼ「やさしい糖質生活どら焼き」糖質4.8g・100kcal・172円

砂糖の代わりにカロリー0甘味料のエリスリトールが使われています。エリスリトールは安全性の高い人工甘味料として、糖質制限ダイエッターのおやつの強い味方になっています。小麦粉の代わりに食物繊維や大豆粉が使われています。

7位:明治「ブラックチョコレートスティックタイプ」糖質2.08g(1個あたり)・23.7kcal・123円

携帯に便利なスティック型のチョコです。上品な苦みを味わえるビターチョコで、糖質制限中にどうしてもチョコのおやつが食べたいという時のサポートをしてくれます。

8位:共立食品「ローストココナッツ」糖質8.4g・227kcal・216円

ココナッツをじっくり焼き、香ばしいスナックに仕上げたおやつです。ミルキーでコクがあり、ローストココナッツ系のおやつとして人気があります。糖質制限中にスナック系のおやつが食べたくなった時に重宝します。

9位:Q.B.B「スイーツ好きのためのチーズデザート」糖質2.8g(バニラ1個あたり)・47kcal・324円

6Pチーズは以前からありましたが、今ではスイーツ系のチーズが色々なフレーバーで登場しています。ナッツ系やレモン系など、糖質制限中のおやつとして色々なバリエーションを楽しむことができます。

10位:マルハニチロ「ゼリーdeゼロ」糖質5.5g・0kcal・194円

果物が入っているようなジューシーなゼリーおやつです。ポリフェノールも入っていて、大きめサイズなので糖質制限中に果物系のおやつが食べたくなった時にぴったりです。

まとめ:糖質制限ダイエット中のおやつランキング・成功するためのおすすめについて

642d306e44bb7ba2

以上、糖質制限中のおやつランキングを見てきました。ストックしておきたい糖質制限おやつとしては、以下の3つがありました。

順位 糖質制限ストックおやつ 糖質量 カロリー
1位 アーモンド 9.3g(100gあたり) 598kcal
2位 ゆで卵 0.2g(1個あたり) 91kcal
3位 チーズ 0.9〜2.3(100gあたり) 105〜475kcal

基本的にはストックおやつで済ませられると楽ですが、どうしても本格的なおやつを食べたくなったら、糖質制限者向けに提供されている市販のおやつを利用する手もあります。1〜10位までの市販のおやつの商品名、糖質量、カロリー、値段は以下のようになります。

順位 商品名 糖質量 カロリー 値段(税込)
1位 ローソン「プレミアムブランのロールケーキ」 7.6g 214kcal 180円
2位 ローソン「ブランパン2個入り」 2.2g(1個あたり) 66kcal 125円
3位 大塚製薬「ソイジョイ」 7.1g(アーモンド&チョコの場合) 146kcal 124円
4位 グリコ「SUNAO(カロリーコントロールアイス)」 7.6g(バニラの場合) 80kcal 162円
5位 グリコ「マルチチョコ&チョコクランチ」 5.0g(1本あたり) 40kcal 437円
6位 シャトレーゼ「やさしい糖質生活どら焼き」 4.8g 100kcal 172円
7位 明治「ブラックチョコレートスティックタイプ」 2.08g(1個あたり) 23.7kcal 123円
8位 共立食品「ローストココナッツ」 8.4g 227kcal 216円
9位 Q.B.B「スイーツ好きのためのチーズデザート」 2.8g(バニラ1個あたり) 47kcal 324円
10位 マルハニチロ「ゼリーdeゼロ」 5.5g 0kcal 194円

糖質制限のおやつを食べながらダイエットを成功させるためのポイントは、我慢しすぎないことです。さらに選ぶ時には下記の3つを守って食べるとうまくいきやすいですよ。

  1. おやつの糖質の目安量は10g以下
  2. 高タンパク質
  3. カロリーは気にしすぎない

青汁もおやつにぴったりです!

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は、あのペコちゃんがダイエットに成功した時に取り上げられた青汁で、今世界各国で売れている大ヒット商品です!

人気記事