Medium 13f4e7939cca4e4f

皮下脂肪は揉むだけで燃焼できる?その効果と簡単なやり方を紹介

皮下脂肪を揉むことによって得られる効果と皮下脂肪を落としやすくする簡単なやり方、皮下脂肪は揉むだけで燃焼できるのかを紹介しています。脂肪燃焼の仕組みも併せて紹介しているので皮下脂肪が気になってきた方や落とし方がわからない方は是非ご一読ください。

カテゴリー:ダイエットの基本体脂肪  作成者:柚美  投稿日:2017/10/23

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

皮下脂肪とは?

女性が気にする脂肪の大半は皮下脂肪

50342f30c5d5db01

脂肪は主に皮下脂肪と内臓脂肪に分かれます。皮下脂肪はつまめる脂肪、内臓脂肪は体の内側にあるためつまめない脂肪です。女性が気にする脂肪の多くが皮下脂肪であり、外見に現れやすいのが特徴です。

5c9f77d3d9a641f5

皮下脂肪は男性よりも女性につきやすいのですが、これは女性ホルモンが影響しているからと言われています。皮下脂肪が女性ホルモンの影響でつきやすいのであるというのが如実に表れているのが閉経前、閉経後です。閉経前の女性は皮下脂肪がつきやすいのに対して閉経後の女性は内臓脂肪がつきやすくなります。

B8e7eecb431a5550

皮下脂肪と内臓脂肪の落ちづらさを比べると、内臓脂肪の方が落ちやすいです。皮下脂肪はつきづらく落ちにくい脂肪のためすぐに落とす方法は脂肪吸引以外ありません。

5baaf1f2c70d63b5

皮下脂肪は病気のリスクが内臓脂肪と比べとても低いため、行き過ぎない皮下脂肪なら放置していても構わないとも言われていますが、運動の際、皮下脂肪があるせいで辛くなってしまったり膝や腰への負担も多くなるため皮下脂肪が増えすぎてしまった場合はできるだけ落としておいた方が良いでしょう。

皮下脂肪は冷え性の原因にもなる脂肪

5a9381ef8a50c0ba

皮下脂肪には熱を通しづらく、温まりやすく冷めやすいといった特徴があります。また一旦冷めてしまうと温まりづらくなるという特徴もあります。そのため、お腹を触った時などに冷たく感じる場合、内臓も冷えてしまっている可能性があります。

556b56d3deb1a077

皮下脂肪が多いと冷えたものを体にまとった状態とも言えるため、冷え性に悩んでいて脂肪が気になっている場合はまずは皮下脂肪を落とすと良いかもしれません。人間の熱は4割が筋肉からの熱です。筋肉量が少なく皮下脂肪が多くなりやすい女性特有の体は冷え性を招きやすいため、皮下脂肪の増えすぎは防ぐようにしましょう。

バナー原稿imp

皮下脂肪は揉んで脂肪燃焼される?

皮下脂肪の脂肪燃焼のカギはリパーゼ活性化

2a97720a3db72daf

リパーゼという脂肪分解酵素があるのですが、このリパーゼが活性化することにより皮下脂肪がエネルギー源になるために分解されます。脂肪は分解されて使われることにより燃やされるため、リパーゼが活性化したらするほど皮下脂肪が減ることが期待できます。

8a75a1f2c8e6fc7c

リパーゼは「空腹時」「体温上昇時」に活性化されます。空腹時とはお腹がすいたとき、体温常称寺とは筋トレやウォーキング、ランニングなどの運動時です。リパーゼが活性化されても分解された脂肪が使われなかった場合は脂肪に戻ってしまうため、分解されたものは積極的に使い切るのも皮下脂肪を減らすためには重要なことになります。

皮下脂肪を揉むだけじゃリパーゼは活性化されない

791a7b442c425256

皮下脂肪を脂肪燃焼するためのカギとなるリパーゼは「空腹時」「体温上昇時」に活性化されますが、揉むことで空腹や体温上昇を見込めない以上、皮下脂肪を揉むことが脂肪燃焼に繋がることにはなりません。しかし皮下脂肪の脂肪燃焼を揉むことで促すことは可能です。

皮下脂肪を揉むと脂肪燃焼を促進できる

Dd4466baa59682d7

皮下脂肪を揉むことで脂肪燃焼を促進できるその理由は固まり切った脂肪を解きほぐし分解しやすい脂肪にすることにあります。イメージとしてははちみつです。固まったはちみつを使うよりもとろとろとしたはちみつの方が使いやすいですよね。脂肪にも同じことが言え、固まった脂肪を解きほぐすことによって脂肪燃焼を促す効果が期待できるのです。

D92a98a785fe9126

皮下脂肪を揉むことでむくみやセルライトも解消できるため、そのことでもサイズダウンが見込めます。皮下脂肪だと思っていたものが実はむくみやセルライトだった、ということも多いため無理のない毎日の揉みで皮下脂肪を効果的に落としていきましょう。

バナー原稿imp

皮下脂肪を落とす揉むマッサージのコツ

無理のないマッサージで皮下脂肪を効果的に落とす

317468fba6860dd0

皮下脂肪を落とすマッサージは毎日行う事で効果を発揮します。できるだけ早く落としたいと毎日頑張りすぎてしまうとストレスになって続かなくなってしまう場合があるため注意しましょう。1日頑張ってマッサージを続けても逆に血管に負担がかかり、悪化する場合もあります。即効性を求める場合は自分で行うのではなくエステなどが有効です。

お風呂上りなどの体が温まっている時に行う

4d79e39cd0f53769

体が温かい時と言うのは固まった脂肪が除去しやすい、溜まった水分が抜けやすいというメリットがあります。そのためお風呂上りやお風呂の最中などに皮下脂肪の燃焼を促すことが期待できるマッサージを行うことで効果を高めることができます。

4625349c97ae7c98

セルライトはストレスによって体に溜め込まれる毒素や脂肪を吸収してしまう特徴があるため、ストレスから解放されやすいお風呂上り、お風呂場という環境でマッサージをすることはセルライト除去にも大変良い効果を発揮します。

オイルやクリームを使う

6142dcd31207e6f3

皮下脂肪の燃焼を促すマッサージを行う際、オイルやクリームを使うようにしましょう。お風呂場である場合は石鹸などで肌の上を指が滑りやすくしておきます。オイルやクリームは肌への負担を軽減させる効果があり、保湿されることで美肌効果にも繋がるためマッサージを行う際は必ず使うようにします。

C3ac662879882d12

オイルやクリームによってはリラックス効果、体を温める効果のあるものもあります。そういったオイルだとお風呂に入っている時と同じ効果を得られることが期待できるため、自分に合ったオイルやクリームを探してみるのもおすすめです。お風呂上りでもシャワーのみで体がすぐ冷えてしまう場合などは体が温まるオイルやクリームを選ぶようにしましょう。

皮下脂肪の脂肪燃焼を促す5分マッサージ

無理のない毎日5分マッサージで皮下脂肪を落とすやり方とは

お風呂上りなどに最適なマッサージです。5分程度でできるため、毎日続けやすいのが特徴です。最初は動画を見ながら行い、慣れてきたらテレビを見ながらでも行うことができる簡単マッサージです。セルライトが溜まっている場合少し痛いですが、頑張って続けてみてください。

  1. オイルやクリームをお腹と背中全体に塗る
  2. 背中を上から下に指を滑らせほぐす
  3. 脇腹に手をあて、お腹の中の前に指を添え筋肉を鷲づかみするように掴む
  4. そのまま上下にお腹を振る
  5. 指を背中側に添えて同じように上下に振る
  6. 気になるお腹の皮下脂肪をがしっと掴み上下に振る

ポイント

背中とお腹、両方をほぐすように揉むことで脂肪燃焼を促し、むくみやセルライトを除去する

スポンサーリンク

皮下脂肪は最初、揉むと痛いと感じる場合があります。これは脂肪の塊がお腹にあるためです。ほぐれてくると揉むことによる痛みも段々なくなっていくため、脂肪が解かれている実感が沸きやすいでしょう。痛すぎる場合は強さを調整して行うようにしてください。

118e0a3f22f14716

お風呂場で行う場合は座ってやるのではなく立ったまま行うようにしましょう。最初は動画や方法を見ながら行った方が良いので防水のスマートフォンかジップロックなどに入れたスマートフォンをお風呂場に持ち込んで見ながら行うとやりやすいです。お風呂場は滑りやすいため、スマートフォンが安定して置ける場所に置いて見るようにしてくださいね。

皮下脂肪を落とす以外の揉むマッサージの効果

皮下脂肪を落とすだけじゃない、脂肪をつきづらくするマッサージの効果とは

4e9b6081db5f1994

皮下脂肪は揉むことで皮下脂肪の脂肪燃焼を促進できたり、むくみやセルライトの除去などの効果が期待できますが、それ以外にも「便秘解消」をし脂肪をつきづらくなる効果も得ることができます。

7247db3229dcc425

便秘になると血液が汚れ、汚れた血液からの栄養分を細胞が受け取らずに栄養を残し脂肪にしてしまうことがあるのですが、皮下脂肪を揉むことにより便秘解消が望める為、血液が綺麗になり細胞が栄養を残して脂肪にしてしまうということがなくなります。

A880ba633cdf11da

便秘の人の中には腸に1kgから2kgほど溜め込むことがあるため、ダイエットで体重を気にする人にも皮下脂肪を揉むマッサージで便秘解消をするのは大変効果的と言えるでしょう。腸に溜め込んだ便を排出することでお腹もすっきりしますので、便秘気味の人は皮下脂肪を揉むマッサージを行い便秘を解消するようにしましょう。

97df0fae431a65b4

何故皮下脂肪を揉むことで便秘が解消されるのかと言うと、皮下脂肪を揉むマッサージは外から腸を刺激するマッサージでもあります。特に脇腹に手を添えてお腹の奥の方の筋肉を掴み揉むような動作は腸を刺激します。腸は外からの刺激からでも動くようになるため、便秘解消がのぞめるのです。

2b0d6a97d66127de

皮下脂肪を落とすついでに便秘解消もして余計な脂肪がつきづらい体作りができるため、毎日無理のない程度に皮下脂肪を揉むマッサージを続けるようにしましょう。

体を温めて皮下脂肪を落としやすくする

揉むだけではなく体を温めて皮下脂肪を落としやすくしよう

C8a5a13b076ae7d2

皮下脂肪を揉むだけでなく、体を常に温かい状態にすることも皮下脂肪が落としやすくなる体作りに効果的です。例えば腹巻などをするだけでも体温は上がるため、できるだけ体の冷えを感じない環境づくりをするようにしましょう。

D541e0a107a1bd1c

生姜なども体を温めるのに最適です。生姜は加熱する前と後では効果が違い、加熱する前は発汗し体を冷やす作用、加熱後は体を芯から温める作用に分かれる為体を温めるために生姜を摂る場合は80度の熱で熱した生姜を食べるようにしてください。

体を芯から温めるレンチン生姜の作り方

Bf662e670cd7d56d
  1. 10gの生姜をすりおろし耐熱器に入れる
  2. 生姜がかぶるくらいの水を入れる
  3. レンジ500wで4分程度加熱

生姜を80度の熱で温めるには電子レンジが大変便利です。すりおろした生姜を耐熱器に入れ、生姜が浸るくらいの水を入れて500wで4分程度加熱します。できた生姜は飲み物などに入れると飲みやすいです。体を常に温めておくことで固まった脂肪が分解されやすくなるので、皮下脂肪を揉むマッサージをするなら是非体を温めることにも注目してみてください。

皮下脂肪を落とす有酸素運動で脂肪を燃やす

皮下脂肪を燃やすのは有酸素運動

Be8e25348757a256

皮下脂肪を揉むマッサージは皮下脂肪を落としやすくします。ですが揉むこと自体に皮下脂肪を燃やす効果はないため、皮下脂肪を落としたい場合は有酸素運動を生活に取り入れるようにしましょう。有酸素運動はウォーキングやランニング、ヨガなどです。

9c2c6b236e9be7fa

筋トレは無酸素運動のため、脂肪を燃やす運動には入りませんが、筋肉は脂肪を燃やすためのエンジンでもあります。エンジンが大きいほうが脂肪もより多く使われ燃える為、結果的に皮下脂肪を燃やすためには無酸素運動も有効であると言えます。

皮下脂肪を落とす効果的な運動量

5114950b0f8aed80

有酸素運動は1日合計30分程度行いましょう。続けて30分行う必要はないため、1日の中で歩く時間を合計30分取るだけでも皮下脂肪は燃えます。この時、腹式呼吸を意識して行うようにしましょう。

05b125c7ba584f23

筋トレを組み込む場合はスクワットを週に2回行うのが最も効果的と言えます。スクワットは下半身にある大きな筋肉を効果的に鍛えられる筋トレです。筋肉はエンジンなので、そのエンジンも大きいものを鍛えたほうがより脂肪燃焼に役立ちます。筋肉量を増やすことは体の冷えを防ぐことにも繋がるため、より皮下脂肪を落としやすい体になります。

3f99cfea20fd143d

毎日、有酸素運動と皮下脂肪を揉むマッサージを行い、週に2回スクワットを行うようにすると皮下脂肪を効率的に落とすことができますよ。

皮下脂肪は揉んで落としやすくする

毎日、皮下脂肪を揉んで皮下脂肪とさよならしよう

422fa5ab23ae2712

女性につきやすい皮下脂肪、つきづらく落としづらいこの脂肪はちょっとしたコツで落としやすくすることができます。また、皮下脂肪だと思っていたものが実はむくみやセルライトであったということもあるため、積極的に揉むようにしたいですね。

78331fbe7f6e1e66

まずは毎日皮下脂肪を揉むことから始めて、むくみやセルライトをある程度除去してから皮下脂肪の脂肪燃焼に取り組むのも良いかもしれません。お風呂の最中やお風呂上りの日課に是非組み込んでみてください。

0629ab2114f9e014

皮下脂肪を揉むマッサージは段々痛みがなくなってきますが、痛ければ痛いほど良いというわけではないため、痛くしすぎないようにしてくださいね。皮下脂肪を揉むと固くなった脂肪がほぐれてくるので段々痛みがなくなってくるものだということを覚えておいてください。皮下脂肪は揉むことで落としやすくなります。続けることが大事なので、是非取り組んでみてくださいね。応援しています。

バナー原稿imp

人気記事