Medium f708200dae4ba4b6

皮下脂肪の落とし方まとめ!効果的に減らす・燃焼させる秘訣とポイント

皮下脂肪の落とし方をまとめてたくさん紹介します。なかなか落ちない皮下脂肪を効果的に減らす方法や、皮下脂肪を燃焼させるための秘訣やポイントもしっかり紹介します。なかなか落ちない皮下脂肪に悩んでいる方は、ぜひ実践してみてください。

カテゴリー:ダイエットの基本体脂肪  作成者:bellis  投稿日:2017/10/19

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

脂肪には種類がある!

F8a3c31f439cb75d

私たちを悩ませる脂肪。脂肪がついてしまうから、脂肪がつかないようにダイエットや運動、食事制限をしていますよね。ですが、脂肪には種類があり、脂肪の種類によって効果的な脂肪の減らし方や燃焼させる方法、秘訣やポイントがあるのはご存知でしょうか。ただやみくもにダイエットするのではなく、自分を悩ませている体脂肪の種類を知って、効果的に痩せましょう。

内臓脂肪

Fd91fd8166af5aac

体脂肪には大きく分けて2種類の脂肪があります。1つは「内臓脂肪」。もう1つは「皮下脂肪」です。まず内臓脂肪というのは、りんご型肥満とも呼ばれていて、内臓が集中しているおなかあたりについている脂肪です。足は太くないのにおなかだけポッコリとでているのがりんご型肥満の特徴です。この体型は中年の男性に多くみられる体型で、ビール腹とも呼ばれています。

738104c79de8fbfe

もうひとつの特徴としては、内臓脂肪で太っている場合には、おなかはでているのに指でつまむことができないという特徴があるのが内臓脂肪です。りんご型肥満の方が、高血圧や糖尿病といった生活習慣病になりやすいともいわれています。内臓脂肪はつきやすく落ちやすいという特徴もあるので、病気のリスクはありますが、運動で改善されやすい脂肪なのです。

皮下脂肪とは?

8ab37fa31a1a82d9

皮下脂肪というのは、洋ナシ型肥満や下半身太りとも呼ばれていて、下原やおしり・太ももなどにつきやすい脂肪です。おなかやおしり・太もものお肉をしっかりつまめるなら、それは皮下脂肪ということです。下半身に脂肪がつきやすい脂肪で、洋ナシ型肥満は女性に多いといわれています。その理由は、皮下脂肪というのは、お腹の赤ちゃんを守るための脂肪だからです。

Fd55caca388e2a8b

出産や子育て中の授乳に向けてエネルギーをたくさん使うので、その準備として脂肪を蓄えやすくなるのです。そのため、皮下脂肪は女性ホルモンとも関係しているといわれています。なので、適度に皮下脂肪があるといっても心配する必要はありません。むしろ自然なことなのです。ですが、あまりにも皮下脂肪がついてしまったという方のために、皮下脂肪の落とし方を教えます。

皮下脂肪はなぜついてしまう?

0ee3f7e16882e8bf

皮下脂肪はなぜついてしまうのか?ある程度の皮下脂肪なら、妊娠出産のためというのも納得できますが、余分な皮下脂肪がついてしまった原因を知っていきましょう。皮下脂肪が余分に蓄積されているのは、無駄にカロリーを摂り過ぎてしまったことが原因だと考えられます。摂取したエネルギーで消費されなかったエネルギーが脂肪として蓄積されます。

C0cbcd16254acc46

そのため、皮下脂肪がついてしまうのはカロリーを摂り過ぎている、またはカロリーを消費できていないことが原因だと考えられます。生理前になると食欲がでてしまい、ついつい食べ過ぎてしまったり、カロリーの高い甘いものを無性に食べたくなってしまうと感じませんか?それが実は、妊娠出産に向けて皮下脂肪を蓄えようとするために起きる自然なことなのです。

皮下脂肪はなかなか落ちない脂肪!?

C87131f16fab20b2

皮下脂肪がなぜついてしまうのかはよくわかりましたね。ですが、皮下脂肪ってなかなか落ちないと感じたことはありませんか?その感覚は間違いではありません。皮下脂肪は落としにくい脂肪として有名な脂肪です。皮下脂肪の特徴として、つきにくく落としにくいという特徴があります。ということは、今ある余分な皮下脂肪を落とせば、体型維持をしやすいということです。

0815e95c945d50e7

1度余分な皮下脂肪を落としてしまえば、皮下脂肪がまたつかないようにエネルギーの摂り過ぎや消費カロリーに気をつければ皮下脂肪を防ぐことができるのです。皮下脂肪は簡単にはつかない!日頃のカロリー摂取と消費を心がけていきましょう!これで皮下脂肪を落とした後の対策は完璧です。これから皮下脂肪の落とし方を詳しく紹介していきます。皮下脂肪を落とすためには、実践あるのみです。

皮下脂肪の落とし方!

2eb6a643807bec7f

皮下脂肪の落とし方について、詳しく紹介していきます。ですが、冒頭で説明したように皮下脂肪はつきにくく落としにくいというのが特徴です。どの皮下脂肪の落とし方も残念ながら即効性のあるものではありません。ですが、余分な皮下脂肪は確実に落とすことができます。これから紹介する皮下脂肪の落とし方を実践して、悩んでいた余分な皮下脂肪をしっかり落としましょう。

皮下脂肪の落とし方①有酸素運動で皮下脂肪を燃焼させる!

皮下脂肪の落とし方として、まず紹介するのは有酸素運動です。有酸素運動はおもに、ウォーキング・ランニング・水泳・縄跳びなどがあります。この有酸素運動によって、蓄積してしまった余分な皮下脂肪をエネルギーとして消費する方法です。有酸素運動で効果的に皮下脂肪を減らすためには、有酸素運動を行う時間に秘訣があります。

皮下脂肪の落とし方:有酸素運動の時間について

508e3b64389a57d7

皮下脂肪を減らすためには、有酸素運動を行う時間がとても大切なポイントになります。まず、有酸素運動を始めると、開始してから15分~20分は血液中の糖質や脂質(脂肪として蓄積される前の余分なエネルギー)が先に使われます。この血液中の脂肪や糖質がエネルギーとして消費された後に、いよいよ余分に蓄えられた脂肪がエネルギーとして消費されていくのです。

F0fc94c65131e2e8

なので、有酸素運動は20分からが皮下脂肪を燃焼させるスタートとなります。そのため、しっかり皮下脂肪を落としたいと思うと最低でも1時間以上は有酸素運動が必要になります。そして、日々の皮下脂肪の蓄積を防ぐためにも1時間以上の有酸素運動を毎日継続して行うことが大切だということです。

皮下脂肪の落とし方②筋トレで皮下脂肪を効果的に燃焼させる!

スポンサーリンク

皮下脂肪の落とし方には、筋トレをすることで皮下脂肪を効率的に燃焼させることができます。その理由は、筋トレをして筋肉をつけることで基礎代謝を上げることができるからです。基礎代謝をあげることができれば、普段の生活で余分なエネルギーを消費することができます。そのため、有酸素運動を行ったときに皮下脂肪をはやくエネルギーとして消費させることができます。

2964aab04cee700a

筋トレを行うだけでは皮下脂肪を減らすことにはなりません。有酸素運動と筋トレをセットで行うことで、皮下脂肪を効果的に燃焼させることができるのです。筋肉がつくのが嫌という方は、筋トレを行うときにインナーマッスル(体幹)を中心に鍛えることで、女性らしいラインを保ちつつ、筋肉量を増やすことができます。体幹を鍛えることで姿勢もよくなり、より消費カロリーを上げることができます。

皮下脂肪の落とし方③マッサージで効果的に皮下脂肪を減らす!

皮下脂肪の落とし方には、マッサージで皮下脂肪を落とす方法もあります。皮下脂肪として足に蓄積された脂肪は、冷えやホルモンバランス・自律神経の乱れ、代謝の低下、血行不良などで下半身に溜め込まれた老廃物と絡み合うことでセルライトとなります。このセルライトは、1度できてしまうと解消が難しく、皮下脂肪とセルライトがあることが下半身は痩せにくい理由でもあります。

3b79ae45f011f01a

皮下脂肪がセルライトになってしまっている場合には、マッサージで落とすことが効果的です。硬くなってしまった皮下脂肪やセルライトをマッサージでしっかり揉みほくして、溜まった老廃物とともに体外への排出を促すのです。効果的に皮下脂肪とセルライトを落とすためには、マッサージをするときは血流のいい状態、つまり体が温まった状態で行うことが大切です。

64814d5197e7f464

とくにお風呂で体が温まっているときに行ったり、お風呂から出てすぐの体が温まっている状態でマッサージを行いましょう。マッサージの方法は、つま先から太ももへ、下から上へマッサージしましょう。マッサージオイルやかっさなどのマッサージ用の器具を使うと、より効果的にマッサージを行うことができます。マッサージは皮下脂肪とセルライト効果的な落とし方です。

皮下脂肪の落とし方④カロリー制限で皮下脂肪を減らす!

1440655fcd4799ff

皮下脂肪の落とし方には、カロリー制限で減らす方法もあります。冒頭で説明したように、皮下脂肪は余分なカロリーが皮下脂肪として蓄積されてしまいます。余分なカロリーを摂らないことで皮下脂肪として蓄積されるのを防ぐという方法です。なので、自分の基礎代謝や普段の運動量から消費カロリーを計算して、摂取するカロリーをそのカロリー内に収めるという方法です。

E2e0093262dfafc4

ですが、極端に摂取カロリーを減らしてしまうと、体が飢餓状態だと判断し余計に脂肪を溜め込みやすくなったり、カロリーが消費されにくくなってしまします。そのため適度にカロリーを摂取して、有酸素運動と組み合わせることで効果的に皮下脂肪を減らすことができるということです。とくに夜は脂肪がつきやすいので、朝や昼にしっかりカロリーを摂取しておきましょう。

皮下脂肪の落とし方⑤カプサイシンで皮下脂肪を燃焼させる!

脂肪の落とし方には、カプサイシンで皮下脂肪を燃焼させるという方法もあります。カプサイシンはおもに唐辛子に含まれている辛い成分です。カプサイシンには脂肪の分解を促す効果があるといわれています。ですが、実はカプサイシンだけでは皮下脂肪を燃焼させることはできないのです。カプサイシンの効果を発揮させて、効果的に皮下脂肪を燃焼させるためには有酸素運動との組み合わせが大切です。

カプサイシンには脂肪を分解させる働きがあるので、カプサイシンを摂取してから有酸素運動をすることで皮下脂肪をより効果的に燃焼させることができるのです。カプサイシンには発汗作用もありますので、セルライトの原因となる老廃物の排出も促してくれるデトックス効果もあります。カプサイシンと有酸素運動を組み合わせて、効果的に皮下脂肪を燃焼させましょう。

皮下脂肪には漢方が効果的!?

皮下脂肪の落とし方には、漢方薬を使う方法もあります。漢方薬は実は肥満の方に薬としても使われるほど効果を期待できるものです。漢方薬のなかでもとくに有名なのは、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という漢方薬です。この防風通聖散は、肥満症の方に用いられる漢方薬で、便秘やむくみ、高血圧にともなう肩こりやのぼせを改善する効果があります。

防風通聖散に含まれている成分によって、体内循環の改善(老廃物を対外へ排出する効果)・血流改善(血行や血の巡りをよくする効果)・邪気の発散(ストレスを和らげる効果)・胃腸機能改善(消化吸収をよくする効果)などの効果があります。防風通聖散には基礎代謝を上げる効果が高いといわれていますが、やはり皮下脂肪を落とすには、防風通聖散と有酸素運動の組み合わせがおすすめです。

皮下脂肪を落とすには継続が大切!

6180e14ec3d0781c

皮下脂肪の落とし方をたくさん紹介しましたが、最初に説明した通り、皮下脂肪はつきにくく落としにくいという性質があります。どの方法も即効性はないため、皮下脂肪を落とすためには、根気強く続けるということが大切です。皮下脂肪の落とすための最大のポイントを挙げるとしたら、「皮下脂肪は短期間で落ちないという事実を知ること」です。

D5497aa880cfe744

この事実を知っているのと知らないのとでは、毎日の有酸素運動やマッサージなどでのモチベーションも違ってきます。そして皮下脂肪を落とすためには、継続することと、皮下脂肪を落とすための方法を実践することを毎日の習慣にしてしまうことです。そうすることで皮下脂肪を落とすために実践する方法を継続することも苦ではなく、むしろやらずにはいられなくなるはずです。

まとめ:皮下脂肪の落とし方について

皮下脂肪の落とし方について、いかがでしたか。皮下脂肪は脂肪の中でもつきにくい分、落としにくい脂肪であることがわかりました。皮下脂肪の落とし方にはさまざまな方法があり、有酸素運動での落とし方、筋トレでの落とし方、マッサージでの落とし方、カロリーを制限する落とし方、カプサイシンを摂取する落とし方、漢方薬での落とし方がありましたね。

582d937c8d6e0fa1

どの落とし方も即効性はありませんが、皮下脂肪の落とし方を組み合わせて、皮下脂肪を落とすために根気よく続けること、継続することが大切だということもわかりました。なかなか下半身が痩せないと悩んでいた方は、皮下脂肪だったのかもしれませんね。この皮下脂肪の効率的な落とし方を習慣にして、悩まされていた下半身太りを解消してください。

人気記事