Medium c2858678e6a2a524

スムージーの持ち運び・持ち歩きに便利な保存容器は?おすすめの方法紹介

スムージーの持ち運びに便利な保存容器を紹介します。また、スムージーの持ち運びする際にスムージーを長持ちさせることのできるおすすめの方法や、スムージー持ち運びにおすすめの容器の特徴などを詳しく紹介していきます。スムージーを持ち歩きしたい方はぜひご覧ください。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットシェイク  作成者:bellis  投稿日:2017/10/19

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

スムージーの持ち運びは可能?

スムージーの持ち運びは可能です。ですが、スムージーは作りたてをすぐに食べることが大前提で、持ち運びすることはあまりおすすめできません。酵素やビタミンも時間の経過とともに酸化してしまうものです。それを承知の上でスムージーを持ち運びしたい、持ち運びして後で飲みたい、保存しておきたいという方のための記事となります。了承の上、持ち運び方を参考にしてみてください。

スムージー持ち運びの期限は?

スムージーは作りたてが1番新鮮で栄養価が高くなっています。持ち運びすることで、どんどん栄養価も失われてしまいます。ビタミンと酵素は時間が経つと壊れてしまいます。そのため、持ち運びしてから飲むスムージーには、酸化に強いミネラルや食物繊維が残っていることになります。持ち運びをする際も、朝家で作って会社で飲むなど、持ち運びしてもすぐ飲むことがおすすめです。

スムージーの持ち運び期限を明確に表すことはできません。ですが、スムージーの限界を見極めるには、スムージーに変色がないかを見れば確認することができます。とくにフルーツをいれたスムージーは変色とカビが増殖するのがはやいです。そのため、持ち運びするスムージーにはフルーツを入れることはおすすめできません。スムージーを持ち運びする際は、変色過程に注意しましょう。

おすすめのスムージー保存容器の特徴

スムージーを持ち運びするための保存容器におすすめの特徴を紹介します。この特徴に当てはまる容器を探すことで、スムージーの持ち運びにもピッタリの便利な容器を見つけることができます。スムージーの持ち運びをするための容器を探している方は、この特徴を基準にして、条件を満たしているスムージー持ち運びの容器を探してみてください。

間口の広さ!

スムージーを持ち運びするために大切な容器の特徴は、間口の広さです。スムージーにはとろみのあるものが多いので、間口が狭いと詰まりやすく飲みにくくなります。間口が広い容器に入れて飲むことで、飲みやすく、酸化が進む前に飲み切ることができます。また、とろみのあるスムージーを飲んだ後に洗うときも、間口が広いことで洗い残しがなく、清潔に保つことができます。

容量の合ったものを選ぶ!

スムージーは水やお茶のようにガバガバ飲むようなものではありません。なので、必要以上に大きな容量の容器に入れて持ち運びしても、容器の中の空いたスペースにある空気によって、酸化がどんどん進んでしまいます。持ち運びしている間もなるべく酸化するのを防ぐために、なるべく自分がいつも作って飲んでいるスムージーの量に合った容器を選ぶようにしましょう。

そうすることで、容器の中に空気の入るスペースが少なくなり、スムージーの酸化を防ぐことで、持ち運びをしてもできるだけ新鮮なスムージーを飲むことができるのです。容器を買いに行く前は、自分がどのくらいの量のスムージーを飲むのか、どのくらい量のスムージーを持ち運びするのかを量ってから買いに行くようにしましょう。

軽い容器!

スムージーを持ち運びするために大切な容器の特徴は、軽量の容器であることです。持ち運びするのには軽いに越したことはありません。とくにスムージーは、固形物をなめらかにしているので、水やお茶なんかよりも重くなります。きっとスムージーを持ち歩きたいという方は、毎日スムージーを持ち歩いて飲むことが多いと思うので、苦にならない軽量な容器を選ぶようにしましょう。

保冷機能!

スムージーを持ち運びするために大切な容器の特徴は、保冷機能がついているということです。スムージーは熱に弱いです。せっかくスムージーにしても熱によって栄養が失われてしまいます。そのため、保冷機能のある容器で持ち運びすることで、直射日光や外の温度からスムージーを守ることができます。常温で持ち歩くよりも、保冷機能があることでスムージーの鮮度も保つことができます。

密閉機能!

スムージーを持ち運びするために大切な容器の特徴は、密閉機能がついているということです。スムージーは酸化に弱い飲みものです。そのため、スムージーを持ち運びするためにはスムージーの酸化の原因となる空気との接触をなくすことが大切です。なので、スムージーを密閉機能のある容器に入れることで空気との接触がすくなくなり、スムージーの酸化を遅らせることができるのです。

おすすめのスムージー保存容器

いよいよおすすめのスムージーの保存容器を紹介していきます。さまざまなタイプの保存容器がありますが、それぞれの容器にはメリットやデメリットがありました。自分で持ち運びするスムージーのタイプや、保存容器のメリットやデメリットをしっかり考慮して、自分に合ったスムージーを持ち運びするための容器を選んでみてください。

スムージーの持ち運びにおすすめの容器①水筒

スムージーの持ち運びにおすすめの容器は、水筒です。水筒は1番容器を選ぶ際の特徴に多く当てはまっています。水筒のメリットはなんといっても保冷機能があることです。スムージーを持ち運びする上で、1番重視したい特徴でもあります。そして、密閉機能も高いことがおすすめの理由です。水筒にはさまざまな容量のタイプがでているので、容量に合った水筒を選ぶことで酸化を防ぐことができます。

水筒のデメリットとしては、持ち運びするのに重さがあるということです。そして、機能性が高い分お手入れも手間がかかるというところです。水筒は何度も使うことができますが、細かい注ぎ口や密閉させる蓋など、パーツが多いので面倒くさがりの人には向かないかもしれません。何度もスムージーを入れているとにおいも気になるので、定期的にしっかり洗浄殺菌消毒することも大切です。

スムージーの持ち運びにおすすめの容器②タンブラー

スポンサーリンク

スムージーの持ち運びにおすすめしたい容器の2つ目は、タンブラーです。タンブラーの材質には大きく分けて、プラスチックとステンレスの2種類があります。タンブラーのメリットは、ステンレスのタンブラーを選んだ場合に保冷機能があるということです。やはりスムージーを持ち歩くには重視したい点でもあります。一方、プラスチックのタンブラーは軽いというメリットがあります。

タンブラーには、飲み口が広いというメリットもあります。スムージーのとろみは飲み口が狭いものだととてものみにくくなってしまうので、タンブラーのように飲み口が広いととても飲みやすいです。また、飲み口が広いと洗いやすいというメリットもあります。そのため、メンテナンスしやすく衛生的に使うことができます。

タンブラーのデメリットはというと、タンブラーのフタは気密性が高くないものが多いため、持ち運びする際にはタンブラーが横になってしまわないように注意が必要です。スムージーを入れて、タンブラーから中身が漏れてしまった日には1日ブルーな気持ちになってしまうことも否めません。飲み終わった後も飲みのこしがこぼれないように、なるべくはやく水洗いだけでもすることがおすすめです。

~番外編~

最近では、水筒の気密性と保冷機能、タンブラーの間口の広さを合体させたタンブラーが発売されています。こぼれない、酸化しない、飲みやすいという機能はスムージーを持ち運びする人にはぴったりの機能です。水筒とタンブラーで迷っている方は、水筒タンブラーの購入がおすすめです。形も水筒よりもおしゃれなので、見た目の問題もクリアしています。

スムージーの持ち運びにおすすめの容器③ボトル

スムージーの持ち運びにおすすめしたい容器の3つめは、簡易ボトル・ペットボトルです。外で飲みものを買うことも多く、ペットボトルを余らせている方も多いのではないでしょうか。スムージーを持ち運びするのにボトルがおすすめな理由は、ボトル軽さと飲んだ後の持ち運びです。ペットボトルであれば飲んだ後に潰すことができるので、スムージーを飲んだ後もかさばらずにすみます。

飲み終わった後に軽く水洗いして捨てることもできるので、もって帰る必要のないのがメリットです。ボトルのデメリットはというと、保冷機能がないためスムージーが温まってしまうということです。スムージーが温まってしますと、鮮度も落ちて栄養も減ってしまいます。そしてぬるいスムージーはおいしくありません。おいしくスムージーを飲みたい方にはあまりおすすめできません。

スムージーの持ち運びにおすすめの容器④シェイカー

スムージーを持ち運びするのにおすすめしたい容器の4つめは。シェイカーです。シェイカーのメリットは飲み口が広くなっているということです。スムージーにはとろみがあるので、シェイカーの飲みやすさはおすすめです。また、飲み終わった後も洗いやすく、分解して小さくすることもできるので飲み終わった後の持ち運びにも便利なのがおすすめの理由です。

シェイカーのデメリットは、やはり保冷機能と密閉機能がないことです。この2つがないとスムージーの持ち運びすると酸化が進んでしまします。なので、持ち運び時間が短い方にはおすすめの容器です。また、シェイカーによってはフタがとれやすいものもあるので、かばんなどに入れる際には縦に入れて、持ち運びするときには注意が必要です。

スムージーの持ち運びにおすすめの容器⑤メイソンジャー

スムージーを持ち運びするのにおすすめしたい容器の5つめは、メイソンジャーです。メイソンジャーのメリットは、気密性が高いということです。メイソンジャーは長期保存によく使われるほど、気密性にはすぐれています。最近では、おしゃれな飲みものを入れるメイソンジャーも流行っています。気密性の高いメイソンジャーは、スムージーの酸化を防ぐのにはおすすめの容器です。

メイソンジャーのデメリットは、ガラス瓶なので非常に重いというとことです。長時間持ち歩きをしたり、カバンをもって外出する方には向かない容器です。ですが、おしゃれ感を重視するなら車で行くピクニックなどにはおすすめです。スムージーを夜のうちに作って、朝に飲みたいというかたがスムージーをメイソンジャーに入れて、冷蔵で保存するにはおすすめしたい容器です。

持ち運びのためにスムージーを長持ちさせる方法①

スムージーを持ち運びするためにスムージーを長持ちさせる方法があります。1つめは、レモンをいれることです。スムージーで心配なのは、スムージーの酸化が進んで栄養がなくなってしまうことです。そのため、レモンのようにビタミンCがたくさん含まれている食材には酸化を防ぐ効果があります。生のレモンではなく、レモン汁やクエン酸でもスムージーの酸化防止を期待できます。

持ち運びのためにスムージーを長持ちさせる方法②

スムージーを持ち運びするためにスムージーを長持ちさせるさせる方法の2つめは、スムージーする食材を冷凍して、冷凍したものをスムージーにすることです。そうすることで、冷蔵した食材を使うよりもスムージーの持ちをよくすることができます。ただ、柑橘系のくだものやキウイは冷凍に向かないので、スムージーにする材料には工夫が必要です。

持ち運びには粉タイプのスムージーがおすすめ

スムージーを持ち歩きたい方で生のスムージーにこだわりがない方は、粉タイプの溶かして飲むスムージーを持ち歩くことをおすすめします。粉タイプのスムージーでも酸化には気を使いたいですが、粉タイプであれば、スムージーを飲みたいときに水や牛乳・豆乳に粉を入れて溶かせばすぐに飲むことができます。粉であれば持ち歩きも便利なので、こだわりのない方にはとてもおすすめです。

まとめ:スムージーの持ち運びに便利な保存容器について

スムージーの持ち運びに便利な容器について、いかがでしたか。スムージーはやはり新鮮なものが1番なので、持ち運びする際はなるべく早く飲み切ることが大切です。スムージーの持ち運びにおすすめの容器の特徴には、密閉機能と保冷機能がとくに大切でした。スムージーの持ち運びにおすすめの容器では、数種類おすすめの容器があったので、メリットデメリットをよく参考にしてみてください。

スムージーの持ち運びするために、スムージーを長持ちさせるレモンをいれることや、材料を冷凍することでスムージーを長持ちさせることができるということもわかりました。生のスムージーにこだわりがなければ、粉末タイプのスムージーを持ち歩くのがおすすめですね。スムージーを持ち歩くスムージーを愛する方は、ぜひお気に入りの容器を見つけてスムージーライフを楽しんでくださいね。

人気記事