Medium e446112b42e33d92

スムージーは糖質制限ダイエットにおすすめ?カロリーについても調査

スムージーはダイエットによく使われるドリンクですが、栄養が豊富でカロリーも少ないので置き換えダイエットでよく目にします。また、糖質が少ない事から糖質制限ダイエットで使うのもおすすめです。どのように糖質制限ダイエットでスムージーを使うかご紹介していきます。

カテゴリー:食事制限糖質制限ダイエット  作成者:megane3  投稿日:2017/10/19

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

糖質制限ダイエットでスムージーを使うとおすすめ?

9bf87eef5e21aa9a

糖質制限ダイエットはここ最近よく耳にするダイエット方法ですが、糖質が入っていない物を見つけるのが大変で、続けにくいと言われています。スムージーは野菜や果物を入れるドリンクなので、糖質が少なく、カロリーさえ気にしておけば気軽にできておすすめです。しかしどのようにスムージーを取り入れて、糖質制限ダイエットをすればいいのかわかりにくいので、この記事で詳しくご説明します。

糖質制限ダイエットとは?

307a8d7be9216378

糖質制限ダイエットは代表的なダイエットの方法で、成功する人も多いと聞きます。それは一般的なダイエットと違い、カロリーの計算などをせずに糖質の事を気にするだけでいいからです。糖質制限ダイエットは気軽にダイエットできるのかというと、そういうわけではありません。糖質の入っていない食べ物を見つけるのが、意外と難しいということが欠点と言えます。

糖質の入っていない食べ物を見つける

0d0872e597576716

糖質が太る原因になっているのをご存じですか?甘い物が糖質と思いがちですが、炭水化物も糖質の仲間です。炭水化物の中身は食物繊維と糖質でできているので、しっかり糖質が入っているわけです。炭水化物は三大栄養素と言われている体には、重要な栄養なので制限するとなかなか食べられる食べ物が少なくなってしまいます。その糖質を気軽に避けられるドリンクが、スムージーというわけです。

カロリーも気にした方がいい

Dfd93cc0f9a469ea

糖質制限ダイエットは糖質が入っていない物を、食べないようにすることが重要なのですが、その上にカロリーを制限するとダイエットで成功しやすいです。糖質はエネルギーなので体の中に脂肪として残りやすいのですが、カロリーも似たような性質を持っています。食べたエネルギーを運動で消費できればいいのですが、難しいときはカロリーを抑えたほうがダイエットに成功しやすいわけです。

スムージーとは?

5ee4d9629bf47ddc

スムージーは現代人の足りていない栄養を補給できるドリンクです。野菜や果物には現代人に足りていない栄養が豊富で、飲むだけでも健康になると話題です。今ではスムージーを置き換えダイエットのドリンクとして、使うことで人気が出ているようでカロリーも糖質も少ない事から、ダイエットに成功している人が多いようです。スムージーはどのような特徴があるのでしょうか?

野菜や果物をミキサーなどで混ぜたもの

4b88f1549321f2f1

スムージーをどうやってドリンクにするのかというと、ミキサーやジューサーで混ぜることで気軽に野菜や果物の栄養を補給できます。その混ぜる物によって効果が変わりますが、野菜や果物の栄養をドリンクで飲むことで気軽に摂取できておすすめです。スムージーといっても種類が豊富で味や栄養や効果まで、選ぶことができるためダイエットには最適といえるでしょう。

組み合わせを変えられるので飽きない

61bd413da642f8cd

スムージーは、とくに制限もなくさまざまな種類のドリンクが作れます。野菜と果物は種類が多いので自分の好みの味を見つけて、組み合わせを変えることも可能です。その上牛乳や豆乳といった、野菜や果物以外のドリンクと混ぜる事もできて、飽きることがありません。これが1番の人気の秘訣でしょう。

スムージーのダイエット効果

C62f664ed73af340

スムージーは、ダイエットをするのに向いているドリンクといっていいでしょう。それはダイエットの天敵であるカロリーや脂質などを極端に少なく、その上栄養も豊富だからです。スムージーはそれだけでなくダイエット効果を高める特徴を持っています。スムージーはどのようなダイエット効果があるのでしょうか?

食物繊維が豊富でデトックス効果が高い

953b89573ab51949

スムージーには野菜や果物の食物繊維がたくさん入っています。食物繊維は腸内環境を整える効果が高いです。なぜかというと、善玉菌のエサとなって数が増やしてくれます。そのおかげで腸の働きが活発になって代謝が上がるわけです。腸の働きが活発になるということは、老廃物が外に出るのでそれだけでもダイエット効果が期待できます。

野菜の酵素で代謝がアップ

Eba99d7be14f639f

スムージーには酵素がたっぷり入っています。酵素には体の中の働きを助けてくれるので、体の活動が活発になって代謝が上がるわけです。代謝が上がると体の中のエネルギーを消費してくれるので、自然とダイエットが成功しやすくなります。先ほど紹介したミキサーを使ってスムージーを作ると、酵素が少なるのでジューサーを使うのがおすすめです。

むくみが解消できる

A3e4992af9bcd70b

食物繊維が豊富なスムージーの特徴を使えば、デトックス効果を上げてむくみが解消されることもあります。特に体の代謝が悪い人にはその効果を実感しやすいでしょう。むくんでいるとその部分が太って見えるので、太っていると勘違いしている人も多いです。スムージーを使うことで痩せると言っている人は、むくみがなくなっている事もあります。

ポイント

スムージーはダイエット効果大でおすすめ!

スムージーを糖質制限ダイエットに取り入れるには?

Ea31dc6715cc562b

ダイエット効果の高いスムージーを糖質制限ダイエットに取り入れるのは、どのようにすればいいのでしょうか?糖質制限というのは糖質を気にしながら、食事を制限していくのでスムージーだけでなく、食事をする時も実践しなくてはいけません。それをしながらスムージーを取り入れるとなれば、どのようなことをすればいいのでしょうか?

スムージーの糖質を気にする

Fcb5734ce2c97b49

糖質制限というのは糖質を少なくすることなので、スムージーの糖質も注意しなければいけません。とくに果物を扱う時には注意が必要です。果物は甘い物が多く飲みやすくできますが、それを制限するということは、スムージーの飲みやすい組み合わせを考えなければいけません。それを踏まえてもスムージーは糖質制限に向いているようです。

スムージーのカロリーも気にしたら効果大

15cdf3062222cade

糖質は甘いものに多く含まれていますが、それを摂取しすぎると体の中に残ってしまいます。なので糖質の量をチェックする必要がありますが、それ以外にカロリーも確認しましょう。そもそも糖質が少ない野菜を中心に作るスムージーなので、カロリーを計算してダイエットに使うと脂肪となるエネルギーを大幅に減らすことが可能です。

ポイント

スムージーは糖質制限ダイエットと相性がいいが、カロリーも気にしよう!

食べたい!ガマンしたくない!女子のダイエットサポート!【黒しょうが+5つの黒スリム】

スムージーに入れたらいけない糖質が多い食べ物

E4e8c65305c5614c

スポンサーリンク

スムージーを使って糖質制限をするわけですから、野菜や果物の糖質の量を見る必要があります。野菜や果物は糖質が少なそうに見えるためそこまで気にしなくてもいいと思われがちですが、意外に多いものもあります。たしかに糖質が多い野菜や果物は少ないですが、意外に糖質が多い野菜や果物をまとめてみました。スムージーを作る際の参考にしてください。

果物は糖質が多め

9f662dde52ca5fb4

スムージーに限らず果物は糖質が多く入っているので、糖質制限ダイエットをしている人は注意しないといけません。糖質が少ない果物なら問題ありませんが、糖質が少ない果物は少ないようです。スムージーに入れる果物も注意して選ぶ必要があります。スムージーに入れる野菜と相性がいい果物は糖質が多く入っているので、必ず糖質の量をチェックしておきましょう。

バナナ

  • 糖質:21g

バナナは一般的に甘くて価格もお手頃なので、スムージーに限らずダイエットでもよく使われます。なぜダイエットに使われるのかというと、食物繊維が2種類も入っていることです。ただ甘いからというだけでなく、ダイエット効果が高いというわけです。スムージーは野菜が多く使われているので、バナナと相性が良さそうですが、糖質がかなり入っているので注意してください。

りんご

  • 糖質:13g

りんごも果物の中で、ダイエットとして使われているのが多い食材です。りんごダイエットは食物繊維が豊富に含まれているので、野菜と同様にデトックス効果が期待できて人気がありました。その上カロリーも少ないので、ダイエット向きかと思いきや糖質が意外に多く含まれています。糖質制限ダイエットをするには向いていないので、スムージーに入れないようにしましょう。

みかん

  • 糖質:11g

みかんも甘い果物の仲間なので、一般的なダイエットでもあまり使われていないかといえばそうではないようです。それは「ペクチン」と言われる成分が含まれていて、これがダイエット効果を期待できます。コレステロールを吸収したり腸内環境を整えてくれますが、残念ながら糖質が多めなので糖質制限ダイエットには向いていません。

ポイント

糖質が少ない果物を選ぶのがおすすめ!

意外に糖質が多い野菜

079bee5ade3dfcee

スムージーは野菜を多く使うので糖質制限をするには向いていますが、どの野菜を選んでも大丈夫か言えばそうでもありません。意外に野菜は甘くないのに糖質が含まれている事があります。それは「でんぷん」が含まれているのが原因です。糖質制限に向いていない野菜はこのでんぷんのような成分が含まれているかどうかが重要になるので、覚えておきましょう。

さつまいも

  • 糖質:18.4g

野菜の中でも甘みがあるいも類には、先ほど紹介したでんぷんが多く含まれています。その中でもさつまいもは一般的によく使われる野菜で、糖質制限ダイエットでは注意した方がいいでしょう。スムージーとしてもレシピがよく紹介されているので、糖質制限ダイエットをする時は注意しましょう。さつまいもに限らずいも類は多く糖質が含まれています。

玉ねぎ

  • 糖質:13.5g

玉ねぎもさまざまな料理で使われることが多い野菜ですが、自然な甘みや味をまろやかにする時に使われるので糖質が意外に含まれています。玉ねぎにもデトックス効果があるので、ダイエットに向いているのかと言えば一般的なダイエットには相性がいいでしょう。糖質制限ダイエットは控えたほうがいいので、スムージーにも入れないように注意してください。

トマト

  • 糖質:7.9g

トマトはサラダに入れて食べる事が多いでしょうが、糖質が少し多いので糖質制限ダイエットをする時は注意してください。トマトダイエットといってダイエット効果のある成分が含まれています。食べた感じも甘くないかもしれませんが、しっかりと糖質が含まれています。スムージーには入れないようにしましょう。

糖質制限はグリーンスムージーがおすすめ

A451dc3ae2493be9

糖質制限ダイエットに向いていない野菜や果物を紹介しましたが、手っ取り早く糖質を制限したものをスムージーに取り入れられる方法があります。それは「緑の葉の野菜」を使うことです。葉物野菜だと糖質が少ない事が多いのでこれだけに絞って作られるグリーンスムージーで、糖質制限ダイエットをすると効果的なのでおすすめです。

グリーンスムージーのカロリーは?

08f14f73e2fe6c53

グリーンスムージーは緑の葉物野菜を多く使っているので、糖質制限に向いていますがカロリーもかなり抑えられます。葉物野菜として有名なほうれん草は9kcalしかありません。しかし問題は味が青汁のようになってしまうので果物に手を出してしまうかもしれませんが、糖質を気にして選びましょう。カロリーの計算は以下を見て参考にしてください。

平均的なグリーンスムージーのカロリーを計算

C69c2d08ac8fdac1
  • ほうれん草 70g:14kcal
  • バナナ 1/2本:40kcal
  • キウイフルーツ 1個:54kcal
  • マンゴー 1/3:41kcal
  • 合計:149kcal

一般的なグリーンスムージーのカロリーを計算しましたが、比較的カロリーが高いのがわかります。先ほど紹介したほうれん草はとてもカロリーが低く、このような緑の野菜はカロリーや糖質を抑えられるので、あえてたくさん入れてカロリーを制限できるわけです。ついでに果物を少なくすると糖質まで少なくできて、ダイエットの効果を上げるのがコツになります。

粉末状のグリーンスムージーがおすすめ

11aac1503e1b9422

グリーンスムージーにしたとしても、糖質を気にしないといけません。そこまでして手作りにこだわるのが面倒な人は、最初からカロリーや糖質を計算して作られている粉末状のグリーンスムージーがおすすめです。手作りでグリーンスムージーを作る場合はミキサーや包丁が必要で、後片付けも大変です。粉末状のスムージーならそんな手間を省けて、気軽に続けることができます。

ポイント

粉末状のグリーンスムージーが手軽でおすすめ!

糖質制限ダイエットでスムージーを使う効果まとめ

5b7c2eb5a5e9a7dc

糖質制限ダイエットでスムージーを使うときは果物や野菜選びが重要ですが、総合的に考えておすすめと言えます。それは野菜や果物はカロリーが少なくて、ダイエットに向いているからです。その上糖質まで制限できたら、さらにダイエット効果を期待できるでしょう。糖質の計算が面倒な人は粉末状のグリーンスムージーがおすすめです。糖質制限中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

人気記事