Medium 72e4be45daaaa17d

糖質制限中にコンビニで買えるものは?おすすめの低糖質商品まとめ

現代、糖質の撮りすぎによって肥満が問題となっています。そんな中注目されたのが糖質制限ダイエット。しかし、毎日忙しくて栄養を考えて料理なんてしていられない…そんな忙しい方にコンビニで手軽に買える、おすすめの糖質制限できるコンビニ商品についてまとめました。

カテゴリー:食事制限糖質制限ダイエット  作成者:mina1017  投稿日:2017/10/20

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

まず、糖質制限とは?

私たちは植物のように、自らエネルギーを作り出す事は出来ません。人は外部から栄養素を摂取して、体内でエネルギーに変えます。そうして生命を維持し、健康を増進することができます。なので、食べ物に含まれる栄養素とは切っても切れない関係で結ばれているのです。

私たちの生活に欠くことのできない栄養素

人のエネルギーに欠かせない栄養素6つ
糖質
脂質
タンパク質
ビタミン
ミネラル
食物繊維

人のエネルギー源となる栄養素は6つあります。そんな私たちの生活の中で特に欠かせない栄養素が、糖質・脂質・タンパク質です。その中の糖質は、生きていく中で必ず摂取しなくてはいけない栄養素の1つですが、現代人の食生活では糖質の撮りすぎにより肥満化が進んでいるのも深刻な問題となっています。

糖質の働き

身体を構成し、筋肉の運動や体内の温度維持に欠かすことの出来ない糖質は、エネルギー源として活躍する栄養素です。糖質は、穀物類やいも類、砂糖などの主成分でもあり、炭水化物を構成するうちのひとつです。

Abbd280eb9bd8f2c

糖質は、身体に取り込まれたうちのおよそ半分がエネルギーになる機能を持ちます。そのエネルギーは脳や神経のエネルギー源になりますが、余った糖質はグリコーゲンに、さらに中性脂肪となって身体に蓄えられます。

脂質の働き

脂質は文字通り油分の事を指します。イワシ、ニシンなどに含まれる魚油・豚脂、牛脂などに含まれる動物性脂肪のほか、オリーブオイルやココナッツオイル、菜種油などの植物性油などがあります。

581e6895f8fbf2b9

脂質の撮りすぎは肥満の原因にもなりますが、逆に脂質を撮らないとエネルギー不足やホルモンの働きに異常をきたしたり、体内細胞が壊れたりする症状を招いてしまうので撮りすぎ・撮らなすぎどちらも身体によくない行為です。なので、バランス良く摂取していくことが大切です。

タンパク質の働き

タンパク質は、水分と同じく人には欠くことの出来ない大きな存在です。筋肉・血液・髪・臓器・爪など、身体のほとんどを形成していいる栄養素で、人はタンパク質そのものなのです。

肌が弱い、髪の毛が痛みやすい、爪がもろいなどお悩みの方は、タンパク質は不足していませんか?タンパク質は体内に入るとアミノ酸として変換されます。人の身体は20種類のアミノ酸で出来ており、うち9種類は体内で生成することが出来ず、食事として取り入れなくてはいけません。そんな私たちの身体を作るタンパク質を含んだ食材は、積極的に取り入れていきたいものですね。

糖質制限ダイエットをどのように行っていけばいいのか

E7da22db0bde9f79

では、糖質制限をしていくにあたって、より良く効果を得るにはどのように行っていけば良いのでしょうか?糖質制限とは元々は糖尿病の患者の為の食事制限でした。現代人の糖質の過剰摂取によって肥満が叫ばれる中注目されたのが、糖質制限ダイエットというわけなんです。

82d9fdb021ef0e6f

糖質制限ダイエットは痩せやすいダイエット法と言われていますが、逆に太ってしまったり、途中で挫折してしまう人もいるそうです…リバウンドや挫折の原因は正しくない糖質制限をしているのが原因かもしれません。この記事を参考にもう一度糖質制限について学んでいきませんか?

A9001e4c62c6e64c

まず、糖質制限を行っていく上で重要なのが、その食材にどれだけ糖質が含まれているのかを知ることです。よく栄養成分に記載されている炭水化物は、糖質と食物繊維で構成されています。糖質の量は炭水化物-食物繊維=糖質量になります。食材の表記に食物繊維の記載がない場合は、炭水化物の量を目安に見てみましょう。

1日あたりの糖質摂取量
男性:287~373グラム
女性:218~284グラム

糖質は野菜にも微量含まれていて、調味料にも含まれています。なので摂取量を完全にゼロにするということは大変難しいと言えます。糖質制限ダイエットをするには、上の摂取量をなるべく超えないように注意しながら食事していきましょう。

糖質制限で、短期間で早く成果を出したい方は、1日あたり50~60グラム、無理しない程度にじっくり結果を出したい人は70~120グラムを目標に摂取していきましょう。

ポイント

炭水化物とは、食物繊維と糖質によるものの総称なのです。炭水化物とは、食物繊維と糖質とを合わせたもののことを言います。糖類とよばれるブドウ糖やデンプンなどの多糖類などを含むものを糖質と言うのです。この糖質を過剰に摂取することで、太りやすくなってしまいます。

食べたい!ガマンしたくない!女子のダイエットサポート!【黒しょうが+5つの黒スリム】

糖質制限に適した食材・糖質制限に適さない食材

9120be2c8fe01c0c

では糖質について知った上で、糖質制限に最適な食材・糖質制限に適さない食材をそれぞれ見てみましょう。コンビニ商品選びとして是非お役立てください。

糖質制限で食べて良いもの

  • 肉類
  • 魚介類
  • 乳製品
  • 大豆製品
  • 野菜
  • 海藻
  • きのこ類
  • オリーブオイル・サラダ油・胡麻油・無塩バターなど
  • アーモンドやくるみなどのナッツ類

糖質制限をするということで、食事がかなり制限されてしまう…というわけでもなさそうですね。糖質制限ダイエットはタンパク質やミネラルが栄養素の中心となっているものなら基本的に食べても良いとされています。脂ではなく、糖質で制限するということが糖質制限ダイエットのメリットとなります。

糖質制限で適さない食べ物

  • ご飯
  • パン
  • 中華麺類
  • パスタ
  • スパゲッティ
  • うどん
  • 根菜類
  • 春雨
  • イモ類
  • とうもろこし
  • バナナ
  • 蜜柑
  • ケチャップ・ソース・ドレッシングなどの調味料

炭水化物が多く含まれるのは、ご飯やパン類の主食だけではありません。イモ類や一見ダイエットにも良さそうな春雨も含まれています。春雨の原料はデンプンなので、注意が必要です。

また、野菜は一般的にカロリーが低いというイメージをお持ちですが、実はニンジン・レンコン・ごぼう・たまねぎといった根菜類の野菜は、意外と糖類が多く含まれているのです。基本的には、火を入れると甘味が増す野菜は、糖質が多く含まれると覚えると良いでしょう。

糖質制限で飲んで良い飲み物

  • 麦茶や緑茶などのお茶類全般
  • ミネラルウォーター
  • ブラックコーヒー
  • 無調整豆乳など

糖質制限の場合基本的には糖質ゼロのものを選ぶようにしましょう。コーヒーは無糖のブラックコーヒーを、豆乳は無調整のものを選ぶようにしてください。調整豆乳だと砂糖が含まれています。

糖質制限で適さない飲み物

  • 炭酸飲料
  • スポーツドリンク
  • 牛乳
  • エナジードリンク
  • ビール
  • 梅酒
  • 清酒など

コンビニに並ぶコーラなどの炭酸飲料や、甘いジュースには合成甘味料が使われており、糖質制限の妨げになります。市販されているペットボトルドリンクは、暑い日や、普段手軽に飲むのにも美味しく最適ですが、あの美味しさや甘さには大量の砂糖が使われているのです。コンビニのペットボトルドリンク1本で大量の糖質を摂取してしまうので注意しましょう。

コンビニ商品が手軽でオススメ!

日々忙しい毎日を送っている現代人の強い味方であるコンビニエンスストア。食材のほとんどをコンビニで済ますと言う人も多いのではないのでしょうか。食品だけに留まらず、現在コンビニ各社では日用品や銀行、宅配便の手配やチケットの発券まで…今ではコンビニは私たちの生活に欠くことの出来ない存在と言えるでしょう。

しかし、その一方で、コンビニはダイエットをしている人にはつらい場所とも言えるでしょう。菓子やアルコール、レジ横に並んでいるカウンターフードなど食材の誘惑との戦いです。そんな誘惑のコンビニ商品の中で、糖質制限に適している商品はあるのでしょうか。

E05b2faf58a8366e

糖質制限とは、その名から甘いものを制限するダイエットと連想する方もいるかと思いますが、実は炭水化物にも多く含まれています。炭水化物には、ご飯・パン・うどん・パスタなどの麺類の主食に多く含まれており、コンビニ弁当で糖質制限を行っていく上では、基本的にこれらの主食を抑えると良いでしょう。

また、糖質ダイエットは食事を抜く訳ではなく、しっかり食事を食べることが大事です。また、魚や肉、豆などのタンパク質、チーズ、バターなどの脂質は食べて大丈夫です。今まで主食にしてきたお米、パン、麺類を減らし、代わりにオカズを食べるということが目的になります。

スポンサーリンク

主食を減らすとお話ししましたが、まったく炭水化物を摂らないというのは栄養バランスの偏りに繋がります。極端に炭水化物を抜かないということに気をつけましょう。ダイエットの成功の鍵は、バランスの良い食事なのです。コンビニをより良く利用していきましょう。

糖質制限におすすめコンビニ商品 セブンプレミアムサラダチキン

コンビニ商品で有名なサラダチキン。セブンイレブンから2013年に発売され、瞬く間にコンビニダイエット商品としてブームを呼びました。現在ではコンビニ各社、スーパーでもサラダチキンを取り扱うようになり、味のバリュエーションも豊富になって、飽きることなく食べられます。そんなサラダチキンの栄養成分について確認していきましょう。

  • セブンイレブン サラダチキンプレーン¥213税込み
  • エネルギー…98㎉
  • タンパク質…21.7グラム
  • 脂質…0.8グラム
  • 炭水化物…1.0グラム
  • 塩分含有量…1.1グラム

鶏胸肉を蒸して柔らかくし、そこに味を付けたものがサラダチキンです。味付なので、そのまま食べても良し。当初はその名の通り、サラダにトッピングする為に販売されていました。しかし、筋肉を効率的につけたい方や、ダイエットしている方に話題をよび、現在は色々なレシピがネット上で公開されています。

3521eb3f671cacb9

炭水化物もかなり抑え得られていて、腹持ちも大変良いのでコンビニ商品としてかなりオススメの商品と言えますね。サラダチキンは低カロリーで高タンパクなのが特徴です。ダイエット中に不足しがちなタンパク質を鶏胸肉から撮ることで筋肉量を維持し、そこに運動を加えれば効率良く筋肉を増やすことができるのです。

糖質制限におすすめコンビニ商品 セブンプレミアム鯖の塩焼き

セブンプレミアムの鯖の塩焼きは炭水化物がゼロなので、糖質もゼロになります。遠赤外線加熱法でふっくら仕上がっており、塩味もちょうど良く、骨も取り除かれているので非常に食べやすいです。普段魚料理は時間がかかり、食べるのにも苦労しますよね…そんな時に便利でお手軽な鯖の塩焼き。優秀なコンビニ商品と言えるでしょう。

  • セブンイレブン 鯖の塩焼き ¥280税込み
  • エネルギー…253㎉
  • タンパク質…15.8グラム
  • 脂質…21.0グラム
  • 炭水化物…0グラム
  • 塩分含有量…1.1グラム

また、鯖には良質な脂質が含まれていると言われています。多価不飽和脂肪酸である脳や神経に働きかけるDHA、血液に働きかけるEPAの2つが存在し、動脈硬化や脳卒中、高血圧などの生活習慣の予防に繋がるのです。DHAは鯖の他に、さんま・イワシ・まぐろ・ぶりなどの脂身に多く含まれています。

脂分はダイエット中は避けたいと思われがちな成分ですが、DHAやEPAのように、青魚に含まれるものは良質な脂肪分なのです。そういった栄養素は現在サプリメントとして販売されているほど重要で、人気の高い栄養素です。

糖質制限におすすめコンビニ商品 セブンプレミアム寒天ゼリー

コンビニ商品で甘いものが食べたい…そんな方は寒天ゼリーがオススメです。寒天ゼリーのパッケージにもカロリーゼロと表記してあり、コンビニダイエットしている人には嬉しいですね。糖質制限する中で、カロリーの次に気になるのが糖質。現在はぶどう・みかん・りんご・桃・マスカットの5種類の味が発売されていますが、どの種類も含まれる糖質量は2グラム以下でした。

  • セブンイレブン 寒天ゼリーりんご ¥100税込み
  • エネルギー…0㎉
  • タンパク質…0グラム
  • 脂質…0グラム
  • 炭水化物…0.7グラム

大変腹持ちの良いコンビニ商品で、忙しい朝にも手軽に食べれるオススメのコンビニ商品です。安く手に入るのに250グラムと大容量!糖質制限ダイエット中の方には嬉しいコンビニデザートです。

寒天ゼリーには食物繊維が含まれているので、糖質制限の他にも便秘の改善や、食物繊維がお腹の中で膨らむ事によって満腹感も得られます。また、ほのかに甘い寒天ゼリーと、プレーンのヨーグルトと合わせて食べるとよりグット。体内の老廃物を排出してくれる機能を促してくれます。1個¥100と、コストパフォーマンスに優れたコンビニ商品です。

糖質制限におすすめコンビニ商品セブンイレブンコーヒー

セブンカフェは2011年にサービスが開始されたコンビニ店舗の据え置き式のコーヒーマシーンです。現在はセブンだけでなく、コンビニ各社取り扱っています。コンビニのレジ横に設置してあるので、見たことがない方はいないと思います。コーヒーには内臓脂肪の燃焼とお通じに効果があります。糖質制限中は、原則としてミルクとガムシロップは入れず、ブラックコーヒーのまま飲むようにしましょう。

  • セブンイレブン コーヒーサイズR ¥100税込み
  • エネルギー…6㎉
  • 糖質…1.2グラム

コーヒーはダイエットに適しているのはご存じでしょうか?コーヒーにはクロロゲン酸とカフェインによって脂肪を燃焼させる効果があります。糖質制限の他に、脂肪をまずなくしたいという人にはオススメの飲料になります。またコンビニで手軽に飲め、¥100で手に入るのは魅力的ですね。

糖質制限におすすめコンビニ商品ローソンのひじき

セブンイレブンのコンビニ商品を紹介していきましたが、お次はローソンの糖質制限におすすめコンビニ弁当についてご紹介していきます。ひじきと6種類の具材を合わせた商品。コンビニの煮物商品としては定番ですね。ローソンではひじきのみ別炊きしているため、中までしっかりと味が付いています。そんなローソンのおすすめのコンビニ商品の成分を確認していきましょう。

  • ローソン 昆布とかつおだしでふっくら炊き上げたひじき煮 ¥130税込み
  • エネルギー…76㎉
  • タンパク質…4.1グラム
  • 脂質…2.5グラム
  • 炭水化物…9.2グラム
  • 塩分相当量…1グラム

ひじき自体はかなりの低糖質です。後は合わせる具材や調味料によって糖質量が左右されてきます。ローソンのひじき煮は100グラム中、換算10グラム以下なので、コンビニの煮物商品の中ではかなり低糖質に抑えられていると言えます。煮物が好きだけど、低糖質で抑えたい方にはオススメのコンビニ商品です。

糖質制限におすすめコンビニ商品 ローソンブランパン

パン類は糖質制限には原則NGとお話しましたが、ローソンで発売されているブランパンには、そんな糖質制限中の方には嬉しいコンビニ商品です。ブランパンのブランとは、ふすまというお米や小麦の外皮のことで、食物繊維を豊富に含んでいます。人工甘味料と砂糖も不使用なので、糖質制限に最適なコンビニ商品です。

  • ローソン ブランパン2個入り ¥125税込み
  • エネルギー…66㎉
  • タンパク質…6.3グラム
  • 脂質…2.3グラム
  • 糖質…2.2グラム
  • 食物繊維…5.5グラム
  • ナトリウム…86㎎
  • ショ糖…0.1グラム
  • 飽和脂肪酸…0.8グラム
  • トランス脂肪酸…0グラム
  • コレステロール…5㎎

低糖質のパンと言えば、ローソンのブランパンというくらい現在密かなブームを呼んでいるブランパン。2016年に商品がリニューアルされて、乳酸菌がプラスされました。また、パンの生地に使用される米ブランとオーツ麦ブランの配合割合を見直すことによって、ブランの独特な香りが低減されてより食べやすくなりました。

ふんわりとして小麦の風味も感じられるブランパンは、そのまま食べるも良し。トースターで焼いたり、ブランパンを2等分にカットして、お好みの野菜やハムなどを挟めばよりアレンジの幅が広がります。

また、現在ローソンでは、低糖質なブランを推して様々なコンビニ商品を展開しています。すべて低糖質に抑えた商品なので、糖質制限の方にはオススメです。是非ご賞味してはいかがでしょうか?

ファミリーマートの商品

セブンイレブン、ローソンのコンビニ商品をご紹介していきましたが、ファミリーマートは現在ライザップとのコラボ商品を展開しているので話題を呼んでいます。毎週色々な種類のコンビニ商品が発売されているようなので、是非店頭でチェックしてみましょう!

コンビニ商品で糖質制限ダイエットを行っていく上での注意点

3fd9d12a6a449e7e

糖質で太ってしまう原因は、体内に糖質が入ってきたときに分泌されるホルモンのインスリンが、エネルギーとして使い切れなかった栄養分を体脂肪として体内に蓄えてしまう為です。インスリンは肥満ホルモンと呼ばれていて、撮りすぎた糖質を脂肪として変改してしまうのです。その為糖質をあまり摂取しなければ、脂肪の蓄積が防げる上、糖質の代わりに体脂肪がエネルギーとして使われていくのです。

94345d78469d1ece

コンビニ弁当で糖質制限を行っていく上で、ただ炭水化物を抜けば良いという訳ではありません。炭水化物を抜くだけではカロリー不足になってしまうので、他の食材で補うようにしましょう。そのため、野菜は1日300グラムを目安に食べるようにしましょう。糖質制限中は、タンパク質を十分に撮る必要があります。肉や魚介類のコンビニ商品も積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

炭水化物を抑えたいからと言って、タンパク質や脂質の撮りすぎには注意しましょう。また、糖質かなり抑えた時のハードな運動は控えるようにしましょう。糖質制限は運動を一切しない人でも効果が出るダイエットなのです。運動をする方は、運動の前後にバナナを食べるなど、適度な糖質を撮るよう心がけてください。

まとめ:糖質制限中にコンビニで買えるものは?おすすめの低糖質商品まとめ

糖質制限ダイエットは、食事を見直すことによって痩せやすい体に改善されるだけでなく、成功すれば効果が現れやすいダイエット法と言えます。日々荒れた食生活の中でも糖質は断ち切れないものでもあります。そんな食生活を見直すことで、健康的で痩せやすい体に変えることができます。

糖質制限は肉や魚にも制限がないので、気軽に始められるダイエット法です。外食や、コンビニ弁当でも糖質の高いものを避ければ無理なく続けられるのです。普段なじみのあるコンビニで、栄養バランスを保ちつつ、無理なくダイエットしてみてはいかがでしょうか?

青汁も糖質制限の強い味方です!

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は、あのペコちゃんがダイエットに成功した時に取り上げられた青汁で、今世界各国で売れている大ヒット商品です!

人気記事