Medium 8b51148a494e5005

糖質制限中におすすめの鍋料理は?美味しくて最適・注意点についてまとめ

糖質制限中におすすめの料理といわれている鍋について、なぜ糖質制限中におすすめなのか、その理由を紹介していきます。また、糖質制限中におすすめの鍋でも注意点を守らないと糖質の高い料理になってしまうことがわかりました。糖質制限中の鍋の注意点についてもまとめました。

カテゴリー:食事制限糖質制限ダイエット  作成者:bellis  投稿日:2017/10/20

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

糖質制限中に鍋はおすすめ!

糖質制限ダイエットをしている人の強い味方となる鍋について、詳しく紹介します。実は鍋は糖質制限中にはとても最適で美味しくて、おすすめの料理なのです。ですが、糖質制限中の鍋にも注意したいことがあります。そんな糖質制限中におすすめの鍋や、糖質制限中の鍋のメリット、糖質制限中の鍋で注意したいこと、糖質制限中の鍋のしめまで、糖質制限中におすすめの美味しい鍋について紹介します。

糖質制限中の鍋のメリット

糖質制限中の鍋のメリットを紹介します。これを見れば糖質制限中になぜ鍋が最適といわれているのかがよくわかります。糖質制限中は鍋を食べて、楽しく糖質制限していきましょう。

糖質制限中の鍋のメリット①主食がなくても満足できる

糖質制限中の鍋のメリット1つ目は、主食がなくても満足できることです。糖質制限中は糖質の多いお米やパン・麺類など、おもに主食となる食べものはなるべく避けたいものです。ですが、糖質制限中ではふだんの食事から主食をなくしてしまうと、もの足りなさを感じて主食が恋しくなってしまいませんか。糖質制限中の主食のそのもの足りなさを感じることなく食べることができるのが鍋なのです。

なぜ鍋は主食がなくてももの足りなさを感じないのでしょうか。そのひみつは具材にあります。ごはんなど主食が欲しくなるのは、濃い味を食べた時にその衝動が強くなります。鍋のスープには濃い味のものもありますが、白菜やしらたき・豆腐などの具材がごはん代わりになって味をマイルドにする役割をもっています。そのため鍋を食べるときは、主食がなくても鍋の具材で完結することができるのです。

糖質制限中の鍋のメリット②バリエーションが豊富

糖質制限中の鍋のメリット2つ目は、バリエーションが豊富なことです。冬には毎週のように鍋をしても鍋に飽きたという感覚はなかなか抱きませんよね。その理由は鍋の豊富なバリエーションにあるのです。鍋のスープの種類も豊富ですが、鍋に入れる具材のバリエーションはもとても豊富です。鍋に飽きのこない理由のもう1つのバリエーションが、鍋のコンセプトです。

鍋のコンセプトというとわかりずらいですが、要するに鍋の国籍のようなものです。鍋には和風の豆乳鍋・洋風のトマト鍋・中華の薬膳鍋など、鍋によってさまざまな顔があるのです。そのため、鍋といっても種類やバリエーションが豊富にあるので、飽きずに食べることができるのです。

糖質制限中の鍋のメリット③具の糖質が少ない

糖質制限中の鍋のメリット3つ目は、鍋の具の糖質が少ないことです。鍋の具材は肉や魚がメインとなり、あとはさまざまな野菜や豆腐など糖質の少ない具材ばかりです。気をつけなければいけないのは、鍋でシメをしないことです。シメの麺類やごはんには糖質がたっぷり含まれています。鍋の糖質の少ない具材で十分満足できるのがメリットといえます。

糖質制限中の鍋のメリット④栄養がたくさん摂れる

糖質制限中の鍋のメリット4つ目は、栄養がたくさんとれるということです。とくに糖質制限ダイエットなどをしていると、カロリーばかり気になってしまって食べる量も少なくなるので、どうしても栄養が足りなくなってしまうことが多いのです。ですが鍋にすることで栄養たっぷりの野菜をたくさん摂ることができる上、ヘルシーなのでカロリーを気にせずに食べることができます。

糖質制限中の鍋のメリット⑤調理時間が少ない

糖質制限中の鍋のメリット5つ目は、調理時間が少なくということです。糖質制限中は糖質制限の具合によりますが、頭がぼーっとしてしまうことも少なくありません。そんなときに具材を切って、スープでぐつぐつ煮るだけの鍋はとっても調理時間が短くて済みます。1人ぐらしでも最近では1人用の鍋もあるので、帰りが遅くなった時のごはんにもすぐ出来てヘルシーな鍋はとってもおすすめなのです。

糖質制限中の鍋の注意点

糖質制限の鍋がどれだけ素晴らしいのか、メリットをたくさん知っていただいたことで、糖質制限中の鍋の注意点を紹介していきます。ヘルシーで糖質制限中にぴったりの鍋でも、注意しないと鍋でいつの間にか糖質をたくさん摂ってしまっていた!ということになりかねません。意外とやってしまう糖質制限中の鍋の注意点について詳しく紹介します。

糖質制限中の鍋の注意点:スープの糖質に注意!

糖質制限中の鍋で注意してほしいことは、スープの糖質に注意することです。糖質制限中は鍋の具材にばかり気をつけてしまいますが、糖質制限中の鍋では、スープの糖質がとても重要になってくるのです。たかがスープなんだから、そんなに神経質にならなくてもいいのでは?と思ってしましますが、鍋のスープの糖質は意外とばかにできないのです。

なぜそこまで鍋のスープに注意が必要なのかというと、スープに使われている調味料にも実は糖質がたっぷり含まれているものがあるのです。気づかずに糖質たっぷりのスープで野菜などを煮込むことで、野菜たちに糖質たっぷりのスープがどんどん染み込んでいきます。せっかく糖質の少ない具材を選んだとしても、糖質たっぷりのスープが染み込んでしまっては糖質摂取量が増えてしまいますね。

そんなことにならないためにも、糖質制限中の鍋のスープは市販のものを使うのではなく、自宅で作るスープで鍋を作るようにしましょう。そのときにぜひ調味料の糖質も確認してみてください。意外にも調味料にたくさん糖質が潜んでいるということがわかります。とくに甘しょっぱいものに糖質は多く含まれている傾向にあります。甘しょっぱい鍋の味付けは避けるようにしましょう。

糖質制限中の鍋の注意点:つけだれに注意!

糖質制限中に注意してほしいことは、つけだれに注意することです。さきほど鍋のスープについて注意しましたが、糖質制限するために鍋のスープをさっぱり薄味にしたとします。なにかもの足りなさを感じて鍋につけだれをしてしまう。鍋の具材やスープをヘルシーで低糖質にしても、つけだれをたっぷりつけていたら糖質制限の鍋ではなくなってしまうのです。

糖質制限中の鍋でなぜつけだれに注意が必要なのかというと、スープの注意点でも紹介したように調味料にも糖質がたっぷり含まれているものがあるのです。とくに鍋で活躍するつけだれといえば、ごまだれとポン酢ですね。ごまだれとポン酢の糖質についても詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

糖質制限中の鍋はつけだれに注意!~ごまだれ編~

糖質制限中の鍋のつけだれ、ごまだれについて紹介します。ごまだれはヘルシーなしゃぶしゃぶや味の薄い鍋をしたときによくつけだれとして使っているのではないでしょうか。実はごまだれの糖質は100gあたり9gも糖質が含まれています。ということは、鍋の糖質を少なくしたとしても、ごまだれをつけることによって、9gも糖質を多く摂取してしまうことになります。

なぜごまだれに糖質が多く含まれているのかというと、ごまだれの原料に理由が隠されています。ごまだれの原料は、しょうゆ・練りごま・ごま・砂糖・みりん・りんご酢・穀物酢・和風だし・食塩となっています。ごまだれの甘しょっぱい味付けは、糖質の多い砂糖とみりんからできているため、糖質が多くなってしまうのです。そのため、糖質制限中の鍋ではごまだれは控えるようにしましょう。

糖質制限中の鍋はつけだれに注意!~ポン酢編~

糖質制限中の鍋のつけだれ。ごまだれに続き、ポン酢さらに注意が必要なつけだれなのです。ポン酢はさっぱりとしていて、しゃぶしゃぶや寄せ鍋などのアクセントにポン酢はよく登場しますね。実はポン酢は意外にもごまだれよりも多くの糖質が含まれているのです。そのポン酢の糖質量は、100gあたり15gもの糖質を含んでいるのです。

ポン酢のさっぱりとした味とは裏腹に、たっぷり糖質が潜んでいました。ポン酢の糖質が高くなってしまう理由を原材料から見ていきましょう。ポン酢の原材料は、醤油・果糖ぶどう糖液糖・かんきつ果汁・醸造酢など。このなかで糖質が高いのは果糖ぶどう糖液糖ですが、もう1つ醸造酢も実は糖質が高い調味料なのです。気が緩みがちな調味料にも糖質は含まれているので鍋のつけだれにも要注意です!

糖質制限中の鍋で白菜には注意!?

糖質制限中でなくても白菜は鍋になくてはならない、影の主役でもある存在です。糖質制限中の鍋で白菜に注意しなければいけないといわれますが、白菜の気になる糖質量は100gあたり1.9gの糖質量となっています。糖質量は多くないのに、なぜ白菜に注意しなければならないのでしょうか。糖質制限中の鍋の白菜について紹介します。

糖質制限中の鍋でなぜ白菜に注意が必要なのかというと、白菜の水分量にあります。白菜の水分量の割合は約93%です。ほとんどが水分といってもいいほどです。この水分量、勘のいい方はもうお気づきかもしてませんが、水分量が多いということは、鍋のスープの水分もたくさん染み込むということです。そのため、白菜に注意が必要というよりは、染み込むスープに注意が必要ということなのです。

糖質の多くない白菜も、糖質の多い鍋のスープで食べることによって、糖質の多い食材に変化してしまいます。そのため、糖質制限中の鍋の白菜というよりはスープに注意が必要なのです。それでは、どんなスープが糖質制限中の鍋にはおすすめなのか。糖質制限中の鍋のスープについて紹介します。

糖質制限中におすすめの鍋のスープ

糖質制限中には食材よりもスープに鍋を低糖質にするポイントがあるということがわかりましたね。そこで、糖質制限中におすすめの鍋のスープを紹介します。まず糖質制限中の鍋のスープは手作りするほうが糖質を抑えることができます。手間はかかりますが、そのほうがいろいろなスープを楽しめることができるのでおすすめなのです。

忙しくてどうしても市販のスープで鍋を作りたいという方のために、市販のスープでも糖質の少ないスープを紹介します。鍋のスープの種類はたくさんありますが、大まかに糖質の少ない順番を表すと、①魚介や鶏でだしをとった「ちゃんこ鍋・寄せ鍋」が1番糖質が少なく食べることができます。②味噌・とんこつベースの鍋。③ごま豆乳やキムチ鍋。

あたり前ではありますが簡単に言うと、味が濃くなるほどに糖質の量も増えていくと考えてもいいかもしれません。糖質の高いスープのときには、スープをたくさん飲んだり、スープをよく吸う具材を少なめにするなど注意しましょう。

糖質制限中の鍋の具材について

糖質制限中の鍋の具材で注意したいことがあります。野菜には糖質の少ないものが多いですが、一部糖質がたくさん含まれている野菜もあることはご存知でしょうか。糖質の高い野菜は、かぼちゃとイモ類です。かぼちゃやイモ類は炭水化物が多く含まれているため、野菜でも糖質が高くなってしまうのです。なので糖質制限中の鍋の具材には、かぼちゃやイモ類は避けるようにしましょう。

糖質制限中におすすめ食材はというと、もちろん野菜類は栄養たっぷりなのでおすすめですが、低糖質で高たんぱくな鶏肉がとくにおすすめです。メインの食材として使うことをおすすめします。また、豆腐も低糖質高たんぱくなおすすめ食材です。豆腐を入れることでおなかが満たされるので、たくさん食べてしまう方にもおすすめです。

糖質制限中の鍋おすすめのしめ

糖質制限中の鍋の〆は、〆の麺類やごはんには糖質がたっぷりなのでおすすめできません。ですが、どうしても鍋には〆が必要!という方には、「糖質0g麺」をおすすめします。その名の通り、糖質0gでつくられた奇跡の麺です。この麺であれば、糖質制限中の鍋の〆も糖質を気にせずに食べることができます。

まとめ:糖質制限中の鍋について

糖質制限中の鍋について、いかがでしたか。糖質制限中に鍋がおすすめといわれる理由には、糖質の高い主食となる炭水化物を食べなくても満足できることに大きな理由があることがわかりました。そして、糖質制限中におすすめといわれる鍋でも、糖質の多く含んだつけだれのごまだれやポン酢には注意が必要であることもよくわかりましたね。

見落としがちなスープの糖質量にも注意が必要でした。スープの糖質が高くなることで、鍋には定番の白菜にたっぷりスープが染み込むため糖質が高くなってしまうので要注意ですね。ですが、注意さえ守れば糖質制限中には便利で栄養たっぷりの料理なので、注意点を守って糖質制限中の鍋を楽しみましょう。

バナー原稿imp

人気記事