Medium 06128947a2d0efa3

黒豆茶の効能・効果は?副作用やカフェインの有無と飲み方を解説

黒豆茶に期待できる効能や効果について紹介します。黒豆茶には副作用があるのか?気になる黒豆茶のカフェインの有無についても詳しく解説していきます。また、黒豆茶の効果的な飲み方も紹介します。黒豆茶が気になる方はぜひご覧ください。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:bellis  投稿日:2017/10/23

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

黒豆茶とは

黒豆茶とは、種類は大豆の品種の一種をお茶にしたものです。黒豆は栄養についても、大豆とほぼ同じといえます。ですが、黒豆にはアントシアニンという黒豆の黒い部分に注目の効果があるのです。そんな黒豆から作られる黒豆茶の効果効能について、気になる副作用やカフェインの有無などについても詳しく紹介していきます。

黒豆茶の効果・効能について

先ほど紹介した、黒豆の黒い部分であるアントシアニンがもたらす、黒豆茶の効果効能について紹介します。古くから保存食として食べられていて、黒豆の効果効能についても古くから語られていました。現在も漢方として長年使用されている黒豆茶の効果効能について詳しく紹介します。

黒豆茶の効果・効能:①ダイエット効果

黒豆茶の効果効能には、ダイエット効果があります。黒豆茶に多く含まれている「サポニン」という成分は、腸で吸収したブドウ糖が脂肪についてしまうのを防ぐ働きがあります。そのため、サポニンには脂肪を溜め込むことを防ぐ効果があるといわれています。また、黒豆茶に含まれている「アントシアニン」には、血液中の脂肪を減らして血糖値の上昇を抑える効果があります。

そのため、血糖値が上昇することで血中の糖質を筋肉や肝臓に脂肪として蓄えることを防ぐことができるのです。なので黒豆茶には、内臓脂肪の蓄積を防ぐダイエット効果があるということがいえます。メタボリックシンドロームの方や内臓脂肪が気になる方には黒豆茶がおすすめです。

黒豆茶の効果・効能:②美肌・アンチエイジング効果

黒豆茶の効果効能には、美肌・アンチエイジング効果があります。黒豆茶に含まれている「アントシアニン」には、新陳代謝を促す効果があるといわれています。新陳代謝が活発になることで、肌が生まれ変わるリズムを整えたり、肌に必要な栄養素をおっくり届ける毛細血管の働きを助ける効果もあるといわれています。

アントシアニンはポリフェノールの一種のため、強い抗酸化作用があります。強い抗酸化作用があることで、体の内側の酸化を防ぐことができます。そのため、黒豆茶には、美肌・アンチエイジング効果があるといわれています。

黒豆茶の効果・効能:③妊活

黒豆茶の効果効能には、不妊治療にも効果があるといわれています。不妊治療に効果があるといわれるのには、黒豆茶に含まれている「イソフラボン」が大きく関わっています。イソフラボンは女性ホルモンに非常に似た成分で、同じような働きをすることがわかったいます。そのため、不妊治療を専門とする病院でも、イソフラボンの効果に注目し、治療にとりいれている病院もあります。

女性ホルモンには、卵黄ホルモンと黄体ホルモンの2つがあります。この2つのホルモンがそれぞれバランスを変えながら女性の体や心に大きく働きかけるのです。このバランスが正しく働けば、生理や妊娠・出産が可能となるのです。不妊の原因はホルモンバランスが不安定であることが原因であることが多いといわれています。

そのため、黒豆茶に含まれているイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンの働きをすることで、ホルモンバランスを安定させることを助ける働きをしてくれるのです。

黒豆茶の効果・効能:④骨粗鬆症予防

黒豆茶の効果効能には、骨粗鬆症を予防する効果があるといわれています。黒豆茶に含まれている「イソフラボン」が、骨からカルシウムが溶け出していくのを抑える働きがあるといわれています。また、体内に摂取したカルシウムを骨の中に収めておく働きもします。そのため、黒豆茶には骨粗鬆症を予防する効果があるといわれています。

黒豆茶の効果・効能:⑤目の疲れを和らげる・視力改善

黒豆茶の効果効能には、視力改善や目の疲れを和らげる効果があるといわれています。黒豆茶に含まれているアントシアニンは、ロドプシンという視覚にかかわる物質を再合成させ、視力改善や目の疲れを和らげる効果があるといわれています。

黒豆茶の効果・効能:⑥生活習慣病予防

スポンサーリンク

黒豆茶の効果効能には、生活習慣病を予防する効果があるといわれています。黒豆茶に含まれる「サポニン」という物質が、食後に分泌されるインスリンと似た働きがあり、血糖値を下げて正常化させる働きがあるといわれています。そのため、生活習慣病といわれている糖尿病を予防する効果があるといわれています。

黒豆茶の効果・効能:⑦花粉症予防

黒豆茶の効果効能には、花粉症を予防対策する効果もあります。花粉が体内に入るとそれを排除しようとしてヒスタミンという物質をたくさん分泌します。そのヒスタミンが花粉症の症状である、くしゃみや鼻水・目のかゆみを発生させるのです。黒豆茶に多く含まれているアントシアニンは、このヒスタミンを減少させる働きがあるため、花粉症予防や対策に効果があるといわれています。

黒豆茶の効果・効能:⑧冷え性の改善効果

黒豆茶の効果効能には、冷え性を改善する効果もあります。冷え性は、末梢血管が収縮して血液の循環が悪くなってしまうために起こる症状です。黒豆茶に含まれている「アントシアニン」には、末梢血管を拡張して血流をよくする効果があるといわれています。冷え性には即効性があるため、冷えを感じた時に飲むとおすすめです。冷えるオフィスにはホットの黒豆茶を持参するといいでしょう。

黒豆茶のカフェインについて

黒豆茶はカフェインが含まれていないお茶です。そのため、妊娠中や授乳中の方でも安心して飲むことができます。妊活で飲んでいて、妊娠しても飲み続けられるお茶なので安心して妊活にも取り組むことができます。妊娠中や授乳中にお茶が飲みたくなった時には、女性にうれしい効果がたくさんある黒豆茶を飲んでみてください。

黒豆茶の副作用について

黒豆茶には、多少副作用もあるので飲み過ぎには注意しましょう。とくに大豆アレルギーの方は、アレルゲン物質が含まれているので黒豆茶を飲むのはやめましょう。黒豆茶は、食物繊維を多く含んでいるので、飲み過ぎるとおなかの調子を悪くしてしまう恐れがあります。また、大豆イソフラボンは過剰摂取すると女性ホルモンのバランスが崩れる原因となってしまいます。

大豆イソフラボンをサプリメントや食事(豆腐・豆乳など)で摂取している方は、摂り過ぎにならないように、食事やサプリメントの量に気を付けて摂取するようにしましょう。

黒豆茶の飲み方

黒豆茶の飲み方について紹介します。まず、黒豆茶のおいしい作り方は、沸騰させたお湯1Lに1パックの黒豆茶を入れて、弱火で5分程度煮だします。その後3時間ほどパックを入れたままにしておくと、黒豆茶の香ばしさが増しておいしくなります。黒豆茶の色が出にくい場合には、煮だし時間を長めにして作ってみてください。

急須で作る場合には、8分程度蒸らすことがポイントです。蒸らす時間を長くとりことで、黒豆茶の成分が濃く抽出されるのでおすすめです。茶こし付きの急須の場合は、パックのなかに入っている黒豆茶を茶こしに出してからお湯を入れると、より黒豆茶を濃く香ばしく入れることができます。黒豆茶を飲む量ですが、1日に3杯までにしておきましょう。

黒豆茶を飲むタイミングについては、とくに決まったタイミングはありません。喉が渇いたときにお水の代わりに飲んでもいいですし、食後のティータイムに飲んでもいいです。また、ノンカフェインなので、夜寝る前にホットで飲んでも体が温まってよく眠れるようです。

まとめ:黒豆茶について

黒豆茶について、いかがでしたか。黒豆茶にはダイエットや美肌・アンチエイジング、妊活、骨粗鬆症予防、視力改善・目の疲れを和らげる効果、生活習慣病予防、花粉症予防・冷え性改善などの効果があることがわかりました。黒豆茶はノンカフェなので、妊娠授乳中でも安心して飲むことができます。副作用については、大豆アレルギーの方はとくに注意しましょう。

妊活中で飲んでいても、イソフラボンの過剰摂取にならないように摂取量を調整して飲むようにしましょう。黒豆茶のおいしい作り方を参考にして、継続して飲み続けることで、黒豆茶のうれしい効果効能を体感してみてはいかがですか。

バナー原稿imp

人気記事