Medium b08d0512f3da8632

糖質制限中でもアイスは食べられる?糖質オフでおいしいものは?

ダイエットの方法として糖質制限はおすすめですが、糖質が入っている物はつい手を出してしまいがちです。アイスも季節に関係なくほしくなる甘いおやつですが、糖質制限中でも糖質オフのアイスを選べば、問題なくダイエットができます。おすすめの糖質オフのアイスを紹介します。

カテゴリー:食事制限糖質制限ダイエット  作成者:megane3  投稿日:2017/10/23

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

糖質制限中でも食べられる糖質オフのアイスを紹介

22f954893b842f33

糖質制限はダイエットに向いているおすすめの方法ですが、アイスのような甘い物が好きな人はなかなか続るのが難しいといいます。そのような人は、糖質オフのアイスが多く出回っているので、どうしても我慢できない時はそれを食べるようにしましょう。糖質制限中に食べてもいいアイスを紹介するので参考にしてください。

糖質制限ダイエットがなぜ難しいのか?

E7e4df9dcf4a8233

糖質制限ダイエットとよく聞きますが糖質とはどのようなものでしょうか?名前のとおり甘い成分のように聞えるでしょうが半分間違っています。糖質とは甘い物に入っていることが確かに多いですが、そこまで甘くないものにも入っているので、糖質制限ダイエットに失敗している人も多いでしょう。糖質というものを詳しく知ることでダイエットにも成功するので、今のうちに覚えておきましょう。

甘いものに入っているから

F60d55c44f47b1aa

糖質制限ダイエットに大切な糖質とは、甘いものに入っていることがほとんどです。そのためダイエットを始めたらデザートなどを一切食べずに我慢することが多いと思います。しかし、女性の場合はとくに甘いもの好きが多いので、我慢できずにこっそり食べてしまうかもしれません。甘いものは糖質がケタ外れに多いので注意してください。

糖質が入っていると甘いけどおいしい

26e3325d0040912d

糖質制限ダイエットを続けるなら、1つ甘いものを食べたら1食抜けなければいけないほど糖質がたくさん入っています。普通の食事の1食分が、1つの甘いものに入っていると思えばゾッとすることでしょう。甘いものはそれほどの糖質が入っているので、血糖値がかなり上がることで空腹感を大きく感じて失敗の可能性が上がってしまいます。

Df166eab41bbd5b8

おそらく糖質制限ダイエットをしている人は、糖質がたくさん入っている食べ物が恐ろしいことくらいはわかっているでしょう。しかし、それでも甘いものに手が出てしまうのは、糖質がたくさんが入っている甘いものがおいしく感じるからです。糖質制限ダイエットをしているなら余計に我慢しているので、その1個がさらにクセになってしまうでしょう。

炭水化物の中にも入っていて大変

69bcbe52624a36e1

糖質制限ダイエットが難しいのは、甘いものに限った話ではありません。それは炭水化物にも糖質が含まれているのが大きい問題です。炭水化物はそこまで甘いと感じないでしょう。炭水化物が何でできているかご存じでしょうか?じつは炭水化物は「食物繊維」と「糖質」でできているので、食べすぎてしまうとダイエットに失敗してしまいます。

C7d5bfc158b8b108

食物繊維は腸内環境を整えてダイエットにいいと言われていますが、たくさんの食べ物に炭水化物が含まれていることが1番厄介なことです。甘いものはデザートを控えればいいのですが、ご飯などの主食に炭水化物が含まれていることが多く、避けたくても口に入れてしまうことが多いので、糖質制限ダイエットで注意すべきはこの炭水化物と甘いものでしょう。

糖質の量を確認するには?

028a6cf7fab8318a

糖質制限ダイエットをする上で、どの食べ物がどれくらい糖質が入っているかを確認しなければいけません。今の時代は健康ブームというのもあって糖質の量をしっかりと書いてくれているので、糖質制限ダイエットをする人にとってありがたいことです。しかし、たまに糖質の量が書かれていないことがあるようですが、糖質制限ダイエットを成功した人は、どのようなところを見ているのでしょうか?

炭水化物量を確認

いくら見ても糖質と書かれていないので糖質が入っていないのか?と勘違いしてはいけません。しっかりと糖質の量は書かれているので、確認しましょう。糖質と書かれていない場合は、炭水化物と書かれていないか確認してください。先ほど紹介したように、炭水化物の中に糖質が入っているのでこの数値が糖質の量になります。見逃さずにチェックしてくださいね。

カロリーもついてに確認するのがおすすめ

糖質の量が確認できたのならそのあたりにカロリー表示もしているはずです。糖質の量を確認するついでにカロリーもチェックしておきましょう。カロリーは体に取り込むエネルギーの量なので、あまり数値が多いとダイエットに失敗してしまいます。エネルギーは生活していれば消費していきますが、その超えた量を摂取してしまうと体に残ってしまうので注意してください。

1日にエネルギー摂取量の60%くらいが限度

5099bd549b26f4f7

甘いものも炭水化物も両方とも制限できている人はあまりいないでしょう。炭水化物が入っていない食べ物を探すのは普通の生活をしていて不可能に近いことです。女性ならアイスのような甘いものをどうしても食べたくなってしまいます。糖質は体で処理をしてくれるのである程度は分解してくれますが、そのある程度とは食べた物の60%と言われています。

ポイント

人によって違うから計算してみよう
糖質量(g)=エネルギー量×0.6÷4kcal

すべての食べ物の60%というわけでなく食べたエネルギー量の範囲の話です。エネルギーと聞くとわかりずらいでしょうが、カロリーと言えば理解できるでしょう。しかしこのカロリーの60%と言っても体つきやその日の運動量によっても変わってくるので、あくまで目安程度にしておきましょう。無理をしてしまうと逆に体調を悪くしてしまいます。

アイスの場合は1食で40gが基準

C42e9d08a9fc2348

しかし甘いものの代表格であるアイスは、先ほどの60%の計算以前に1食分の糖質量が入っていることがあります。大体一般の女性で最低限に必要な糖質量は240gくらいです。糖質量の多いアイスだと1個で40gを超えているものがあり、さらに食事を摂取していると余裕で糖質をオーバーしてしまうわけです。ということはそんなアイスを1個食べてしまうと、さらに食事制限をしないといけません。

糖尿病の人の1食の食事量でも30g

Cc91d0d21d82b739

糖尿病の人はアイスなんて食べられませんが、仮に食べてしまうと大変なことになってしまいます。糖尿病の人は1食で30g程の糖質量を制限されます。40gのアイスを食べてしまうとゾッとしますが糖質制限ダイエットをしている人は、それほどの量を普段から食べていると自覚することが大切です。せめてこれから紹介する糖質オフのアイスで我慢するなど、工夫して糖質制限ダイエットをしましょう。

人気アイスの糖質は?

Abfa5f2432bae88a

よくコンビニやスーパーなどで見かける人気のアイスは、どれくらいの糖質量が入っているでしょうか?1度は必ず食べたことがあるアイスを紹介しますが、糖質の量を見たらびっくりする量が入っています。糖質制限中にアイスを食べたらおいしいのが納得の糖質量なので、必ず口にしないように心がけましょう。カロリーの量も紹介するので覚えておいてくださいね。

糖質制限中のNGアイス:スーパーカップバニラ

  • 炭水化物量:36.3g
  • カロリー:380kcal

スーパーカップはコンビニでもスーパーでもどこでも見かける定番のアイスです。シンプルなバニラは普通に食べてもおいしいですが、アレンジがしやすく使い勝手がいいのも特徴です。糖質制限中でもシンプルな味だから、1つくらい食べても太らないだろうと気を緩めたらいけません。バニラアイスは他のアイス以上に糖質が高くなっているので要注意と思っておきましょう。

糖質制限中のNGアイス:ジャイアントコーン

  • 炭水化物量:27.4g
  • カロリー:256kcal

ジャイアントコーンも昔からある人気のアイスで手で持って気軽に食べられます。コーンの中までアイスが入っているのでラッキーと思ってはいけません。ジャイアントコーンもバニラアイスが入っていることで、糖質の量が異常に多いので気をつけてください。チョコやコーンも使っているのでさらにカロリーが高くてダイエットには天敵のアイスと言えるでしょう。

糖質制限中のNGアイス:ハーゲンダッツクッキー&クリーム

  • 炭水化物量:21.7g
  • カロリー:247kcal

ハーゲンダッツは他のアイスと比べて敷居が高い印象のアイスです。そんなわけかアイスが入っている量が少ないので、糖質の量は意外に少ないのでは?と期待するのはやめましょう。種類にもよりますがハーゲンダッツのほとんどが甘いアイスなので、高カロリーで糖質が高くなってしまいます。とくにクッキー&クリームは糖質が高いので、糖質制限中は食べないほうがいいでしょう。

糖質制限中のNGアイス:モナ王

  • 炭水化物量:28.0g
  • カロリー:225kcal

モナ王もモナカアイスの中では定番のアイスでしょう。モナカの中はバニラアイスしか入っていないので、サッパリとした味で糖質は安心?と思っている人は大間違いです。モナ王のバニラは甘くしているので糖質が非常に高くなっています。甘い味に関係なく糖質の量は必ず確認した方がいいです。昔からあるアイスは糖質が多い傾向にあるので気をつけましょう。

糖質制限中のNGアイス:白くま

  • 炭水化物量:24.6g
  • カロリー:148kcal

ここ最近人気の高い白くまアイスは、甘酸っぱい果物が入っていて味に工夫がされているアイスです。甘い味だけでないので糖質の量は意外に少ないのでは?と思ったら意外にこのアイスも糖質が異常高くなっています。たしかにフルーツが入っていることで、カロリーは他のアイスに比べてそこまで高くないですが、甘いアイスの部分が糖質量を増やしているようです。

アイスの糖質はなぜここまで高いのか?

Bb50fa3671ea6e93

アイスは夏に限らず寒い冬でも部屋を暖かくして食べたら一段とおいしく感じます。しかし、糖質の事を気にしていたらおいしくなんて食べられません。基本的にアイスは甘いものが多いですがさっぱりしていて食べやすいのに、なぜ異常に糖質が高いのでしょうか?それを知るにはアイスの原料を見ればわかってしまいます。

牛乳が入っているから

さまざまなアイスを見ているとある特徴があります。アイスの成分表を確認してみましょう。すると大体のアイスは牛乳から作られているものがほとんどです。とくにバニラアイスは色を見てもらうと白いのでわかりやすいでしょう。牛乳には乳糖と言われる成分が入っているので、糖質が高くなってしまうわけです。乳糖はブドウ糖と比べたら血糖値の上昇は少ないですが控えましょう。

甘い1番の原因は砂糖が大量に入っている

990400e7bf48fc8a

アイスを食べているとどれを食べても甘いと感じるでしょう。牛乳が入っているとはいえここまで甘いと疑問に思いませんか?アイスは牛乳だけでなく砂糖もたくさんの量が入っているから甘いわけです。牛乳と砂糖が原料でできているから糖質に量がどれも高くなっています。糖質制限ダイエットでアイスを控えたほうがいいというのはこれで納得でしょう。

糖質制限中に食べられるアイスがあるおすすめのメーカー

2cf520337b787f54

糖質制限中にアイスを食べられなくなると、逆に食べたくなってストレスになってしまうかもしれません。それを防ぐために、糖質オフのアイスが売られていることをご存じですか?糖質制限ダイエットをしていても、普段の食事で取り戻せるくらいの量しか入っていません。そんなアイスをたくさん作っているおすすめのメーカーを紹介します。

糖質制限中のおすすめメーカー:グリコ

グリコはアイスに限らずたくさんの甘いものを作っているお菓子メーカーです。しかしグリコは昔からお菓子メーカーなので、逆に糖質のことも詳しいのか糖質オフのアイスがかなり出ています。甘いものに関してはプロという証でしょう。糖質制限中に甘いものが欲しくなれば、グリコの製品をまず確認するのもいいのではないでしょうか。

糖質制限中のおすすめメーカー:森永

森永も昔からあるお菓子メーカーです。グリコに比べて糖質制限中に食べられるアイスの種類は少ないですが、糖質の量を極端に少なくしているアイスを出しています。それぞれお菓子メーカーとして甘いもののプロですが、特徴が違うのがこれでわかるでしょう。糖質制限ダイエットで本格的に痩せようと思っている人は森永の製品を探すといいかもしれません。

糖質制限中のおすすめメーカー:明治

明治も実は糖質オフのアイスが多くあります。しかし明治の場合は先ほどのメーカーと違い、昔から親しみのあるアイスが少ない糖質で売られています。今になって糖質でダイエットができるとわかって、明治のアイスのありがたみがわかったわけです。明治の昔からあるアイスを探す時は糖質の量を確認してください。昔から食べていたアイスが意外に糖質制限中でも食べられるかもしれませんよ。

糖質制限中におすすめの糖質オフのアイス

3e50fa308ac41049

糖質制限中に食べられるアイスを紹介しますが、あなたはどれくらい知っているでしょうか?探してみると意外にたくさんの糖質オフのアイスが販売されています。糖質制限ダイエットをしていなくても、今から紹介する糖質オフのアイスを日頃から食べていたら、無理にダイエットをしなくてよくなるのでおすすめです。

スポンサーリンク

糖質制限中に食べられるグリコのアイス

糖質制限中にダイエットをしている人は、まず甘いものが食べたくなったらグリコ製品を探すことをおすすめします。なぜかというと他のアイスメーカーよりも糖質オフのアイスが意外に多く出ているからです。もちろん糖質の量を確認することが大切ですが、間違いなく糖質オフのアイスを見つけることができます。そのグリコの中からおすすめの糖質オフのアイスを紹介します。

グリコSUNAOバニラソフト

  • 糖質量:8.8g
  • カロリー:80kcal

グリコのアイスのブランドであるSUNAOは、素材にこだわったグリコの糖質オフのアイスです。アイスといったらバニラですが糖質が多いのが欠点です。しかしSUNAOのバニラは牛乳以外に豆乳など、糖質を抑える素材を使ってできているため糖質量が10gをきっています。アイスでこの糖質量は異常に低いのでどうしてもバニラアイスが食べたくなったら、SUNAOを食べることをおすすめします。

グリコSUNAO抹茶ソフト

  • 糖質量:8.4g
  • カロリー:80kcal

グリコの糖質オフのアイスはバニラだけでなく抹茶味も出しています。抹茶と聞くとすごく甘ったるいイメージをするでしょうが、糖質制限中に食べられるアイスのSUNAOはそんなことはありません。むしろ抹茶好きの人には物足りないくらいのサッパリさなので、糖質の心配をすることはないでしょう。カロリーも少なめなので安心して抹茶味を楽しんでください。

グリコSUNAOチョコモナカ

  • 糖質量:9.9g
  • カロリー:80kcal

糖質制限中なのにアイスに限らず、チョコまで楽しめるのがSUNAOの魅力的なところです。しかもモナカにしてくれているので、糖質制限中にも食べやすくて気軽にアイスを楽しめます。SUNAOがなぜここまで糖質を抑えられているかというと、砂糖を使っていないからです。だからチョコが入っていても糖質が少なくて食べられます。ザクザクした食感も味わえておすすめです。

グリコSUNAOカップ(ラムレーズン)

  • 糖質量:8.3g
  • カロリー:80kcal

SUNAOにはたくさんの種類の味のアイスが出ています。その中でも珍しいアイスがラムレーズン味で、こんな味でも糖質オフになっていてうれしいかぎりです。ラム酒にレーズンをつけて生クリームも混ぜて味を出しているので、糖質を抑えられています。見た目もハーゲンダッツに似ていて、気分を変えたい時に食べてみたらいかがでしょうか?

グリコSUNAOカップ(バニラ)

  • 糖質量:7.6g
  • カロリー:80kcal

SUNAOはアイスの王道であるカップのバニラも出しています。カップアイスの中では量が少なく感じるでしょうが、糖質とカロリーを少なくしているので我慢しましょう。しかしそれを覆すほどの糖質の量で同じカップアイスの、スーパーカップと比べると4分の1しか入っていません。サッパリとしたバニラアイスなので、食べやすく男性でも食べやすいと評判のようです。

グリコSUNAOカップ(チョコクランチ)

  • 糖質量:8.1g
  • カロリー:80kcal

SUNAOのカップアイスは人気の高いチョコ味もあるようです。どうしてもチョコを使っているので、先ほどのバニラと比べると少し糖質が増えていますが、8gしか入っていないので許容範囲内でしょう。チョコのほろ苦い感じも味わえて、糖質制限中に食べていいの?とほどのぜいたくを味わえます。アイスそのものは低脂肪なので物足りないでしょうが、チョコが補っているので食べやすいです。

グリコカロリーコントロールアイス(チョコモナカ)

  • 糖質量:10.1g
  • カロリー:80kcal

グリコはSUNAO以外に糖質を抑えているアイスを出しています。それが「カロリーコントロールアイス」というブランドで味の種類も豊富です。糖質を抑えている上のカロリーも控えめなのが特徴です。チョコモナカはその中でも少し糖質が多い方なのですが、それでも10gとかなり低めになります。糖質がこれだけ少なくしているのに、ちゃんと甘いことが口コミで高評価なのが特徴です。

グリコカロリーコントロールアイス(バニラソフト)

  • 糖質量:7.1g
  • カロリー:80kcal

カロリーオフで糖質も圧倒的に少ない、カロリーコントロールアイスはバニラ味も出しています。バニラソフトと聞くとどうしても糖質の量が気になりますが、かなり低くなっていておすすめです。なぜおすすめなのかというとこの糖質量とカロリーなのに意外に大きいことです。糖質制限中でも満足のいくアイスの大きさなので、甘いものが欲しいときには候補に入れておいても失敗はないでしょう。

グリコカロリーコントロールアイス(カップバニラ)

  • 糖質量:11.0g
  • カロリー:80kcal

バニラソフトはこぼれやすいし、1度食べたら全部食べないといけないのが嫌だなという人は、カップバニラも出ているのでこちらを選びましょう。しかしバニラソフトと比べて少し糖質が多く入っているので注意してください。多いといっても11gしか入っていないので気にする必要はありませんが、本格的に糖質制限をしている人はバニラソフトがおすすめです。

糖質制限中に食べられる森永のアイス

森永は糖質オフのアイスの種類は少ないですが、糖質量がかなり少なくて本格的にダイエットをしている人はおすすめのメーカーです。お菓子メーカーとしてもかなり有名なので技術力の高さから信頼がおけます。その信頼度は糖質の量を見てくれればわかりますが、糖質制限ダイエットをしている人は一度は目を通すことをおすすめします。

森永アイスボックス(コーラ)

  • 糖質量:3.3g
  • カロリー:13kcal

他のアイスと比べていただければその糖質の量にびっくりの数字でしょう。カロリーもかなりの少なくて糖質制限ダイエットをしてい人は、かなりありがたいアイスです。本来のコーラは砂糖などがかなり入っているので飲めませんが、アイスボックスのコーラ味はコーラが入っていません。何でコーラ風味を出しているかというと、すこしの果物の果汁を入れているだけなので安心です。

森永アイスボックス(グレープフルーツ)

  • 糖質量:3.2g
  • カロリー:13kcal

アイスボックスはコーラ味だけでなく、グレープフルーツ味も出しています。サッパリとした味の氷なのでいくらでも食べられますが、糖質が少ないので心配ありません。糖質制限ダイエットをしている人は、運動も取り入れてダイエットをしている人も多いでしょう。運動の後にグレープフルーツ味を準備しておくのをおすすめします。サッパリとしておいしいですよ。

森永アイスボックス(ビタCオレンジ)

  • 糖質量:3.3g
  • カロリー:13kcal

先ほどのグレープフルーツ味と同じ柑橘系のオレンジ味ですが、じつは味に違いがあります。それは少し甘みを感じるのがこのオレンジ味です。甘いから糖質が高いのかと言えば、3.3gなので安心して食べてください。氷状になっているアイスなのでアレンジがしやすいのも特徴で、飲み物に混ぜて飲むと冷やしてくれる上に、味がほんのり混ざっておいしく楽しめます。

糖質制限中に食べられる明治のアイス

明治も昔からあるお菓子メーカーですが有名なアイスをたくさん出しています。そのアイスを見てみると糖質オフを特徴にしているわけでなく、昔からあるアイスが糖質が少なくできていて驚きです。アイスの味を追求していたら糖質を少なくしたほうがおいしいと行きついた結果でしょう。それくらい研究が熱心なメーカーが作ったアイスなので、糖質制限中でも安心して食べられます。

明治うまか棒Zチョコナッツ

  • 糖質量:5.3g
  • カロリー:78kcal

うまか棒もかなり昔からあるアイスなので一度は聞いたことがあるでしょう。箱に入っているのでたくさんストックできておすすめです。しかしチョコとナッツがコーティングしているので糖質が気になるところですが、アイス1本ならアイスボックスに匹敵するくらいの糖質量です。量が少ないという事もあるでしょうが、チョコとバニラが食べられてこの量なら満足できるでしょう。

明治うずまきソフト

  • (バニラ)
  • 糖質量:9.6g
  • カロリー:81kcal
  • (チョコ)
  • 糖質量:10.8g
  • カロリー:82kcal

うずまきソフトも昔からあるアイスなので、1度は目にしたことがあるでしょう。こちらも箱に入っているアイスなので、お子さんがいる人は一緒に食べられて糖質制限中でも楽しめます。箱の中には2種類の味が入っていますが、糖質量はどちらも少なくてさほど違いはありません。パーティーなど他の人とアイスを食べる機会があっても、糖質制限中でも気にせず食べられておすすめです。

明治アイスソーダ

  • 糖質量:10.7g
  • カロリー:53kcal

明治のアイスソーダも昔から人気の高い箱アイスです。ソーダアイスの中にバニラが入っていて甘いのですがこちらも糖質を気にすることがありません。ソーダを使っていることと量が少ないということもあるでしょうが、特徴的なのがカロリーも抑えられている事です。糖質制限に限らずダイエットをしている人の、ちょっとしたご褒美にはちょうどいいでしょう。

それ以外の糖質制限中におすすめのアイス

34942e1f438f9aff

先ほど紹介したアイスのメーカー以外にも、糖質オフのおすすめのアイスは出ています。糖質制限はダイエット以外にも健康を意識した人でも効果的で、健康ブームということもあってさまざまなメーカーが、糖質オフのアイスを出しているようです。探せばすぐに見つかるアイスを一部だけ紹介するので試してみてください。

ライザップチーズバー

  • 糖質量:6.3g
  • カロリー:188kcal

ライザップはダイエットの成功をサポートしてくれるジムのことですが、そのライザップがコンビニのファミリーマートと手を組んで糖質が少ない食べ物を作っています。その中でアイスも作っていて驚きの糖質量で食べられておすすめです。コンビニで販売しているので気軽に手に入って、意外に大きいので食べ応えがあって満足のいくアイスでしょう。

糖質制限中に食べられるアイスがあるおすすめのコンビニ

9d8b82788ef05660

糖質制限中はどうしても甘いものを見てしまうと食べたくなることが多いでしょう。とくにコンビニは甘いものを多く置いていて行きにくいでしょうが、これから紹介するコンビニは糖質制限中でも大丈夫な糖質オフのアイスやデザートがたくさんあって安心できます。先ほど紹介したアイスも置いているのでおすすめです。

糖質制限中におすすめ:ローソン

ローソンは女性をターゲットにしていることから、アイスに限らずたくさんの糖質オフデザートが置いていて、糖質制限ダイエットをしている人にはうれしいコンビニです。さらにローソンは全国的に展開しているのでどこでも糖質オフのアイスを食べられます。糖質オフのアイスを探しているならローソンに行ってみるのをおすすめします。

糖質制限中におすすめ:ファミリーマート

ファミリーマートは先ほど紹介したライザップと提携したことで糖質オフのアイスやデザートまで、糖質制限ダイエットをしている人にはうれしい商品が豊富にそろっています。ファミリーマートも全国的に展開しているのですぐに見つかりますが、とくにローカルなところでも見つかりやすいのが特徴です。ライザップ以外にも先ほど紹介した糖質オフのアイスもあるので探してみましょう。

食べたい!ガマンしたくない!女子のダイエットサポート!【黒しょうが+5つの黒スリム】

糖質制限中でも食べられる糖質オフのアイスまとめ

6ef11a19009cf3ff

糖質制限ダイエットとは摂取する糖質を少なくして、体に脂肪を付かないようにするダイエットですがどうしても甘いものが欲しくなります。そんな時に役立つのが甘いものがそのまま食べられる糖質オフのアイスです。グリコや森永など有名なお菓子メーカーが多く出していて、糖質の量が10g前後で驚きです。主にコンビニで見つかるので探してみましょう。

バナー原稿imp

人気記事