Medium f9001e0f07fcf23c

ヨーグルトで便秘解消!効果的な食べ方やダイエットに良い理由まとめ

ヨーグルトで便秘を解消する効果的な食べ方を紹介します。また、ヨーグルトは便秘解消だけでなく、ダイエットにも良い理由を詳しく紹介していきます。便秘に悩んでいる方や、ヨーグルトを食べているけれど効果を感じられない方はぜひご覧ください。

カテゴリー:食べ物ヨーグルト  作成者:bellis  投稿日:2017/10/26

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

なぜ便秘になるの?

2c08b63adf76c734

便秘になると吹き出物が増えたり、お肌の調子が悪くなったり、それだけでなく体調が悪くなってしまうことも。そんな便秘はなぜ起こるのか?まずは便秘になってしまう原因を知りましょう。便秘になってしまう大きな原因は腸内環境の悪化です。腸内は善玉菌と悪玉菌がいて、悪玉菌が多くなると腸内で腐敗物質や有毒ガスを生み出して腸の働きを弱くして便秘となってしまいます。

Ba3eb1efa88ae370

悪玉菌が増えてしまう理由は、最初は便意を我慢してしまったりして腸内に便という生ごみを放置してしまったことが原因となります。悪玉菌の大好物の便をエサに悪玉菌が増えてしまうのです。こうなってしまうと悪循環となり、腸内環境をしっかり改善するしか方法がないのです。その改善方法が腸内の善玉菌を増やすことです。善玉菌は消化酵素の働きを助け、分解・消化・吸収に関わっています。

ヨーグルトで便秘解消!

8d6acfc702e2fb07

善玉菌のエサは、糖分や食物繊維が発酵したものです。発酵食品がいいといわれるのもこのためです。とくに糖分を食べて乳酸を出す乳酸菌、糖分を食べて乳酸や酢酸を出すビフィズス菌、糖分を食べて酢酸や酪酸を出すミノコッカス・コプロコッカスなどが善玉菌として腸内で働きます。これらが多く入っている食べもの、つまりヨーグルトを食べることは、善玉菌を食べることなのです。

B111f0d3eef93a13

ヨーグルトを食べることによって腸内に入り込んだ菌たちが、乳酸や酢酸を出して腸内を弱酸性にしていきます。そうすることで、悪玉菌の繁殖や腐敗物質や有毒ガスの排出も止まり、腸の運動を刺激してくれることで便の排泄を促してくれるのです。そのため、ヨーグルトを食べることで便秘解消の効果があるといわれているのです。

ヨーグルトはダイエットにもいい!

8bd1c1bf62898006

ヨーグルトは便秘解消だけでなく、ダイエット効果もあるといわれています。ヨーグルトがダイエットに効果があるといわれているのには、ヨーグルトに含まれているカルシウムと乳酸菌が関わっています。まずカルシウムには、骨をつくる働きの他に脂肪を排出する働きがあり、カルシウムを摂取することで体脂肪が減るということがわかりました。

B9667030388ad0c3

実際にカルシウムをよく摂取するという人ほど体脂肪が少ないということもわかっています。そのため、カルシウムが豊富なヨーグルトはダイエットに効果的だということがわかります。乳酸菌はというと、腸内に善玉菌が増えることによって老廃物の排出がスムーズになり、代謝が上がることから痩せやすい体質になるということがわかりました。

185a35a531057227

また、腸は第二の脳ともいわれる大切な体の一部です。腸は自律神経とも深いかかわりがあり、自律神経が乱れていると太りやすい傾向にあることもわかっています。そのため乳酸菌を多く含むヨーグルトを食べることで腸がきれいになり、痩せやすい体質になるということです。そのためヨーグルトは便秘解消だけでなく、ダイエットにも非常に効果的な食べものなのです。

便秘とダイエットにおすすめの食べ方

便秘とダイエットの効果をより高めるためのヨーグルトの食べ方を紹介します。便秘を解消するために、朝ヨーグルトを食べる習慣があるという人も多いのではないでしょうか。しかし、朝にヨーグルトを食べるときには注意しなければいけないことがあります。それは、朝はヨーグルト以外のものを先に胃の中にいれること、ヨーグルトを食べる量に気をつけることです。

なぜこの2つがいけないのかというと、朝の胃はからっぽの状態になっています。そこへ朝食にヨーグルトだけを食べることで、消化する準備万端の胃の胃酸によってヨーグルトの乳酸菌が死滅させられてしまう恐れが高いのです。ですが、朝食に何か食べた後にヨーグルトを食べることで、胃酸が弱くなった状態の胃を通過するので、乳酸菌が腸まで届きやすくなるのです。

そのため、ヨーグルトを食べるときには食後に食べるようにしましょう。食べる量としては、1日100g以上がおすすめです。というのも、ヨーグルトの量が100g以下ではあまり効果がないという実験結果がでています。食後に100g以上のヨーグルトを食べて便秘を解消しましょう。100g以上ならどれだけ食べても構いません。ですが、200gぐらいが最適の量だといわれています。

どうしても朝はヨーグルトだけという方は、胃酸を弱めるために一工夫しましょう。その方法は、ヨーグルトを食べる前にコップ1杯の水を飲んでからヨーグルトを食べる方法です。そうすることで、ヨーグルトだけを食べるときよりは胃酸が弱まった状態になります。効果的な方法はわかりましたが、朝・昼・夜では、どの時間帯がヨーグルトを食べるのに1番効果的な時間帯なのでしょうか。

夜ヨーグルトで効果倍増!

実はヨーグルトを食べる時間帯で1番効果的なのは夜にヨーグルトを食べることだといわれています。なぜ夜なのかというと、腸のゴールデンタイムが22時~翌2時といわれているからです。その時間帯にもっとも腸が活発に活動する時間帯といわれていて、老廃物を外へ排出する働きや腸の栄養を吸収する働きも活発になります。

夜ヨーグルトの効果!

夜ヨーグルトを食べることで、便秘やダイエット以外にもうれしい効果があるということがわかりました。その夜ヨーグルトのうれしい効果や、夜ヨーグルトのおすすめ食べ方や時間帯、おすすめのヨーグルトの種類、効果を高める食べ方などをたっぷり紹介していきます。

夜ヨーグルトの効果①美肌効果

ヨーグルトには、美肌をつくるための栄養がたくさん詰まっています。その栄養は、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB5(パントテン酸)などです。ビタミンAは、紫外線による細胞の損傷を防ぐ働きや、抗酸化作用、肌のハリやうるおい・弾力を保つ役割をしています。ビタミンAによって、ふっくらと厚みのある肌にすることができるのです。

E7d36207fafa9437

スポンサーリンク

ビタミンB1・ビタミンB2は肌のターンオーバーを促したり、過剰な皮脂の分泌を抑えたりして皮膚を健康に保つ役割をしています。ビタミンB5(パントテン酸)には、ビタミンCの働きを助ける働きがあります。それに加えて、腸内環境を整えることで肌トラブルを改善し、肌をきれいにする効果があるといわれています。夜にヨーグルトを食べることでより効果的に吸収され美肌効果がアップするのです。

夜ヨーグルトの効果②骨粗鬆症予防

ヨーグルトにはカルシウムが豊富に含まれています。とくに乳製品はカルシウムの吸収率が高いといわれています。そして骨が形成される時間帯は、夜の寝ている間に行われています。夜にヨーグルトを食べることで、骨が形成されている時間帯に効率よくカルシウムを届けることができるのです。そのため、骨粗鬆症になりやすい女性には夜にヨーグルトがおすすめなのです。

夜ヨーグルトの効果③二日酔い防止

飲み過ぎてしまったときの寝る前にヨーグルトを食べることで、二日酔い防止の効果もあります。腸内環境を整えることで肝臓の働きもよくなるからです。そうすることで、肝臓の働きが活発になり、アルコールの分解もスムーズに行われるため、ヨーグルトを食べて腸内環境の改善することは、二日酔いの予防と改善にも効果があるのです。

夜ヨーグルトの効果④質の良い睡眠

夜にヨーグルトを食べることは、質の良い睡眠にも効果的です。その理由は、ヨーグルトに含まれるトリプトファンという成分が体内のメラトニンを増やす働きをします。メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれていて、質の良い睡眠には欠かせないホルモンなのです。また、ヨーグルトのカルシウムのより気持ちが落ち着き、質の良い睡眠をうながしてくれるのです。

夜ヨーグルトの効果⑤虫歯予防

夜にヨーグルトを食べることで、虫歯予防や歯周病予防にも効果があることがわかりました。ヨーグルトに含まれている乳酸菌が、腸内で悪玉菌を減らしていくように、口内でも虫歯や歯周病の原因となる菌を減らして口内環境を整える効果があるのです。そのため、夜のヨーグルトと歯磨きによって、虫歯や歯周病を防ぐことにも効果があるのです。

夜ヨーグルトの効果⑥ストレス性胃痛の緩和

夜にヨーグルトを食べることは、ストレス性の胃痛を緩和する効果もあります。ストレス性の胃痛は夜になると、とくに胃酸の分泌が増えるので痛みがひどくなります。そのため、ヨーグルトを夜に食べることによって、胃を粘膜で覆って胃酸から守ってくれる働きをしてくれるのです。そのため、夜にヨーグルトを食べることで、ストレス性の胃痛を和らげてくれるのです。

夜ヨーグルトの方法!

夜にヨーグルトの方法は、夕食後にヨーグルトを食べるだけです。時間帯は22時~翌2時がゴールデンタイムなので、その約2時間前の19時~20時に食べるのが1番効果の高い時間帯になります。その時間帯に食べられなかったとしても、なるべく寝る3時間前までにヨーグルトを食べることがおすすめです。ダイエット効果を高めたい場合には、夕食前にも食べると食欲を抑えることができます。

ヨーグルトの種類は、砂糖の入っていないプレーンヨーグルトを選びましょう。ヨーグルトを食べる量は200gを目安に食べるようにしましょう。ヨーグルトの量は100g以下になると効果がないという結果も出ていますので、必ず100g以上のヨーグルトを食べるようにしましょう。

夜ヨーグルトの食べ方!

ヨーグルトを毎日食べていると飽きてしますこともありますが、便秘解消の効果を高めるためには、ヨーグルト以外のものを入れるのは控えたほうがよいでしょう。フルーツやグラノーラなどのトッピングをしてしまうと、消化に時間がかかり、腸にも余計な負担をかけてしまいます。そうすることで、せっかくのゴールデンタイムの効果を十分に発揮できなくなってしまいます。

味に飽きてしまった場合には、オリゴ糖をかけることがおすすめの方法です。オリゴ糖はヨーグルトに甘みを加えることができることと、乳酸菌のエサにもなるため、腸まで乳酸菌を届きやすくします。オリゴ糖のほかには、スライスしたアーモンドを少しトッピングすることで食感も加わり、おいしく食べることができます。また、アーモンドはより便秘解消の効果をたかめることができます。

夜ヨーグルトの効果を高める方法!

夜ヨーグルトは少し工夫することで、さらに効果を高めることができる方法があります。その方法とは、ヨーグルトをあたためることです。あたため方は、ヨーグルト200gと大さじ1杯の水を耐熱容器にいれて、500wの電子レンジで約1分あたためる方法です。こうしてヨーグルトをあたためることで、ヨーグルトの成分の吸収率を上げることができます。

また、ヨーグルトをあたためることで体を冷やさずにすみます。あたためたヨーグルトを食べることによって、臓器もあたたまり乳酸菌の活動も活発になります。そうすることで、冷えたヨーグルトを食べるよりも、より腸内環境も整い、代謝も上げることができるのです。冷たいヨーグルトでおなかを壊してしまうという方にもおすすめ方法ですので、ぜひ試してみてください。

まとめ:ヨーグルトで便秘解消!について

ヨーグルトで便秘解消!について、いかがでしたか。ヨーグルトが便秘解消のいいといわれているのは、善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果が高いからだということがよくわかりましたね。またヨーグルトには、便秘解消だけでなく、体脂肪を減らす効果や痩せやすい体質に改善するダイエット効果があることもわかりました。

朝にヨーグルトを食べる場合には、1杯のお水を飲んでから100g以上のヨーグルトを食べることが大切でしたね。より効果を上げたい場合におすすめ時間帯は夜にヨーグルトを食べることでした。夜にヨーグルトを食べることには、美肌・骨粗鬆症予防・二日酔い防止・質の良い睡眠・虫歯予防・胃痛の緩和にも効果があることがわかりました。

夜にヨーグルトの食べ方は、19時から20時に200gのプレーンヨーグルトを食後に食べるという方法です。その際にヨーグルトをあたためることで、より効果を期待することができます。プレーンヨーグルトに慣れない方は、オリゴ糖やスライスアーモンドと食べてみてください。便秘解消やダイエットのために、夕食後のヨーグルトを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

人気記事