Medium 05ca97680ede9937

グラノーラで糖質オフなものはある?制限中でも食べてOKなシリアル

糖質制限中には避けたい食品であるグラノーラですが、最近では糖質オフのグラノーラが発売されたようです。その糖質オフのグラノーラについてや、糖質制限中でも食べられるシリアルについて詳しく紹介していきます。シリアル好きな方はぜひご覧ください。

カテゴリー:食べ物バランス栄養食  作成者:bellis  投稿日:2017/10/26

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

グラノーラとは?

80ddaf0f9f202214

グラノーラとは、芸能人やモデルが朝食にグラノーラを食べていることで人気となったシリアル食品の一種です。ロールドオーツや麦、玄米、とうもろこしなどの穀物加工品と、ココナッツやナッツなど、砂糖、ハチミツ、メープルシロップなどのシロップと、植物油を混ぜてオーブンで焼いたものです。ドライフルーツが入ることで、フルーツグラノーラとなります。

D739b05f02f83a62

グラノーラのなにがいいのかというと、グラノーラのメイン材料でもあるオーツ麦は健康食品としても人気のある玄米のおよそ3倍もの食物繊維、鉄分は約2倍、カルシウムは約5倍もの栄養を含んでいるのです。その中でも食物繊維は、水に溶けない不溶性食物繊維という種類のため、腸内で水分を含むことで膨れて、腸のカベを刺激することで便秘解消の効果もあるのです。

98a56da8db067d72

また、グラノーラにはダイエットにも効果があるといわれています。グラノーラに含まれているナッツ類に、αリノレン酸やオレイン酸などの良質な油が、体に脂肪が蓄積されるのを防ぐ働きがあるからです。また、ナッツなど噛み応えのある食材が多いことや、オーツ麦がおなかで膨れるので、少量で満足感を得られるためです。

糖質制限中にグラノーラはNG!

D5f6ce627908d8af

そんな体にいいグラノーラですが、糖質制限中にはおすすめできない食べものとなります。その理由は、基本的に糖質は穀物に多く含まれているので、穀物をたくさん使用したグラノーラは実はカロリーも糖質も高い食べものなのです。なので、いくらダイエット目的で食べても、食べ過ぎると太ってしまう原因にもなるのです。

糖質制限中でもOK!糖質オフのグラノーラ

グラノーラが糖質制限中には向かない食べものであることはよくわかりました。ですが、そんな中でもグラノーラを食べるのが毎朝の習慣だから糖質制限中でも食べたい!という方のために、糖質制限中でもOKの糖質オフのグラノーラを紹介します。グラノーラのカロリーや糖質を抑えたいというダイエット中の方にもおすすめのグラノーラです。

カルビー「フルグラ糖質25%オフ」

糖質制限中でもOKなグラノーラは、カルビーの「フルグラ糖質25%オフ」です。その名の通り、糖質オフされたグラノーラです。ふつうのグラノーラと比べて、どのくらい糖質オフされているのかというと、ふつうのグラノーラの50gあたりに糖質が31.6g含まれているのに対して、糖質オフのグラノーラは50gあたりに糖質が17.8gとなっているのです。

ふつうのグラノーラよりも糖質オフできた理由には、グラノーラの甘さにあります。実は糖質は砂糖にも多く含まれています。そのため、糖質オフのグラノーラにするために砂糖の代わりに糖質の低い希少糖を使用したのです。そうすることでカロリーと糖質をオフし、糖質制限中でも食べられるグラノーラになったのです。

ケロッグ「オールブラン」

ケロッグのオールブランも糖質制限中にはおすすめのグラノーラです。オールブランの糖質は1食分に約18gの糖質量となっています。カロリーが糖質オフのグラノーラが50gあたり234kcalあるのに対して、オールブランは50gあたり146kcalとなっています。オールブランはグラノーラと違い、砂糖でコーティングされていないので糖質とカロリーが低くなっています。

また、オールブランであれば1食分で1日分の食物繊維の70%を摂ることができます。糖質は炭水化物から食物繊維を引いた数値でもあるので、食物繊維を豊富に摂れることが糖質オフにも繋がるのです。それだけでなく、オールブランのGI値(糖質の吸収率を表した数値)にも注目です。グラノーラのGI値が70に対して、オールブランは41と低い数値になっています。

そのため、糖質制限中にシリアルを食べる際は、グラノーラよりも糖質の吸収率も低いオールブランを食べることがおすすめなのです。ただ、オールブランはぱさぱさしているので、豆乳などと食べるのがおすすめです。グラノーラと違い甘みがないので、甘みが欲しい場合にはオリゴ糖をかけて食べることがおすすめです。オリゴ糖なら糖質制限中でもOKな甘味料です。

スポンサーリンク

もっと糖質オフのグラノーラ!

グラノーラよりもオールブランがおすすめということがわかりましたが、実はグラノーラで糖質が50gあたり10.5gという低糖質なグラノーラを発見しました。海外セレブが愛用する、テレビや雑誌でも人気のグラノーラを紹介します。

キヌア・グラノーラ

キヌア・グラノーラは、海外モデルやセレブの間で食べられているグラノーラです。キヌア・グラノーラは自然素材100%でできています。おもな材料には、キヌア・チアシード・アーモンド・ココナッツ・ヒマラヤピンクソルトのスーパーフードと呼ばれている食材が5つも使用されていて、ひまわりの種やかぼちゃの種・ココナッツフレークなどおしゃれな材料が使用されています。

とくにスーパーフードのキヌアとチアシード・アーモンドには食物繊維が豊富に含まれています。そのため糖質も低く抑えることができます。またキヌア・グラノーラは、オールフリーグラノーラでグルテン(小麦)フリー・グレイン(穀物)フリー・精製糖フリー・添加物フリー・保存料フリーとなっていて、ますます糖質が低くなる要素満載のグラノーラなのです。

グラノーラの糖質が高いおもな原因にグレイン(穀物)と砂糖の問題があったので、キヌア・グラノーラは穀物と砂糖の問題をクリアした、もっとも糖質の低いグラノーラといえます。キヌア・グラノーラは、低糖質というだけでなく、おいしさにもこだわっているというところが人気のひみつでもあります。とてもこだわり抜いたキヌア・グラノーラをぜひ試してみてください。

糖質制限中のシリアルの食べ方

糖質制限中にグラノーラなどのシリアル類を食べるときの注意点をまとめて紹介します。糖質制限中に少しでも糖質を抑えてシリアルを食べる食べ方なので、糖質制限中にシリアルを食べている方はぜひご覧ください。

1食分は50gまでにする!

シリアルやグラノーラを糖質制限中やダイエット中に食べる際には、1食あたり50gまでにすることが大切です。冒頭でも説明しましたが、グラノーラはダイエットにいい材料でつくられていますが、決してカロリーが低いわけでも、糖質が低いわけでもありません。むしろ、ダイエット中や糖質制限中に食べるには控えたい数値です。そのため、1食は50g以下に抑えるようにしましょう。

豆乳で食べる!

グラノーラのお供には牛乳がつきものですが、実は牛乳の糖質は100mlあたり4.8gと飲みものにしては高めの糖質量となってしまいます。そこで、よく牛乳の代わりとして使われるヘルシーで低糖質な豆乳をおすすめします。豆乳の糖質量は100mlあたり1.2gとかなりの低糖質です。ですが、豆乳は豆乳でも無調整豆乳にしましょう。調製豆乳は砂糖を使用しているため、糖質が高くなってしまいます。

フルーツの入っグラノーラに注意!

グラノーラには、フルーツが入ったものが多くありますが、ドライフルーツは糖分を多く含んでいるため、その分糖質も高くなってしまいます。もし、フルーツの入ったグラノーラごお好みであれば、ドライフルーツの入っていないグラノーラを購入して、フレッシュなフルーツまたは、糖質の少ないオリーブやアボカドをトッピングすることがおすすめです。

まとめ:糖質オフのグラノーラについて

糖質オフのグラノーラについて、いかがでしたか。ふつうのグラノーラは穀物が多く含んでいるために、糖質もカロリーも高いということがわかりました。しかし、糖質オフのグラノーラであれば、糖質制限中にも食べられることがわかりました。グラノーラよりもより、カロリーと糖質オフされたオールブランはとくにおすすめでしたね。

0d85d7f39594eee5

それよりもさらに低糖質なのが最近話題のキヌアグラノーラです。糖質制限中にシリアルを食べる際は、1食50g以下に抑えることと豆乳で食べること、ドライフルーツなしのグラノーラを選ぶことが糖質を抑える食べ方でした。糖質制限中にシリアルを食べる方はぜひ参考にして、低糖質なシリアルを試してみてください。

人気記事