Medium fba096a6a411aee3

アイスコーヒーにダイエット・脂肪燃焼効果はある?飲み方と注意点を調査

アイスコーヒーはダイエットに効果的という事をご存じですか?脂肪を燃焼させるには飲み方に注意すれば、しっかりとダイエットできます。普段から飲む機会が多いアイスコーヒーを、今のうちに効果的な飲み方を覚えておきましょう。ダイエットをする飲み方を具体的に紹介します。

カテゴリー:飲み物コーヒー  作成者:megane3  投稿日:2017/10/29

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ダイエットができるアイスコーヒーの飲み方と注意点とは?

9fff827fb9e5a5fc

ダイエットは続けることで効果が出やすいと言われています。しかし方法によってはやることが難しくて面倒なることでしょう。しかし今回紹介するダイエットは、普段からみなさんが飲んでいるアイスコーヒーを使うので気軽に続けられます。その上ダイエット効果が意外に高いことから、注意点さえ気をつければ脂肪を燃焼してくれます。どのような飲み方をするのでしょうか?

夏じゃなくてもアイスコーヒーがおすすめ

コーヒーはアイスとホットがあり、暑くなってくると飲むのがアイスコーヒーで寒くなってくるとホットコーヒーにするのが、当たり前になっていませんか?普通に飲むならそれで問題がありませんが、ダイエット効果を出すにはアイスコーヒーがおすすめです。ホットコーヒーに効果がないわけではありませんが、ある成分が多く含まれているので、アイスコーヒーがおすすめです。

アイスコーヒーがダイエット効果のある成分

ホットではなくアイスコーヒーには独特の成分が含まれています。その成分によって脂肪を燃焼したり、ダイエットの効果をあげてくれるわけです。ホットのほうが体が温まるしいいんじゃない?と思うかもしれませんが、ホットコーヒーに入っていない成分がダイエット効果を上げてくれます。どのような成分が効果があるのでしょうか?

アイスコーヒーの成分:カフェイン

7f986175e38f380e

アイスコーヒーにはカフェインが多く含まれています。カフェインは眠気覚ましにいいということは有名ですが、実はダイエットにも効果的です。カフェインのダイエット効果は具体的にいうと、血行を促進して代謝をあげてくれます。代謝があがると脂肪も燃焼されやすくてダイエットがしやすいでしょう。カフェインの効果はホットのほうがいいですが、アイスコーヒーでも十分効果を実感できますよ。

アイスコーヒーの成分:クロロゲン酸

90ccfb3f5557c4da

アイスコーヒーをおすすめしているのは、このクロロゲン酸が多く含まれているからです。クロロゲン酸は熱に弱い性質を持っているので、ホットコーヒーにはあまり含まれていません。クロロゲン酸は脂肪をミトコンドリアに取り込む効果をあげてくれるので、脂肪の燃焼効果が高くなります。先ほどのカフェインの相乗効果で、アイスコーヒーの方が効果的にダイエットができるというわけです。

アイスコーヒーのダイエット効果とは?

72a1e6621300f74e

ホットコーヒーよりもアイスコーヒーが、なぜいいのかを知るためにその効果を紹介します。なぜアイスコーヒーがいいのかというと、ダイエットするための効果をたくさんもっているからです。アイスコーヒーは冷たい飲みものなのでダイエットとは関係なさそうですが、どのような効果があるのか気になりませんか?具体的に紹介します。

血行促進効果

1d7db4f8af519fcf

アイスコーヒーには冷たいのに血行を促進させてくれる効果があります。それは先ほど紹介したカフェインの効果があるからです。血行がよくなると脂肪を燃焼してくれるうえに、体温があがっていくので体調不良にも効果的です。自然とダイエットできる体質に変わっていくので、血行をよくすることは重要で、アイスコーヒーで気軽にできるならいいですよね。

脂肪燃焼効果

E6287eb88d7493e6

血行をあげて自然にダイエットできる体質に変わっていくうえに、クロロゲン酸の効果が合わさって、脂肪を燃焼させる効果が高くなります。女性はとくに脂肪をためやすいので、ダイエットを成功させるには重要です。脂肪を燃焼させるには運動や食事も大切ですが、飲みもので燃焼効果を高めるとさらにダイエットしやすいでしょう。アイスコーヒーは日常的に飲む人が多いのでおすすめです。

デトックス効果

627f99280a3eac3e

コーヒーは利尿効果があることは有名な話でしょう。この利尿効果を利用してダイエットができます。なぜこの効果でダイエットができるのかというと、体のむくみや老廃物を外に出してしまうからです。むくみは血行が悪いことも原因のひとつですが、老廃物がたまった状態だとさらにむくんでしまいます。むくみは太く見えてしまうので、アイスコーヒーのデトックス効果で解消するのがおすすめです。

リラックス効果

スポンサーリンク

8ab0974eff1ade63

コーヒーの匂いは独特ですがリラックス効果があります。リラックスとダイエットに何が関係があるのか疑問に思うかもしれませんが、リラックスの効果は副交感神経を刺激してくれるので、血流がよくなる効果があります。血流がよくなることで代謝があがって、脂肪を燃焼する手助けにはちょうどいいでしょう。これらの効果が合わさることで、相乗効果でアイスコーヒーがダイエットにいいわけです。

ダイエット効果を高めるアイスコーヒーの飲み方

F71317a03691ef2f

アイスコーヒーをただ飲むだけでは効果を期待できません。正しい飲み方をすることで効果をあげることができます。飲み方といっても難しいことはしない方法を紹介するので、気軽にアイスコーヒーでダイエットができるでしょう。ただやみくもにアイスコーヒーを飲むのはこれからは控えて、今から紹介する方法で、アイスコーヒーを飲むようにすれば習慣がつくでしょう。

インスタントコーヒーでなくドリップ

インスタントコーヒーは簡単にアイスコーヒーが作れて、続けるにはちょうどいいかもしれません。しかしダイエット効果を高めるには、ドリップコーヒーを飲むほうがいいでしょう。それは脂肪を燃焼させるクロロゲン酸が、たくさん入っているからです。ドリップコーヒーがない時には、もちろんインスタントコーヒーにも入っているので大丈夫です。

気軽にできる水だしコーヒーの作り方

253afa0b41d04335

挽いたコーヒーをすべてドリップしてアイスコーヒーを作っていると、面倒になって続けられません。ダイエット効果がある簡単なアイスコーヒーの作り方があります。すごく簡単に作れるインスタントコーヒーでは効果がうすくなってしまうので、習慣的に飲んでももったいないでしょう。今から紹介する方法で作ったアイスコーヒーを飲んでみてください。

お茶パックでコーヒーを作る

  1. 挽いたコーヒー60gをお茶パックに入れる
  2. 1ℓのボトルにコーヒーの入ったお茶パックを入れておくだけ

挽いてあるコーヒーを準備することが重要で、お茶のように水出しコーヒーが作れるので時間がある時にすぐ飲めます。とくに食後にアイスコーヒーを飲むと、食べたものが脂肪になりにくいので、ダイエットの効果を出すにはおすすめのタイミングです。昔から食後にコーヒーがいいと言われていますが、ダイエット効果が高いことがわかっていたからでしょう。

ポイント

水出しコーヒーを作っておいて食後にアイスコーヒーを飲む

アイスコーヒーを飲むときの注意点

8b9fe7f38cbcc1cf

ダイエット効果を高めるアイスコーヒーの飲み方は、すごく気軽に飲めて続けやすいでしょう。しかし注意してアイスコーヒーを飲まなければ、逆効果になってしまいます。今から紹介する注意点を守ることで、さらに効果的にダイエットがしやすくなるでしょう。どのようなことを守らなければいけないのでしょうか?体調を悪くすることがあるので必ず目を通して守ってくださいね。

アイスコーヒーを飲みすぎない

29b3cba82b387ee6

アイスコーヒーのダイエット効果が高いことを知り、さらに高い効果を期待してたくさん飲む人がいます。しかしあまり飲みすぎてしまうと、体調不良になってしまうかもしれません。それはカフェインの1日の摂取量をこえてしまうかもしれないからです。大体1日にアイスコーヒーは3杯までと決めておきましょう。

アイスコーヒーには利尿効果がある

D9e0fa985c8c3859

ダイエットの効果が高いのはデトックス効果があるからと紹介しましたが、これはアイスコーヒーには利尿効果があるからです。利尿効果が高いと水分が外にでてしまうので、それを補わないと脱水症状になってしまいます。必ず水分補給として水などを飲むことが重要なので、アイスコーヒーダイエットをしているときは、必ず忘れずに準備しておきましょう。

ダイエットができるアイスコーヒーの飲み方と注意点まとめ

06fd256144969b52

アイスコーヒーは入っている成分がダイエットに向いているので、予想以上に効果が期待できます。お茶パックで水出しコーヒーを作っておいて、食後に飲めるように準備しておくのがおすすめです。ダイエット効果が高いことは確かですが、効果を期待しすぎてたくさん飲むのはやめておきましょう。体調不良の原因になってしまうかもしれません。

人気記事