Medium 6e121b312f93fff1

ヨーグルトのおすすめまとめ!市販でダイエットに人気の商品・種類は?

腸内環境を整えてくれるヨーグルト。毎日食べている人も多いはず。そんなヨーグルト、実はダイエットにも効果があるってご存知でしたか?食べ方を工夫すれば、とても効果的なダイエットが実現できるんです。市販されているダイエットに人気の商品や種類を一挙ご紹介します。

カテゴリー:食べ物ヨーグルト  作成者:nyaokaka  投稿日:2017/11/09

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ヨーグルトで綺麗に美しく

Cc07bab39a7a25aa

皆さんは毎日ヨーグルトを食べていますか?スーパーなどでは沢山のヨーグルトが販売されていて、その需要の高さを物語っていますが、毎日食べているかと聞かれるとNOと答える人も少なくないことでしょう。でも、実は毎日食べてこそ、美容にもダイエットにも効果があるんです。さあ、ヨーグルトを毎日食べて綺麗で美しいボディを目指しましょう。

ヨーグルトダイエットって?

11e7f2c1b8ce9e3b

ヨーグルトでダイエットが出来るということは知っていますか?「腸に良いのはわかっているけど・・・・」というあなた、ヨーグルトは腸にいいだけではないんです。ヨーグルトを正しい方法で食べることによって、痩せやすい体を作り、リバウンドなく健康的に痩せることが出来るんです。そう、ヨーグルトはダイエットに欠かせない魔法のアイテム。

ヨーグルトでダイエットできるわけ

3a4a1ccd27b2a312

ヨーグルトで何故ダイエットできるのか。それはカルシウムと乳酸菌が豊富だから!カルシウムは脂肪の排出にとても重要な要素です。カルシウムを多く摂取するということは体内に脂肪を貯めこまないということに繋がります。脂肪を貯めないというのはダイエットにとっては最も重要なポイントでもあるのです。

Ea10440e6e318723

更に、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、結果老廃物の排出を促して代謝アップにつながります。腸は第二の脳ともいわれるほど、自律神経の働きを左右する臓器です。アメリカでは自律神経が乱れると太りやすいとも言われているのだそう。ヨーグルトの乳酸菌は、腸内環境を整え、痩せやすい体を作るのに重要な役割を果たしてくれるのです。

ヨーグルトダイエットの方法

Dbc16091801fe6b3

ヨーグルトによるダイエット方法は一般的に5つの方法が知られています。まず毎食後にヨーグルトを食べる方法、2つ目は朝食にヨーグルトを食べる方法、そして3つ目に夜食にヨーグルトを食べる方法。後は温めたヨーグルトを食べる方法とヨーグルトを食べて2日間のプチ断食をする方法です。

A97fb0a8d4e10f79

毎食後にヨーグルトを食べるダイエットは朝昼晩の3回にわけて200gのヨーグルトを食べるという方法。食事の前に摂るか後に摂るかは目的によって違ってきます。カルシウムの吸収を目的とする場合は空腹時の食前に、乳酸菌をより多く腸に届けるためには食後が最適です。毎回の食事に合わせて、前後を決めても良いですし、自分に足りていない方を優先させて食べるのもおすすめです。

54bee367d6b2c904

朝食としてヨーグルトを食べる場合は、朝起きて一杯の水を飲んだ後にヨーグルト200gを食べます。朝食ヨーグルトはカルシウム不足の体を改善するのにとても効果的です。この時、砂糖や果物などの糖分を一緒に摂取すると乳酸菌の吸収が良くなりますし、ビタミンなどの補給にもなるので出来るだけ砂糖や果物と一緒に摂るようにします。ヨーグルトだけでは足りない時はシリアルなどがおすすめ。

Efaaee66ef28b97d

便秘気味の人にもおすすめなのが夜食でヨーグルトを食べる方法。腸の働きは22時から夜中の2時にかけてが最も活発と言われています。この時間帯に合わせてヨーグルトを200g摂取し、腸の働きを更に促進させます。夜食で摂る場合は砂糖や果物などの糖分は摂らず、プレーンのままで食べます。200gというと、結構な量になりますので、その分夕食を控えるようにします。

Ec374f5b4157f404

毎食のヨーグルトや夜食で食べるヨーグルトをホットヨーグルトに換える方法もあります。いつものヨーグルトをレンジで30秒温めるだけ。ヨーグルトを温めることで乳酸菌やカルシウムの吸収が上がり、より効果的なダイエットを実現できます。特に寒い冬にはホットヨーグルトはおすすめです。

C8c6f2ce7bcd4727

プチ断食ダイエットは、1か月に1回、2日間のペースで行います。断食をする前日には消化によい食事を腹八分目ほど食べておきましょう。断食初日の3食と2日目の朝食・昼食はヨーグルト、野菜ジュースや豆乳のみを摂取。水分は沢山摂るように心がけます。断食の最後の食事、2日目の夜はおかゆを食べて、通常の食事に戻す前に腸を慣らします。

ダイエットにおすすめのヨーグルト

5a0de50c6af8f66a

数多く市販されているヨーグルトの中でダイエットにおすすめのヨーグルトは乳酸菌が多く含まれているもの。乳酸菌と言ってもいろいろな菌があり、その種類は数千にも及びます。それぞれに特徴もあるので、自分の体質にあった菌を選ぶ事が大切です。乳酸菌によって腸内の環境を整えれば、代謝はアップし、結果ダイエットにもつながるというわけ。

99020b881b84928b

例えば、ビフィズス菌は身体を丈夫にするビタミンBを腸で吸収する働きがあります。クレモリス菌は血液をサラサラにする効果があり、腸内の水分を適度に保って不要な物質を外へ排出します。LG21は胃の中に潜んでいる悪玉菌のピロリ菌と戦うことができるのが特徴です。またLGG乳酸菌は胃酸に強く、生きたまま腸まで届くプロバイオテックス乳酸菌です。

ヨーグルト選びのポイント

1ed900ed30d1ed68

市販のヨーグルトには色々な聞きなれない用語が表示されています。これらの言葉の意味を知っておくことは、自分の体に合ったヨーグルトを選ぶうえでは大切なことです。知っておきたいヨーグルト用語を説明します。

プロバイオティクス

  • 食品や衣料品として安全性が保障されている
  • 胃酸や胆汁酸などの影響を受けることなく腸まで届く腸内粘膜へ付着し、増殖できる
  • 腸内環境を整え、腸内に腐敗物質を増やす悪玉菌を減らすことができる
  • 抗菌性物質を生産し、癌などの病気を予防することができる
  • 摂取・飲用が簡単である
  • 商品としての生産性があり、なおかつ価格が安価である

プロバイオティクスとは体に良い善玉菌とそれらを含む食品のこと。ヨーグルトの菌でいえば、生きたまま腸に届くものを指すことが多いのですが、具体的な条件としては次のようなものがあります。

特定保健用食品

特定保健用食品とは一般的にトクホと呼ばれ、国によって科学的に体の調子を整えることが証明されている食品のことを言います。ヨーグルトの場合、お腹の調子を整えるのに適しているものが多く、便秘気味の人はトクホに指定されているヨーグルトを選ぶようにすると良いとされています。

機能性表示食品

2dc662d0d1f81a19

機能性表示食品は特定保健用食品と違い、事業者側が「お腹の調子を整える」や「脂肪の吸収を穏やかにする」などの健康に関する効果が得られる食品であることを科学的に証明したもの。国が認めたものでなく、消費者庁への届け出をすれば、表示することが出来ます。

ヨーグルトの種類

E4dcc7944b1db300

ヨーグルトの種類は大きく4つに分けられます。プレーンヨーグルトは牛乳を乳酸菌で発酵させただけのヨーグルトで、砂糖はくわえられていません。あっさりとしていて、サラダやお料理にもピッタリです。300~400gで大きなパックで販売されているものが多いです。ハードヨーグルトは牛乳や乳製品などを主原料として砂糖や果汁、ゼラチンや寒天などで固めたものをいいます。

Ddcde2675a0449dd

ソフトヨーグルトは発行後に固まったヨーグルトをかき混ぜ、果肉や甘味料などを混合した柔らかいヨーグルトを言い、ドリンクヨーグルトは一般的に飲むヨーグルトとして販売されている発酵後に固まったヨーグルトをかき混ぜて液状にしたものをいいます。フローズンヨーグルトは発酵したヨーグルトを拡販しながら空気を入れ、凍らせたもの。凍らせても乳酸菌は健在です。

製法の違い

60e515fe21401007

ヨーグルトには大きく分けて2つの製法があります。もともとヨーグルトは牛乳や乳製品を乳酸菌によって発酵させて作るのですが、ヨーグルトを容器に詰めた後に発酵させるのか、容器に詰める前に発酵させるのかによって食感などが変わってきます。容器に詰めた後に発酵させる製法を後発酵、容器に詰める前に発酵させる製法を前発酵と呼びます。

B7e43341481416db

前発酵のヨーグルトには甘味料や果汁を加えたフルーツヨーグルトやドリンクヨーグルトのタイプが多く、またフローズンヨーグルトも前発酵で作られます。後発酵のヨーグルにはプレーンヨーグルトや砂糖や香料が添加されたハード系のヨーグルトがあます。

2e05130278ccef1e

後発酵の製造工程は、まず材料を混合してから脂肪分が分離しないように均質にした後、殺菌し冷却。種菌になる乳酸菌を添加した後にすぐに容器に充填し、発酵させ、目標の酸度まで発酵させた後は再び冷却するというものです。

おすすめのトッピング

Dd4db3529b05f73b

ヨーグルトを食べてダイエットする時に、最も重要なのは毎日続けること。気まぐれに食べたり、食べなかったりするのではなく、きちんと決まった時間に決まった量を食べるのが一番効果的です。それには、飽きずに食べ続けられるというのはとても重要なポイントになってきます。ダイエットに効果的な色々なトッピングで味や食感を変えながら、続けましょう。

00cc0303ecf07954

まずは、シナモン。シナモンパウダーをヨーグルトにふりかければ代謝のアップにつながります。また、シナモンにはビタミンB群やナイアシン、カリウム、マグネシウムなどが含まれているので、血行を促進させて余分な水分を体の外に排出させる働きがあり、ダイエットには最適です。

600546216239ea5f

すりおろし生姜は生姜オールやジンゲロールで体を温める効果が期待できます。血のめぐりを良くすれば代謝がアップします。ジンジャーシロップなどもおすすめ。でも、あまり入れすぎると辛くて食べられなくなってしまうので注意してください。

E99879259d091cbc

アーモンドやナッツなどを一緒に摂るのも効果的です。食感が変わるのはもちろん、食物繊維が同時に補えますし、オレイン酸が含まれているので、便通をスムーズにするのにも役立ちます。便秘気味の方には特におすすめのトッピングです。

54bd6c2fdfc6e601

バナナも食物繊維が豊富な果物です。ヨーグルトとオリゴ糖と食物繊維を同時に摂取することは、カルシウムの吸収を良くしますし、腸内環境の改善にも大いに役立ちます。バナナは常に家にストックしておきたいフルーツです。

94d7f02960990ae2

ドライフルーツもおすすめです。ドライフルーツには、カリウム、鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、銅、リンなどが豊富に含まれているので、ダイエットだけでなく美容にも効果があります。でも、カロリーは高めなので、摂りすぎには注意です。

978acb1fc5f6bbeb

ドライフルーツと同じ理由できなこもおすすめです。ミネラルが豊富で、食物繊維もバランス良く含まれているので、健康維持のためにも最適なトッピング。イソフラボンが女性ホルモンにも作用するので美容にも最適です。

ヨーグルトを食べる時の注意

ホエイを捨てない

B864fd6f6f8244e4

ヨーグルトの蓋を開けたら、出来るだけそのままの状態からスプーンなどで掬うようにします。あまり中身をかき混ぜてしまうと、乳酸菌の量が減ってしまうと言われています。また、プレーンヨーグルト等を開けた時にヨーグルトの上部にある透明の液体はホエイと言われる物質はたんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

205556a2bf68788a

しかも、ホエイのタンパク質はある程度分解されオリゴペプチドやアミノ酸の状態で体に吸収されやすい形に変化しています。更に、免疫グロブリンや血清アルブミン、ラクトフェリンといったタンパク質も含まれているので、免疫力を高めたり、体を構成するタンパク質の原料となったりと、とにかく栄養の宝庫。決して捨ててしまったりせず、そのまま食べるようにしましょう。

甘味料を選ぶ

3ebcfa84f270d3b1

ダイエットが目的の場合は出来るだけ糖分なしでヨーグルトを食べるようにすると良いのですが、それでも毎日続けていれば、時には甘いヨーグルトが食べたくなることもあります。そんな時は乳酸菌が腸内で増殖しやすい環境を作ってくれるオリゴ糖を使うことをおすすめします。

98e6f776b685dc9f

オリゴ糖は粉末でヨーグルトについているものもありますが、個別にもシロップや粉末状のものが販売されています。中でもガラクトオリゴ糖は牛乳由来の乳糖を原料にしたもので、乳酸菌が腸内で最も活動しやすいオリゴ糖だと言われています。また、ヨーグルトの酸味が苦手という方にはフラクトオリゴ糖もおすすめです。最も甘みの強い糖質で、ヨーグルトの酸味を緩和してくれます。

スポンサーリンク

D49d9969354e8987

美容を心がけるのであれば、ハチミツもおすすめ。天然のハチミツはビタミンB群やビタミンKが豊富に含まれていますので、お肌にもとても効果があります。ただ、ダイエットを重視したいのであれば、くれぐれもカロリーオーバーになりすぎないように注意が必要です。また、良質なハチミツを選べばそれだけ効果も上がります。

体調不良を感じたら食べすぎ

A17cce47968c48c1

毎日同じヨーグルトを食べ続けていて、疲れが取れなかったり、お腹の調子が悪くなったりする時は、ヨーグルトが体に合っていない証拠です。乳糖を分解する能力の低い人や脂肪を摂りすぎることによってアレルギーが引き起こされてしまう人もいます。自分の体調に悪い変化があった場合にはヨーグルトの種類を変えるか、食べる量を減らすなど食べ方を変えるようにすることも必要です。

食べ合わせにも注意

66934fc8a3d56729

ヨーグルトと食い合わせの悪い食材というのも存在します。あまり一般的な食べ方ではないので心配はありませんが、ヨーグルトと里芋というのは里芋に含まれるシュウ酸がカルシウムの吸収を阻害すると言われています。また、南国のフルーツなどは体を必要以上に冷やす効果があるので、冬の夜などはあまり食べないようにしましょう。

ダイエットにおすすめ 「フジッコ カスピ海ヨーグルト」

フジッコのカスピ海ヨーグルトはまろやかな酸味と粘りが特徴のヨーグルトです。ダイエットでそのまま食べるのにもねっとりとした食感がたまらなく美味しく感じます。爽やかなパッケージも目をひきます。

カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌はコーカサス地方から持ち帰ったヨーグルトから採取されました。クレモレスキンFC株と呼ばれるこの乳酸菌は乳酸菌の中では大腸まで届くことが明らかになっている乳酸菌。ヨーグルトを食べた2週間後も腸の中で菌が検出された人もいるというほど、強力な菌なのです。

菌が大腸まで届くだけでなく、血糖値の上昇を抑えたり、免疫強化にも効果があります。また、アレルギー性の皮膚炎の緩和や美肌効果、免疫強化にも役立つと言われています。自分で作るタイプの手作りキットや、タブレット、脂肪ゼロタイプなども販売されているので、忙しかったり、外出中の時はタブレットを利用するのも良いかも。ダイエットの方は脂肪ゼロタイプがおすすめ。

ダイエットにおすすめ 「ダノンビオ」

ダノンのビオは世界中で1000を超える種類が販売されている世界№1を誇るヨーグルトブランドです。1919年にスペインで誕生したダノンは現在本社はフランスにあり、ヨーグルトだけでなく、ミネラルウォーターやシリアルなどを製造し、世界的に販売しています。日本ではダノンジャパン株式会社が1980年に味の素とダノンが折半出資して誕生しました。

ダノンにはビフィズス菌BE80が含まれています。生きたまま腸まで届くビフィズス菌として開発されたBE80 の他にも5種類の菌を独自にブレンドされています。BE80は定期的に摂取することで効果が発揮され、食べ物の腸管通過時間を短縮したり、腸内の棒長官を抑える効果があると言われています。ダイエットしたい女性や、健康維持を心がける高齢者にはぴったりのヨーグルトというわけ。

ダノンビオは豊富なラインナップ。ベーシックなプレーン・果糖、プレーン・砂糖不使用、プレーン・脂肪ゼロ、プレーン・脂肪ゼロ・砂糖不使用などの他にもフルーツのフレーバーのついたものは、イチジク、ブルーベリーやアロエ等沢山のフレーバーが販売されています。口当たりがクリーミーで酸味が控えめなのでどれも食べやすく、ダイエットにはプレーン・砂糖不使用や脂肪ゼロがおすすめ。

ダイエットにおすすめ 「ダノンデンシア」

ダノンデンシアは一日に必要なカルシウムの50%とビタミンDの100%を摂取することが出来る栄養機能食品。低脂肪タイプなので脂質やカロリーも気になりません。クリーミーでヨーグルトらしい酸味が特徴。体内に吸収されにくいカルシウムの吸収を補うビタミンDが配合されていることで、脂質の排出に必要なカルシウムが速やかに吸収でき、ダイエットにぴったりです。

デンシアにはサーモフィルス菌とブルガリア菌という2種類の乳酸菌が含まれています。2種類の乳酸菌は一緒に摂ることでお互いが助け合って増殖し、効果が倍増します。6歳から食べられるので、家族みんなで楽しめるヨーグルト。可愛いピンクのパッケージも女性好みです。プレーン・果糖、プレーン・砂糖不使用、ブルーベリーとストロベリーがあります。

実は、あまり知られていませんがドリンクタイプのデンシアも販売されています。持ち歩きも出来て可愛いピンクのパッケージはそのままなので、女性のカバンにちょっと忍ばせておくにもピッタリのアイテム。仕事で夜遅くなった時やちょっと小腹が空いたときにもササッと飲めるから嬉しい。

KONBUCHA CLEANSE

ダイエットにおすすめ 「ガセリ菌ヨーグルト」

日本人の小腸に多くいるガセリ菌。生きたまま腸に届き、最大90日間腸に留まり、定着することが知られています。肥満傾向のある人を対象にした臨床実験では、ガセリ菌を食べていた人の内臓脂肪の減少率が高いと結果が報告されています。アロエの入った脂肪ゼロのヨーグルトはさっぱりとした味わいで毎日でも食べられます。ガセリ菌ヨーグルトアロエは、機能性表示食品です。

ガセリ菌ヨーグルトシリーズは脂肪ゼロ・砂糖不使用のものから、豆乳仕立てのもの、飲むヨーグルトタイプのものと全部で合わせて4種類が販売されています。どれもすっきりとした味わいなので、毎日続けられるのが嬉しいポイントです。

ダイエットにおすすめ「パルテノヨーグルト」

パルテノヨーグルトはスプーンですくって逆さまにしても落ちないほどの濃密さが特徴です。滑らかでクリーミーなので本当に美味しく食べられます。何よりも高蛋白質で低カロリーなので、美しいボディラインを作りながら健康的にダイエットしたい人には最適のヨーグルトなんです。かっこいい体作りのために欠かせないがタンパク質を腸の調子を整えながら摂取できてしまうという魅力のヨーグルト!

パルテノはダイエットに最適なプレーンタイプはもちろん、毎日食べても飽きないようにハチミツやラズベリーソース、贅沢カシスソースのついたものがラインナップされています。また、期間限定ソースも販売されるので、楽しみながら食べられるのも嬉しいポイントです。ギリシャ伝統の水切り製法でじっくり時間をかけて作っているので、ミネラルのバランスも良く、食べやすいのも人気の秘密。

ちなみにコストコではパルテノのギリシャヨーグルトが6個パックになって、スーパーなどで購入する価格のほぼ半額で購入することができ、まとめ買いするには最適です。1週間分のヨーグルトをストックできるので、ヨーグルト切れの心配もなしです。

ダイエットにおすすめ「森永 アロエヨーグルト」

森永のアロエヨーグルトはすっきりとした味わいで食べた後の爽快感が最高です。酸味が少なくクリーミーなので、毎日食べるのも全く苦になりません。特に便秘気味の方にはおすすめで、アロエの力でスッキリできます。野菜不足になりがちな人にもおすすめです。

南国、タイの新鮮なアロエを使っているから味は本格的。アロエの爽やかな風味が心も体もリラックスさせてくれます。独特の歯ごたえも口の中で楽しい食感を演出してくれるので、毎日のヨーグルトが楽しみになるほど。数種類の乳酸菌ト共に腸にも良い影響を与えてくれること間違いなし。

毎日続けられる2連タイプやダイエットに最適な脂肪ゼロタイプ、大粒なアロエが入っているもの等、ラインナップは6種類以上。ハンディスタイルもあるので、会社でのランチタイムにも最適です。期間限定のヨーグルトはいつも人気。

ダイエットにおすすめ「タカナシ おなかへGG」

乳酸菌関連の製品では最も最初にトクホに認定されたヨーグルトおなかへGG。ストレートなネーミングもとてもインパクトがあります。プロバイオティクスLGG乳酸菌が腸まで直接届くので、胃酸に負けずしっかりと腸で悪玉菌を抑制してくれます。長時間かけてじっくりと発酵させているので美味しさも抜群。世界中で愛されている乳酸菌入りのヨーグルトです。

100gの定番小型パックとドリンクタイプがあり、ドリンクタイプは手軽に持ち歩き出来たり、どこでもすぐに飲めるのが嬉しいポイント。ブルーを基調とした爽やかなパッケージと商品名のGGの文字が店頭のヨーグルトコーナーでも目をひき、見つけやすいです。

タカナシでは機能性表示食品の脂肪と糖の吸収を抑えるヨーグルトも販売されており、こちらは400gパックも販売されています。脂肪ゼロでカロリーも低いので、本格的にダイエットしたい人や高カロリーな食事をとる時にはこちらもおすすめです。

ダイエットにおすすめ 「明治ブルガリアヨーグルト」

20年以上の歴史を持つ、お馴染みの明治ブルガリアヨーグルト。ヨーグルトブームのくるずっとずっと前からトクホに指定されている隠れたトクホ製品。長年のブルーと白のパッケージも変わらず、だれもが一度は口にしたことがあるのではないか、というほどのヨーグルトです。本場ブルガリアのLB81乳酸菌がしっかりと腸に作用して、ダイエットにも効果的です。

商品ラインナップもさることながら、多くのスーパーで扱っているので、手に入りやすいというのも最大の魅力。価格も手ごろなので、様々な料理にも使いやすく、沢山買い置きしていても安心です。400gの大型パックは通常のプレーンタイプのものに加え、そのままおいしい脂肪0のプレーンタイプもあるので、ダイエットにはこちらがおすすめ。

飽きずに毎日続けられる、という点では豊富すぎるラインナップで選ぶのに迷ってしまうほどです。朝昼晩に分けて色々なヨーグルトを食べるのも良し。お気に入りのものをひたすら食べるのも良いでしょう。フルーツトッピングのものでも脂肪0があるのも嬉しいポイントです。もちろん飲むヨーグルトタイぷも葉販売されているので、忙しい時でもぱぱっと摂ることができます。

ダイエットにおすすめ 「森永 ビヒダス」

40年以上もの歴史を持つヨーグルト。ビフィズス菌の入った乳酸飲料を日本で最初に販売したのが森永でした。以来、ずっと日本人に寄り添うようにして現在まである伝統あるヨーグルトです。1984年には国から乳製品のビフィズス菌利用の研究に関して科学技術長官賞をを与えられるなど、各方面で高い評価を得ています。

森永乳業のヨーグルトの製法はフランスやスウェーデンへも輸出されていて、世界を股にかけたヨーグルトと言えっても過言ではないほど。トクホの認定ももちろん受けています。スプーン一杯からでも整腸作用があるという研究も進めら、ビフィズス菌研究のパイオニア的存在です。プレーンヨーグルト砂糖不使用タイプはダイエットにも最適で、大型サイズで3種類が販売されています。

飲むヨーグルトやフルーツヨーグルト、クリーミーな食感がたまらないCREAMYヨーグルトなど、ラインナップもとにかく豊富です。毎日飽きずに食べるのも苦労しません。ハンディタイプがない代わりにサプリメントが販売されているので、忙しい時には手軽なサプリもおすすめです。

ダイエットにおすすめ 「メグミルク ナチュレ」

日本人由来のガセリ菌を摂り入れたメグミルクナチュレ。生きたまま腸まで届きとどまってくれるので、整腸作用効果は抜群。小腸にはガセリ菌、大腸にはビフィズス菌、この2つの菌がしっかり入っているのがメグミルクのナチュレというわけ。トクホの認定も受けているので、毎日続けるのにも安心です。

手ごろな値段の400gパックで、比較的多くのスーパーでも扱っているので、デイリーのヨーグルトとしては最適です。脂肪が気になるダイエット中の人は脂肪0がおすすめ。マイルドな酸味が食べやすく、フルーツなどと混ぜるにもピッタリの美味しさです。

沢山のフルーツヨーグルトも販売されています。お弁当にも手軽に持っていける嬉しい4個パックは2種類ずつの味がセットになっていて、とても便利です。7種類のフルーツをミックスするなど、豪華な味を堪能できるのも嬉しいポイントです。アロエやナタデココ入りのものもあるので食感を楽しみたい人にはこちらもおすすめ。

ダイエットにおすすめヨーグルトのまとめ

1d68a2a93b541b3b

いかがでしたでしょうか。ヨーグルトのダイエットは誰でも簡単に、しかも気軽に出来るダイエットです。最近お腹周りが気になってきたわ…という人も、本格的なダイエットをしたいけどなかなかできずに躊躇している人も、ヨーグルトダイエットなら入り口としてもとても簡単。ぜひ、近所のスーパーでお気に入りのヨーグルトを見つけてトライしてみて下さい。綺麗で美しいボディを目指しましょう!

人気記事