Medium 9ac6e6867506830f

どくだみ茶で便秘解消できる?効果的な飲み方と副作用を解説

どくだみ茶で本当に便秘解消はできるのか?どくだみ茶の便秘解消効果について詳しく紹介していきます。どくだみ茶の効果的な飲み方や、どくだみ茶の気になる副作用についても解説します。どくだみ茶の便秘解消効果について気になっている方は、ぜひご覧ください。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:bellis  投稿日:2017/10/30

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

どくだみ茶とは?

4a36c5b490aa8e99

どくだみ茶とは、どくだみの葉を焙煎してお茶にしたものです。毒を抑えることからどくだみといわれています。どくだみ茶にはさまざまな効果効能があることから、昔から薬草として親しまれてきました。10種類の薬効があることから十薬という生薬名もついているほどです。現在でも漢方薬としても有名で、デトックス効果が高いことからダイエットや健康のために飲まれているお茶です。

どくだみ茶で便秘は解消できる!?

46e9225068e0185a

どくだみ茶がなぜ便秘解消に効果があるといわれているかというと、どくだみ茶に含まれている多くのミネラルと食物繊維が便秘解消に効果があるといわれているためです。そのため、どくだみ茶は便秘解消にはぴったりのお茶とされています。では、どくだみ茶のミネラルや食物繊維がどのように便秘解消の働きをしているのかを詳しく紹介していきます。

どくだみ茶の便秘解消効果

Af32236ea4e9a36a

どくだみ茶に含まれるミネラルや食物繊維の便秘解消への働きについて詳しく紹介していきます。どくだみ茶に含まれるミネラルでは、カリウム・マグネシウム、そのほかにもイソクエルシトリン、食物繊維の便秘解消への働きを紹介します。これらの働きを知ることによって、なぜどくだみ茶が便秘解消に効果があるといわれているのかがよくわかります。

どくだみ茶の便秘解消効果:カリウム

87d3e218bf65852e

どくだみ茶に便秘解消効果があるといわれていわれているのは、どくだみ茶にふくまれているカリウムの働きにひみつがあります。カリウムを摂取することによって、体内にある体内に不要なものを排出する働きを高める効果があるといわれています。そのため、体内に蓄積されてしまっている老廃物が腸に集まり、溜まっていた便の排便も促す効果もあります。

D4f2019ce5d1c02b

どくだみ茶に含まれているカリウムには、緊張やストレスによって硬くなった筋肉をリラックスさせる効果もあり、硬くなった腸をほぐして便秘を改善させます。緊張やストレスからなってしまう腸のこわばりによる便秘解消にも、どくだみ茶に含まれているカリウムがしっかり働き、便秘を解消してくれるのです。

どくだみ茶の便秘解消効果:マグネシウム

B9676776bf1eea8d

どくだみ茶に便秘解消効果があるといわれているのは、どくだみ茶に含まれているマグネシウムの働きにもひみつがあります。どくだみ茶に含まれているミネラル成分であるマグネシウムを摂取することによって、マグネシウムは腸内で吸収されにくい物質に変化します。そして、腸内にたどり着いたマグネシウムが変化した物質は、腸管から水分を集める働きをします。

A80b02a6c39c322f

そうして集まった水分によって便が柔らかくなるので、どくだみ茶に含まれているカリウムには便が硬くなってしまったために起こっていた便秘の解消に効果があるのです。

どくだみ茶の便秘解消効果:イソクエルシトリン

75b26409f7482cdd

どくだみ茶に便秘解消効果があるといわれているのは、どくだみ茶に含まれているイソクエルシトリンの働きにもひみつがあります。イソクエルシトリンとは、フラボノイド(ポリフェノール)の一種です。どくだみに含まれるイソクエルシトリンは、肝機能を高める効果があるため、胆汁酸を多く分泌します。そうすることで、便の水分も多くなります。

F0241336608aef15

便を柔らかくすることで、便通がよくなり便秘解消効果が期待されるといわれています。また、イソクエルシトリンの血管内の悪玉コレステロールや活性酸素を除去する効果により、血液をサラサラにする働きもあります。そうすることで、老廃物を排出する働きが向上し、腸の運動も活発になるため便秘解消効果があるとされています。

どくだみ茶の便秘解消効果:食物繊維

E52cb1e5946a7f5a

どくだみ茶に便秘解消に効果があるといわれているのは、どくだみ茶に含まれている食物繊維の働きにひみつがあります。どくだみ茶に含まれている食物繊維は、水溶性食物繊維といって水分に溶け出す食物繊維です。そのため、どくだみ茶を作るときに水溶性食物繊維が溶け出し、腸内に溜まった便の排出を促し、腸内環境を整える効果があるのです。

78fdb6dadd1b6240

スポンサーリンク

どくだみ茶には、その水溶性食物繊維が豊富に含まれているため、どくだみ茶に含まれている水溶性食物繊維の便秘解消効果も非常に高いとされています。

どくだみ茶で便秘解消するための飲み方

36ae470e62287e5b

どくだみ茶の便秘解消に効果的な飲み方として、1日に1杯以上飲むようにしましょう。2杯飲むとより効果的で、目安としては200ml~400mlです。とくにどくだみ茶の便秘解消効果を期待できる時間帯は、朝起きて5分以内にどくだみ茶を飲むことです。朝起きたらすぐにどくだみ茶を飲むことで、朝の排泄の時間帯の作用をより高めることができます。

C102fe77bff5160d

朝1番に飲むことによって、腸の活動を活発的にさせる効果もあります。どくだみ茶を初めて飲む場合には、薄めのお茶にして飲み始めるのがおすすめです。ひどい便秘だからといって、初めから濃いめにだしてがぶがぶ飲んでしまうと効きすぎて下痢を起こしてします可能性があります。まずは薄めから始めて、徐々に濃いめにして飲むようにしましょう。

E35e6fbe244f1a01

どくだみ茶は緑茶のように受け入れやすい味のお茶ではありません。よく言われるのは、どくだみ茶はクセと苦味があり、好みがわかれるお茶だということです。苦味や多少クセのあるお茶でも飲めるという方は問題ないようです。ですが、良薬は口に苦しというので、1日1杯程度なら苦くても飲んでみるのもいいかもしれませんね。

どくだみ茶の便秘解消効果が表れる期間

C9416a06cecf8df9

どくだみ茶を飲んで翌朝にどっさりということをよく聞きますよね。ですが、どくだみ茶の効果は飲み始めてどのくらいででるのもなのでしょうか。どくだみ茶の便秘解消効果は、はやい人だと24時間以内に効果が表れるということがわかりました。これには個人差がありますが、マグネシウムの吸収率がいい方は24時間以内に効果が実感できるそうです。

Dab8f608c37e2129

それでも多くの方が約2~3日で効果が実感できるそうです。お茶の中でも非常に便秘解消に関しては即効性のあるお茶だといえます。また、2~3日で効果を実感できない方も最低でも1週間を続けてみましょう。効果が実感できない場合には徐々に濃いめにするのもおすすめです。それでも効果が表れない場合には、どくだみ茶を飲むのは控えるようにしましょう。

どくだみ茶の副作用について

83ed137464ad2d7f

どくだみ茶はカフェインも含まれていないため、安全性の高いお茶です。多くの方が適量のどくだみ茶を飲むには問題のないお茶ですが、体質や健康状態・過剰摂取によっては副作用があることもわかっています。とくにどくだみ茶に含まれているカリウムの濃度が濃く、大量に摂取すると血中のカリウム濃度が高くなり、高カリウム血症や肝障害などを引き起こしてしまう可能性もあります。

0fc1234a736cd203

もともと体の体質で抵抗力の弱い方などは、どくだみ茶の作用である解毒作用や抗菌作用が一般の人よりも強く効いてしまい、風邪や病気にかかりやすくなってしまうなどの症状があります。また、大量に摂取してしまいますとと、多くの方が下痢の症状になることもわかっています。とくにお腹が弱い方は、どくだみ茶の摂取量は控えめにしましょう。

まとめ:どくだみ茶で便秘解消について

Afc55736040e249c

どくだみ茶の便秘解消について、いかがでしたか。どくだみ茶は漢方薬としても有名なお茶で、どくだみ茶のミネラルや食物繊維が便秘解消に大きく関わっているということもわかりました。どくだみ茶の便秘解消に効果のある成分は、カリウム・マグネシウム・イソクエルシトリン・食物繊維それぞれの働きにあることもわかりました。

Ab7f83d299e10000

どくだみ茶で便秘解消するための飲み方は、朝起きて5分以内に1杯を飲み、1日1~2杯を目安に飲むことが大切でした。効果は遅くても1週間で実感できるようなので、比較的便秘解消に即効性のあるお茶であることもわかりました。どくだみ茶には副作用が確認されていて、カリウムによる高カリウム血症や肝障害、強い解毒抗菌作用による体調不良。

A7344300dd492366

過剰摂取による下痢などの症状があります。どくだみ茶を飲む場合には、自身の体調と相談しながら飲むようにしましょう。副作用のあるどくだみ茶ですが、しっかり飲む量を制限していれば便秘解消に即効性のあるお茶ですので、どくだみ茶の飲み方を守ってどくだみ茶で便秘解消してみてはいかがですか。

人気記事