Medium ef58ee9ee3d10b88

下腹をへこますダイエット法まとめ!効果的な腹筋引き締めエクササイズ

年齢を重ねるにつれ下腹に余分な脂肪がつき、なかなか落ちにくくなります。その原因は姿勢・食事・運動不足と様々…そんな落ちにくい脂肪をへこますのに効果的な方法をお教えします。頑固な下腹の脂肪をへこますことで、スリムで美しいくびれを手に入れましょう。

カテゴリー:部分痩せ下腹痩せ  作成者:mina1017  投稿日:2017/10/31

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

なぜ下腹に脂肪がついてしまうのか

D451700ec5b97fd8

なぜお腹周りの、特に下腹にはすぐにいらない脂肪がついてしまうのか…それはお腹が骨で守られていない部分だからなんです。その弱い部分を守る為に腹筋などの筋肉があるのです。なので、沢山食べると栄養素が大事なお腹を守る為に運ばれていきます。よって、運動不足の方は筋肉にならずに脂肪として下腹に蓄えられてしまうというわけです。

なぜお腹周りに骨格がないのか?
前屈みや、後ろを振り返る、寝返りをうつ、などの動きをしやすくする為
食事後の消化・吸収までお腹を膨らませて食材を貯蔵しておく。こうすることで、食後も動きやすくなる
女性は子供を宿す為
腹式呼吸を可能にする為

なかなか落とすことが出来ない下腹の頑固な脂肪にも、ちゃんと意味があったんですね。女性は特に栄養素を溜め込もうとする作用が強く、皮下脂肪が蓄積しやすいので、腹筋が弱ることで代謝も衰え、脂肪が付きやすいのです。ではそんな下腹のいらないお肉をへこます方法と、筋肉に変える方法をまとめたので確認していきましょう。

下腹のぜい肉をへこます方法①食事改善

9fd69d9d52f1c4e1

下腹の脂肪を減らすには食べる量を大幅に減らせばいいのではないか?と思っていいる方はいませんか?食事を抜いた大幅なカロリー制限は、体内がエネルギー不足になって代謝がダウンし、体脂肪が燃えにくくなります。体重が減っても、それは筋肉量が減ったということなので、下腹の脂肪解消にはなりません。

腸内環境を整える

5aec3095953ed54d

下腹ぽっこりの原因に腸内環境の悪化が原因の1つで挙げられます。便秘によって溜まった老廃物が太ってしまう元になるので、できるだけ腸内環境を整えて、毎日排泄してデトックスできると良いですね。そのため、善玉菌を増やすビフィズス菌や乳酸菌を多く含む発酵食品を多く摂るのがベストです。中でもチーズ・ヨーグルト・漬け物・みそなどがおすすめ。1日1食は必ず摂るようにしましょう。

朝・昼・晩のカロリーバランスを考える

食事の基本は1日3食摂ること。ダイエット中でも必ず3食摂ることをオススメします。また、脂肪燃焼に一番効果があるのが昼です。割合で表すと朝3・昼4・晩3の割合が痩せやすい黄金比と言われています。中でも夜は代謝が下がりやすいので、消化の良い食事を摂るように心がけましょう。また脂質・糖質を燃やしやすくしてくれるタンパク質(大豆・肉・乳製品)は積極的に摂りましょう。

炭水化物をほどよく減らす

045c8fb38b6ebe90

ダイエッターの間で、糖質ダイエットが近年流行っていますね。ご飯・パン・麺類などの主食を減らすダイエット法ですが、極度に減らすのは良くありません。主食にも熱を起こしやすくする糖質も含んでいます。それがご飯です。なので、いつもご飯を食べている方は量を半分ほどに減らすと良いでしょう。逆に麺類は糖質が多いので避けるようにしてください。

下腹のぜい肉をへこます方法②腹式呼吸を心がける

8333763f13cd711d

私たちは寝ている時は腹式呼吸をしていますが、起きている時は胸式呼吸をしています。お腹をポンプのようにし、呼吸に合わせて膨らませたり、へこませたりするやり方が腹式呼吸です。それが下腹のいらないお肉を落とすのに効果的な事は知っていましたか?簡単なので、是非試してみましょう!

  1. 吐く…口をとがらせて、フーッと軽く声を発しながら息を吐きます。体の中の空気をすべて出し切るようにゆっくり時間をかけて吐いていきます。同時にお腹を徐々にへこますようにします。
  2. 吸う…あごを引いて、鼻から吸うようにします。鼻の奥の方で深く吸い込むようなイメージで、ゆっくり吸います。同時にお腹を徐々にへこますようにします。

腹式呼吸を行っていく上でのポイントは、息を吐く時間が数時間の4倍くらいになるようにしましょう。最初は下腹のところに手を乗せて、動きを目で確認しながら行いましょう。マスターできたら、立っている時や座っている時、通勤中などの普段の生活に取入れてみましょう。また、腹式呼吸は下腹ダイエットに良いだけではありません。

181760988c71eb17
下腹をへこます以外にも、腹式呼吸をすることで得られる効果
お腹のインナーマッスルが鍛えられる
基礎代謝が上がり、脂肪が燃えやすくなる
腹圧がかかり、血行がよくなるので冷え性の予防になる
便秘解消
リラックス効果がある
安眠効果アップ

腹式呼吸を行うことで、下腹のぜい肉を落としやすくして、へこます作用があります。続けていくことで嬉しいダイエット効果もあります。簡単に行えるので是非お試しください。

スポンサーリンク

下腹のぜい肉をへこます方法③お腹周りに効果的な運動する

空中自転車こぎダイエット

ヨガマットなどのような寝そべっても痛くないマットを敷きます。脚を上げたときは、天井と垂直になるようにしましょう。脚を垂直に上げるだけの作業でも十分きついはず。人の体内の内臓は重力によって下に下がってしまうので、その作業を毎日するだけでも徐々に正しい位置に戻していけます。テレビを見ながら・暇な時に是非試してみましょう。

下腹をへこます意識をする

7c6a7f2bb60d41ef

日々の生活の中で、忙しくて運動したいけど、時間がなくてなかなかできないという女性も多いはず…そんな時間がない女性におすすめしたいのが、意識的に下腹を引っ込めるということです。そのときに「今下腹に力を入れている」、「下腹に筋肉がついてきている」と意識して行っていくのがポイント。思い込みをして、潜在意識を集中させるだけでもダイエット効果が十分あるんです!

下腹のぜい肉をへこます方法④骨盤矯正をする

骨盤矯正をする

骨盤が歪んでいる人の特徴チェック
座った時にいつも脚を組んでいる
立っている時にいつも同じ足側に重心をかけている
カバンを同じ方の肩にかけている
長い時間同じ姿勢でいることが多い
どれか1つでも当てはまれば骨盤が歪んでいるかも…

骨盤は下肢と上肢とをつなぐ大事な部分です。骨格や筋肉がここを中心とし、筋肉を走らせています。両腕を真上に上げて、つま先立ちで立ってぐらぐらする場合は骨盤が歪んでいる証拠です。歪んだ骨盤まわりにはぜい肉が付きやすいので、これを正常な場所に戻してあげるとたるんだぜい肉が正常な位置に持ち上がるのでウエスト周りにもくびれが出てきます。

985649b96cc9fba5

肥満化が進み、ダイエットをする女性も増える現在、様々な骨盤調整グッズが販売されています。また、簡単にできる骨盤矯正運動をお教えします。これだけで簡単な骨盤矯正になるので、下腹ダイエットの為にも毎日行うことをオススメします。

  1. 脚を肩幅くらいに広げて、手を腰に当てます
  2. 腕を時計まわりに回します
  3. 反対側も同じように回します
  4. 2.3の作業を10回ずつ交互に計1分間行っていきましょう

姿勢を正しく保つ

骨盤の歪みの他に、姿勢が悪いと下腹に脂肪がつく原因になります。猫背になっていると、お腹の内臓が下がり下腹が出てきてしまいます。骨盤周りには、沢山の内臓神経が分布しているのです。姿勢が悪いと、これらの神経が圧迫されて、うまく機能しなくなります。よって便秘気味になったりと体に悪影響なことが多いのです。

姿勢が悪い女性は見ていても美しいとは言えないですよね。パソコン作業やスマートフォンが復旧した現代で姿勢を美しく保つのもなかなか難しいことと言えます。猫背は下腹に脂肪が付く原因になるのです。まずは骨盤や姿勢を正すことで正しい体の軸を作って、下腹のお肉を筋肉として引き締めていきましょう。

まとめ:下腹をへこますダイエット法まとめ!効果的な腹筋引き締めエクササイズ

F85aa3e110fb6535

簡単にできる下腹ダイエットをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。女性は年を重ねるにつれ、代謝が落ちて余分な脂肪も落ちにくくなってしまうものです。食事を見直し、今回紹介したものは特に道具なども必要なく、すぐに実践できるものばかりなので、是非チャレンジしてみましょう。

5b3107c1c8fc3fe7

頑固な下腹のぜい肉を筋肉にかえてあげることで、基礎代謝が上がり、脂肪が燃えていらない脂肪が下腹につきにくくなります。よって本来の、骨格のないお腹の中の臓器を守る役割をはたしてくれるのです。下腹についた脂肪は頑固で落ちにくい部分です。長く続けていくことが大切ですね。

人気記事