Medium cea2b9b8dfe39ec8

下腹の皮下脂肪を落とすには?効果的に燃焼させるダイエット方法

下腹の丸みが気になりませんか?チュニック丈は下腹の丸みを隠してくれて便利でした。しかし流行のウエストを意識したファッションもいいですよね。生活習慣を改善して皮下脂肪を退治すると気になるウエストをサイズダウンできます。ではダイエットのヒントを見ていきましょう!

カテゴリー:部分痩せ下腹痩せ  作成者:christal001  投稿日:2017/11/02

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

下腹の丸みが気になりませんか?

チュニック丈は下腹やおしりを隠してくれるし、温かいしで、なにより便利でした。しかし流行のウエストを意識したファッションも挑戦してみたいですよね。下腹のあたりの皮下脂肪が気になってお洒落もいまひとつ決まらないという人は多いと思います。この際、下腹の皮下脂肪を退治してサイズダウンしまして、流行のウエストマークにトライしてみませんか?

下腹部あたりからおしりにかけて丸みを帯びた女性特有の体型を「本当に可愛くて好き」という男性は多いのです。西太平洋の国々では下腹が大きい豊かな体格であるほど美人とされています。しかし昨今、「肥満は糖尿病予備軍?!」と発信され、美しさもさることながら健康的にはどうなのかというと実に悩ましいところです。女性に多い下腹の丸いこの体型のもとは皮下脂肪なのです。

実は脂肪には種類があります

気になる下腹の皮下脂肪ですが、実は脂肪は「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類に分けられます。まず最初に男性に付きやすいという内臓脂肪ですが、内臓の周りにくっついて内臓を正常な位置に保持し、外部のショックから守る働きをします。そのためお腹周りが大きくなるリンゴ型肥満になることが多いのです。内臓脂肪はウォーキングなどの有酸素運動を継続すると燃焼しやすい特徴があります。

その訳は、アドレナリン(脂肪を分解するホルモンで、脳内で興奮状態を作ることもおなじみです)などへの感受性が高いため、運動や食事など生活習慣の改善を行うと、ダイエット効果が表れやすい傾向があるといわれています。ただし、高血圧、高血糖、動脈硬化など引き起こし、心臓病や脳血管障害などの生活習慣病の原因になリやすいので健康への影響が大きいのです。

一方、皮下脂肪は女性に付きやすい傾向のある脂肪です。女性ホルモンの働きにより年齢とともに皮下脂肪がつきやすくなります。下腹部、おしりや脇の下等に皮下脂肪がつき、外観の見た目が果物の洋ナシに似ているため、洋ナシ型肥満といわれる状態になります。皮下脂肪には毛細血管が発達しておらず、代謝されにくいため内臓脂肪よりも落としにくい傾向があります。

皮下脂肪は内臓脂肪と比較すると健康への影響は少ない脂肪です。ときどき太ももの裏側や下腹にボコボコとした脂肪の塊のようなものが現れますがセルライトといわれるものです。セルライトは女性ホルモンや肥満の影響で皮下脂肪の内外に脂肪編成物質やコラーゲン線維が沈着したものとされています。セルライトが大きくなることを気にする女性は少なくないですね。

太る時期が実は決まっている?!

ひとは太るのが決まってしまう時期があることを知っていますか。肥満に関係する細胞が脂肪細胞ですが、脂肪細胞が増える時期が人生のうち3回あり、その人が太ることを決定してしまいます。最初が妊娠後期(胎児期)、次に誕生から乳児期まで、そして思春期(中学生の頃)です。脂肪細胞は一旦増えてしまうと、減ることはありません。

さらに脂肪細胞が大きくなると脂肪の吸収が増え、太りやすい体質になります。一方脂肪細胞が小さい人は太りにくい体質となります。脂肪細胞が増える最初の時期の胎児期ですが、特に妊娠後期が注意なのです。母親が胎児と自分の栄養補給にもっぱら傾き、食欲が増大します。通常体重が増大しますが、過剰なエネルギー摂取が実は胎児の脂肪細胞を増大するのです。

次の脂肪細胞が増える時期は乳児期です。赤ちゃんは栄養バランスに優れた母乳から栄養をとりますが、たくさん飲んでも肥満になることはありません。母乳は母親の食事に由来します。母親が過剰に高脂肪・高カロリーの食事をしていると母乳成分がもとの母乳とは変わる可能性があります。気をつけたいのは高栄養の粉ミルクと離乳食です。母子共に摂取する食物の栄養バランスを考えましょう。

三番目に脂肪細胞が増える時期が思春期です。活動量も多くなるので食欲も旺盛となり食べ過ぎ、脂肪細胞も増えてしまう恐れがあります。また、乳児期の肥満傾向が引き継がれ思春期でもさらに脂肪細胞を増やす可能性があります。高カロリー・高脂肪の食べ物が好きなお子さんは多いので偏食が太りやすさに影響します。この時期に太ることが大人の肥満体質の原因とも言われています。

下腹の皮下脂肪は燃焼するのに限ります!

身体に蓄えられた脂肪は活動して燃焼することが重要です。下腹についた皮下脂肪は燃焼しないとどんどんたまるばかりです。脂肪は分解しないと活動エネルギーとして消費されません。身体がエネルギーとして脂肪を利用するには、遊離脂肪酸という形に分解される必要があります。人は寒さなどの刺激を受けたり、運動をしてエネルギーが必要になったりすると交感神経の活動が活発になります。

すると、リパーゼという酵素によって脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解します。ある程度活動し、脂肪の代謝が始まっても、エネルギー摂取量が多すぎると血中の遊離脂肪酸が補充され、せっかく代謝の始まった脂肪も元に戻ってしまい、どんどん蓄積してしまいます。消費カロリーより摂取カロリーが多いと痩せません。

大事なことは、食べないと活動できないですし、活動するために食べるということです。食べた分は活動して消費してしまえばいいのです。運動した、歩いた、走ったから食べていいのです。運動していない、歩いていない、走っていない場合、食べる量は控えないとエネルギー収支はどんどん取る方ばかりに傾いているということです。ですから、「食べたら使え」です!

下腹の皮下脂肪対策には生活習慣を改善しましょう

D9a51f733ae77b4b

スポンサーリンク

取り入れたエネルギー、摂取カロリーを消費してこそ健康なダイエットといえます。基礎代謝の消費が多い筋肉を増やすことで、効率的に基礎代謝を上げることができます。筋肉は、肝臓と脳に次いで基礎代謝(なにもしなくても消費するエネルギー)を多く消費します。肝臓や脳の機能を高めることは簡単にできませんが、筋肉は日常の活動や運動で鍛えて増やすことが可能です。

筋肉をつけると基礎代謝が増え、普段と同じ活動量の生活をしていても、どんどん痩せていくといったことがいわれます。確かに、基礎代謝が上がることは事実です。しかし、劇的に痩せるというのはむずかしいのです。最も重要なことは運動をし筋肉をつけ維持し、この生活習慣を継続することで太りにくい体質を身につけることです。細切れの運動でも効果があることは研究で明らかになっています。

確実に体重を落とすためには、意識的にカロリー摂取量と消費量のコントロールをする必要があります。運動すると筋肉に蓄えられた脂肪をどんどんエネルギーに換えて使います。活動量を増やし、摂取量を減らす、そしてそれを維持するために日々継続することが最も大事なのです。生活習慣を見直して、運動そして栄養に注意し、痩せ体質を維持し、健康的な生活習慣を身につけることです。

正しい食べ方で下腹の皮下脂肪をすっきりと!

肥満治療の食事療法では厳しいカロリー制限を行う必要があり、医師の指導のもとで行います。下腹に蓄えた皮下脂肪を減らすためのダイエットでは、生活習慣改善を行うことが大変効果的です。食生活の見直しにあたっては、食事のとり方やメニューなどの見直しが重要なポイントとなります。下腹の皮下脂肪対策の生活習慣改善は自分でできますね。

昼や夜の食事に脂肪の多いメニューを選んでいませんか?昨今、食の欧米化が進んで高脂肪食が増えています。ダイエットには特に脂肪の少ない和食中心のメニューがおすすめです。揚げ物などの脂肪の多い物は避けましょう。また、食べ方としては、ご飯やおかずは後回しにして、野菜メニューから始め、ゆっくり噛むことで、ドカ食いや早食いを抑えることが可能です。

皮下脂肪の解消は、三食しっかり食べて必要な栄養素をとる基本的なダイエットが重要です。単なる減食をすると栄養素が不足し、イライラしたりストレスを感じやすくなり、食事の満足度が低下してドカ食いの原因ともなります。また、緑、赤、黄色など色どりの美しい食事は目にもうれしく満足感が高く、栄養素に恵まれていることも多いので目安にしてはどうでしょうか。

また皮下脂肪退治には暴飲暴食はだめで、不規則な食習慣を改めましょう。三食決まった時間に食べる習慣をつけたいですね。朝食の欠食や夜帰宅が遅く食べてすぐ寝てしまう人が多いですが、食事と食事の時間が開きすぎると身体が飢餓状態となり、エネルギーをため込もうとし、より脂肪として蓄積されやすくなります。

夜は特別な場合を除いて寝るだけですね。それほど多くのエネルギーは必要ありません。皮下脂肪のたまった状態の人は夜遅い食事は軽くするという工夫も必要かもしれません。また、ダイエット効果があったとして一旦体重が減少することがあります。しかし、それは一時的に身体の中の水分が出ただけで、脂肪はほとんど減っていないことがあります。辛抱強くダイエットを行いましょう。

下腹の皮下脂肪対策の最短距離は運動です!

下腹の皮下脂肪対策としてはとにかく運動を継続することが最短距離です。筋肉を増やし基礎代謝を上げることが重要です。しかし下腹の皮下脂肪を燃焼するためには一時的で急激なトレーニングより継続することを第一目標にします。おすすめなのが、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。歩くときは汗をちょっとかく程度の早歩きで背筋を伸ばし大股で颯爽と歩きましょう。

例えば、通勤時に職場の一駅手前から歩くのはどうでしょう。帰宅時でもよさそうですね。エレベーターを階下で降りて階段で上がることも効果的です。階段を見たら薬と思え、と言われるほどです。さらに、下腹の皮下脂肪改善には筋トレが有効です。筋肉量を増やすことで基礎代謝が増え、カロリー消費量をアップさせます。下腹の皮下脂肪対策の筋トレには太ももや大臀筋を鍛えることがお勧めです。

下腹の皮下脂肪対策として取り組みやすい筋トレにスクワットはどうでしょうか。スクワットですが最初1回から始め、毎日1回ずつ増やしていきす。1カ月で30回になりますね。かなりきつい筋肉トレーニングです。この時意識するのは継続です。下腹の皮下脂肪対策では続かないような強度の運動はしんどいばかりであまり効果はありません。だんだん強度を上げてそして継続することを目標にします。

マラソン選手は1kmを3分程度の全力疾走でマラソンを走ります。選手の真似は無理ですが、素人でも30秒間程度なら全力疾走できます。全力疾走して疲れたら、その後8分間程度早歩きします。そして、ちょっと座ってみます。1分間そのまま。約1kmくらい進みますね。また全力疾走、歩く、座るのセットを2から3回。レジスタンストレーニングのひとつです。下腹の皮下脂肪対策としてよく効きます。

運動強度の変化が重要なレジスタンストレーニングは海外では心臓病のリハビリテーションにも利用されています。自分が気持ちいいと感じる時間や強度を見つけるつもりで始めましょう。ウェアやシューズに凝るのもひとつですね。屋外なら気持ちいいですし、アーケードの下でやるのなら雨でも問題ない全天候型のトレーニングになりますね。下腹の皮下脂肪対策にはとにかく継続する工夫をしましょう。

ニート(NEAT)を知っていますか。運動とまではいかない、ちょこまか動きのことです。例えば、職場でコピーを取る時ですが、椅子から立ち上がる、コピー機まで行く、席に戻る、椅子に座る。一連の動作ですが、実はちょっとした活動です。エレベータを待ちながら軽いスクワット5回、上の階の洗面所へ行く、少しだけ遠いコンビニへ昼ごはんを買い行く、だけでも歩数計をみると歴然です。

家の中でもニートはできます。リモコンは便利ですが、立ち上がる、リモコンを取りに行く、リモコンを取りチャンネル変更する、リモコンを置き元の場所に戻る、座る、この一連の動きだけでもニートです。無駄に動いて歩数を稼ぎましょう。家の中でもあっという間に2、3千歩は稼げます。歩幅が1歩65㎝くらいだと2kmくらいになります。下腹の皮下脂肪対策は根気と辛抱が肝心です。

まとめ:下腹の皮下脂肪を落とす方法

下腹の皮下脂肪の対策には生活習慣の改善に他なりません。偏った食事と運動不足を解消しましょう。食べたら動く、動いたら食べるのサイクルを崩さず、辛抱強く継続しましょう。やはり記録するといいですね。歩数計や食物記録アプリなどを利用するのも一考です。下腹の皮下脂肪対策は一足飛びにはできません。楽しみながら少しずつ行うことが実は確実なダイエットへの大きな第一歩です。

人気記事