Medium 2e8fbe9678463c29

ザバスプロテインの種類まとめ!それぞれの特徴や目的別おすすめは?

プロテインといえばザバスのプロテイン。気になるけれど、たくさん種類があってどれを選んでいいのかわからない。ダイエットにも使えるの?体が大きくなってしまわない?色々気になると思います。そんなザバスのプロテインの特徴や目的別のオススメをご案内します。

カテゴリー:ダイエット商品プロテイン  作成者:しあん  投稿日:2017/11/15

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ザバスのオススメプロテイン!それぞれの特徴や目的別おすすめ

55b351b5d847111c

プロテインといえば数あるメーカーのなかでもSAVAS(ザバス)を思い浮かべる方も多いと思います。人気の高いブランドで、なにより国内メーカーの明治が製造しているプロテイン。使ってみたいなぁと思いながらも、どれを選んで、どうやって使っていいか悩んでしまうもの。そこでザバスのオススメプロテインについてご紹介します。

0801915a9b957395

エクササイズや筋トレを頑張ってしているものの、いまいち結果が出ない。そんな時は食事を見直すのももちろんですが、プロテインを使用するのがオススメです。プロテインを使用することによって、エクササイズやトレーニングで筋力アップをはかるとより結果が出やすくなると言えるからです。

そもそもプロテインって何?

027c99999b93ece4

プロテイン。その名前はよく聞くけれど、いったいどういったものなのかイマイチ判らない。イメージとしてムキムキのボディビルダーが使うものでしょ?ダイエットには関係ないでしょ?逆にムキムキになってしまったり太ってしまうのでは?そういった誤解も多いのがプロテイン。

C03d4fb53d91a7d4

しかし、せっかくトレーニングやエクササイズで体を動かしている場合、そういった先入観でプロテインを避けるのはもったいない!プロテインは思い描く美しい体づくりの手助けをしてくれる最高のパートナーなのです。

プロテインは筋肉を作るための栄養素

8e1a2ac0d8718883

プロテイン(英protein)とはたんぱく質の事です。私たちの体を形成する筋肉はほぼたんぱく質で形成されています。筋肉はもちろん、血液や内臓、皮膚や髪などもすべてたんぱく質でできています。そのため、炭水化物や脂質とともに三大栄養素とよばれる人間にとって非常に大切な栄養素なのです。

6408180cecffff7b

そんなたんぱく質は特別に運動しない人でも成人の場合体重1kgに対し1gは必要だと言われています。トレーニングをしている人がたくさん必要としているのはもちろん、シェイプアップの為にフィットネスをしている場合も、当然多くのたんぱく質が必要になってきます。

A4097edb9e3447d4

その体に必要なたんぱく質を食事だけで摂る場合、脂肪やカロリーがどうしても過多になってしまいます。プロテインの場合は余分な脂質などは極力排除して、上質のたんぱく質が摂取できるようになっています。

プロテインは太りそう?

B725e739604ce6be

プロテインと聞くとやはりボディビルダーのような大きな筋肉を持つ人が使うイメージがあります。そこから女性は特に敬遠しがちですが、高たんぱくであり脂質が少ない食品なので、むしろダイエットやスリムな体作りには適しているものなので、ダイエット中こそ積極的にとりたいのです。

F98a3b72729dc213

ザバスプロテインに含まれるたんぱく質の量は、1食21g(ザバスホエイプロテイン100)で、これを食品でとろうとすると、肉ならおよそ70g、ゆで卵なら約2個分必要になります。プロテインならコップ1杯分ですが、これらの食事を毎食とるのは大変ですし、なにより摂取する脂質やカロリーがどうしても増えてしまいます。

B2fed34d1b22aa7b

とはいえ運動を全くせずにプロテインだけ摂取しても、体脂肪として蓄積されるので、体も積極的に動かしましょう。体にいいといっても摂りすぎはやはり体脂肪になってしまいます。プロテインを摂取するときは、通常の食事を減らす必要がありますが、プロテインの中には腹持ちがいいものもあるので、逆に食事制限をしやすくなるといえます。

プロテインの種類と目的

D4ff2dd84571e76e

プロテインには大まかに分けると、動物性のホエイプロテインと大豆が主成分の植物性プロテインの2種類があります。こう聞くと美容を気にしている方なら植物性がいいと思いがちですが、これらにはそれぞれ全く違う効果があるので、目的に応じて必要なほうを選びましょう。

ホエイプロテイン

A9348c5c0f816a59

牛乳の成分であるタンパク質で、筋肉を作るために必要なアミノ酸BCAAが豊富に含まれています。ホエイプロテインの一番の特徴は吸収が早い事です。素早く体にとりこまれるので、筋肉が傷ついているトレーニング直後に摂取することに向いています。

ソイプロテイン

3d4c73cb2f7e3fac

大豆を主成分にした植物性タンパク質が主成分です。こちらはゆっくりと体内に吸収されます。大豆たんぱく質は代謝の向上も期待できます。運動直後もいいですが、寝る1時間前に摂取すると寝ている間の筋肉補修に使用されます。腹持ちもいいので食事制限の助けにもなります。

ザバスのプロテインの特徴・評価

プロテインが必要なのは判ったけどどのメーカーがいいの?と迷うときはやはりザバスがオススメです。日本で一番人気のプロテインブランドで、使っている方もとても多いです。なにより嬉しいのが目的に応じて選べるほどの種類の豊富さです。女性は綺麗な細い筋肉をつけたいことが多いですが、そういった希望にも添える商品があるのがザバスなのです。

6ef198a8699188a5

そんなザバスのプロテイン。ドラッグストアなどでも販売されているため、一度は見たことある方もいると思います。目的別に選べるほど種類が豊富なことは嬉しいですが、初めての方はどれを手に取っていいのか迷うもの。そこでまずは種類や特徴についてご案内します。

ホエイプロテイン100

E06a71250ddef645

たんぱく原料として吸収の良いホエイプロテインを100%使用したプロテインで、トレーニング直後に摂取すると体づくりのサポートになります。もちろんプロテインだけではなく、体に必要な7種類のビタミンB群とビタミンCが配合されていて、より効果を高めます。牛乳、もしくは水に溶かして使用します。

F24938b7be1a0fde

バニラ味とココア味があり、水に溶かすと運動後の体でもスッキリ飲め、牛乳に溶かすとマイルドになり、牛乳の風味で初めての方にも美味しく飲めます。ベーシックな成分内容になっているので、プロテインが初めての方はまずこれを買えば間違いないでしょう。

バニラ味・・・1食分(21g)あたり

  • エネルギー 82kcal
  • たんぱく質 15.0g
  • 脂質    1.2g
  • 炭水化物  2.9g

ココア味・・・1食分(21g)あたり

  • エネルギー 83kcal
  • たんぱく質 15.0g
  • 脂質    1.3g
  • 炭水化物  2.7g

アクアホエイプロテイン100

プロテインは牛乳で割ると飲みやすい半面、その分カロリーが気になるところです。そんな方にオススメなのが、水専用のプロテインアクアシリーズです。これは水に溶かすためのプロテインで、スポーツドリンクのようなサッパリとした口当たりで運動後の水分補給と同時にプロテインを摂取できます。

De37affa08fa8b4f

成分はベーシックとほぼ変わりませんが、こちらには疲労回復に嬉しいクエン酸もプラスされています。水に溶かすので、カロリーも1食分(21g)78kcalなので、摂取カロリーが気になるダイエット中にホエイプロテインを使う場合はこちらがオススメと言えます。

グレープフルーツ風味(無果汁)の成分・・・1食分(21g)あたり

  • エネルギー 78Kcal
  • たんぱく質 14.1g
  • 脂質    0g
  • 炭水化物  5.7g

アセロラ風味(無果汁)・・・1食分(21g)あたり

  • エネルギー 77Kcal
  • たんぱく質 14.1g
  • 脂質    0g
  • 炭水化物  5.6g

グレープフルーツやアセロラ味のスポーツドリンクという感覚で飲めるプロテインです。ミルク系の味が苦手な方でも美味しく使えるプロテインと言えます。

ウェイトダウン

減量しつつ、体もしっかり作りたい。そんな時にオススメなのがウェイトダウンです。主原料はソイプロテインで、それにプラスしてダイエット効果が期待できるガルシニアエキスも配合されているのが一番の特徴です。1日2回摂取することで、1日に必要な11種のビタミンと3種のミネラルの不足分が補えるようになっています。

Ad0c5beafdbf360a

ガルシニアエキスは脂肪酸の燃焼を促し、エネルギーに変える働きがあるダイエット効果が期待できる成分なので、運動でダイエットをしたい方にはとてもオススメなプロテインです。トレーニングで筋肉をつけ、なおかつ筋力を保ちながら体脂肪は落としたい方にはとてもオススメです。

ウェイトダウン・・・1食分(21g)あたり

  • エネルギー 79g
  • たんぱく質 16.8g
  • 脂質    0.9g
  • 炭水化物  0.9g

シェイプ&ビューティ

運動で体をきれいに引き締めたい女性に嬉しい成分を配合したプロテインです。大豆プロテインとともに美容に嬉しいフィッシュコラーゲンが1500mg配合されています。その他女性が不足しがちな鉄分や、そのほかカルシウムやマグネシウムも配合されています。このプロテインは運動後はもちろん、食事にプラスすることもオススメです

4993752aa999b3aa

ミルクティー風味で飲みやすく、プロテインをまず始めてみようという女性には始めやすいものと言えます。飲めば綺麗になりそうな、手に取りやすいパッケージデザインも気分が上がります。プロテインに抵抗がある場合、最初はこういうプロテインからはじめてみるのもいいでしょう。

シェイプ&ビューティ・・・1食(14g)あたり

  • エネルギー 51kcal
  • たんぱく質 7.2g
  • 脂質    0.3g
  • 炭水化物  4.8g

ソイプロテイン100

大豆プロテインを100%使用したプロテインです。大豆プロテインはゆっくり効果が出るものなので、運動後はもちろん、夜寝る前での摂取がお勧めです。その他朝食時にとるのもいいでしょう。ホエイプロテインと違いゆっくり効きますので、運動後の使用以外に日常生活の補助にするのも。ココア味で大変飲みやすいところも人気です。

5768d534c5656788

ザバスのソイプロテインの中でも特に人気な商品です。大豆特有の風味もなく、甘さも控えめ、クセのないココア風味なのでとても飲みやすいです。ベーシックな内容なのでとりあえずソイプロテイン使ってみたいという場合はこちらがいいでしょう。

ソイプロテイン100・・・1食分(21g)あたり

  • エネルギー 79kcal
  • たんぱく質 15.0g
  • 脂質    1.0g
  • 炭水化物  2.6g

一番の特徴は、ホエイたんぱくを吸収の速いペプチドに分解したパワーペプチドが配合されていることです。このパワーペプチドとホエイプロテイン、さらにその機能を補助するアミノ酸を配合しています。1日1~3本を目安に使用します。

アミノパワープロテイン

こちらは今までのものと変わってシェイクの必要のない手軽に摂取できるスティックタイプのプロテインです。ポーチなどに入れられる大きさで、さらに水や飲み物があれば摂取できるので、場所を選ばないのがとても便利です。

5291b964b3942996

アミノパワープロテイン(パイナップル風味)・・・1本(4.2g)あたり

  • エネルギー 16kcal
  • たんぱく質 3.5g
  • 脂質    0g
  • 炭水化物  0.5g

アミノパワープロテイン(カフェオレ風味)・・・1本(4.2g)あたり

  • エネルギー 16kacl
  • たんぱく質 3.5g
  • 脂質    0g
  • 炭水化物  0.5g

おすすめのザバスのプロテインは?

06503d2ce62fcaab

ザバスのプロテイン。これだけ見ても種類が豊富でどれも素晴らしい商品ばかりです。どの成分や特徴も必要な気がしてしまいますが、ここからはより選びやすいように目的別にオススメのプロテインを選んでみました。

筋力トレーニングの効果をあげたい

2f4cddc1b4def981

スタイルのいい体の為に筋力トレーニングをしているので、より効果を高めたい! そんな時にオススメのプロテインはやはり吸収の速いホエイプロテインを使ったものでしょう。運動後30分以内の摂取はゴールデンタイムと言われ、体のケアや体づくりに最高のタイミングです。そんなゴールデンタイムに摂取したいザバスのプロテインは以下のものです。

878483ecb934b6f4
  • ホエイプロテイン100
  • アクアホエイプロテイン100
  • アミノパワープロテイン

やはりベーシックなホエイプロテイン100がいいですね。牛乳も脂肪の少ない低脂肪にすれば余分な脂肪もカットできて美味しく飲むことができます。飲みやすいアクアホエイプロテイン100もスポーツドリンク感覚でゴクゴク飲めるプロテインなので筋トレ直後に飲みやすいのが嬉しいです。トレーニングするけどシェイカーを使えないときは、スティックタイプのアミノパワープロテインをとるのがオススメです。

ダイエットの効果を上げたい

スポンサーリンク

B409eaf896ad16a4

運動をしながら引き締まった体にしたい!筋肉つけながら痩せたい!そういう場合にオススメなのはやはりソイプロテインをメインにしたものでしょう。ソイプロテインには代謝を活性化させる効果も期待できると言われています。筋肉を維持しながら体脂肪を落とすなら、ザバスのソイプロテインをベーズにしたものを選ぶといいでしょう。

  • ウェイトダウン
  • ソイプロテイン100
  • シェイプ&ビューティ

やはりソイプロテインをメインにしたものがダイエットには効果的と言えます。たんぱく質がゆっくり吸収されるのはもちろん、腹持ちがいいところは無理なく食事制限をすることができ、ダイエット中には嬉しい効果です。プロテインそのもののカロリーも低めですが、ダイエット目的でしたら水か低脂肪乳でシェイクしましょう。

手軽に利用したい

20368170e43d4b9c

手軽にプロテインを利用したい!そんな時にオススメのザバスのプロテインはこちらです。

  • アミノパワープロテイン
  • アクアホエイプロテイン100

アミノパワープロテインはスティックタイプで、水やスポーツドリンクなど、お好きなドリンクと一緒に利用することができます。手軽にとるといえばやはりこれです。アクアホエイプロテイン100は水にさっととけるスポーツドリンクのようにプロテインと水分補給が同時にできることがポイントです。

自分に合ったザバスプロテインの選び方

920b839f3c5dd2c3

ダイエットならソイプロテインがオススメですが、痩せたい場合はホエイプロテインは選ばないほうがいいの?となるかもしれません。もちろんそんなことはありません。ザバスのプロテインはどちらでもダイエットに活用できます。水で溶かすアクアホエイプロテイン100などはカロリーも抑えられるため、ダイエットにも向いています。

2650560672168943

より自分にピッタリあったザバスのプロテインの選び方は、目的や期待できる効果に合わせるほかに、パッケージなどに記載された栄養成分表示を見るのもオススメです。

たんぱく質含有量

094e7de03a331d0b

プロテインで大事なのはまずはこれですね。ザバスのプロテインは基本的にスティックタイプをのぞき1食あたり15g以上のプロテインが配合されています。筋肉をつける場合はよりたんぱく質の含有量が高いものを選ぶといいでしょう。

35a8ca944404ac8d

トレーニング直後ならホエイプロテイン、ダイエット目的や寝る前に使用するものならソイプロテインというように好みのものを選び、その後で含有量を比較すると、自然と自分にとって必要な成分のプロテインの種類を選び出すことができます。また、使用するタイミングで分けるという方もいるようです。

脂質量

C44b2b5f70cea8aa

ダイエットをする場合、脂質はやはり気になるポイントです。ザバスのプロテインの場合、アミノパワープロテイン、アクアホエイプロテイン100は脂質が0な上、水で飲むタイプなので特に脂質を控えたい方にはとてもおススメです。

Ab72473172a2aebc

ザバスのプロテインの脂質含有量は多くても1食あたり1.2g程度ですが、ここで注意が必要なのは、牛乳に溶かして飲む場合牛乳の脂質量を気にする必要があります。プロテインの含有量が多いホエイプロテイン100を使いたいが脂質は控えたいという場合は水で飲むか、牛乳で飲みたい場合は低脂肪乳などを選ぶようにしましょう。

炭水化物

706064131ad2b9bd

ダイエット目的の場合、炭水化物の含有量も気になります。ザバスのプロテインでここを極力カットしたい場合は、ウェイトダウンが2.5g程度なのでこれを選ぶといいでしょう。

Cc640936e47314ee

しかし、運動でダメージを受けた体をリカバリーするため、炭水化物は必要な栄養素です。プロテインで摂取する量から計算して、通常の食事で余分な炭水化物を摂取しないなどの工夫をすれば、炭水化物の過剰な摂取は抑えられるでしょう。

その他の栄養素

52d2a82a992cb35e

ザバスのプロテインには、目的に応じて様々な栄養素がプラスされています。目的やたんぱく質含有量など自分に合ったプロテインが2つほどに絞られた場合、最後の決め手になるのはやはり追加されている栄養素です。

9585bac35c74b7c8

たんぱく質などの主な成分以外に、特別に追加されている栄養素は以下の通りです。

  • ホエイプロテイン100・・・・・・7種のビタミンB群、ビタミンC
  • アクアホエイプロテイン100・・・・・・クエン酸、7種のビタミンB群、ビタミンC
  • ウェイトダウン・・・・・・ガルシニアエキス、11種のビタミン、3種のミネラル
  • ソイプロテイン100・・・・・・7種のビタミンB群、ビタミンC
  • シェイプ&ビューティ・・・・・・フィッシュコラーゲン、鉄、11種類のビタミン、ミネラル
  • アミノパワープロテイン・・・・・・アミノ酸

クエン酸はスポーツ後などの体のリカバリーを支え、ガルシニアエキスは脂肪燃焼を助けます。ビタミン類はプロテインの吸収や体づくりに必要な成分です。同じような成分が入っていても含有量は商品ごとに異なりますので、内容を比較して自分に合ったものを選びましょう

プロテインの飲み方

6bfa0af0a3e8042a

ザバスのプロテインはどれも粉っぽさを感じないほど溶けやすくなっていて、飲みやすい工夫がされています。とはいえ、やはり溶かし方を誤ると美味しく飲めないこともあるようです。ここでは飲み方の工夫についてご案内します。

冷たい牛乳か水に溶かしましょう

034dc80e27dd33ed

ザバスのプロテインパウダー1食分を、牛乳や水など200ml~300mlに溶かして飲みます。専用シェイカーに入れてシェイクするのが一般的ですが、シェイカーがなくてもしっかり混ぜれば溶けるようです。自宅で飲む場合はミキサーなどを使用するとより簡単に混ざります。

シェイカーで溶かしにくい場合

Bb387d48a91723ca

まずシェイカーに先に飲み物を入れてから、プロテインパウダーをいれましょう。この順番を逆にすると溶かしにくくなることがあります。冷たい飲み物のほうがより溶けやすいようです。

牛乳や水以外でも飲める?

B421927235fdfa3b

水か牛乳(低脂肪乳など含め)を使用するのが一般的ですが、豆乳を使用する方法もあります。また、あえて糖類を摂取したいとかビタミンCも同時に摂取したいという理由で、オレンジ100%ジュースに溶かす方法もあります。味がマッチする製品ならスポーツドリンクなども使用できるようです。ただし、熱い飲み物は吹き出したり、溶けずにダマになる場合があるのでオススメできません。

C1f6bdfe030e58e5

バナナなどの果物と牛乳、豆乳などを一緒にミキサーなどでシェイクすると、スムージーのように食事代わりにすることもできます。もちろんその分カロリーもあがりますので、追加するときはカリローはもちろん、糖質脂質が増加することに注意しましょう。

ポイント

基本は牛乳か水
ダイエット中なら低脂肪乳などを選びましょう
ジュースやスポーツドリンクでもOK

プロテイン使用のタイミング

3db66e8d11a0f271

ザバスのプロテインはダイエットやトレーニングのパートナーとして最高のアイテムと言えます。しかし、より効果を実感するにはオススメの使用のタイミングがあります。プロテインを飲むタイミングはいつがいいのでしょうか?

運動後30分以内

8b8390528724833d

ザバスのプロテイン、摂取のタイミングは運動後30分以内がオススメです。この30分以内の摂取はゴールデンタイムともいわれ、運動後の体のリカバリーを助けてくれます。このタイミングでは吸収のいいホエイプロテインがベースのものがオススメです。

寝る1時間前

D0ba5c0012411536

睡眠中は成長ホルモンが分泌されるので、寝る1時間~30分前の摂取もオススメです。この場合は吸収が穏やかなソイプロテインがいいでしょう。成長ホルモンは成人でも分泌され、この成長ホルモンがたんぱく質の吸収を促すため、寝ているときにプロテインを摂取するとよりたんぱく質の吸収を高めることができるのです。

1d7c6db28de71ef0

成長ホルモンが分泌されるピークは就寝後30分~3時間後と言われています。ですので寝る1時間~30分前に摂取しておけば、成長ホルモンが分泌されるピークに間に合うのです。ソイプロテインがいいといわれるのも、おだやかに吸収される特徴から体内に長くとどまる分、成長ホルモンが分泌されている間体にしっかりプロテインがあるのです。

食事にプラス

19746c736b62b9bd

通常の食事、全体的にたんぱく質不足を感じる場合は食事にプラスするのもおすすめです。普通の食事と一緒に摂取しましょう。シェイプ&ビューティはカロリーもプラスされた栄養素も豊富なので、いつもの食事の補助として使うのもいいでしょう。ウェイトダウンの場合は食事の30分ほど前に使用するのもおすすめです。そのことにより満腹感が得られるので、無理なく食事を減らすことができます。

E0e3909c646b9a9f

朝食に摂取することもオススメです。朝は栄養素が枯渇している状態ですから、体に吸収しやすいたんぱく質でできているプロテインを摂取するのは体づくりにいいのです。特に炭水化物や野菜だけに偏りやすい場合は、たんぱく質補給のためにもプロテインを摂取しましょう。

間食として

Eff268f67eda87de

ダイエット中は間食は絶対ダメ!そう思いがちですが、賢くとればむしろプラスになります。ザバスのプロテインの場合、シェイプ&ビューティは脂質もカロリーも低く、さらに栄養素も補えるので間食の代わりにするのもオススメです。

353b0443175f0de3

食事や間食にプロテインを利用する場合は、プロテイン以外に摂取するものの量を減らすことが重要です。摂りすぎてしまうと体脂肪になってしまうので注意が必要です。もちろん運動もしっかりとりいれましょう。

ポイント

・食事の前にプロテインを摂取して食事を減らす
・お菓子などの間食をやめてプロテインにする

コンビニでザバスプロテイン

D5517e922ed99eef

ザバスプロテイン、せっかくなのでトレーニング直後に飲みたいもの。だけどうっかり忘れてしまった!そんなときに便利なのがコンビニでも買えるザバスプロテインです。最近は簡単に飲めるものから、パウダーを個包装にしたものまでさまざまなものが手に入るようになっているので、出先で1食分だけ欲しいときにとても便利です。

ザバス ミルクプロテイン

蓋をあけてそのまま飲める、ドリンクタイプのプロテインです。独自の製法でミルクプロテインを安定化しているため、体に吸収されやすい状態で摂取できるというのが魅力です。1本430mlなので1本飲み切るのはなかなか大変ですが、手軽にプロテインをとりたいときにはオススメです。

ザバスミルクプロテイン・・・1本(430ml)あたり

  • エネルギー・・・100kcal
  • たんぱく質・・・15.0g
  • 脂質・・・0g
  • 炭水化物・・・10.0g

他にもクエン酸が1000mg配合されているのも嬉しいです。ミルクプロテインで、白い液状のプロテインですが、牛乳の味よりも酸味のあるスポーツドリンクのような味となっています。

ザバスプロテイン個包装タイプ

コンビニによってはザバスプロテインの個包装タイプが販売しています。一緒に水を買って少し飲んで減らした中にこのパウダーを入れて振れば、簡単にプロテインが作れます。個包装タイプは1回分の値段が高くなってしまいますが、出先でプロテインを補給したい場合にはとても便利です。外出先で使う用にストックしておくのも便利でしょう。

ザバスプロテインの期待できる効果

6785709dc4a15a7f

ザバスのプロテイン使用したらどのような効果が期待できるのでしょうか?上記の通りトレーニングで傷ついた筋肉の回復を早めるですとか、ダイエット効果が期待できるとかありますが、実際に使用した人たちの意見としてはこのようなものがありました。

  • 筋肉痛の治りが早く痛みが軽減した
  • トレーニングと併せて使用したら体が引き締まった
  • 爪が丈夫になって髪も綺麗になった気がする

一つ目はトレーニングで傷ついた筋肉を素早く回復させるプロテインの効果ですね。筋肉痛にならないために飲むという方もいました。二つ目もトレーニングで細い筋肉を付けた結果、体のラインが引き締まったという結果につながりました。三つめは人間の体はすべてたんぱく質が原料なので、元々摂取していたたんぱく質が足りなかった方が使用すると、そういう付随した効果が出たと言えます。

04eddc012af8b4a7

やはり一番の効果は筋肉がついて体が引き締まるということに尽きるでしょう。筋肉がつけば見た目が引き締まるのはもちろん、筋肉が増えることにより基礎代謝が上がるのでより燃焼しやすい体になります。故意にハードなトレーニングをしない限り、女性は大きな筋肉がつかないので、ぜひ普段のエクササイズにザバスのプロテインをくわえてみてください。

ザバスのプロテインまとめ

B566e6650955fe41

今回はザバスのプロテインの種類や特徴などについてご紹介しました。普段のエクササイズはもちろん、日常生活にもプラスしたくなるものばかりです。1種類だけを使用するのももちろんいいですが、トレーニングをするときはホエイプロテイン、トレーニングをしない日は食事制限の助けになるソイプロテインを使用するなど、目的に応じて使用するものを変えてもいいですよね。

E04eab28e7de90e7

ザバスのプロテインには今回紹介したもの以外にもさらにたくさんの種類のプロテインがあります。フレーバーの種類も豊富ですし、よりプロテインの配合量の高いものや、プロのアスリートの方向けの種目別に配合したプロテインもあります。続ける中で、トレーニングや体づくりに必要に合わせてプロテインを選んでみてくださいね。

話題沸騰中のSIXPADのご購入はこちらから!

人気記事