Medium 322e85b0c1dae388

杜仲茶にはカフェインは含まれていない?含有量や効能ついてまとめ

妊娠中の方や妊婦の方は特に、カフェインの摂取について気になるところでしょう。しかし杜仲茶にはカフェインが含まれていないので、安心して飲むことができます。ダイエットにも良いとされる杜仲茶について、カフェインの含有量や効能などをご紹介していきます。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:たつお  投稿日:2017/11/10

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

杜仲茶はノンカフェインのお茶

杜仲茶にカフェインは含まれていない

杜仲茶は老若男女に親しまれる中国由来のお茶ですが、カフェインが含まれていないノンカフェインのお茶としても有名です。したがって、妊婦や妊娠中の方でも、胎児のことを気にすることなく安心して飲むことができます。奈良時代に中国から日本に伝来したと言われている杜仲茶ですが、長年親しまれ続けていく中においても、目立ったトラブルが発生していないことも大きな魅力と言えるでしょう。

ポイント

杜仲茶のカフェイン含有量は、0mgです。

多くのお茶には、カフェインが含まれているため、杜仲茶にもカフェインが含まれていると思われがちですが、実際にカフェインの含有量は0mgとなっています。つまり平たく言えば、ノンカフェインのお茶ということになります。したがって、妊娠中の方やアレルギー体質の方、あるいは小さな赤ちゃんが飲んでも健康的には何ら影響なく、杜仲茶の味わいを楽しむことができます。

家庭でお茶を飲む時に、カフェインの含有量を気にしてお茶を出さなければいけないという状況では、余計なストレスもたまってくるでしょう。とりわけ、赤ちゃんなど幼い子供にカフェインを摂取させるのは、健康的に悪影響を及ぼすとも言われています。そういった意味で、杜仲茶であればカフェインのことを気にすることなく、安心して飲めることも大きなメリットだと言えるでしょう。

杜仲茶の効能とは?

杜仲茶はダイエット効果もある

杜仲茶にはさまざまな効能があります。その一つとして、ダイエット効果が挙げられるでしょう。とりわけ、子供の肥満も昨今の大きな社会問題になっており日本において、杜仲茶の効能は大きな役割を果たしてくれます。カフェインが含まれないということに加えて、食事中に摂取した脂分が体内に吸収されることを防いでくれるという効果もあります。そういった効能も含めて、杜仲茶はおすすめです。

杜仲茶の効能として、メタボリックシンドロームの改善にも効果があると言われています。脂肪を分解することで、ダイエット効果もある杜仲茶ですが、メタボ改善にも役立ちます。それは、杜仲茶に含まれる「ゲニポシド酸」という成分が、コレステロールの吸収を抑えて、脂肪を分解する働きをしてくれるためです。健康的にも良いとされる杜仲茶を飲んで、体の内側から変えていくと良いでしょう。

ポイント

杜仲茶は、メタボ対策にも効果があります。

内蔵脂肪が多くなると、血圧や血糖値も上昇して、健康的にも良くありませんが、杜仲茶を飲むことで症状を緩和することができます。中性脂肪が内蔵脂肪に変わってしまった場合でも、杜仲茶に含まれる「ゲニポシド酸」が作用して、内蔵脂肪を分解してくれます。内蔵脂肪が溜まると、メタボにもなりやすくなりますので、そうならないように杜仲茶を飲んで、メタボを未然に防ぐことも大切です。

杜仲茶の味の違いとは?

日本産と中国産の味の違い

杜仲茶は、もともと中国から伝わってきたお茶ですが、日本国内でも生産されています。日本産と中国産の杜仲茶には、「味」の違いがあります。まず日本と中国では、気候が異なっており、日本の方が涼しいため杜仲茶の生育に適していると言われています。日本には四季があり、寒暖の差も激しいため、杜仲茶の養分が溜まりやすく、その分美味しい味わいの杜仲茶ができると言われています。

ポイント

日本産の杜仲茶が美味しい!

杜仲茶の味わいには、焙煎が欠かせないと言われています。焙煎があることによって、杜仲茶に香ばしい香りとほのかな甘みが加わって、マイルドで濃厚な味わいを楽しむことができます。中国産の杜仲茶にも焙煎が含まれていますが、日本人の口には合わないといった指摘もあります。そういった意味で、日本産の杜仲茶には適度な量の焙煎が含まれているため、杜仲茶を美味しくいただけるようです。

スポンサーリンク

味の違いはあっても、中国産の杜仲茶でも日本産の杜仲茶でもカフェインは含まれておらず、安心して飲めるということに変わりはありません。健康を意識したいといった場合や、子供にカフェインをとらせたくないといった場合は、積極的に杜仲茶を飲んでみると良いでしょう。食事にも合いますし、食後のデザートを食べる際にも、甘すぎないお茶として、杜仲茶を出してみるのもおすすめです。

杜仲茶以外のノンカフェインのお茶

杜仲茶以外にもノンカフェインのお茶がある

杜仲茶はノンカフェインのお茶として多くの日本人に親しまれていますが、杜仲茶以外にもノンカフェインのお茶はあります。例えば、「黒豆茶」も、ノンカフェインのお茶として人気のある飲み物です。黒豆茶は、黒豆から作られているお茶で、黒豆の香ばしい味と香りが魅力の、ノンカフェイン茶です。黒豆茶も杜仲茶と同様に、アイスでもホットでも美味しく飲むことができることが魅力の一つです。

杜仲茶や黒豆茶の他にも、「麦茶」がノンカフェイン茶として有名です。麦茶であれば、冷蔵庫にいつでも入っているという家庭も多いのではないでしょうか。ノンカフェインであり、妊婦でも小さい子供でも安心して飲むことができます。さらに、麦茶は価格的にもリーズナブルな商品が多いので、経済的な飲み物としても家計を支えてくれます。健康にもお財布にも優しい麦茶も、おすすめの飲み物です。

ポイント

杜仲茶以外にも、ノンカフェインのお茶はあります。

杜仲茶以外にも、黒豆茶や麦茶などといったノンカフェイン茶があることをご理解いただけましたでしょうか。他にも、タンポポ茶などもノンカフェイン茶として有名です。また、妊婦さんにも安心の「マタニティーハーブティー」などを購入すれば、いろいろな味わいも楽しみつつ、カフェインも含まれていないといったメリットがあります。ハーブティー専門店などへ行ってみるのも、おすすめです。

妊婦さんがカフェインを多量に摂取し続けると、低出生体重児の出産や流産などといったリスクが高まると言われています。そういった意味でも、ノンカフェイン茶を飲むことで、胎児への影響が少なくて済みます。妊娠している間は、回数が少なければコーヒーなどのカフェインが含まれる飲料を飲んでも構いませんが、基本的には杜仲茶や黒豆茶などのノンカフェイン茶を楽しむと良いでしょう。

まとめ:杜仲茶のカフェインについて

杜仲茶はいつでも安心して飲めるお茶

杜仲茶について、カフェインの含有量や効能、味についてご紹介してきましたが、その魅力についてご理解いただけましたでしょうか。まずは杜仲茶を実際に飲んでみて、味を確かめてみると良いでしょう。いくら健康に良いと言っても、美味しく飲むことができなければ、継続的に飲み続けることは難しくなってしまうでしょう。ダイエットの面でも、継続的に飲み続けることがポイントと言えます。

杜仲茶は、ノンカフェインという点においては、妊娠中の方や小さい子供でも安心して飲むことができますが、利尿作用や便秘解消効果もあるため、妊婦さんの母体に影響が出ないように、摂取を控えた方が良いという声もあります。したがって体調を崩さない程度に、飲む量を調整しながら楽しむこともポイントと言えるでしょう。杜仲茶などのノンカフェイン茶も含めて、何事もほどほどが一番でしょう。

ポイント

杜仲茶などのノンカフェイン茶も、飲み過ぎには気をつけましょう。

杜仲茶の味について、日本産と中国産では味に違いがあることもご紹介しましたが、実際に飲み比べてみるのも面白いでしょう。日本産の杜仲茶でも産地によって味わいが違いますし、香り、味のクセ、甘みなど、いろいろな部分で違いを楽しめることも杜仲茶の魅力と言えます。そういった飲み比べを楽しみながら、自分自身に最適だと思える杜仲茶を見つけていくのも良いでしょう。

ダイエットや体を内側から変えたいと考える方は、まず杜仲茶を飲むことから始めてみましょう。ダイエットの代表的存在であるジョギングやウォーキングなどは、外に出て一定時間やらないと効果が出にくいため、強い忍耐力とモチベーションが必要となります。一方で、杜仲茶であれば自宅で気軽に楽しめるので、継続的な効果を期待しやすい杜仲茶ダイエットから始めてみると良いでしょう。

バナー

人気記事