Medium dcd4f228eb4782bb

米麹甘酒はヨーグルトメーカーで作るのが簡単?作り方・保存方法を紹介

米麹甘酒がダイエットに効果的?米麹甘酒によるダイエット効果や、自宅で簡単に作れる方法、また安全に保存する方法まで詳しく紹介します!いつものダイエットに簡単に取り入れられる米麹甘酒ダイエット。ぜひ今日からあなたも始めてみましょう。

カテゴリー:飲み物お酒  作成者:aid  投稿日:2017/11/10

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

米麹甘酒とは

米麹甘酒は、お米をおかゆにし麹と水を加えて、55度から60度で温度で発酵させたもので、非常に栄養が豊富な飲み物として江戸時代より伝わってきました。江戸時代当時は、体力の回復効果の非常に高い栄養ドリンクとして人々の間で親しまれていたそうです。また海外では、ジャパニーズヨーグルトと呼ばれて販売されており、「飲む点滴」とされるほど栄養に優れた日本の伝統の飲み物なのです。

米麹甘酒の効果

492a3848380f70af

米麹甘酒は健康や美容に非常に効果があります。米麹甘酒は水分や糖分、塩分が点滴と同じ成分で構成されており非常に栄養バランスが良く作られているため、米麹甘酒を摂取することで、栄養素が偏りがちなダイエット中や、食事が不規則になりがちな人でも栄養素が簡単に効率よく摂取することができます。そのため、通常のダイエットに米麹甘酒を取り入れる人が急増中なのです。

甘酒にはリパーゼという酵素が含まれており、このリパーゼは本来内臓ホルモンとして分泌するもので、体内で脂肪分解、脂肪燃焼を助ける働きがあります。しかし、甘酒によってもっと多くのリパーゼが摂取できれば、脂肪燃焼効果もより活性化してくれます。そのため、脂質の摂取が気になるというダイエット中の方は特に積極的に摂取したいですよね。

甘酒を作る際の麹には、コウジ酸という成分がたっぷり含まれており、これは肌のシミやくすみの原因となるメラニン生成を抑制してくれる働きがあります。その結果、女性には欠かせない美白効果を発揮してくれるのです。また、美肌効果はコウジ酸からだけではありません。ビタミンB群も非常に豊富に含まれており、肌だけでなく髪の健康を維持する働きもあるとされています。

519ebcfb9d850bdd

このビタミンB郡が不足すると、多くの場合肌荒れを引き起こしてしまいます。つまり健康な肌を維持するためにはビタミンB郡は必須要素なのです。さらに甘酒には身体に必須なアミノ酸も豊富に含まれています。アミノ酸は体内でタンパク質を合成するのに必須の成分で、不足することにより結果的に筋肉での代謝効率が下がってしまうなどのダイエットには不利な状況を引き起こします。

8a20620a9dfabec9

さらにたっぷりの食物繊維とオリゴ糖は腸内環境を整えるため、デトックス効果、便秘改善の効果があります。ブドウ糖では疲労回復作用がある他、代謝を活性化する作用もあるため基礎代謝の向上にも繋がるのです。

米麹甘酒の作り方

39d51a23934f41a5

米麹甘酒は体に効果的なので飲みたいけれど、意外と値段が高く、日常的に飲むのは少し抵抗がある方もいるかもしれません。さらに市販の商品は、高熱加熱殺菌がされて酵素が死んでしまっているものもありますので、コストを抑え、かつ効果を得るためには自家製の米麹甘酒がおすすめです!

ヨーグルトメーカで米麹甘酒

上でも説明した通り本来米麹甘酒を作るには、発酵作業を必要としますのでかなり手間がかかってしまいます。通常の米麹甘酒の作り方で作ろうとしたら50度から60度の温度を10時間程度キープさせなければならず、これはなかなか難しいですね。そこで、これから紹介するのが、面倒くさい手間が省ける、ヨーグルトメーカーを用いた米麹甘酒の作り方です!

楽天などでは甘酒を作る専用の甘酒メーカーなどが販売されているようですが、ヨーグルトメーカーでも十分美味しい甘酒を作ることができ、お値段も甘酒メーカーより抑えられることができるので、ヨーグルトメーカーでの自家製甘酒作りがおすすめです!

作り方

米麹甘酒を作る際、炊飯器などを用いて作る方法もあるようですが、ヨーグルトメーカーを使うと断然簡単に米麹甘酒が作れることからこの作り方が広まっているようですね。ヨーグルトメーカーで米麹甘酒を作る際に必要な材料は、

  • 麹:200g 
  • 炊いたご飯:一合(約350g) 
  • 水:300cc

のたった3つの材料でできちゃうのです!まずは、ご飯でおかゆを作ります。おかゆは50度から60度程度に冷まし、麹を混ぜてヨーグルトメーカーの中に投入!60度のお湯を注ぎ、保温スイッチを入れて、温度を55度から60度に設定し5時間程度放置するだけで米麹甘酒の出来上がりです。

スポンサーリンク

おかゆをつくってヨーグルトメーカーに入れボタンを押すだけで簡単に甘酒ドリンクが作れるのは大変便利ですね!しかし、おかゆを作る過程も面倒くさいなぁと感じてしまう人にはもっと簡単にヨーグルトメーカーで甘酒が作れる方法があるのです!

もっと簡単に米麹甘酒

  • 冷やご飯 :250g
  • 米麹(乾燥): 100g
  • 水 :150g

おかゆを作る過程を省いた超簡単レシピでは、冷ご飯を使います。ヨーグルトメーカーの容器に、分量を図った材料を入れ全体にムラがないようによく混ぜます。蓋をしたら60度にセットして8時間放置するだけです!前準備のおかゆの過程を飛ばしているため出来上がりは固形のように見えますが、よく混ぜることによってしっかり甘酒のような液状になるので大丈夫です。

手作り米麹甘酒の保存方法

こんなに簡単にできちゃう米麹甘酒ですが、一度作るのには6時間から8時間もの時間が必要なので、どうせ作るのであれば一気にたくさん作り置きしたいですよね。そこで、手作り米麹甘酒の保存方法を紹介していきます。

基本的に手作りの甘酒を保存するときは粗熱をとってから、小分けにして冷蔵庫にいれます。冷蔵庫での保管は約1週間程度保存が効きます。もっと長く保存させたいという方には冷凍庫での保存がおすすめです。冷凍保存の際も冷蔵保存と同じように粗熱をとり小分けをします。冷凍保存の場合は約1ヶ月ほど保存期間があるので、たくさん作りすぎたという場合でも安心して保存ができますね!

米麹甘酒のアレンジ方法

ヨーグルトメーカーで自家製した米麹甘酒はドリンクとして飲む以外にも、料理に加えたりとたくさんのアレンジ方法がありますが、今回は米麹甘酒のダイエット、美容効果をさらにアップさせる甘酒豆乳を紹介します。

甘酒豆乳

甘酒豆乳は自家製した米麹甘酒と豆乳を混ぜ合わせることによって作ります。上で紹介した米麹甘酒の効果に加え、豆乳に含まれる効果もプラスされるのでよりアワーアップしたダイエットドリンクとして活用することができるのです!豆乳に豊富に含まれる大豆イソフラボンは、コラーゲン生成を促し、肌をみずみずしく保ちます。

さらに女性ホルモンに近い働きがあることからも、肌のハリやツヤを維持させ美肌に導いてくれる効果があります。また、豆乳に含まれるグルタミン酸やアスパラギン酸は、非常に高い保湿力があり、特に髪において潤い効果や艶出しの効果をもたらしてくれるのです。ビタミン類も豊富に含まれているため、肌荒れなどのダイエット中に起こりやすいトラブルの予防としても効果を発揮してくれます。

甘酒豆乳のおすすめの摂取方法

4171cc9e8952b3b6

甘酒豆乳はそのまま飲んでも十分美味しいですが、もっとアレンジしたい人はヨーグルトを混ぜるだけでも一味違った甘酒豆乳が楽しめます。またヨーグルトに加えることによって、ヨーグルトのビフィズス菌の効果も加わり頑固な便秘にもしっかり効果がでます。

9d8153402d6907db

この甘酒豆乳ヨーグルトでは、レンジでチンしてホットで食べるのがおすすめです。なぜならホットヨーグルトにすることで、ヨーグルトの有効成分の吸収がより促進されるからです。さらに、女性には多い冷え性の方にも、身体をポカポカと温めてくれるのでリラックス効果にも期待できますよ。

甘酒は摂取後すぐに吸収されるため、朝に飲むことで1日のスタートをきるエネルギーチャージができます。夜に飲めば疲労回復の効果に期待できます。1日の摂取量はコップ1杯の約200~300mlが目安とされています。

ヨーグルトメーカーで作る自家製米麹甘酒について

米麹甘酒の効果から、ヨーグルトメーカーで自家製甘酒を作る方法、さらに効果的にダイエットに活用できるアレンジ方法などをお伝えしてきました。ダイエット目的で、効果を最大限に発揮したいのなら、断然甘酒豆乳のアレンジで飲むことがおすすめです。いつものダイエットに米麹甘酒を取り入れることによって、あなたのダイエットをもっと効果的なものにしていきましょう!

人気記事