Medium 113e96bc48da5483

玄米の効果・効能まとめ!肌に良くてダイエットもできる健康食?

白米よりもダイエットに向く玄米。その効果はダイエットばかりでなく、美容や健康にも効果抜群です!今回はその効果や効能ばかりでなく、ダイエットや美容に効くポイントも解説していきます。食べて痩せるダイエットに興味がある方は、ぜひ参考にしてください!

カテゴリー:食べ物玄米  作成者:yoko_taketsugu  投稿日:2017/11/14

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

今注目の玄米を食べるダイエットって何?

ダイエットといえば、糖質制限をしたり、カロリー計算をしたり、食事制限をしたりと、「我慢」がつきもののダイエット方法が多いですよね。その我慢のせいで継続出来なくなってしまったり、効果が出る前に断念してしまう方が多く、色々な方法を試すあまり「年中ダイエッター」という方も少なくありません。ですが、今注目を集めているのは、食べるダイエットです。

食べても痩せるダイエットとは、夢のようなダイエットですよね!特に食べることが好きな方や、3食食べないと元気が出ないという方には、とても向いているダイエット方法です。食べるダイエットにも多くの種類があるのですが、今回は「玄米」にスポットを当てて、食べるダイエットの解説をしていきます。

玄米とは?

そもそも玄米とは何でしょうか?知っているようで知らない玄米について、まずは解説します。玄米とは籾米(もみごめ)から籾殻(もみがら)だけを取り除いたお米です。この玄米を白米にするためには、玄米からさらに糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除き、胚乳(はいにゅう)のみにする工程が必要となるのですが、この段階で多くの栄養成分が失われてしまうんです。

2ad0459b053eca12

失われてしまう成分の中には、ダイエットには欠かせないビタミン、ミネラル、食物繊維などがあります。これらが失われてしまうにも関わらず、白米になると糖質も上がってしまうので、ダイエットには不向きなんです。玄米のまま食べることで、体には様々な効果をもたらしてくれます。

玄米の効果・効能

では具体的に、玄米にはどんな効果・効能があるのでしょうか。ダイエット、美容、健康に効く玄米の効果について、解説していきます。

【玄米の効果①】便秘解消効果

50172aed1d349ac0

玄米には、白米の約6倍もの食物繊維が含まれています。便秘になってしまう理由には、体の冷えに関する問題もあるのですが、多くは食物繊維不足です。推薦量の6割程度しか、通常の食事では摂取できないと言われているので、白米も玄米に変えるだけで、多くの食物繊維を摂取できることとなります。

特に女性は便秘に悩むことが多いですよね。便秘になると常に体が重く、疲れやすいのではないでしょうか。腸の不調は体にとても大きな影響を与えます。その影響は脳にまで達するので、なんとなく不安になりやすかったり、イライラしやすかったりするのは、便秘が原因かもしれません。玄米を食べて身も心もきれいにしましょう。

【玄米の効果②】デトックス効果

45ce933173bc3993

玄米に含まれる食物繊維もデトックス効果なのですが、「フィチン」という成分は、体内の毒素を排出する効果があります。体の中に毒素が溜まると、それだけで血行が悪くなったり、溜まった毒素がセルライトになってしまったりします。肩こりや腰痛、頭痛の原因にもなってしまうので、玄米は食べるだけで体の不調を回復する効果があるともいえます。

デトックスして体の中をきれいにするだけで、食事から必要な成分もしっかりと摂取できるようになります。代謝もあがり「痩せやすい体質」を手に入れることもできるので、玄米効果で食べるダイエットができるのは、このデトックス効果が大きく影響しています。

【玄米の効果③】アンチエイジング効果

998383b850d598de

年々気になっていくのが、シミやソバカスなどの、肌の不調です。この肌の不調で化粧も濃くなってしまい、余計に肌荒れしてしまう経験もあるのではないでしょうか。化粧が厚くなると乾燥する季節や乾燥肌の人は肌が痒くなってしまったり、吹き出物の量が増えてしまうこともありますよね。そこで良い働きをするのが、玄米のアンチエイジング効果です。

玄米には抗酸化作用がある、ビタミンEが豊富に含まれています。この効果により、細胞の老化を防いでくれたり、皮膚の組織を再生してくれたりするので、常にハリのある肌を手に入れることができるんです。高級な美容液やパックを使わなくてもできる、お手軽なアンチエイジング方法です。お肌に悩みがある方も、ぜひ玄米の効果を利用してみてください。

スポンサーリンク

【玄米の効果④】疲労回復効果

1b8399a30244f11e

最近疲れやすかったり、よく寝ても体のだるさが取れない方は、ビタミンB1が不足しているかもしれません。ビタミンB1が不足してしまうと、糖質の代謝が悪くなり、エネルギー不足となって、体に疲労感を与える、悪い効果をもたらします。食事では意識しないと摂取することが難しいので、忙しい方や疲れが溜まりやすい方は要注意です。

玄米には、白米の約5倍のビタミンB1が含まれています。ですので、食事が不規則な方や、忙しい方は、どこか1食でも玄米を食べるようにするだけで、体の疲れに大きな影響を及ぼしてくれるんです。日常生活でとても役に立つ効果なので、玄米を取り入れることは健康維持にも繋がっていきます。

【玄米の効果⑤】生活習慣病予防

C870d381aa3b5100

玄米に含まれるフィチン酸やγ(ガンマ)-オリザノールは、強い抗酸化作用があるため、老化防止だけでなく、免疫力も高めてくれる効果があります。また、血管を広げ血液の循環を良くして血栓予防に役立ち、コレステロールの増加を抑える効果も期待できます。これらの作用が体の調子を整え、生活習慣病やガンを予防してくれる効果に繋がっています。

生活習慣病は、なってから気づきます。気づいた時には治療が必要な状態になっていることが多いので、毎日適度な予防をしていくことが大切です。玄米の効果を使えば、何も気にせず食べるだけで予防になるので、意識しているけど何か行動を起こすことが面倒な方には、とてもおすすめです。

玄米の正しい食べ方

では、効果を最大限に引き出すためには、どんな食べ方をすれば良いのでしょうか?そのポイントをお伝えしていきます。

発芽玄米にする

玄米には「アブシジン酸」というホルモンが含まれていますが、これはエネルギー代謝を鈍らせてしまうので、少しでも取り除いて食べるのが効果的です。その方法として、発芽玄米があります。発芽玄米にするとこの「アブシジン酸」が無害化されるので、少し時間はかかりますが、前日の夜にセットして翌朝は無害な玄米を美味しく食べましょう。

発芽玄米の作り方

  • 玄米をとぎます。ざっくりと優しく洗いましょう。
  • そして浸水させます。40度くらいのお湯に6時間、もしくは冬場なら24時間から36時間、夏場なら12時間から24時間、時折水を替えながら十分に水に浸しておきます。
  • 通常通りお米を炊く

時間がかかるだけで手間はないのですが、必ず時折水を変えることだけ怠らないようにしてください!夜セットする場合は、2〜3回ほど変えて、そのまま寝れば問題ありません。間隔も問わないので、安心で美味しい玄米を食べるために、できる範囲で実践してみてください。

よく噛んで食べる

0b117a66e780d16f

玄米は硬い食物繊維で覆われているので、よく噛んで分解しなければ、含まれている栄養素は摂取できません。また、消化にも影響します。白米よりも固く消化しにくいので、白米の倍はよく噛み、スムーズに消化できるようにしましょう。よく噛むことで満腹中枢も刺激され、たべる量が減るので、ダイエットにも繋がります。

必要な栄養素がしっかりととれれば、ダイエット効果も美肌効果も、健康維持も、全て効果を感じやすいです。反対に玄米の効果を感じにくい人は、この「よく噛む」という部分ができていなくて、しっかりと玄米の効果を得られなかった方が多いので、白米やおかずよりも意識して噛んで食べるようにしましょう。

玄米を食べるダイエットで、身も心も綺麗にする

通常ダイエットでは炭水化物を抜くものですが、玄米は普通の炭水化物とは全く違います!もしダイエット中で綺麗に痩せたいけど、炭水化物が大好きな方は、今すぐ玄米にシフトして体の中をきれいにしていきましょう!もちろんデトックス作用があるのは、玄米だけではありません。スムージーを作ったり、サプリメントを飲んだりすることも、デトックスにつながり、ダイエット効果はあります。

ただ、白米を玄米に変えるだけなので忘れることや継続できない、ということが少ないです。我慢もないですし、難しい運動もありません。よく噛んで食べるだけで身も心も綺麗にしてくれるので、「脱・我慢」のダイエットで、健康も手に入れて美しくなりましょう!

人気記事