Medium 4fc7f635a3962463

青の花茶の効果を調査!正しい飲み方でダイエット効果アップ!

青の花茶について、その効果や飲み方、口コミなどをご紹介していきます。芸能人などにも親しまれており、ダイエット飲料としてもおすすめです。最安値や販売店なども紹介していきますので、ダイエットに興味のある方もどうぞ参考にしてください。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:たつお  投稿日:2017/11/16

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

青の花茶とは?

ダイエットにも効果的な青の花茶

青の花茶とは、最新のダイエット美容ドリンクとしても注目を集めており、モデルや芸能人などにも愛飲者が多い人気の飲み物です。2017年4月の販売開始以来、その人気は右肩上がりで、効果を実感している人も多い商品です。青の花茶には、主にタイで飲まれてきたハーブ「バタフライピー」が含まれており、そのバタフライピーが煮出すことで、鮮やかな青紫色のお茶が完成します。

青の花茶は、ダイエットティーとしても注目を集めていますが、その理由として「ノンカロリー」、「ノンカフェイン」、「ノンシュガー」という特徴が挙げられます。ノンシュガーではありますが、ほのかな甘みはあり、飲みやすさもあるので、継続的に飲み続けていきたいという方にもピッタリのドリンクと言えます。間食したい時などに青の花茶を飲むことで、その気分を抑える効果もあります。

  • ノンカロリー
  • ノンカフェイン
  • ノンシュガー

青の花茶はリラックス効果ももたらしてくれる飲み物で、夜寝る前の落ち着いた時間に飲むことで、快適な睡眠をサポートしてくれるという口コミもあります。ほのかな甘い味わいと香り、美容と健康にも良いバタフライピーなどが上手く混ぜ合わさって、体内にその成分が溶け込んでいくのでしょう。そういったリラックス効果を享受していくことで、快適な睡眠を確保することができるようになります。

青の花茶はそれほど頻繁に飲む必要もなく、ダイエット効果やリラックス効果を期待したい場合でも、1日1杯ずつ飲んでいけば問題ありません。朝でも日中でも夜でも、好きな時間帯に1杯だけ飲めば良いので、その続けやすさにも人気の秘訣があります。ノンカフェインということもあり、寝る直前に飲んでも、睡眠の妨げにはならないこともおすすめポイントと言えます。

青の花茶に含まれる成分

青の花茶の効果

それでは、青の花茶に含まれる成分について詳しく見ていきましょう。青の花茶には、バタフライピー、アマチャヅル、メグスリノキ、ラフマ、甜茶(てんちゃ)の5種類の成分が含まれています。それぞれの成分にそれぞれの効果があり、人間の健康や美容を支えてくれています。それぞれの成分の効果について、1つずつ確認していきましょう。

  • バタフライピー
  • アマチャヅル
  • メグスリノキ
  • ラフマ
  • 甜茶(てんちゃ)

まずは、バタフライピーの効果についてですが、バタフライピーが青の花茶を象徴する青色の色素の元になっています。バタフライピーには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンがブルーベリーのおよそ4倍以上も含まれているとのことです。そのおかげで、目の健康や美容効果、髪への効果もあると言われています。そういった魅力的な効果を期待できるのが、バタフライピーと言えるでしょう。

続いては、アマチャヅルの効果ですが、アマチャヅルにはサポニンと呼ばれるストレス緩和に効果のある成分が入っています。その成分のおかげで、ストレス解消や暴飲暴食を防ぐ効果を期待することができます。また、メグスリノキは日本に生息している植物で、目の万能薬としても知られています。メグスリノキには、眼精疲労や目のかすみなどに改善を促すサポートをしてくれる効果があります。

続いて、ラフマにはセロトニンと呼ばれる成分が含まれており、うつ病や不眠対策にも効果があります。このセロトニンが、いわゆるリラックス効果をもたらしてくれる成分であり、人々の健康を下支えしてくれます。最後に甜茶の効果ですが、甜茶には砂糖の約100倍ほどの甘さがあると言われており、その甘さが青の花茶の甘さにつながっています。

甜茶には、ぺタインと呼ばれるコレステロール値や血糖値を下げる成分が含まれています。また抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれており、ダイエット効果を高めてくれます。また、甜茶は花粉症にも効果があると言われており、花粉症の方は花粉が飛ぶ季節に飲んでみるのもおすすめです。青の花茶に含まれる5つの成分が、ここまで紹介したような効果をもたらして、健康をサポートしてくれます。

青の花茶の飲み方とは?

青の花茶の効果的な飲み方

青の花茶は基本的にいつ飲んでも構いませんが、より一層効果を実感したいのであれば、おすすめの飲み方を参考にしてください。例えば、食事の時に飲んでいるお茶やドリンクの代用として、青の花茶を飲むことも効果的と言えます。あるいは、まるまる1食を置き換えてダイエットティーとして飲むのも効果的です。ほのかな甘みが美味しさとともに、お腹もある程度満たしてくれます。

青の花茶の効果的な飲み方として他にも、おやつの代わりにはちみつレモンを一緒に入れて飲んでみても美味しくいただけるでしょう。豆乳と合わせて、ソイラテ風味を醸し出しながら味わうのも効果的です。こういった方法で、青の花茶を楽しめるようになると、よりダイエット効果や健康効果を実感することができるようになっていくでしょう。ぜひ、試してみてください。

青の花茶をおすすめしたい人

青の花茶には多くの健康効果がある

青の花茶には、さまざまな成分が含まれていて、さまざまな効果があることをご紹介してきましたが、実際にどういった人におすすめできるのか、具体的に見ていきましょう。まずは、ダイエットをしたい人におすすめです。これまでダイエットサプリや酵素ドリンクを飲んでも、あまり効果が見られなかった人など、ダイエット手法を変えたいという人にも、青の花茶を飲むことをおすすめします。

その他には、いつまでも若々しくいたいと考える人やおしゃれやキレイをいつまでも楽しみたい人などにも青の花茶はおすすめです。青の花茶にはアントシアニンが含まれており、はちみつレモンなどと一緒に飲むことで、コラーゲンを吸収できるので、肌ツヤの維持にも効果があると言われています。そういったアンチエイジング対策にも興味のある方にも、青の花茶はおすすめと言えます。

また、仕事でパソコンをよく使う人や、プライベートでスマホを長時間いじるなど、目の疲れを感じやすい人にも青の花茶はおすすめです。青の花茶に含まれるメグスリノキが、眼精疲労にも効果的に働きかけてくれて、目の疲れを身体の内側から取り除いてくれます。日頃の生活を振り返ってみて、目を酷使しているようであれば、一度、青の花茶を試してみてはいかがでしょうか。

青の花茶のおすすめアレンジ法

青の花茶とおすすめの組み合わせ

青の花茶はそのまま飲んでも、もちろん美味しくいただけますが、用途や楽しみ方に合わせてご自身のお好みにアレンジしてみるのもおすすめです。例えば、就寝前に身体の内側から温めてぐっすりと快眠したい方には、ジンジャーティーとの組み合わせがおすすめです。また、青の花茶はホットでもアイスでも飲めますが、身体を温めたい場合は、ホットティーで飲むのがおすすめです。

他にも、仕事から帰ってきてご飯も食べ終えて、ほっと一息つきたい時には、ソイミルクティーとの組み合わせでよりリラックス効果を実感することができるでしょう。あるいは疲れをとりたい、スッキリしたいという方は、フレッシュオレンジティーなどと組み合わせても美味しくいただくことができます。このように、青の花茶は組合せ次第で、さまざまな効果を実感することができる飲み物です。

ポイント

目的に合わせて、青の花茶をアレンジしてみるのも効果的です。

また、青の花茶は色の変化も楽しむことができる飲み物です。青の花茶を単独で飲めば、鮮やかな青紫色を楽しむことができます。その他、ライムやレモンなどといった柑橘系に含まれるクエン酸と融合させると、鮮やかなパープル色を楽しむことができます。柑橘系の他にも、パイナップルやキウイ、イチゴなどのクエン酸が含まれるフルーツとのアレンジで、鮮やかな色の変化を楽しむことができます。

青の花茶の副作用

青の花茶に副作用はある?

スポンサーリンク

多くの健康効果やダイエット効果をもたらしてくれる青の花茶ですが、副作用はあるのでしょうか。結論から言うと、青の花茶に決定的な副作用はありません。カフェインも含まれておらず、万人に共通する副作用はありません。一方で、人によってアレルギーをお持ちの方がいるように、発疹やかゆみ、胃腸の不快感などを生じる可能性がないとは言い切れません。その場合は、利用を中断しましょう。

ポイント

青の花茶に、万人に共通する決定的な副作用はありません。

また、体質や体調によってはお腹がゆるくなる可能性もあるので、飲み過ぎには気をつけましょう。1日1杯でも十分な効果が得られる飲み物ですので、たくさん飲めば良いというわけではありません。最初は1日1杯からスタートして、慣れてきたら徐々に増やしていくという形をとると良いでしょう。青の花茶を飲み続けていて、何か体調に変化が生じた時には、すぐにかかりつけ医に相談しましょう。

妊娠中の女性の場合には、青の花茶を飲むのは控えた方が良さそうです。カフェインが含まれていないので、それほど身体に悪影響を及ぼすことはありませんが、青の花茶に含まれるバタフライピーが、妊婦さんの体調に悪影響を及ぼす可能性があるためです。バタフライピーには、血小板凝固の抑制作用や子宮収縮作用があるとされており、妊婦は利用を控えておいた方が賢明と言えます。

青の花茶の効果を実感するには

青の花茶の効果を引き出す飲み方

青の花茶は愛飲者も多く、さまざまな口コミがありますが、そういった口コミや評価から見えてくる効果を実感するための方法についてご紹介していきます。何事もそうですが、青の花茶の場合も漠然と飲むのではなく、何か一つでも意識や目的を持ちながら飲み続けることで、より一層効果を実感しやすくなります。そういった青の花茶に対する意識の持ち方や、考え方について見ていきましょう。

まず、青の花茶の効果を実感するには、ある程度継続的に飲み続けることが大切です。青の花茶はダイエットティーとは言っても、栄養ドリンクなどのような即効性がある飲み物ではありません。「3日飲んでも効果が見られなかった」、「1週間飲んでも体重が変わらない」などといった悩みを持つのではなく、3ヶ月や半年といった長期的なスパンで、少しずつその効果を実感していくと良いでしょう。

ポイント

青の花茶は、栄養ドリンクのような即効性がある飲み物ではありません。
長期的な視点を持って、少しずつその効果を実感していきましょう。

青の花茶の効果を実感するには、長期的な視点を持つことも大切ですが、毎日飲み続けることも大切です。いくら3ヶ月から半年飲み続けていると言っても、それが2日に1回や3日に1回では、それほど効果を実感することはできません。量的には1日1杯で構わないので、とにかく毎日飲み続けることが大切です。ご自身の中で青の花茶を飲むことを習慣化させて、毎日欠かさず飲むようにしましょう。

青の花茶を長期間にわたって毎日飲み続けても、その他の総カロリー摂取量が多くてはあまり意味がありません。特に、ダイエット目的で青の花茶を愛飲されるのであれば、その他の食生活にも十分気をつけましょう。寝る前にお菓子を食べたり、間食が多かったりすると、せっかく青の花茶で身体の調子を整えてもあまり効果が出てきませんので、総合的な食習慣の改善も必要だと認識しておきましょう。

青の花茶の口コミ

青の花茶の評判

ここからは、実際に青の花茶を飲んでいる方の口コミや評判を確認していきましょう。実際に飲み続けている方の声を確認するのが、商品の是非を問うには手っ取り早い方法とも言えます。ダイエット目的の方には、「1年で10キロ近く痩せた」という口コミが刺さるのではないでしょうか。上記でも紹介したように、青の花茶に即効性はないので、ダイエットも1年くらいのスパンで考えることが大切です。

青の花茶には、「デスクワークで眼精疲労もありましたが、眼の疲れをほとんど感じなくなりました」という口コミもあります。特に現代社会において、スマホやパソコンを閲覧する時間も年々増加しており、眼精疲労を抱える方も多いことでしょう。そういった人にも、青の花茶が効果的であることを実証してくれている口コミです。目の疲れを感じている方も、青の花茶を試してみてはいかがでしょうか。

青の花茶には、「イライラしたりストレスを感じたりすることが多くて、間食が多くなってしまっていましたが、青の花茶を飲むようになってからストレスを感じにくくなりました」という口コミもあります。まさに、青の花茶のストレス解消効果が具体的にわかりやすい口コミと言えます。ダイエット効果、眼精疲労への効果、ストレス解消効果が期待できる青の花茶は、おすすめの飲み物と言えます。

青の花茶の販売店

青の花茶はどこで入手できるのか?

ここまで青の花茶の効果や飲み方、口コミなどを確認したところで、実際に試してみたいという方もでてきたのではないでしょうか。そこで、青の花茶はどこで入手できるのか、販売店情報などもお伝えしていきます。青の花茶はFABIUS(ファビウス)と呼ばれる、人々の健康をサポートするブランドから発売されています。青の花茶は、FABIUSの公式サイトからも手に入れることができます。

また、青の花茶の販売店としては、通信販売が多くなっており、楽天やアマゾンといった通販大手でも販売されています。現在のところ、実在店舗のドラッグストアなどでは青の花茶の取り扱いがないようなので、入手したい場合は、FABIUS公式サイトかアマゾン、楽天といった通信販売を利用すると良いでしょう。商品によっては送料無料のものもあるので、お得に手に入れることができます。

また、青の花茶の最安値についてですが、こちらはFABIUSの公式サイトから手に入れるのが最安値となっています。特別キャンペーンと題して、1ヶ月飲める30パック入りの商品を通常価格5,680円のところ、82%OFFの980円で販売しています。さらに送料無料ということで、青の花茶をお試ししたい方にはおすすめ価格と言えるでしょう。

FABIUS公式サイトでの入手は、ラクトクコースで初回980円と廉価な値段で手に入れることもできますが、初回を含めて4回以上の受け取りが条件になっているので、まずはとりあえず試してみたいという方は、単品購入も検討すると良いでしょう。4回の受け取りということは、最低4ヶ月以上の継続が必要であり、その期間に抵抗がある方は、単品で購入して試してみるのもおすすめです。

実際に青の花茶を公式サイトで購入して、ラクトクコースに申し込んだ場合の解約方法についてもご紹介していきます。4ヶ月経つまでは解約することができませんが、30日返金保証という形で、何らかの正当な事情があれば、購入から30日以内で解約することも可能です。4ヶ月契約後に解約したい場合は、青の花茶カスタマーサポートに電話で解約の旨を伝えれば、解約することができます。

まとめ:青の花茶の効果について

青の花茶は、総合的におすすめの飲み物

青の花茶の効果、飲み方、口コミ、販売店情報などについてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。青の花茶は総合的に身体の健康をサポートしてくれる飲み物であり、ダイエットにも効果的でおすすめの飲み物と言えます。ダイエットだけではなく、ストレス解消や眼精疲労対策にも効果的と言えるでしょう。ほんのりとした甘みや香りも楽しめる、ビジュアル的にも美しい飲み物と言えます。

青の花茶には途中でもご紹介したように、バタフライピーと呼ばれる成分が含まれており、そのバタフライピーのおかげで、美容効果を期待することができます。バタフライピーは有効成分であるアントシアニンを多く含んでおり、美肌効果などアンチエイジング効果も期待することができます。ぜひ、体質改善、美容効果も期待できる、バタフライピーの効能を実感してみてはいかがでしょうか。

どんなダイエットもそうですが、短期的に効果が見込めるダイエットはほとんどありません。青の花茶ダイエットにしても、長期的な視点で毎日コツコツと継続していくことが一番の近道です。1日1杯で構わないので、朝、日中、夜などご自身で飲む時間帯を決めて、それを習慣化してしまいましょう。飲む時間帯がバラバラだと飲み忘れる可能性もあるので、なるべく時間帯を決めて飲むと良いでしょう。

青の花茶はダイエットティーとしても注目を集めていますが、同時にリラックス効果も期待することができる飲み物です。色彩心理学によれば、青という色は「抑制」と「リラックス」に関する効果が期待できるとのことで、その効果にも注目が集まっています。ジョギングやウォーキングなどと違って、自宅で簡単にできるダイエット法なので、リラックス効果も味わいながら続けていくと良いでしょう。

青の花茶は、ホットでもアイスでも美味しくいただけるという特徴があります。つまり、四季がある日本でも一年中楽しみやすい飲み物と言えるでしょう。夏の暑い時期はアイスティーとして楽しみ、冬の寒い時期はホットティーとして楽しむことで、身体的にも無理なく継続していくことができます。秋や春も気候に合わせてホットとアイスを組み合わせることで、一年中楽しむことができるでしょう。

人気記事