Medium 70bf970e229b91de

骨盤矯正を男性が行うメリットは?ダイエット効果もあるのか調査

骨盤矯正は女性がするものと思われがちですが、男性だって骨盤が歪む以上、男性も骨盤矯正をした方が良いのです。また、男性の骨盤矯正は女性にはないメリットもあります。ダイエット効果やその他の男性の骨盤矯正メリットを紹介しているので是非参考にしてみてください。

カテゴリー:女性のカラダ骨盤ダイエット  作成者:柚美  投稿日:2017/11/19

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

男性でも骨盤は歪む

女性の骨盤の歪みよりも深刻!男性の骨盤の歪みはすぐに矯正した方が良い

A3a05ac4e93672ea

骨盤が歪みやすいのは女性ですが、これは男性が骨盤が歪まない体質であるということではありません。男性でも姿勢が悪かったり、癖のある力のかけ方をしていれば当然、骨盤は歪みます。そして男性は骨盤が歪みづらい分、骨盤が歪むと女性よりも深刻な症状が出てくる場合があるので大変危険です。骨盤の歪みによる一般的な症状には、以下のものがあります。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 筋肉のバランスが悪くなる
  • 新陳代謝の低下
  • 股関節痛
  • 下半身太り

この他にも、骨盤の歪みは女性は生理痛悪化、不妊、生理不順であったり、男性は勃起不全の原因にもなります。男性は特に骨盤が歪みづらい体型なので、骨盤が歪むと症状が如実に現れやすいです。慢性的な頭痛、肩こりや勃起不全などに悩んでいる場合、骨盤の歪みが原因である場合があるので、体に不調がある場合、骨盤の歪みもチェックするようにしましょう。

男性の骨盤の歪みは戻りづらい

109561527d396155

男女ともに歪む骨盤ですが、女性よりも男性の骨盤が深刻の理由は「症状が現れやすい」他にも女性の骨盤が歪みやすく戻りやすいのに比べ、男性の骨盤は歪みづらく元に戻りづらいことにあります。男性の骨盤は女性よりも固いため、したがって一度歪むと中々元の位置にもどってくれないんです。

Ca6cc6017a5c280d

特に普段動かない、姿勢などに癖がある場合、筋肉が凝り固まっているため、より元に戻りづらいと言えます。こんな男性の元に戻りづらい骨盤を戻すためには、骨盤矯正が必要になります。骨盤矯正する方法にはいくつかあり、骨盤矯正体操やベルト、筋トレなどがありますが男性の骨盤矯正はできたら筋トレでの骨盤矯正が良いでしょう。その理由はメリットを紹介した後にお話しします。

男性の骨盤矯正メリット「メタボ改善・予防」

骨盤矯正でメタボが変わる理由は筋肉と新陳代謝UP

F6a02e8be063cc8e

男性の骨盤矯正のメリットとして一番のメリットと言えばメタボ改善・予防です。骨盤は年齢と共に徐々に歪んでいくものでもあるため、加齢によるメタボだと思っていたものも、骨盤の歪みによるメタボかもしれません。特に下腹がぽっこりしている人は骨盤が歪んでしまい、内臓が正常な位置にない可能性があります。骨盤の歪みは、内臓を押し出してぽっこりした下腹を作ります。

A59c07906ba0499f

骨盤の歪みは内臓を元の位置からずらして下腹を出してしまうだけではなく、新陳代謝も低下させるため、それが原因でメタボ体型になる場合があります。骨盤の歪みは筋肉のつき方にも非対称さが出てきてしまうため、それもメタボ体型の原因になるでしょう。骨盤矯正することにより、新陳代謝も向上し筋肉の付き方もバランスよくつくようになるため、メタボ改善や予防になります。

Adbf4ccbe116fec5

骨盤矯正をすることによってインナーマッスルも鍛えられることもあり、その意味でもメタボ改善や予防に最適でしょう。

骨盤矯正のメリット「尿漏れ予防」

男性に多い「ちょい漏れ」が骨盤矯正で予防・改善される

Bcbe98f1ec2a9bd5

骨盤が歪むことによって、男女ともに尿漏れが起きやすくなります。また男性は女性と違って年齢が進むごとに尿漏れしやすい体質でもあります。男性は加齢とともに前立腺肥大化するのですが、前立腺は肥大化してしまうと、膀胱が圧迫され、それが原因で尿漏れを起こしやすくなるのです。つまり男性は加齢と共に尿漏れを起こしやすくなる体質とも言えます。

Df0cc20360e7db69

骨盤矯正はこの尿漏れを予防、改善を期待できます。男性特有の前立腺肥大化による尿漏れも、骨盤矯正で骨盤の周りの筋肉を鍛えることにより、尿漏れを引き起こしづらくさせることができるのです。

6c25403072590ef8

膀胱が肥大化することによる尿漏れは、大体が「過活動膀胱」という症状が現れるためです。過活動膀胱はその名の通り、膀胱が過剰に活動してしまう症状です。前立腺が肥大化することにより圧迫された膀胱は、圧迫されていない時よりも尿が出やすくなってしまっているのです。これは排尿筋、括約筋を鍛えることで改善可能です。

F37822ffd092e6bc

骨盤矯正をすることによって骨盤周りの骨盤底筋を鍛えることができ、骨盤底筋には排尿筋、括約筋も含まれています。普段運動しない、いつも同じ姿勢である人は骨盤周りの筋肉が衰えやすく、今尿漏れが起こっていなくても将来尿漏れを起こしやすくなることが予想できるため、骨盤が歪んでいると感じたら意識して骨盤矯正を行うことで尿漏れ予防をすることができます。

男性の骨盤矯正のメリット「若返り&自信をGET」

骨盤矯正で筋肉量UP、自信もついて若々しい自分に戻れる

69f08123463ba427

骨盤が歪むと姿勢も悪くなります。姿勢が悪いと自信がないように見え、見ている人からは「なよなよとしている」「覇気がない」などの、悪印象を持たれやすくなります。骨盤矯正をすることでこういった悪印象を変えることが可能です。

Fc5912f3120718bc

何故骨盤矯正で若返ることができるかというと、骨盤矯正をすることにより血流が良くなるため、新陳代謝も活発になります。新陳代謝が活発になることで、皮膚の入れ替わり、生まれ変わる速さも上がり、顔色が良くなるのです。荒れた肌も改善され、しわもできづらくなるでしょう。姿勢も良くなることで更に若々しさが出てくるのです。

40e216cba7800879

見た目も姿勢も良くなることにより、自信がつきます。骨盤矯正することによって筋肉量も上がりますから、更に自信に繋がるでしょう。また、男性には死活問題である「勃起力」も骨盤矯正により上がります。骨盤底筋は勃起維持のためにも大切なパーツです。ここが衰えてしまうことにより、勃起維持が難しくなり中折れすることもあります。

スポンサーリンク

Ad85f2d2a48c0426

骨盤矯正することによって、骨盤底筋の筋肉量も上がりますから、勃起力も当然上がるようになります。「最近元気がない」「途中で終わってしまう」といった場合、骨盤底筋の筋肉量の減少も考えられるため、骨盤矯正をすることで改善が期待できるのです。

男性の骨盤矯正のメリット「冷え性が改善される」

女性だけじゃない冷え性問題も骨盤矯正で改善可能

Ea6cb4ca832d5b2d

冷え性は女性に多い症状ですが、男性がならないわけではありません。また、冷え性は冷えるだけの症状と放っておくと免疫力低下や肩こり腰痛悪化の原因になるため、深刻化する前に改善しておきたい症状でもあります。冷え性の原因は血行不良です。骨盤が歪むと本来なら圧迫されない場所が圧迫されてしまうため、冷え性の原因となるのです。

9cc749e29d4f1b34

骨盤が歪み、冷え性であった場合は骨盤矯正をすることで冷え性を改善することができます。骨盤矯正をすることで正常な位置に内臓が戻り、骨盤の歪みにより本来圧迫されるはずのない箇所への圧迫もなくなるため、血行不良が直るのです。男性は女性よりも骨盤矯正に時間がかかってしまうため、骨盤の歪みを感じ更に冷え性であると言う場合は早めに骨盤矯正を行うようにしましょう。

男性の骨盤矯正もダイエット効果がある

骨盤矯正はダイエット効果アリ◎しかし劇的に体重が減るわけではない

664daca432739f58

男性の骨盤矯正も女性の骨盤矯正も、痩せる効果はあります。しかし劇的に痩せるわけではなく、どちらかと言えば体重の変化はそこまで期待しないほうが良いと言えます。骨盤矯正でのダイエットは言ってしまえば、歪んだものを元に戻すことによって見た目を本来の姿に戻すダイエットです。なので中身の容量は変わらないため、体重の変化はそこまで大きくありません。

2d24d69b19ed91fd

しかし骨盤矯正するにあたって、筋肉量が増えたり、筋肉のバランスが整った場合、結果的に体重も減ることが期待されるため、まず見た目をどうにかしたいと考えている場合は最適なダイエット法ともいえるでしょう。男性の悩みになりやすい尿漏れや勃起不全も骨盤矯正で予防や改善ができるため、女性におすすめされやすい骨盤矯正ですが男性こそ行った方が良いものであると言えます。

男性の骨盤矯正は「スクワット」が最適

骨盤ベルトよりもスクワットで骨盤矯正がいい理由

5939b6d3297e5239

男性の骨盤矯正には骨盤ベルト、骨盤矯正体操、整体と色々と選択肢はありますが、将来の尿漏れ予防だったり勃起不全予防、または改善も期待したい場合は骨盤矯正体操、その中でもスクワットがおすすめです。スクワットは骨盤が歪む原因である骨盤底筋を鍛える最適な筋トレであるためです。

8e4cb70ab4fd0aef

既に大きく歪んでしまっている場合は、骨盤矯正を組み込んだ「骨盤矯正スクワット」が良いでしょう。骨盤矯正スクワットは1日1回で良いため、忙しい男性にもぴったりな骨盤矯正法と言えます。普通のスクワットでも良いですが、普通のスクワットを行う際はフォームを意識して行うようにしてください。適当に行うと、腰を痛める可能性が出てくるため必ずフォームを気にしながら行いましょう。

1a4844fcbdd2a03a

何故、骨盤ベルトなどよりもスクワットをおすすめするのかと言うと、骨盤ベルトなどは確かに骨盤矯正してくれるものですが、自力で骨盤矯正しているわけではないため、骨盤周りの筋肉量が更に少なくなってしまうことが懸念されるためです。骨盤が歪んでいる人は骨盤周りの筋肉量が少ない事が考えられるため、更に筋肉量を減らしてしまうのは症状悪化が危ぶまれます。

0e11d2c626bb6a1c

特に、尿漏れ防止、勃起不全防止または改善を行いたくて骨盤矯正をする場合、骨盤矯正ベルトはおすすめできません。応急処置としてならば、骨盤矯正ベルトも尿漏れ防止になるため利用するのもアリなのですが、根本的な改善にはならないため骨盤矯正ベルトで全て解決しようとは考えないほうが良いでしょう。

8b02c7da05307519

骨盤矯正ベルトに頼りっぱなしになってしまうと、骨盤矯正ベルトなしでは尿漏れしやすくなる、更に骨盤周りの筋肉が更に低下して骨盤が歪みやすい体質になってしまう可能性が出てきます。なので骨盤矯正ベルトを利用するにしてもあくまでも応急処置として利用し、根本的な解決はスクワットや骨盤矯正体操で行った方が良いと言えるのです。

骨盤矯正できる「骨盤矯正スクワット」

1日1回で完了する骨盤矯正スクワットは女性におすすめされるスクワットですが勿論、男性にも効果がある骨盤矯正法です。工程が普通のスクワットよりも少し複雑なので、最初は動画を観ながら、工程を確認しながら行いましょう。猫背のまま行わないように注意してください。

  1. 平らな場所で足を肩幅ほど開いてつま先を外側に向ける
  2. 腰を45秒かけて落とす
  3. 腰を落としきったら15秒かけながら元の姿勢に戻る
  4. 外側に向けていたつま先を内側に向けてそのまま45秒かけて腰を落とす
  5. 15秒かけて元の姿勢に戻る
  6. 上半身を15秒かけながら前に傾ける(まっすぐお辞儀するイメージ)
  7. 元の姿勢に戻る

ポイント

1日1回でOK!毎日しても良い◎7日連続行ったら、2日ほど休む日を設ける。

スクワットは原則、1回したら2日か3日休み筋肉を育てるものですが、骨盤矯正スクワットは筋肉を育てることが目的ではなく、骨盤矯正が目的であるため毎日行うことができます。しかしそれでも筋肉疲労がたまってしまいますので、7日行ったら2日休むようにして筋肉疲労をうまく逃がしていくようにしてください。

1b36141c9e86fcc1

男性によっては股関節がかたくて、うまく腰を落としていけない場合があります。その時は無理をせずに、落とせるところまで落とすようにしましょう。無理をすると腰などを痛めて逆効果になる可能性があります。スクワットの前などに準備運動やストレッチを行うことで、予期せぬトラブルを回避できることもあるため、体が固い人はまずストレッチから始めてみるようにしましょう。

男性の骨盤の歪みは深刻!骨盤矯正は男性でもするべき

20ef41fb2bbff595

女性よりも男性の骨盤は歪みづらいというメリットがあります。だからといって歪まないわけではなく、歪んだら歪んだで女性よりも骨盤の位置が元に戻りづらいといったデメリットがあるため、骨盤の歪みを感じたらすぐに骨盤矯正を行うようにしましょう。骨盤矯正を行うことでダイエット効果の他にも、尿漏れ予防、勃起不全予防、または改善を期待することができます。

55dcc514cd3403c9

骨盤矯正ベルトはとても便利なものですが、骨盤矯正ベルトを外した時に骨盤が更に歪みやすくなってしまったり、装着していない状態だと尿漏れしてしまうなどのことが起こってしまうこともあるため注意してください。勃起不全は骨盤の歪みというよりは骨盤底筋の筋肉量が少ないために起こるため、骨盤矯正ベルトで改善をはかるのではなく骨盤底筋を鍛えての改善が必要となります。

0168cb18886f6f57

骨盤の歪みによる症状は男女別で異なる箇所もありますが、男女別の症状もそれぞれ深刻なものでもあるため、骨盤が歪んでいると感じたら性別関係なく、骨盤矯正をすることをおすすめします。1度歪んでしまうと、自然に正しい位置に戻るのは稀です。加齢と共に歪むものでもあるため、歪みが固定されすぎてしまう前に骨盤矯正することが大切ですよ。参考になれば幸いです。

人気記事