Medium 4a98f717573559b9

腰回りダイエットを男性がする方法!脇腹の脂肪を落とす筋トレエクササイズ

お腹回りや腰回りに余計な脂肪がついてしまって、その脂肪を落としたいと考える男性向けに、おすすめのダイエット法やエクササイズ、筋トレなどをご紹介していきます。脂肪を効果的に落とすことで腰周りの脂肪を減らしていくことができるので、どうぞ参考にしてください。

カテゴリー:運動筋トレ  作成者:たつお  投稿日:2017/11/18

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

腰回りの脂肪

腰回りの脂肪の特徴

Fe38f7ad0193be1a

腰回りやお腹回りに脂肪がついて、体が重たくなってしまうという男性も多いでしょう。そういった脂肪がつきやすいのには、どういった特徴があるのかご紹介していきます。主に、腰回りやお腹回りにつく脂肪は内臓脂肪であることが多いと言えます。内臓脂肪とは、内臓の回りに付着する脂肪のことで、内臓を守る役割を果たしています。内臓脂肪が過度につきすぎると、お腹ぽっこりの原因となります。

C0ee6b8952c06a51

お腹回りには、内臓を守るための骨がないために、内臓脂肪が付きやすいと言われています。人間の体の特徴として、仕方のない部分もありますが、あまりに内臓脂肪が付きすぎてしまうと、見た目的にも健康的に不健康状態と言えます。また、男性の中には30代を過ぎて年齢を重ねていくと、基礎代謝が低下して、筋力が弱まってしまい、腰回りにお肉がつき始める人も少なくありません。

ポイント

内臓脂肪は内臓を守るためにつく脂肪であり、人間の体を維持するための特徴と言えます。

基本的には、腰回りの脂肪はほとんど内臓脂肪と言えるでしょう。一度内臓脂肪がついてしまったからと言って永続的についているわけではなく、ダイエットや食生活の見直し、適切な筋トレなどを行っていけば内臓脂肪を落とすことも可能です。食生活の改善にしても運動などによるダイエットにしても、短期的なスパンでは効果は見られませんので、長期的な視点を持って継続していくことが大切です。

732509d3916d8594

腰周りに内臓脂肪が一度つき始めると、その脂肪が新たな脂肪を呼び、どんどん腰周りを脂肪で囲もうとする作用が働いてきます。したがって、少しお腹が重くなったといった感覚や太り始めたきたという感覚が出てきたら、なるべく早めに食生活を見直すことが大切です。太りきった状態からダイエットを始めるよりも、太りきる以前の状態でダイエットを始めた方が、体を元の状態に戻しやすくなります。

腰回りに脂肪がつく原因

腰回りに脂肪がつきやすい生活習慣

C1a61570b7095f9b

女性でも腰回りに脂肪がつきやすいですが、男性も同様に腰回りに脂肪がつきやすいと言えます。その原因として、日頃の生活習慣に原因があると言えます。例えば、暴飲暴食による過剰なカロリー摂取が原因として挙げられるでしょう。仕事やプライベートのストレスが溜まって、それを食べることで解消しようとすると、腰回りに脂肪がつきやすくなって、健康上も良くありません。

Bf9be13fc5d0944e

また、食べることに加えて、アルコールの過剰摂取も腰回りに脂肪がつきやすい原因と言えるでしょう。食べるだけならまだ抑えることができても、そこにお酒やワインなどといったアルコールが加わってくることで、より一層脂肪のつきやすさに拍車がかかってしまいます。したがって、お酒好きな男性でも、1日に飲む量を制限したり、休肝日を設けたりするなどといった対策が必要だと言えます。

  • 暴飲暴食により過剰なカロリー摂取
  • 過度のアルコールの摂取
  • 強いストレスを抱えている
  • 運動不足や筋力低下

また、暴飲暴食や過剰なアルコール摂取に加えて、生活リズムが不規則な男性や運動不足の男性も、腰回りに脂肪がつきやすいと言えます。30代や40代と年齢を重ねていくに連れて、運動不足による筋肉の衰えが著しくなり、それまで脂肪に対して抵抗できていた場合でも、徐々にその抵抗力がなくなって、脂肪へと変わっていってしまうケースも多く見られます。

腰回りの脂肪を落とす

腰回りの脂肪は落としやすい

9dcc90a7db933aa4

それでは、男性の腰回りについた脂肪をどうやって落としていけば良いのか確認していきましょう。腰回りには、主に内臓脂肪がつくケースが多くなりますが、それ以外に皮下脂肪と呼ばれる脂肪がつくケースもあります。女性の場合ですと、特にお腹回りに皮下脂肪がつきやすいという特徴もありますが、男性の場合は、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方がつきやすいと言えるでしょう。

  • 内臓脂肪
  • 皮下脂肪

男性の腰回りについた脂肪は、つくのも早いですが、落とすのも簡単と言うことができます。もちろん何もせずに腰回りの脂肪が落ちることはありませんが、適切な食習慣や軽い運動などのダイエットを行っていけば、徐々に落ちていきます。それは、内臓脂肪は体内で、血液中に溶けやすいという性質があるからです。血液中に溶けやすいということは、脂肪を燃焼しやすいということにつながります。

ポイント

男性の腰回りについた内臓脂肪は、比較的落としやすいと言えます。

また、腰回りの脂肪を落とすダイエットと言っても、いきなりハードなトレーニングをしたり、きつい運動をしたりする必要はありません。日頃の生活の中で、改善できる部分を探していくことが大切です。例えば、会社や自宅でも普段エレベーターを使っているところを階段での移動にしたり、一駅手前で下車して歩いて帰宅する日を作ったりするなど、できるところから改善していけば問題ありません。

4ca744d7da93065d

また、日頃に軽くできるダイエットに加えて、1週間に1回はトレーニングジムに行って体を鍛えたり、軽くジョギングする日などを作ったりすると、よりダイエットも効果的に進むでしょう。まずは、継続できそうなものからチョイスして、長期的な視点を持ってダイエットを続けていくことが大切です。そうすることで、腰回りに溜まった内臓脂肪を徐々に落としていくことができます。

腰回りのダイエット法

腰回りの脂肪を落とす効果的なダイエット

4f9633701346260a

男性の腰回りに余計な脂肪がついたからと言って、すぐにあきらめる必要はありません。しっかりとしたトレーニングを継続していくことで、改善の兆しは見られます。そんな腰回りの脂肪を落とすダイエット法についてご紹介していきます。まずご紹介するのは、「スクワット」によるダイエットです。腰回りの脂肪を落とすには、スクワットが最適と言えます。

ポイント

腰回りの脂肪を落とすダイエットとしては、スクワットが最適です。

スクワットを行って、人間の身体の中で一番筋肉量が多いと言われる太ももに筋肉を集中させることができれば、それに比例して基礎代謝も上がっていきます。基礎代謝を上げることが、脂肪燃焼力を上げることにつながり、結果的に腰回りの脂肪を落とすことへとつながっていきます。したがって、スクワットを無理のない範囲で行っていくことが、男性の腰回りのダイエットとしての近道と言えます。

スクワットによって足腰を鍛えることで、体を下半身全体で支える力も身についていくので、脂肪がついて重くなった体を支えるといった点においても効果があります。すべての行動の基本は下半身の力にあると言えるので、下半身を強化しておくことは、日常生活を送っていく上でも重要なことと言えるでしょう。スクワットは、下半身強化と共に腰回りの脂肪も落とすことができて、一石二鳥と言えます。

基礎代謝を上げることでダイエットを図る

基礎代謝の重要性

7b8051f2c73a6ad1

男性の腰回りの脂肪を落とすには、スクワットや筋トレなどによって基礎代謝を高めていくことが重要です。基礎代謝とは、簡単に言うと、人間らしい日常生活を営んでいく上で、基本となるエネルギーのことであり、われわれのすべての行動を支えてくれるものと考えることができます。基礎代謝を高めておくことで、何もしなくても自然にエネルギーを消費してくれる効果を発揮してくれます。

ポイント

基礎代謝を高めることが、ダイエットへの近道です。

人間の中で大きな割合を占める基礎代謝ですが、効率良くダイエットを行うには欠かせないエネルギーと言えます。そういった基礎代謝の活動の中でも、「内臓」が占める割合が一番高くなっており、筋肉や脳といった部分より、基礎代謝の活動が盛んに行われています。そういった意味でも、まずお腹回りの内臓脂肪を落としていくことが基礎代謝向上への近道と言えるでしょう。

6d9df929420f5a74

お腹回りの脂肪を落とすには、内臓の動きを活性化させることが大切であり、そうすることで体のエネルギー源となる基礎代謝が上がっていきます。基礎代謝が上がっていくことで、自然に体内にあるエネルギーを消費してくれるので、太りにくい体質へと変えていってくれます。したがって、そういった好循環を作ることが大切であり、その第一歩として、基礎代謝を高めることが重要だと言えます。

腰回りのダイエットには腹筋も効果的

効果的な筋トレ

スポンサーリンク

9e60f75d41da12bc

男性のぽっこりしたお腹を引き締めてくれる筋トレとしては、腹筋も効果的と言えるでしょう。スクワットと同様に、腹筋もお腹回りの筋力を高めてくれ、それが基礎代謝へとつながり、体内のエネルギーへと変わっていきます。腹筋はお腹回りをダイレクトに鍛えてくれる筋トレなので、お腹回りについて脂肪を落とすという点においても、短期間で成果を上げやすい方法と言えます。

腹筋を行う際には、いきなり数を多くこなすというよりも、正しい姿勢ややり方を身につけることを優先しましょう。数をこなしてもやり方が間違っていると、それほど大きな効果は得られません。そういった意味でも、最初は数をこなす必要はないので、正しいやり方を身につけることに専念しましょう。やり方が身についた後で、徐々に回数を増やしていくと、より大きな効果を実感することができます。

ポイント

腹筋は、正しいやり方を身につけてから回数を増やしていきましょう。

男性が腹筋を続けていくことで、お腹の筋肉が増幅されて、お腹が割れてくることもあります。そこまでいければ完璧ですが、そうならなくても根気良く続けていくことが大切です。腹筋には、単純に上半身を持ち上げるだけでなく、足を一定の位置に上げたままキープする方法など、いろいろなやり方があるので、ご自身に合ったやり方を模索していくのも効果的と言えます。

ダンベルを使った筋トレ法

男性向けダンベルダイエット

男性の腰回りに溜まった内臓脂肪を落としていくための筋トレとして、ダンベルを使った筋トレも効果的です。ダイエット法としても注目が集まるダンベルダイエットですが、筋力をつけるだけでなく、引き締まった身体作りもサポートしてくれます。ダンベルでの筋トレも、スクワットや腹筋などと同様に、基礎代謝を高めて、脂肪燃焼効果を上げてくれるというメリットがあります。

ダンベルでの筋トレは器具を使って行うので、より一層基礎代謝が上がりやすいという効果があります。最初から重いダンベルを使う必要はありませんが、肩や腕など部位に応じて重さを調節していくことで、自身に最適なトレーニング重量を見つけていくことが大切です。上腕二頭筋と呼ばれる筋肉を鍛えることでより男性らしい体つきになっていくので、ダイエットと合わせて意識すると良いでしょう。

ダンベルでの筋トレには、ジョギングなどの有酸素運動に比べても基礎代謝が上がりやすいという効果があります。有酸素運動もダイエットとしては効果的ですが、有酸素運動はどちらかというと省エネ体質作りに効果があります。そういった意味で、ダンベルでの筋トレは、エネルギーを燃焼しやすい体作りを進める効果があり、より一層基礎代謝の働きを高めてくれる動きに期待することができます。

男の脇腹引き締めダイエット

男性の脇腹を引き締めるダイエットとは?

58edea16cd688259

男性の腰回りやお腹回りの脂肪を落とすという点において、脇腹を引き締めるダイエットも効果的です。男性は脇腹にも脂肪がつきやすいと言われており、そこを引き締めるエクササイズを行うことで、より全体が引き締まった体を手に入れることができます。脇腹エクササイズは自宅でも簡単に行うことができるので、しっかりとストレッチをしてから取り組んでみると良いでしょう。

ポイント

脇腹ストレッチは道具も不要で、自宅で簡単にできるダイエット法です。

まずは、サイド・クランチと呼ばれる脇腹エクササイズについてご紹介していきます。このエクササイズは、ゆっくりとしたシンプルな動きの組み合わせなので、脇腹エクササイズ初心者の方でも簡単に取り組むことができます。普段あまり運動をする機会がないという男性の方でも、気軽に取り組めるので、動画を見ながら、ぜひチャレンジしてみてください。

他にも男性におすすめな脇腹エクササイズとして、ニートゥーエルボーといったエクササイズがあります。多少体への負荷がかかりやすいエクササイズですが、慣れてくれば体に好影響をもたらしてくれるエクササイズであり、ぜひ続けていくことで、自分のものにして欲しいエクササイズと言えます。こちらは立ったまま行うので、自宅内でもスペースを確保できるようにしておくと良いでしょう。

このように、脇腹エクササイズで脇腹を引き締めていくことで、より効果的な脂肪燃焼効果を得ることができます。スクワットや腹筋、ダンベル使ったトレーニングと合わせて行っていくことで、より高い効果を実感することができるでしょう。どんなトレーニングにしてもそうですが、まずは継続して行っていくことが大切です。長期的な視点を持って、ダイエットに挑戦していきましょう。

食生活から男の体作りをサポート

食生活を見直そう

男性のダイエットをサポートしていくには、適切な食生活を行うことも欠かせません。せっかくスクワットや腹筋などで体を鍛えても、食生活が乱れてしまっていては、その効果は現れません。食生活を見直していくことで、体の内側から健康増進を目指していきましょう。とりわけ、内臓の動きを活発化させるには、ビタミン、ミネラル、食物繊維の3つの成分を多く摂ることが大切です。

  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

食物繊維が豊富な食べ物としては、野菜が挙げられるでしょう。キャベツやレタス、とうもろこしやさつまいも、ブロッコリーなどといった野菜に、多くの食物繊維が含まれています。食物繊維を多く吸収することで、血糖値の上昇を抑制したり、コレステロールの吸収も抑制してくれたりするなど、多くの健康効果をもたらしてくれます。また、食物繊維には便秘解消効果もあり、お通じにも効果的です。

ダイエットや健康的な体を維持していく上では、ミネラルの補給も欠かせません。ミネラルが多く含まれる食材としては、キノコ類や海藻類を挙げることができます。また、ほうれん草にも豊富なミネラルが含まれており、野菜の中でも栄養価が高い食材と言うことができます。ほうれん草にはミネラルの他にも、カリウムや鉄分、マグネシウムも豊富に含まれており、健康を内側からサポートしてくれます。

  • キノコ類
  • 海藻類
  • ほうれん草
  • 魚介類
  • 納豆

また、ミネラルを摂るには納豆もおすすめです。納豆にはカリウム、カルシウム、亜鉛などといったミネラルが豊富に含まれており、ごはんに合わせて美味しく食べられるおすすめの食材と言えます。他にも魚介類にも多くのミネラルが含まれており、健康増進という意味でも定期的に魚介類を食べることがおすすめです。こういった食生活の見直しから、ダイエット効果を高めていくことができます。

ミネラルや食物繊維の他に、ビタミンが多く含まれる食材としては、うなぎやレバー、大豆やかぼちゃ、ほうれん草などといった食べ物が挙げられるでしょう。特にレバーは、ビタミンの中でもビタミンA、、ビタミンB1、ビタミンB2と多くのビタミンを含む食品であり、ダイエットにも効果的と言えます。ほうれん草は、ビタミンEも含む健康的な食材なので、おすすめの食材と言えます。

生活習慣や食習慣は人によってバラバラですが、意識を変えることで改善できる部分は多くあります。外食中心の方であれば、少しでも自宅で料理をする機会を作ってみるといった行動も有効的でしょう。また、飲酒や喫煙が肥満リスクを高めることもあるので、アルコールの取りすぎや喫煙には注意を払いながら楽しむことも大切です。そういった日々の積み重ねが、健康的な体へとつながっていきます。

まとめ:腰回りのダイエットについて

効率的に腰回りのダイエットを進めよう

男性向けの腰回りのダイエットについて、さまざまな方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。筋トレやエクササイズ、食生活の見直しなど、少しずつ積み重ねていくことで、効果的な体作りを進めていくことができます。最初にもご紹介したように、内臓脂肪は落とすことができます。一度、内臓脂肪がついたからと言ってあきらめるのではなく、地道にコツコツと落としていきましょう。

ポイント

腰回りについた内臓脂肪は、落とすことができます。

食生活の見直しや生活習慣の見直しによるダイエットも効果的ですが、栄養補給をするという点において、サプリメントの活用も有効的です。「ディープチェンジクレアチン」と呼ばれるサプリメントと筋トレを組み合わせることで、より効果的な体作りを進めていくことができます。興味のある方は、一度公式サイトを除くなどして、その効果や効能を確かめてみてはいかがでしょうか。

一度太ってしまった体でも、徐々に元に戻していくことで、生きる活力へとつながっていきます。引き締まった肉体は、男性に勇気とパワーを与えてくれる効果もあるので、できることから少しずつチャレンジしていきましょう。ジョギングやウォーキングなども効果的であり、外に出て体を動かすことで、心身ともに新鮮な空気を浴びることも重要です。

まずは、今回ご紹介した方法でも、自分で考えた方法でも構わないので、ダイエットに挑戦することから始めていきましょう。いきなりいろいろやろうとすると、続かない危険性があるので、まずは何か1つでも構いません。自分なりのダイエット法を見つけて、それにチャレンジしていきましょう。その行動が、少しずつあなたの体を変えるきっかけになってくれるでしょう。

人気記事